半分青いネタバレ最終回26週ノベライズ小説下より【指輪と三人で暮らす?!

半分青いあらすじネタバレ最終回26週 ノベライズ小説 下からの内容です。

半分青いのノベライズ小説の下巻が発売されました。

それにより、朝ドラ半分青いの26週最終回が、どの様な形で終わるのかについて
ノベライズ小説の結末からあらすじネタバレがネット上ではされています。

そこで今回は、ノベライズ小説の下巻では、半分青い26週最終回がどの様な結末を
迎えるのか、ネタバレあらすじを紹介したいと思います。

ちなみに、今回ここで紹介するのは、ノベライズと言われる小説版の半分青いの
26週最終回の内容です。

ノベライズ小説は、最終回が放送される前に、脚本家が書き上げた内容を元に
作られたもので、テレビ放送時には
演出が入るなどして若干変わる場合があります。

そのため、ノベライズ小説には間違いなく脚本家である北川悦吏子さんが書いた
最終回が載っていますが、そのままそれが朝ドラの最終回になるとは限りません。

ノベライズ小説下巻の26週最終回と朝ドラの最終回は、それほど大きく違わない
とは思いますが、もしかしたら大きく違ってくるかもしれませんので、あくまでも
ノベライズ小説下巻からの半分青い26週最終回のあらすじネタバレとします。

ノベライズ小説下巻に掲載された半分青い 26週最終回のネタバレあらすじ。

************************

2011年3月11日に起きた東日本大震災により亡くなったユーコの遺言を受け取った
鈴愛は、ユーコの思いを受けて律にそよ風ファンを作ろうと決意。

ユーコの最後まで病院にいた患者さんを見捨てず、逃げずに一緒にいたそのこころに胸を撃たれ、ユーコの携帯に録音されていた最後の言葉「私の分まで生きて何かを成し遂げて!」という言葉にめげていたすずめは前に進むのを後押しされます。

鈴愛はそよ風ファンを完成させるために、律が休むように言っても聞き入れず、
夢中になって行動していきました。

その甲斐もあってか、ついに、そよ風ファンの発売が決定しました。

2011年7月7日。

つくし食堂でそよ風ファンの発売記念パーティーが行われます。

鈴愛はそよ風ファンを晴に披露しながら、仙吉達が眠る場所に吹く風のことを
思い出すと晴に告げます。

パーティーの準備は、晴、宇太郎、草太、健人など楡野家の面々が協力して
進められていました。

律は仕事で遅れてくることになっていて、パーティーが始まる前に鈴愛は
地方紙の取材を受けることになっていましたが、何と、その取材は高校の時に
鈴愛が明治村で1度だけの初デートをした小林でした。

鈴愛はすっかり小林のことを忘れていましたが、拷問器具を描いて頂いたという
小林の話から鈴愛は思い出しました。

そして、小林から商品名をそよ風ファンで良いか聞かれた鈴愛は、 そこで何か
を思いつき、律に電話をかけます。

“お母さんに浴びてもらいたい優しい風”というイメージでもあるし、
お母さんが昔、うちわであおいでくれたような優しい風ともとれる「マザー」
という名前にしました。

鈴愛と律は発売がせまったこのタイミングで商品名を変えるという大きな決断を
しましたが、津曲もその名前の方が5倍は売れると、急いで商品名の変更をします。

鈴愛はすぐに、マザーのロゴデザインの変更にとりかかり、 皆で手分けして
各所に商品名変更の連絡、パッケージや説明書、パンフレット、チラシなど
何もかも作り直しをしました。
皆はパンフレットやチラシの 作り直しを行いました。

そして、パーティーがスタートし、鈴愛が乾杯の音頭をとろうとした瞬間に
律もそのパーティーへ到着します。

乾杯の音頭を鈴愛と律の2人がとると、突然クラッカーが鳴り、2人の
誕生日祝いということでケーキが運ばれてきました。

パーティーが終わり、律はすぐに東京に戻ることになりましたが、鈴愛は名古屋の
媒体に取材を受けることになったので、律は鈴愛にゆっくり戻ってくれば
良いと伝えました。

つくし食堂を出る律を見送る鈴愛に、律は誕生日プレゼントを渡します。

鈴愛は律に自分はプレゼントを何も用意していないと言うと、律は鈴愛がこっそり
隠して飾っていた「律が幸せになりますように」という短冊を見たと話すと、
鈴愛は赤くなり俯きました。

そして、鈴愛が顔を赤らめながら律からのプレゼントを受けとると、それは音が
綺麗に聞こえる傘でした。

鈴愛は高校時代のある雨の日のことを思い出しました。

鈴愛は律に、左側に雨の降る感じがわかるような雨の音が綺麗に聞こえる傘を
作ってほしいと言っていて、その時の約束を律は叶えてくれたのでした。

鈴愛は雨の降る日を楽しみにしていましたが、その日からなかなか雨が降る
ことはなく、ついに鈴愛が東京に帰る日。

花野を連れて玄関を出ようとする鈴愛に晴が天気雨が降っていることを知らせます。

鈴愛は急いで律にもらった傘を差し、雨の下に立つと晴も花野も傘に入ります。

3人は傘にあたる雨の音に耳を澄ますとそれは美しい音で、鈴愛は雨の
メロディだと言います。

そして、鈴愛は雨音を耳に響かせながら、雲の合間にみえる青空を見上げるのでした。

*******************

〇ここから願望も含めた予想考察最終回

すずめが書いた短冊には、「律が幸せになりますように」と書いた下に小さい文字で、私と花野と一緒に楽しく暮らしていくと付け加えられてました。

画期的な扇風機「マザー」は値段が少し高いですが、その分補って余りある性能が徐々に現代の値段が高くてもいいものを、体験をもとめる時代にあってきて異例のロングヒット!

2018年、柔らかい風を求める人や、高齢者施設、夏祭りのイベントなど、人にやさしいと評判になり引っ張りだこの製品に。

会社スパロウリズムの律とすずめは次回作の研究にまた没頭していきます。耳が聞こえない人のための傘や、人型ロボットの開発を進めていきます。

律とすずめは結婚式はあげないものの、おそろいの指輪をして、花野は律と同じ道の開発をやりたく大学の工学部を選択。理系女子になりたいと。

みんなで一緒に東京に住みスパロウリズムはいつも明るく楽しい現場で。すずめのウエディングドレスの結婚写真の映像で終わりに…

 

 

*********************

ここまでが、 ノベライズ小説下巻に記載されている半分青い 26週最終回のネタバレあらすじでした。

ノベライズ小説の下巻では、26週最終回は何とも言えない終わり方をするようですね。

今まで大まかなあらすじとしてネタバレされていた鈴愛と律の半世紀越しの恋
という結末が描かれずに終わっています。

最終回までには、鈴愛と律は抱き締めあったり、キスシーンがあるようなので、
2人は再婚すると思っている人も多いかと思いますが、そこまで北川さんは
描きませんでした。

しかし、NHKの朝ドラ制作班は、「テレビ放送はノベライズとは違います。
ノベライズは、ノベライズです」と話しているようなので、朝ドラの半分青いの
最終回は実際の放送を見てみないとわかりません。

ノベライズ小説下巻の26週最終回が2011年で終わっているのも気になりますので、
朝ドラでは2018年の現在まで描かれる可能性は大いにあり得ると思います。

鈴愛と律の本当の最終回は、朝ドラを見てのお楽しみなのかもしれませんね。

追記で願望も含めた最終回を書きましたが、みなさんの予想はどんな最終回ですか?

最後まで2人の物語から目が離せません。

ドラマの方では違う展開もあると北川さんやNHKさんがコメントしてたので私としてはキスまでみてしまっているので、
結婚式までいかなくても結婚の誓いをして最終回と期待してます!↓↓

>半分、青い。 下 (文春文庫 )

こちらに確定したものが発表されたら随時追加していきます。↓↓

半分青いネタバレあらすじ〜23週24週25週26週最終回【長女出産も律ともに離婚!岐阜で再婚へ