まんぷく鈴すずの実在モデルは本当に武士の娘?ブシムスは本当か?




スポンサーリンク

〈まんぷくの鈴は、本当に武士の娘なのか?実在モデルにあたる人は本当に武士か?〉

福子の実の母親は、鈴です。福子の夫の萬平を気に入らない鈴は、萬平に何かにつけて皮肉を言います。
それが萬平にとって刺激になり萬平のやる気を出させる糧となりました。



スポンサーリンク

鈴は、萬平のみを気に入らないのではなく三人の娘婿全員気に入らず小言を言う癖があります。
そんな鈴の口癖は、「武士の娘です。」です。鈴は、武士の娘である事に大変誇りを持っていました。鈴は、ドラマの引き立て役です。「ブシムス」がツイッター上でも感想を言い合うときに盛り上がってますね!

鈴の実在モデルは、誰なのか?そして鈴の実在モデルがいるならどんな人物で本当に武士の娘なのか?等をお話していきます。

〈まんぷの実在モデル鈴すずの生い立ち〉

今井鈴の実在モデルは、安藤須磨です。昭和43年に安藤百福と安藤仁子に自宅で看取られて89才で他界しています。

生前の生い立ちですが鳥取県出身です。旧鳥取藩主の池田家に仕えていました。参勤交代の時には藩主と共に江戸に登りました。須磨は、そういう家系である事を誇らしく思っていました。武士の家系である事は、確かです。

須磨は、鳥取で婿養子をとりました。しかし離婚をしました。学歴等は、資料が残っておらず不問です。しかし須磨は、英語が得意で頭が良かった女性だったようです。須磨の夢は、教師になる事でした。教師になる夢を諦めきれず大阪に出て来ました。教師になる為に大阪に出て来たのに大阪で安藤重信と知り合い結婚しました。

教師の夢は、諦めて重信との結婚を選びました。須磨も重信も離婚歴がありどちらも2度目の結婚でした。須磨は、結婚して家庭に入りました。そして3人の娘に恵まれました。須磨は、子供の教育には熱心でした。特に次女から年の離れた末っ子の仁子には将来時代的に英語を話せる人間にならないといけないと言って小さい時から英語を習わせていました。

結婚当初から夫は、商売をしていました。どんな商売には必ず浮き沈みがあります。商売が順調な時は須磨も機嫌が良いです。しかし商売が不調な時は、須磨も機嫌が悪くなりました。須磨は、気性の激しい性格の女性だったようです。

安藤家は、元々人力車の会社をして裕福でした。時代と共に人力車は、衰退産業になりました。衰退産業になり暮らしは激変しました。衰退してから夫の重信は、政治家への転身を試みました。政治活動をするのに財産を散在したものの政治家にはなれませんでした。かなりの財産を散在してしまい無一文になってしまいました。

それでも須磨は、教育は何より大事だと言って3人の娘全員を女学校卒業させまします。須磨は、結婚して経済的に苦労を経験しているからこそ3人の娘には経済的に苦労しないところに嫁がせたかったのです。

しかし現実には3人の娘は、経済的に苦労をしたので3人の娘婿には厳しかったようです。須磨の口癖は、他にも「言いたい事があれば一晩考えて明日言いなさい。」、「鯨のように物事を飲み込んでしまいなさい。」があります。須磨は、気丈で精神的に強い女性でした。末っ子の仁子が名門ホテルに就職できたのも小さい時から習っていた英語のお陰でした。



スポンサーリンク

須磨は、先見の目を持った女性でもありました。仁子は、極貧の中でも女学校を卒業させて貰った事を大変感謝していました。それゆえに母親には食べるのに苦労をさせたくないと言う思いが強かったです。仁子は、百福と結婚しても須磨と同居をしました。しかし百福とは合わず須磨が一方的に小言を言いました。

百福は、いずれ発明家として大成功します。百福が成功するまでの過程に須磨の小言は、たくさんありました。須磨が小言を言うは、一見意地悪に思えます。百福にとって須磨の小言は、それほど気にせずむしろ成功への原動力となりました。須磨は、そんな百福の性格を読んでいて小言をたくさん言っていたようです。

須磨は、人の才能を伸ばす事も上手な女性でした。須磨は、小言を言う意地悪な女性ではなく百福が疎開先で腹膜炎起こした時に回復を願って神社で100回も参拝する心優しい女性でもありました。
須磨の小言は、愛のムチみたいなものだったようです。

 

まんぷくモデル福子の子供たちネタバレ!ご健在で日清食品の社長に



スポンサーリンク