ブギウギ 第8週38話あらすじ感想【スズ子の葛藤】

[PR]

今回は『ブギウギ 』の37話(第8週)11月22日 水曜日放送後の詳細あらすじネタバレについて紹介します。

 

【スズ子の葛藤】と題して第8週38話をお送りします。

 

六郎は両親にも明かさなかった死への恐怖をスズ子に打ち明けます。

 

そんな六郎を見送ったスズ子に、今度はツヤの危篤を知らせる電報が届けられます。

 

ステージに穴を空けられないスズ子に、羽鳥はステージに立つ者の覚悟を告げたのでした。

<ブギウギ ネタバレ第8週38話のあらすじ>

 

スズ子が帰って来ると下宿の前で六郎が待っていました。

 

そしてチズと吾郎に六郎が入隊することを話して満腹になるまで食べさせてやりたいと頼み込んだスズ子。

 

六郎を大歓迎してくれた二人でしたが、チズがスズ子と六郎を見比べて姉弟なのに似ていないと口にします。

 

それは悪気があっての言葉ではありませんでしたが、チズに向かって血がつながっていないことを話そうとした六郎。

 

そんな六郎の話をスズ子は必死なって胡麻化そうとしたのでした。

 

食事を終えてスズ子は六郎を自分の部屋に連れて行きます。

 

そして久々に姉弟水入らで会話を交わし始めたスズ子と六郎。

 

六郎はツヤの具合がよくないことをスズ子に伝えると、自分は敵をたくさん倒して母親を励ましたいのだと想いを明かします。

 

ところが明るく話していた六郎が、急に死への恐怖に苛まれていることを吐露し始めたのです。

 

“どないなって死ぬんか思うと頭おかしなりそうになるんや。死ぬ時に一人は嫌や。怖いの好かんねん”

 

そして震えだした六郎は涙を流しながらスズ子にしがみついたのでした。

 

“ワイ、死にとうないわ。死にとうないわ”

 

そんな弟を抱きよせたスズ子。

 

次の日の朝になると、舞台を必ず観にくると約束した六郎がスズ子の下宿をあとにします。

 

“ほな、行ってまいります!”

 

そう別れの挨拶をした六郎は、スズ子の方を振り返ることなく歩いて行ってしまったのでした。

 

六郎の無事を祈るスズ子が精一杯の笑顔で六郎を見送った一方で、大阪では布団を並べたツヤが梅吉に話しかけていました。

 

“こんなはよう死ぬなんて思いもせんかったわ”

 

そう口にしたツヤは、産みの親であるキヌにスズ子を会わせなかったことへの罰だと自分を責めます。

 

それでも何があっても決してスズ子をキヌに会わせないようにしてほしいと梅吉に頼み込んだツヤ。

 

自分が知らないスズ子をキヌが知るということは堪えられないことだと口にしたツヤは、自身のことを性格が悪いと自嘲するのでした。

 

“ツヤちゃんはやっぱり最高の母親や”

 

そうたたえた梅吉はツヤの手を握りしめます。

 

ある日のこと、スズ子に一通の電報が届きました。

 

“ハハキトク”

 

しかし、そのときスズ子は公演中で、それを止めるわけにはいかなかったのです。

 

話を打ち明けられた羽鳥は、母親の病気や弟の出征で平常心が保てないスズ子の気もちを慮ってくれますが、公演を観にきてくれる人たちは知る由もなく関係ない話だと諭します。

 

自分の苦しい心持ちを歌に込めることで、いつもより素晴らしいステージにするくらいの気合が必要だと自ら持論を明かした羽鳥。

 

ステージに上がるものの覚悟を告げた羽鳥は、最終的な判断は自分で下すようにスズ子に言います。

 

“お母ちゃん!ワテは歌手としてもっと大きなりたいんや、もっと”

 

そう心で叫んだスズ子は、羽鳥に向かって残る覚悟を告げて、勢いよくステージに飛び出していったのでした。

ブギウギ8週ネタバレ39話【ツヤに桃食べさせようと翌朝,凄い状況が

・ドラマ中の歌(ラッパと娘、東京ブギウギ、恋のステップなど)が収録されたCDです。

◆笠置シヅ子がモデルの福来スズ子(趣里)が歌う曲集CD⇓⇓

<ブギウギ 第8週38話の感想>

 

大阪での六郎は皆を心配させまいと恐怖心を抑え込んで明るく振る舞っていたようですね。

 

またまた六郎が賢く思えて仕方がありません。

 

それにしても死を前にしたツヤが、スズ子が自分の出生の秘密を知ってしまっていることを知らないのは可哀そう過ぎます。

 

しかも、スズ子が残る決断をしたことなど知る由もありません。

 

それぞれの想いが微妙に交錯する展開となってきていますが、絡まった糸は解けるのかが気になりますね。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓