ブギウギネタバレ6週あらすじ鈴子松永,秋山/中山に恋心!鳥羽と最強タッグ

[PR]

朝ドラNHK連続テレビ小説『ブギウギ 』6週ネタバレあらすじです。1話ごと詳細あらすじ感想も!

6週タイトルは「ワテ,香川に行くで!」 2023年11月6日~11月10日放送予定。

朝ドラ『ブギウギ』は、戦後ブームになった歌“東京ブギウギ”の歌い手として爆発的な人気を得た〈ブギの女王〉こと笠置シヅ子さんをモデルにしてます。詳しくは⇒ブギウギ花田鈴子モデル誰?笠置シヅ子の生涯!養子や結婚相手の死!朝ドラ

先週では、

股野と大和の間に赤ちゃんが生まれた。しかし、大和はすぐに亡くなってしまった。その出来事で覚悟を決めたスズ子は東京行きを決めて家族に告げた。

「ブギウギ」6週ネタバレあらすじ【スズ子は松永に恋心,秋山は中山に恋心!鳥羽善一とコンビ組むと三角関係に?!

1938(昭和13)年4月、スズ子は梅吉やツヤ、親友のタイ子らに見送られ上京します。

部長の辛島から紹介された下宿屋にやってきた秋山とスズ子。

下宿屋は、スズ子たちが出演することになる、日帝劇場のすぐ近くにあります。

下宿屋の主人は小村チズ。チズはおしゃべりな明るい性格で、チズの夫・吾郎が従業員として働いています。

吾郎は元力士という変わった肩書の持ち主です。

スズ子と秋山は、早速東京観光に繰り出します。

浅草や上野を散策し、帰りに下宿近くのおでん屋台に立ち寄るスズ子たち。店主の伝蔵の口悪さにスズ子たちはびっくりしますが、おでんのおいしさに感動するのでした。

・鳥羽善一との出会い
翌日、スズ子たちは辛島や演出家の松永から、梅丸楽劇団の関係者を紹介されます。

楽劇団の中には、振り付け担当でトップダンサーでもある中山史郎がいます。他には、音楽監督の鳥羽善一がいました。

善一が「別れのブルース」の作曲者だと知ったスズ子は驚きます。

「別れのブルース」はラジオで聴いて興味を持ち、レコードを買ったことがあるスズ子。

善一が、スズ子に何か歌を歌うようリクエストします。

スズ子は「恋のステップ」を歌いました。すると善一から「ラッパと娘」の楽譜を手渡されます。

早速翌日から稽古が始まりました。

スズ子が少し歌うと、善一が止めてしまいます。

ジャズっぽく歌ってほしいと言われ、歌い直すスズ子。何度やっても善一は納得せず、スズ子はへとへとになってしまいます。

その後も善一との稽古が続きます。どれだけ歌っても、善一は納得がいかない様子です。

本番まであと少ししかありません。

善一から「大阪へ帰る?」と、脅しともとれるようなことを言われ、スズ子は焦ります。

スズ子は、漠然としたアドバイスしかくれない善一が、何を求めているのかよくわかりません。すると見かねた松永が、スズ子に声を掛けてくれました。

善一に負けてはいけないと励まされるスズ子。

・スズ子と鳥羽善一がコンビ組む
スズ子は善一に稽古をつけてもらうため、善一の家を訪れました。

スズ子が体を動かし表情豊かに歌うと、善一が「少し良くなった」と褒めてくれます。

稽古の後、善一の家でスズ子は夕食をごちそうになりました。その際、スズ子は善一が大阪出身だと知ります。

仕事以外のことはさっぱりの善一が、妻の麻里に頼りっきりで、スズ子は驚きます。

ジャズをずっとやりたいと思っていた善一。

スズ子と出会ったことで、ようやくジャズができると善一が喜んでいたと、麻里がスズ子に話します。

翌日の稽古から、これまで以上に熱が入る善一。

そしてついに、本番前日になりました。

スズ子は、松永に不安を打ち明けます。すると松永がスズ子を励まし、おでこにキスをしました。

スズ子は、優しい松永にいつしか恋心を抱くようになっていました。

それは秋山も同じでした。

秋山は振り付け担当の中山にときめきを感じています。

そしてついに梅丸楽劇団の旗揚げ公演が開幕します。

秋山は中山とのダンスや、ソロのタップダンスを披露。客席が大いに沸きます。

そしてスズ子は、善一と稽古を重ねた「ラッパと娘」を熱唱しました。客は盛り上がりますが、その中で怪訝そうな顔をする女性がいました。

彼女の名は茨田りつ子。りつ子は、ブルースの女王と呼ばれ、歌手をしています。

スズ子の歌を聞いたりつ子が、下品だとつぶやきます。

その後公演は無事に終わります。

こうしてスズ子と羽鳥善一のコンビが誕生したのでした。

ブギウギ7週ネタバレあらすじ【茨田りつ子と対立!松永に失恋,移籍話

 

ネタバレあらすじトップページ⇓⇓

ブギウギ朝ドラネタバレあらすじ最終回マデ来週,今後の結婚相手/死

 

ブギウギネタバレ6週26話あらすじ

スズ子(趣里)と秋山(伊原六花)は、大きな期待と小さな不安を胸に東京へ向かう。東京では、辛島部長(安井順平)の手配で、小村チズ(ふせえり)が営む下宿屋に住むこととなる。梅丸楽劇団では、演出家の松永大星(新納慎也)らが、海外に負けないような画期的な男女混合のミュージカルを作ろうとしていた。詳細や感想は⇓⇓

ネタバレ26話あらすじ【東京で松永と羽鳥に出会う

ブギウギネタバレ6週27話あらすじ

いよいよ、スズ子(趣里)と秋山(伊原六花)の梅丸楽劇団初日。幹部メンバーである、部長の辛島(安井順平)、演出家の松永(新納慎也)、バンドマスターの一井(陰山泰)、ダンサーの中山(小栗基裕)そして、作曲家の羽鳥善一(草なぎ剛)と対面する。スズ子は羽鳥が憧れの「別れのブルース」の作曲者だと聞いて感銘を受ける。

ネタバレ27話あらすじ羽鳥が鈴子の歌声を聞かせてほしいと頼む

ブギウギネタバレ6週28話あらすじ

羽鳥善一(草なぎ剛)とスズ子(趣里)のレッスンが始まった。ところが、羽鳥はスズ子の歌に満足せず、歌の出だしばかり500回以上繰り返し歌わせる。具体的な指示を出すことなく、「ジャズだよ」と言うばかりの羽鳥にスズ子は困惑する。

ブギウギネタバレ28話あらすじ【ジャズの険しい道

ブギウギネタバレ6週29話あらすじ

スズ子(趣里)と羽鳥善一(草なぎ剛)の厳しいレッスンは相変わらず続いている。しかし、羽鳥はスズ子の歌に相変わらず満足しないままだ。スズ子も、どうすればいいのか分からないまま困惑していた。スズ子は演出家の松永(新納慎也)に行き詰まっていることを相談する。

ブギウギネタバレ29話あらすじ【松永の助言から羽鳥の自宅に

ブギウギネタバレ6週30話あらすじ

歌うコツをつかんだスズ子(趣里)は、羽鳥善一(草なぎ剛)とのレッスンを続け、その歌声はぐんと熱を帯びてきていた。そんなスズ子を励ます松永(新納慎也)は、スズ子のおでこにキスをする。スズ子は、松永を意識し始めるのだった…。一方、秋山(伊原六花)もダンサーの中山(小栗基裕)のことが気になり始めていた。

ブギウギネタバレ30話あらすじ【松永のキス、中山との恋の行方

 

ブギウギ7週ネタバレあらすじ【茨田りつ子と対立!松永に失恋,移籍話

ブギウギ6週ネタバレレビュー、史実との比較、見どころ、感想

 

松竹は、東京と大阪の劇団から優秀なメンバーを厳選し、さらに男性ダンサーも加わった新しい劇団「松竹楽劇団 (SGD) 」を立ち上げました。

SGDの正指揮者として任命されたのは、名だたる作曲家の服部良一さん(鳥羽善一のモデル)でした。
服部良一さんと笠置シヅ子さん(スズ子のモデル)が初めて顔を合わせたのはこのSGDでの活動がきっかけでした。
服部良一さんは後になって自身の回想録でこう綴っています。
「花形として抜擢されたのは、大阪で歌姫と呼ばれていた笠置シヅ子という女性だった。ぼくは、どんなに素晴らしいプリマドンナなのかと興味津々だった。」
笠置シヅ子さんの名前や評判は以前から耳にしていたものの、実際に会ったことはなかった服部良一さんは大きな期待を胸に抱いていました。

しかし、服部良一さんが目にした笠置シヅ子さんは
「薬瓶を下げて、目がかすんでいるような小柄な女性がやってきた。裏通りの子守りや出前屋の女の子みたいだった。」
期待とは裏腹に、がっかりするような第一印象だったようです。

しかし、
「その日の夜遅く始まった舞台稽古で、ぼくは思わず息を呑んだ。舞台から飛び出してきた女の子は、昼間に見た目がかすんでいる女の子とはまるで別人だった。」
と、そのギャップに驚愕するだけでなく
「その動きの華やかさとスイング感覚は、他の少女歌劇出身の女の子たちとは比べ物にならないレベルで、これが世間を騒がせている歌手なのかと納得した。」
他の出演者たちとは「別格」と断言し絶賛するほど。
舞台裏での第一印象と舞台上での第二印象、二つの場所で見せる印象のギャップがスズ子ちゃんと作曲家羽鳥善一のリアルな出会いだったのです。
(服部良一『ぼくの音楽人生』より引用)

・朝ドラ『カムカムエヴリバディ』との関連
笠置シヅ子さんに心奪われた服部良一さんは、笠置シヅ子さんにふさわしいオリジナル曲を次々と作り出しました。
当時のレビューでは、既にある曲を編曲して使うことが一般的だった中で、オリジナル曲を作ることは斬新な試みでした。
服部良一さんが作ったオリジナル曲の中には『ラッパと娘』という曲があります。この曲は映画『Artists and Models (1937年、日本未公開)』で使われた曲に着想を得て作られました。
服部良一さんが着想を得た曲は、『カムカムエヴリバディ』の主要なテーマの一つであったサッチモことルイ・アームストロングが作曲した曲です。

詳しいモデルの内容はこちらから⇒ブギウギ花田鈴子モデル誰?笠置シヅ子の生涯!養子や結婚相手の死!

6週でのキャスト紹介です⇓⇓

ブギウギキャスト相関図一覧! 結婚相手役の水上恒司は誰?子役全紹介

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓