あまちゃんネタバレあらすじ最終回種市先輩の結末アキユイ恋愛再放送2023

[PR]

朝ドラ「あまちゃん」ネタバレ全あらすじ1話から最終回結末マデお送りします!さらに、種市先輩の恋の結末まで!!

再放送が2023年4月3日よりスタート! あらすじの簡潔版ストーリーものせてるので、ぜひ読んで週間・1話ごとの詳細をお楽しみください(^^♪

種市先輩とアキ‐ユイの三角関係の恋愛、付き合うのかは、いきなりですが、はじめに最終回結末も合わせてのせてますのでご確認ください!!

一時は再放送できないといわれていて、その理由や真相ものせてます⇓

あまちゃんでは、東北・北三陸の小さな田舎町を舞台に海女さんを目指すヒロインの成長と奮闘を描き、

東京からやってきた引きこもりがちだった高校生アキは、田舎の大自然の中で自分を取り戻しやがてアイドルになるという夢に向かっていくまでの道をおっていく内容です!

ヒロインは能年玲奈さん(現在:のん)「じぇじぇじぇ」が流行語大賞になるなど、震災後の日本を元気づけたヒット作!宮藤官九郎さん脚本の笑って元気になれる人情喜劇。

では、最終回、種市先輩の結末からどうぞ↓↓

あまちゃん最終回のあらすじ結末ネタバレ!

連続テレビ小説 あまちゃん|番組|NHKアーカイブス

いきなりですが、最終話155話156話最終回のあらすじネタバレです⇓⇓恋愛結末とその後に週間・1話ごとあらすじのせてます⇓⇓

あまちゃん最終回あらすじネタバレ最終話結末

6月30日、海開き前夜祭として鈴鹿のコンサートが開催。アキたちの心配をよそに、鈴鹿は自前の声で音程が外れることなく全曲を歌い上げ公演は成功。公演終了後の海女カフェで、荒巻と鈴鹿、復縁した大吉と安部、同じく復縁したアキの両親の計3組の合同結婚式が行われる。

翌7月1日、海女カフェ復興で抱えた借金返済に向けて、北の海女たちはウニ漁を再開。1駅区間のみ復旧していた北鉄は、市長となった功の尽力で畑野駅まで延伸し「潮騒のメモリーズ」のお座敷列車公演が復活する。大盛況で初回公演を終え興奮冷めやらぬアキとユイは畑野駅で語らい、ユイの提案で翌年に全面復旧が決まった北鉄の線路を2人で走り出す。袖が浜の防波堤を全力疾走した2人は、突き当たりの灯台の元、笑顔で快晴の海を見つめるのであった。

 

あまちゃん種市先輩の結末!!アキ、ユイとの三角関係恋愛結末どうなる?

アキは観光協会職員でユイの兄・足立ヒロシからの恋心の告白を受けたり、高校の潜水土木科の先輩・種市浩一への初恋とユイを交えた三角関係による失恋を経験する(第8週・第9週)

種市先輩はアキと出会う前からユイに片思いしていました。ユイは種市から交際を申し込まれ戸惑いを見せます。

しかし種市先輩が卒業後に就職する建設会社の社員寮の所在地がお台場だと知ったユイは、上京後に遠距離恋愛するという形で交際することを約束したのです。

こうして、ユイと種市先輩は付き合うことに。

そうとは知らないアキは、卒業直前の種市先輩に告白するのですが振られてしまう。

そして卒業後の種市先輩は、東京の建設会社へ就職し、羽田空港新滑走路拡張工事に潜水士として携わることになるが、そこで自分が高所恐怖症であることに気付き限界を感じて退職。

さらに付き合う約束をしたユイが上京する気配もないことから一時は北三陸に帰る決意。

そんなとき、アイドルになるため上京したアキと種市先輩は再会。

後ろ向きな考えをアキから叱咤され考えを改めた種市先輩は「無頼鮨」という寿司屋で、板前の修業を始めることになります。この頃からアキのことが気になるようになった種市先輩!

正月に北三陸に戻りユイと別れた上で、アキからの告白に応るかたちで、改めて自分の思いを告白。アキと種市先輩は見事付き合うことに。

それから物語後半で、東日本大震災が発生。種市先輩は「無頼鮨」の店主・梅頭(ピエール瀧)に黙って北三陸に帰ります。

南部もぐりの経験を活かし、海中の瓦礫撤去作業をする種市先輩。

それを追って北三陸を訪問した梅頭から東京に戻らず地元で頑張るようにと言い渡され、事実上板前修業を断念し北三陸に帰ることになるのでした。

⇒その後、種市先輩とアキが結婚するかどうかまでは、ドラマの中では描かれていません。

 

⇒1週あらすじネタバレ【ヒロインのアキが能年玲奈/のんが海女に

2週あらすじネタバレ【正宗と春子が離婚!アキ東京に帰る

3週あらすじネタバレ【ユイ東京でアイドルになる夢

4週あらすじネタバレ【ヒロシがアキに告白!初めてウニ獲得

5週あらすじネタバレ【種市先輩に一目惚れ

6週あらすじネタバレ【忠兵衛が生きてた!春子の不倫の噂

7週あらすじネタバレ【春子の潮騒のメモリー封印とく

8週あらすじネタバレ種市先輩がユイに告白!春子が正宗と離婚

9週あらすじネタバレ「おらの大失恋」

10週あらすじネタバレ【水口が騙すスカウトされる?

11週ネタバレあらすじ【アキユイが家出で上京アイドルに

12週ネタバレ【夏と春子が和解アキ東京へ

13週ネタバレ【鈴鹿ひろ美に会うユイ上京できず

14週あらすじネタバレ「おら、大女優の付き人になる」

15週あらすじネタバレ【大吉が春子にプロポーズ!ユイがヤンキーに

16週あらすじネタバレ【春子の過去真相!鈴鹿ひろ美との関係とは

17週あらすじネタバレ【GMT解雇のアキ!鈴鹿ひろ美の秘密

18週あらすじネタバレ【アキGMT辞めて春子と新しい事務所で

19週あらすじネタバレ【アキ種市先輩に告白も禁止!よしえ発見

20週あらすじネタバレ【橋幸夫へ夏の恋心!潮騒メモリーズ再結成?

21週あらすじネタバレ【種市とアキが夜二人きりに!夏と春子雪解け

22週ネタバレ【鈴鹿ひろ美も仲間に!おらとママの潮騒のメモリー

23週ネタバレ【大地震発生!北三陸に戻り海女に

24週あらすじネタバレ【鈴鹿ひろ美と荒巻結婚!復活復興

25週あらすじネタバレ【GMTアキユイ復活へ

26週あらすじネタバレ(最終週)【潮騒のメモリーズ再結成

 

あまちゃんあらすじ簡潔3分でわかる全体ストーリー3部にわけてネタバレ

【あらすじネタバレ1部・北三陸編】

東京で育った地味な女子高生・天野アキ(能年玲奈)が、“祖母危篤”の報を受け、24年前に元スケバンの母・春子(小泉今日子)が家出同然で飛び出した東北・北三陸に向かう。だがこれは、幼なじみが春子を呼び戻すためについたウソで、祖母で地元海女のリーダーの夏ばっぱこと天野夏(宮本信子)は元気そのもの。

祖母と母が家出当時のわだかまりを解消できない中、アキは温かい北三陸の人々に迎えられ、北三陸に移り住むことを決意。夏になついたアキは、海女修行に励み、地元の観光協会がHPに掲載した動画によって人気者となる。町おこしのために、親友でミス北三陸鉄道のユイ(橋本愛)とコンビを組んで北鉄の「お座敷列車」に乗り込んで歌を披露し、さらに人気が爆発する。

東京の芸能プロダクションの目にとまった2人は、スカウトを受け、アキは春子の猛反対を受けながらもアイドルを目指すことを決意する。

 

あらすじネタバレ【2部・東京編】

親友のユイが相次ぐ家庭のトラブルで上京を断念する中、アキはひとりで上京。敏腕・太巻こと荒巻太一(古田新太)がプロデュースする、AKB48を連想させるアイドルグループGMT47に所属しながら、あこがれの女優・鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の付き人になる。

アキの下積みアイドルとしての生活と同時進行で、物語はかつて故郷を飛び出した春子がアイドルを目指した時代のストーリーが展開される。

若き日の春子(有村架純)と出会った太巻が、音痴だった鈴鹿ひろ美が発売する楽曲「潮騒のメモリー」を春子に“替え玉”として歌うことを依頼。これを引き受けたことで春子は影の存在となりデビューへの道が絶たれることになる。

東京編では、アキを追って上京した春子が、太巻と再会。過去の因縁に縛られていた太巻は、アキを避けて冷遇するが、春子とぶつかり合った末に、過去の真相を知った鈴鹿とともに、長年抱えていた春子への謝罪の思いを口にする。

また春子は、北三陸で母の夏が倒れたため故郷に戻り、看病するうちに素直に本音をぶつけ合うことになり、母との長年のわだかまりが解ける。

 

あらすじネタバレ【3部・震災編】

2011年3月11日、東日本大震災が起こり、北三陸も大きな被害を受ける。東京でアイドル生活を続けていたアキは、たまらず北三陸に戻る。想像以上の被害だったが、その中でも前向きに生きる人々と手を取り合い、復興のために奮闘する。

そしてラストは12年7月1日。人々の支えだった北三陸鉄道が一部区間で復旧する。地元が熱気に包まれる中、アキは親友のユイとのコンビを再結成し、大勢のファンが集まる中、北鉄の「お座敷列車」に乗り込み「潮騒のメモリー」を歌う。

【あまちゃん】ネタバレあらすじ週間1話ごと最終回まで!再放送2023年4月~

ネタバレあらすじ1 週から12週 北三陸編

1週「 おら、この海が好きだ! 」

2023年4月3日(月)1話スタート

⇒あらすじネタバレ1週・1話ごと  ヒロインのアキが能年玲奈/のんが海女に

2 週「 おら、東京さ帰りたくねぇ 」

2週あらすじネタバレ正宗と春子が離婚!アキ東京に帰る

3週4週5週6週7週8週あらすじネタバレ

3週あらすじネタバレ【ユイ東京でアイドルになる夢

あまちゃん4週あらすじネタバレ【ヒロシがアキに告白!初めてウニ獲得

あまちゃん5週あらすじネタバレ種市先輩に一目惚れ

あまちゃん6週あらすじネタバレ【忠兵衛が生きてた!春子の不倫の噂

あまちゃん7週あらすじネタバレ【春子の潮騒のメモリー封印とく

あまちゃん8週あらすじネタバレ種市先輩がユイに告白!春子が正宗と離婚

 

春子が夏をなじったのは24年前に自分が家出するのを引き止めてくれなかったことを今でも許すことができないでいたのです。その半面で夏は娘と孫と一緒に暮らせることへの喜びを隠せません。

一方、この先も北三陸にいれることになったアキは、嬉しくて先輩海女たちに知らせに走ります。アキが編入することになったのはユイと同じ北三陸高校でした。そしてユイと同じクラスになったアキはユイから転校生として紹介されます。

東京に戻る必要がなくなって海女としての時間も無制限にできたアキ。ところがアキは海の底まで潜れなかったため、ウニをひつつも採ることができていなかったのでした。

9週10週11週12週 1部◆「故郷編」

1984年(昭和59年)夏の「北三陸鉄道リアス線」開通式、歓喜に賑わう大勢の人たちをよそに、18歳の天野春子は不愉快な様子で上り列車に乗り込んだ。それから24年後の2008年(平成20年)夏、春子の娘で東京で生まれ育った16歳の天野アキは、祖母・天野夏の危篤の知らせを受けた春子に連れられ、彼女の郷里である岩手県北三陸市袖が浜を初めて訪れる。しかし夏の危篤の話は、後継者不足に悩む観光資源「北の海女」を春子に継いでもらおうと、北三陸駅の駅長・大向大吉がついた嘘だった。24年前に家出同然で上京した春子は、夏との口論の末に東京に戻ろうとするが、夏ら海女たちの勇姿と過疎化が進む北三陸の現実を知ったアキは、暗く引っ込み思案な今までの自分を払拭し海女になる決意をする(第1週)。

夫・黒川正宗との離婚を決めた春子とともにアキは北三陸に移住し、地元の美少女でアイドル志望の足立ユイと親友になる(第2週)。

初代「ミス北鉄」となったユイと海女活動中のアキは、観光協会のホームページに動画が掲載されてアイドルオタクの注目を浴び、北三陸には二人を目当てに大勢の観光客が押し寄せる。大吉ら町おこしに熱心な人々の思いに押され二人は観光PRの広告塔的存在になる(第3週 – 第6週)。

そんな中、久しぶりに袖が浜に帰ってきたアキの祖父(春子の父)・天野忠兵衛の口から、春子がかつてアイドルを目指していたことが暴露される(第6週)。

自分の過去と重ねてアキがアイドルになることを嫌う春子の思いに反し、アキは春子の歌う姿に感銘を受けたこと、ユイと共に「潮騒のメモリーズ」として大勢の人前で歌い楽しさを感じたこと、昔の青春映画「潮騒のメモリー」を見て主演女優の鈴鹿ひろ美に憧れを抱いたことをきっかけに、芸能活動に目覚めてゆく(第7週)。
この間、アキは観光協会職員でユイの兄・足立ヒロシからの恋心の告白を受けたり、高校の潜水土木科の先輩・種市浩一への初恋とユイを交えた三角関係による失恋を経験する(第8週・第9週)。
折しも、琥珀掘りの小田勉に弟子入りしていた水口琢磨が実は大手芸能事務所「オフィス・ハートフル」のスカウトマンであり、同社長兼大物プロデューサーの荒巻太一の指令でユイとアキを偵察していることが発覚。水口から東京行きの誘いを受けてユイは家出を企てるが、町おこしの目玉である彼女らを失うことを危惧する大吉らが阻止する(第10週)。

この件で落胆し引きこもるユイを励まそうと、アキは町おこしのために自ら発案して作った施設「海女カフェ」でイベントを企画し、春子に内緒で再び二人でステージに立つ。激怒する春子に観客の前で平手打ちされたアキはアイドルになりたいことを春子と地元民に吐露する(第11週)。

荒巻の直接の誘いを受けた二人は再び家出し失敗するが、アイドルを目指すアキの思いを聞いた海女仲間は二人を応援し、水口も二人との契約を正式に申し出る。春子は最後まで強硬に反対するが、夏から25年前の出来事の後悔と謝罪の言葉を聞き母との確執は氷解。アキを送り出すことを決める。こうしてアキとユイは、「ハートフル」と契約し、地元民らに見送られ晴れて上京することとなるが、出発の日、ユイは父の足立功が倒れたため出発の延期を告げ、号泣しながらアキを見送る。こうしてアキはたった一人で東京へと旅立つことになる(第12週)。引用元:「あまちゃん/ウィキペディア (Wikipedia)」

 

9週あらすじネタバレ「おらの大失恋」

10週あらすじネタバレ【水口が騙すスカウトされる?

11週ネタバレあらすじ【アキユイが家出で上京アイドルに

12週ネタバレ【夏と春子が和解アキ東京へ

 

ネタバレあらすじ13週から22週 東京編

13週14週15週16週17週

18週19週20週21週22週 2部◆「東京編:前編」

2009年夏、17歳のアキは上野駅に降り立つ。しかし、アキが加入する「GMT47」(GMT)は人気アイドルグループ「アメ横女学園芸能コース」(アメ女)の2軍扱いでメンバーは6人のみ。加えて、相方のユイが来ないことを事務所関係者に露骨に落胆されたり、父・正宗に恋人の存在発覚など、アキは厳しい現実に直面して落ち込む(第13週)。

しかしGMTの仲間とはすぐに打ち解け、憧れの女優である鈴鹿との偶然の出会いに感激し、海女仲間だった安部小百合さらに初恋相手の種市との再会を喜ぶ。事務所社長の荒巻によりアキはアメ女センターの有馬めぐのシャドウ(代役)に指名されるが、有馬はケガやスキャンダルに瀕しても舞台に穴を開けず、アキにチャンスが巡る見込みはない。そんなアキは荒巻の計らいで女優業の見習いのため、鈴鹿の付き人を始める(第14週)。

アキが東京に来て2か月後、荒巻はファンによる人気投票「国民投票」を企画し、41位以下は解雇すると発表。GMTは得票率を上げるためのイベントを行うも、投票結果でアキは46人中の42位と解雇対象となってしまい、さらに鈴鹿の紹介で端役を演じるドラマではNGを連発して鈴鹿から女優に不向きと苦言され、荒巻から叱責される。順位は繰り上がり解雇は逃れるが、アキは落ち込み、2009年の大晦日に北三陸市に帰省する(第15週)。

父・功の病臥と母・足立よしえの失踪でアイドルをあきらめ不良になったユイから貶され、ドラマは出演シーンがほとんどカットされたことにショックを受け、アキは現実逃避し正月明けも北三陸に留まる。しかし、心配して駆けつけたマネージャー・水口と、留守番電話に残されたGMTメンバーらからの言葉に励まされ、さらにユイとの和解を経て再び東京に戻る。上京の道中で、アキは母・春子からの手紙を読み、春子が昔、荒巻の依頼で鈴鹿の歌手活動の影武者を務めたこと、それが元で歌手デビューの夢を潰されたことを知る(第16週)。

荒巻は国民投票でアメ女から外れた有馬をメインとしてGMTの歌手デビューの準備を始めるが、有馬のスキャンダルを理由に荒巻は急遽中止を決める。激怒し、自分が春子の娘だからデビューできないのかと詰め寄るアキに、荒巻はそのことを認めたうえで「事務所にいる限り潰す」と宣告、アキを解雇する(第17週)。

失意に暮れるアキと電話した春子は、アキの応援と自分がやり残したことを果たすために上京。鈴鹿を交えて荒巻に抗議し、アキの解雇は撤回される。GMTはデビューにこぎ着けるが、デビューCD「地元に帰ろう」を独断で細工した荒巻のやり方に反発した春子はアキを辞めさせると宣言。アキはGMTを脱退し、春子が正宗とともに設立した個人事務所「スリーJプロダクション」に移籍する(第18週)。

アキをかばった水口は「ハートフル」で居場所を失い「スリーJプロダクション」に移りアキの専属マネージャーとなる。春子と水口の尽力で幼児番組に出演したことをきっかけにアキの出演依頼は増え、両思いであることがわかった種市との交際を隠しつつアキは仕事に勤しむ(第19週)。

一方、荒巻の手腕で華々しくデビューしたGMTは人気に陰りが見え始める。挽回策として、荒巻はGMTメンバー小野寺薫子主演の「潮騒のメモリー」のリメイク映画の制作を構想、形だけのオーディションを開催する。事情を知らないアキは応募し一次選考に進むが、選考当日の朝、祖母・夏が倒れたとの知らせを受ける(第20週)。

春子は夏の元に駆けつけ、それまでできなかった親孝行を果たそうと北三陸に留まる。鈴鹿の力添えを受けながらもアキは選考を通過していき、最終選考で小野寺に競り勝ち主演に選ばれる(第21週)。

映画の撮影が開始され、鈴鹿の手厳しい指導や励ましを受けながらアキは撮影に挑み、オールアップの日、回復した夏を見届けた春子も東京に戻る。アキが歌う主題歌の収録現場で、荒巻は春子が影武者をしていたことを鈴鹿に告白して春子に謝罪、鈴鹿も春子に謝罪し三者は和解する。映画が公開された直後の2011年、鈴鹿はスリーJへ移籍を希望し、北三陸の人々の支えと母の帰還を経てすっかり更生していたユイは、アキとGMTの合同ライブを見るため、前日の3月11日、ようやく初の上京を果たそうと北鉄に乗り込む(第22週)。引用元:「あまちゃん/ウィキペディア (Wikipedia)」

ネタバレあらすじ23週から26週 震災編

23週24週25週26週

最終回最終話 2023年9月30日(土)予定 2部◆「東京編:後編」

3月11日、東日本大震災が発生。
翌日に控えたアキとGMTの合同ライブも急遽延期され、海が舞台の「潮騒のメモリー」は上映打ち切りになるなど、世情は大きく変わる。北三陸の人々の無事は確認できたものの、現地の様子が気になる心を抑えアキは仕事に打ち込み続けるが、6月、芸能活動を辞めて独りで北三陸に帰る。現地の惨状を見たアキは震災と津波被害で壊滅的状態の海女カフェを復興させることを宣言する(第23週)。

町の復興は困難が立ちはだかるが、夏の叱咤激励により落胆していた地元民は奮い立つ。アキは北鉄でのアイドル活動を再開して多くの客を集め、帰郷した安部と種市も加わった地元民も精力的に動きだし、町の収益を伸ばしていく。アキはユイに「潮騒のメモリーズ」の復活を持ちかけるが、北鉄車中で震災に遭い、上京を果たせず心に傷を負ったユイは頑に断る(第24週)。

お座敷列車と潮騒のメモリーズを再生させたく北三陸に移住した水口の呼びかけにもユイは断り逃げるが、アキを訪ねてきたGMTの様子を見たユイは奮起して「潮騒のメモリーズ」を再始動し、北三陸から出ずにローカルアイドルとして活動してゆく決意をする。
震災から1年を迎える頃、鈴鹿は海女カフェで自らのチャリティーコンサートを行うことを企画する。これを機に、復興が後回しにされていた海女カフェはアキや地元の有志たちの手で復旧作業が進む。また北鉄や地元の漁業資源などの復興活動も次第に実を結んで行く(第25週)。

一方、鈴鹿も春子の歌の特訓に取り組み続けるが、公演を前にして厳しさに耐えられずに逃げ出し北三陸を訪れ、天野家に滞在する。

そして6月30日、海開き前夜祭として鈴鹿のコンサートが開催。アキたちの心配をよそに、鈴鹿は自前の声で音程が外れることなく全曲を歌い上げ公演は成功。公演終了後の海女カフェで、荒巻と鈴鹿、復縁した大吉と安部、同じく復縁したアキの両親の計3組の合同結婚式が行われる。

翌7月1日、海女カフェ復興で抱えた借金返済に向けて、北の海女たちはウニ漁を再開。1駅区間のみ復旧していた北鉄は、市長となった功の尽力で畑野駅まで延伸し「潮騒のメモリーズ」のお座敷列車公演が復活する。大盛況で初回公演を終え興奮冷めやらぬアキとユイは畑野駅で語らい、ユイの提案で翌年に全面復旧が決まった北鉄の線路を2人で走り出す。袖が浜の防波堤を全力疾走した2人は、突き当たりの灯台の元、笑顔で快晴の海を見つめるのであった。引用元:「あまちゃん/ウィキペディア (Wikipedia):

13週ネタバレ【鈴鹿ひろ美に会うユイ上京できず

14週あらすじネタバレ「おら、大女優の付き人になる」

15週あらすじネタバレ【大吉が春子にプロポーズ!ユイがヤンキーに

16週あらすじネタバレ【春子の過去真相!鈴鹿ひろ美との関係とは

17週あらすじネタバレ【GMT解雇のアキ!鈴鹿ひろ美の秘密

18週あらすじネタバレ【アキGMT辞めて春子と新しい事務所で

19週あらすじネタバレ【アキ種市先輩に告白も禁止!よしえ発見

20週あらすじネタバレ【橋幸夫へ夏の恋心!潮騒メモリーズ再結成?

21週あらすじネタバレ【種市とアキが夜二人きりに!夏と春子雪解け

22週ネタバレ【鈴鹿ひろ美も仲間に!おらとママの潮騒のメモリー

23週ネタバレ【大地震発生!北三陸に戻り海女に

24週あらすじネタバレ【鈴鹿ひろ美と荒巻結婚!復活復興

25週あらすじネタバレ【GMTアキユイ復活へ

26週あらすじネタバレ(最終週)【潮騒のメモリーズ再結成

梅頭役 ピエール瀧 あまちゃん再放送できない理由は?噂の真相

あまちゃんキャスト一覧役柄・キャストの現在は

無頼鮨の大将です。

寡黙な性格で、客の話に渋く微笑み相づちを打っていますが、話を聞いていないことが多いです。

鈴鹿ひろ美が店の常連客で、見習いとして種市を雇います。

ピエール瀧さんは『あまちゃん』放送後も俳優・タレント・声優などマルチに活躍していましたが、2019年3月に違法薬物使用で逮捕でされました。

逮捕後、所属事務所ソニー・ミュージックアーティスツから契約解除されています。

逮捕から1ヶ月後に保釈され、裁判で懲役1年6ヶ月執行猶予3年の判決が下されました。

ピエール瀧さんの出演があったから、あまちゃんが再放送できない理由とされてましたが、

今回は映像ものせるということで無事再放送をできました!噂はあったのですが、実際放送されてよかったです。

現在は、2019年にマネジメント会社「macht inc.」を設立し、電気グルーヴとして音楽活動を再開しているそうです。

朝ドラ「あまちゃん」キャスト 相関図 再放送2023

天野アキ (のん)
天野春子 (小泉今日子)
天野 夏 (宮本信子)
天野忠兵衛 (蟹江敬三)
黒川正宗 (尾美としのり)
大向大吉 (杉本哲太)
天野春子 (有村架純)
今野弥生 (渡辺えり)
足立功 (平泉成)
足立ヒロシ (小池徹平)
足立ユイ (橋本愛)
種市浩一 (福士蒼汰)
鈴鹿ひろ美 (薬師丸ひろ子)
荒巻太一 (古田新太)
水口琢磨 (松田龍平)

連続テレビ小説『あまちゃん』: サンガーデン平城 スタッフ日記

キャスト相関図 現在・その後や子役など詳細はこちら⇓

あまちゃんキャスト相関図!春子幼少期の子役は誰?現在は?種市先輩の結末

 

押さえておきたいあまちゃん用語集

【じぇじぇ!】
ジョジョでもなくギョギョ!でもなく、じぇじぇ!
北三陸の方言で驚いた時にいう言葉。
驚きのレベルに比例して「じぇ」が増える。顔文字にすると(‘jjj’)/
【まめぶ】
北三陸地方の郷土料理「まめぶ汁」のこと。
甘い団子を塩辛い出汁で煮込んだもので、おやつかおかずかわからない微妙な食べ物。
一口食べるとなんとも言えない顔になるが、だんだんハマるという不思議な魅力を持つ。
【潮騒のメモリー】
薬師丸ひろ子演じる大女優、鈴鹿ひろ美のデビュー映画のタイトルであり、
同作の主題歌タイトル。アキの母・春子と荒巻の因縁の曲でもある。
【アメ横女学園芸能コース】
太巻のプロデュースする人気アイドルグループで通称「アメ女」。
国民投票でランキングを決定し、41位以下のメンバーは解雇という鉄の掟を持つ。
3rdシングル「暦の上ではディセンバー」がミリオンヒットを記録。
【GMT5】
「アメ横女学園芸能コース」に所属する、地方のご当地アイドルを集めたアイドルグループで、 アキが所属していたグループでもある。最初はGMT47だったが、色々あってGMT5までメンバーが減少。
とある事情で荒巻が本気を出し、デビュー曲「地元に帰ろう」はランキング1位を獲得。
【奈落(ならく)】
「アメ横女学園芸能コース」の補欠コースで、ブレイク前のGMT5のメンバーのこと。
レギュラーメンバーのシャドー(代役)として、ステージの奈落にいることからそう呼ばれる。
【無頼鮨(ぶらいずし)】
上野にある寿司屋で、鈴鹿ひろ美の行きつけ。
アキの初恋相手、種市先輩の東京での挫折からの再起の地であり、大将・梅頭の小林薫を意識した笑顔が堪能できる店。東京の主要登場人物のたまり場と化している。
【純喫茶アイドル】
原宿にあるアイドル通のマスターが経営する喫茶店。
春子のかつてのバイト先でもある。結構な機密情報が、わりと大きな声で交わされていることもある。
【前髪クネ男】
アキがヒロインデビューを果たした映画『潮騒のメモリー~母娘の島』に登場するイカ釣り漁師・トシヤ役のTOSHIYAのこと。
前髪をいじりながら腰をクネらせることからアキが命名。
台本の「貪る」という字を「踊る」と読むなど、国語力に問題がある。

スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓