ブギウギ 118話あらすじ感想【水城アユミが『ラッパと娘』を歌う?】

[PR]

今回は『ブギウギ 』の118話(第25週)3月19日 火曜日放送後の詳細あらすじネタバレについて紹介します。

 

【水城アユミが『ラッパと娘』を歌う?】と題して第25週118話をお送りします。

 

とある喫茶店で股野とアユミと会うことにしたスズ子。

 

ところがスズ子は思っても見なかったことを申し入れられてしまったのです。

 

それは何とスズ子の持ち歌である『ラッパと娘』をアユミが歌いたいというものだったのでした。

 

<ブギウギ 第25週118話のあらすじ>

 

自宅に戻ったスズ子は、家政婦の大野に水城アユミと出会ったことを話します。

 

“びっくりして死にそうになりましたわ”

 

“よう似てはるねん、お母さんにも”

 

“何かこう、近寄り難い空気があるいうか、、、”

 

そして不安を口にしたスズ子。

 

“あんなイキのええのと比べられたら、かなわんで、、、”

 

そんなところに、何と誘拐未遂事件をおこした小田島と息子の一が一年をへてやってきたのです。

 

突然の訪問に動揺を隠せないスズ子でしたが、小田島が深々と頭を下げて謝ったこともあり家の中へ招き入れます。

 

事件のあと富山で庭師の見習いをしていたが、息子の希望もあって東京へ戻ることにしたと明かした小田島。

 

“あの子のためにもなんとか雇ってもらえる所、見つけようと思います”

 

そんな反省した小田島の話を聞いたスズ子は、何と家事手伝いとして自分が雇うと言い出します。

 

それは一が愛子の友達になってくれたことを思っての判断だったのでした。

 

ところが小田島が働き始めるとタケシが納得できません。

 

そんなタケシを諭したスズ子。

 

“この世は義理と人情や”

 

しかしそれでも納得できないタケシは反論してきます。

 

“そんな甘いから水城アユミの親父にも舐められるんですよ”

 

そして股野から何度となくスズ子に会いたいと連絡があったものの、忙しいことを理由に断っていることを明かしたタケシ。

 

それを聞いて驚いたスズ子でしたが、やんわりと叱ったあとで会う段取りをつけるようタケシに頼んだのでした。

 

しばらくしたある日のこと、股野のとある喫茶店で再会することになったスズ子。

 

“父一人、子一人でつらいこともあったけど、何度も君の歌に乗り越えさせてもろたわ”

 

そう言ってスズ子に感謝した股野は、申し訳なさそうに本題を切り出したのです。

 

スズ子の前にアユミが歌うことになっている大みそかの歌合戦で、何と『ラッパと娘』を歌わせて欲しいというのでした。

 

そこに遅れてやってきたアユミが直ぐな瞳でスズ子を見つめながら申し入れてきます。

 

“ラッパと娘は私が歌手を本気で目指すきっかけになった歌なんです”

 

余りにも唐突な頼みごとに戸惑ってしまったスズ子は、羽鳥に相談する必要があると即答をさけます。

 

でも心の中では、アユミが『ラッパと娘』を歌うことで新進気鋭の歌手と自分が比べられるのが怖かったのでした。

 

ところがそんなやり取りの様子を喫茶店の外から鮫島がうかがっていたのです。

 

隠し撮りに成功した鮫島はニヤリと笑みを浮かべて呟きます。

 

“な〜んかワクワクするねぇ”

 

それから数日がすぎますが、水城アユミからの申し出を羽鳥に相談せずにいたスズ子。

 

そこに売り出されたばかりに『真相婦人』を手に憤慨しながらタケシがやってきました。

 

またしても鮫島は喫茶店でのスズ子たちの話を記事に仕立てていたのです。

 

“水城アユミ「ラッパと娘を歌わせろ」と直談判”

 

記事の見出しを見たスズ子は思わず逡巡してしまうのでした。

 

ブギウギ ネタバレ25週119話羽鳥に歌わせてはダメと言われる

 

<ブギウギ 第25週118話の感想>

 

ツヤが幼いスズ子に向かって話した言葉がここで出てきましたね。

 

“この世は義理と人情や”

 

そういえばアサと結婚した”アホのおっちゃん”はどうしているんでしょうか。

 

それにしても股野とアユミの申し出には驚きです。

 

まるで新旧勝負みたいで、スズ子としては避けたいでしょうね。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓