ドラマDestinyネタバレ最終回!原作犯人黒幕父の死!野木と復縁

ドラマDestiny最終回ネタバレ原作 春ドラマ

[PR]

今回はドラマ『Destiny』のあらすじネタバレ最終回あらすじ結末までと、犯人黒幕は?父の死,真相!野木と復縁?原作はある?ドラマキャスト相関図紹介最終回予想ネタバレあらすじもお送りします。

ドラマ:Destinyデスティニーのあらすじネタバレ:主人公は「横浜地方検察庁」中央支部の検事·西村奏(石原さとみ)

中学生の時、検事の父を亡くしたことをきっかけに、母の故郷·長野県に移り住み、そのまま地元大学の法学部に進学。

そして、そこで出逢った4人の仲間と共に、司法試験に向け苦楽を共にする一方、恋に、喧嘩に、友情に…と、キャンパスがある長野の雄大な自然に包まれながら、生まれて初めての「青春」を謳歌し、その絆を深めていました。

しかし、司法試験資格のためのロースクール入試を間近に控えたある日、事件は起こります。

ある人物の死─。それが彼らの運命を大きく狂わせていくのでした。

『Destiny』は、原作の無いオリジナル作品となっています。

2024年4月9日からテレビ朝日系の「火曜9時」枠で、ドラマ化決定。ドラマ1話から最終話までアップしていきます

Destiny デスティニードラマ最終回ネタバレあらすじ結末まで

Destinyデスティニーネタバレ1話ドラマあらすじ

「横浜地検」中央支部の検事·西村奏(石原さとみ)は、被疑者の取り調べに向かいながら、「東京地検」特捜部の検事だった父·辻英介(佐々木蔵之介)が亡くなった中学3年生の頃に思いを馳せていました。

検事として正義を貫いてきた英介が、汚職事件に巻き込まれ、疑惑を残したまま命を落としたあの日以来、姓を変えて母の故郷·長野に移り住み、息を潜めるように生きてきた奏。

父と同じ検事になりたい一心で、孤独に勉強に励む奏の運命を大きく変えることになったのは、「信濃大学」法学部に通う大学2年の夏のことでした──。

期末試験に臨む奏の隣に座った野木真樹(亀梨和也)は、驚く奏をよそに、いきなり馴れ馴れしく接してきました。

その後も、真樹は何かと奏に絡んできて、自分の友人·森知美(宮澤エマ)梅田祐希(矢本悠馬)及川カオリ(田中みな実)を紹介します。

そんな真樹のおかげで、心を閉ざして生きてきた奏に初めて仲間が出来ました。

私たち、友だちでいようね。永遠に

──その言葉通り、奏は大自然あふれるキャンパスで仲間と青春を謳歌。

初めて心から笑い、充実した日々を送ります。

そして、これまで孤独に生きてきた奏と、父·野木浩一郎(仲村トオル)との折り合いが悪く、心から人を好きになったことのない真樹は次第に惹かれ合い、仲間には秘密の恋が始まります。

カオリが真樹に惹かれていることに気付きながらも、あえて目をそらし、初めての恋に溺れていく奏…。

そんなある日、想像もしていなかった事件が奏たちに襲いかかります。

この事件を境に、永遠を誓ったはずの友情も、彼らの青春時代も突然終わりを告げることに…。

しかし、その12年後──。

奏は思いもかけない形で再び大学時代の事件に向き合うことに──。

そしてそれは、20年前の父の死の謎に繋がっていて…!?

壮大なスケールと映像美で描き出す《運命的な愛》といくつもの《

20年の時をかけた、切なくも濃密なサスペンス×ラブストーリーが幕を開けます──。

Destinyデスティニーネタバレ2話ドラマあらすじ

横浜地検の中央支部に所属する検事、西村奏(演じる石原さとみ)が取り扱っている違法な薬物取引の疑惑者が、有名な政治家の次男であることが明らかになり、一気に世間の視線が集まる。

この事件は何としても起訴しなければならないが、疑惑者は逮捕時に薬物を持っておらず、罪を否認している。共犯者の証言しか得られていない奏は、「これで裁判が成立すると思っているのか」と、支部長の大畑節子(演じる高畑淳子)から厳しく叱られる。

悔しさと焦りから、家に帰っても頭の中は事件のことでいっぱいの奏。そんな時、恋人の奥田貴志(演じる安藤政信)が帰宅し、「そろそろ結婚しない?」と提案する。

突然のプロポーズに、奏は驚き、思わず固まってしまうが、12年前に貴志と初めて出会った日のことを思い出す。  長野の豊かな自然の中で、初めて作った友人たちと青春を楽しみ、初めて恋を経験した大学の日々。

そして、衝撃的な事件が起こり、当時の恋人であった野木真樹(演じる亀梨和也)が姿を消してしまったあの日…生きているのに、まるで死んでいるかのような時間を過ごしていた奏は、ロースクールの試験にも落ちてしまう。

絶望と無気力に苦しみ、ついに倒れてしまう。そんな奏を救ってくれたのが、当時大学病院で働いていた研修医の貴志だった。

そんな時、姿を消していた真樹が現れる。衝撃的な事件から12年、長い時間を経てついに奏と真樹は再会を果たす。これをきっかけに、封じ込めていたはずの事件の真実を追求し、2人の運命は大きく動き出す。

Destinyネタバレ3話ドラマ 真樹と奏が12年ぶりのキス

主人公の西村奏が、父・辻英介の死に関わる謎を追い始めます。

このエピソードは、奏が父の過去と自身の未来に向き合う重要な転換点となります。

奏は、父がかつて担当した環境エネルギー汚職事件の真実を探求し、その過程で父の死に関与したとされる野木浩一郎と直接対峙します。

一方で、奏の私生活では、恋人である外科医の奥田貴志からのプロポーズに応えるべきかどうかの葛藤が描かれます。

奏は貴志と共に長野を訪れ、そこで母・西村悠子と再会しますが、悠子は奏に過去を忘れるよう助言します。

奏は母の言葉に戸惑いながらも、真実を求める決意を新たにします。

さらに、奏の前には大学時代の恋人である野木真樹が現れ、彼は奏の父の事件とカオリの事件の真相を知るために帰国したと明かします。

真樹との再会は奏の心に動揺をもたらし、二人の間には12年ぶりのキスが交わされます。

Destinyネタバレ4話ドラマ 真樹が「俺が殺した」と告白

4話では、主人公の西村奏(石原さとみ)と野木真樹(亀梨和也)が、12年ぶりに再会するシーンから物語が展開します。

真樹は幼少期に母を失い、父・浩一郎(仲村トオル)とその再婚相手との間で居場所を見つけられずに育ちます。

大学時代には祐希(矢本悠馬)、知美(宮澤エマ)、そして奏と出会い、特に奏に対しては深い感情を抱いていました。

しかし、カオリ(田中みな実)の事故が彼らの関係を一変させます。この事故の真相が、真樹と奏の間で徐々に明らかになっていきます。

カオリは環境エネルギー汚職事件を調査しており、その過程で真樹の父・浩一郎に接触していました。

感情が高ぶったカオリは車を暴走させ、真樹は事故を防ごうとハンドルを握りますが、結果的に事故を引き起こしてしまいます。

真樹は自己責任を感じ、奏に対して「俺が殺した」と告白します。

一方、知美はカオリに事件について教えたことを後悔し、祐希との関係にも影響を及ぼします。

Destinyネタバレ5話ドラマあらすじ 真樹が癌

第5話では、検事の西村奏(石原さとみ)が、20年前の環境エネルギー汚職事件の真相を追求しています。

この事件は、奏の父である辻英介(佐々木蔵之介)と、奏の元恋人で弁護士の野木真樹(亀梨和也)の父、野木浩一郎(仲村トオル)が関与していたものです。

奏は新里(杉本哲太)から、英介が真実を封じ込めるために自ら命を絶ったことを知ります。

一方、祐希(矢本悠馬)は浩一郎に接触され、真樹がなぜ帰ってきたのかについて尋ねられます。

祐希は何も知らないふりをしますが、浩一郎は彼を味方に引き入れようとします。奏は実家で父の遺品から事件の全貌を語るボイスレコーダーを見つけ、真樹を自宅に呼び出し、一緒に録音を聞きます。

その録音には、国会議員の東正太郎(馬場徹)が山上重工業から資金提供を受けた疑惑や、その見返りとして補助金の便宜を図った証拠が含まれていました。

しかし、裁判では、東の秘書がメールを送った時間には人間ドックを受けており、送信が不可能だったことが明らかになります。浩一郎は検察が証拠を捏造したと主張し、結果として東は無罪となります。

これにより、英介は全責任を負い、懲戒免職になることを覚悟します。奏と真樹は、英介が真実を守るために死を選んだことを知り、奏は真樹にもう二人で会わないことを告げます。

しかし、その後真樹は倒れ、奏は貴志(安藤政信)に連絡を取り、病院へ行きます。貴志は真樹が重篤な癌であることを奏に告げます。

そして、浩一郎の家が火事になり、真樹は「僕が燃やしました」と警察に告白します。この衝撃的な展開により、物語は次のステージへと進んでいきます。。

Destinyネタバレ6話ドラマ

6話では、主人公の奏(石原さとみ)と彼女のかつての恋人である真樹(亀梨和也)が、法廷で対峙することになります。

このエピソードは、奏の父・英介(佐々木蔵之介)と真樹の父・浩一郎(中村トオル)の過去の因縁が明らかになり、二人の関係に新たな光を当てる展開となっています。

物語は、真樹が放火の疑いで逮捕されるところから始まります。

彼は自らの罪を認めるものの、放火の動機については黙秘を貫きます。

一方、奏は真樹が無実であると信じ、真犯人を見つけ出そうと奮闘します。この過程で、奏は真樹との過去の関係や、彼が抱える家族の問題に直面し、彼女自身もまた、法と正義、そして愛との間で葛藤します。

感想としては、このエピソードは「Destiny」の中でも特に感情的な重みを持つものでした。

特に、真樹が自らの過去と向き合い、家族との確執を乗り越えようとする姿や、奏と真樹の間の微妙な感情の動きは、二人の過去の愛と現在の立場の間のジレンマを巧みに描き出しています。

Destinyネタバレ7話ドラマ

7話では、横浜地方検察庁の検事・西村奏(石原さとみ)が主人公として物語を牽引します。

このエピソードは、奏が恋人であり主治医でもある奥田貴志(安藤政信)の助言に従い、吐血し倒れた野木真樹(亀梨和也)のそばに留まることから始まります。

真樹は目を覚まし、「一緒に逃げない?」と奏に提案します。翌朝、真樹は病院を抜け出し、長野に向かうバスに乗り込みますが、発車直前に奏も同じバスに飛び乗ります。

一方、「横浜地検」では、支部長の大畑節子(高畑淳子)や事務官の加地卓也(曽田陵介)らが、奏に連絡を取ろうと必死ですが、奏のスマホは電源が切られています。

貴志は、真樹が病院からいなくなったという連絡を受け、不吉な予感に駆られます。そして、大畑からの電話でその予感は確信に変わります。

貴志は、奏がいなくなった痕跡を探し始めます。神奈川県警が緊急配備を敷く中、奏と真樹はレンタカーで思い出の場所に向かい、幸せだった大学時代を思い出します。担当検事と被疑者となった初恋の2人が禁断の逃避行を開始するのです。

奏は、「愛する人は、私が守る」という強い信念のもと、検事の職を追われるリスクを冒してでも真樹を守ろうと決意します。

Destinyデスティニーネタバレ8話ドラマあらすじ

 

Destinyデスティニーネタバレ9話ドラマあらすじ

 

前の話が放送後にアップします。

****************

Destinyドラマ最終回ネタバレあらすじ予想!犯人,父の死事件真相,野木と復縁?!原作は?

『Destiny』には原作は無く、完全オリジナルストーリーで描かれます。

脚本を担当するのは吉田紀子さんです。

吉田さんは『Dr.コトー診療所』(2003年)、『涙そうそう』(2006年)、『ハナミズキ』(2010年)などの脚本を担当しています。

また、吉田さんのドラマは人物描写が豊かで、感動する作品が多いと評判です。

ドラマ『Destiny』の舞台は横浜地検。

石原さとみさん演じる主人公·西村奏は、検事として忙しい毎日を過ごしていました。

中学3年生の時に父親を亡くし、大学時代にもある人物の死と遭遇したつらい過去を抱えていました。

それから12年─。

奏はかつての初恋相手·野木真樹(亀梨和也)と再会します。

それを機に、過去の事件や父親の事件など抗うことの出来ない運命に立ち向かうというストーリーとなっています。

最終回結末ネタバレ予想:父親の事件真相・犯人解明、野木真樹と復縁?!

吉田さんの脚本ということで、バッドエンドは無さそうなので、最終回では父親の事件と大学時代の事件の謎が全て解け、奏は野木真樹と復縁するという結末になるのではないでしょうか。

ただ、奏には現在、奥田という恋人がいるため、恋愛面についてはどう展開していくのかわかりません。

奏の父・辻英介(佐々木蔵之介)の死と、彼女の大学時代の仲間たちとの関係を中心に展開します。

奏は、父の死の真相を追求する中で、かつての同級生である野木真樹(亀梨和也)、その父・野木浩一郎(仲村トオル)、奏の婚約者・奥田貴志(安藤政信)、そして奏の上司・大畑(高畑淳子)など、多くの人物が絡む複雑な事件に巻き込まれていきます。

物語の中で、奏は真樹と再会し、彼が何らかの形で父の死に関与している可能性に直面します。

また、真樹の父・浩一郎が有力な黒幕候補として浮上し、奏の婚約者・貴志もまた、何かを隠しているように思えます。

さらに、奏の上司である大畑も、英介の死に関わっている可能性が示唆されています。

このドラマは、登場人物たちの過去と現在が交錯し、一見バラバラに見える出来事が徐々に繋がり、真実が明らかになっていく過程で最終回で伏線回収されると思います。

とても気になるドラマなので、最終回まで楽しみに見たいと思います。

他 春ドラマ⇓⇓

肝臓を奪われた妻ネタバレ最終回原作結末!漫画光星は逮捕,死!健と結婚

アンメット最終回ネタバレ!ミヤビ三瓶の関係偽婚約!黒幕西島が障害の原因

君が獣になる前にネタバレ最終回!黒幕,南田!8巻原作結末犯人は漫画完結

Destinyデスティニー ドラマキャスト登場人物・相関図

相関図・キャスト|Destiny|テレビ朝日
  • 西村奏役 石原さとみ…「横浜地方検察庁」中央支部の検事。検事の父、専業主婦の母の愛を受けて育ちました。しかし中学3年生のときに、父がある事件に巻き込まれて亡くなります。それ以降、母の故郷·長野県に移り住み、息を潜めるように生きてきました。父と同じ検事になりたいという一心で、地元の国立大学の法学部に進学。マジメだけが取り柄の地味な学生生活を送っていましたが、ある日、馴れ馴れしく近づいてきた野木真樹をはじめ、4人の友だちが出来ます。初めて知った青春と恋…。しかし、そんな充実した日々は、ある死亡事件を機に突然終わりを告げます。卒業して12年─。検事となり、医師の恋人·奥田貴志と一緒に暮らしながら多忙な日々を送っている奏ですが、仲間たちとの再会をきっかけに、封印してきたいくつもの過去や疑惑と対峙していくことに。
  • 野木真樹役 亀梨和也…横浜の名家で生まれ、父は有名弁護士。幼い頃、母が出て行って以来、父との折り合いが悪い。父への反抗心から、勝手に長野県の国立大学の法学部を受験し、家を出ます。人懐っこい笑顔と馴れ馴れしい態度の人気者ですが、今まで心から好きになった人はいません。大学2年の夏、試験のとき、隣に座っていた奏と出会い、いつしか自分の友だち3人を含めて仲良くなります。仲間たちと青春を謳歌する中で、一見地味で目立たないものの、どこか自分と同じ匂いのする奏を初めて本気で好きになります。その後、仲間たちには内緒で奏と付き合い始めますが、ある死亡事件を機に、突然消息不明に…。12年後─検事になった奏の前に現れ、再び過去の事件と向き合うことになるのですが…!?

大学時代の仲間

  • 森知美役 宮澤エマ…「信濃大学」法学部で頭脳明晰。成績は、法学部でもいつもトップクラス。司法試験を目指し、弁護士を目指しています。聡明で、割り切りが早く、悩むより行動するタイプ。ゴーイングマイウェイで、他人の考えに左右されない強さを持ちます。
  • 梅田祐希役 矢本悠馬…「信濃大学」法学部で川崎出身。心優しくてお人よし、ちょっぴりヘタレな仲間たちのムードメーカー。一見ただのお調子者のようですが、実は、相手をよく見ていて、その胸のうちを察することが出来ます。
  • 及川カオリ役 田中みな実…「信濃大学」法学部。親が病院を経営する名家の娘。華やかな容姿で、高級車で登校するなど、学生たちの羨望の的でした。物質的には多くを与えられますが、愛情には飢えたところがあり、究極の淋しがり屋です。

横浜地検中央支部

  • 大畑節子役 高畑淳子…「横浜地方検察庁」中央支部の支部長であり、奏の上司。検察庁で女性キャリア活躍の道を切り開いてきた草分け的存在。怒っているときほど静かな口調になる癖があり、それが部下たちにより一層緊張感を与えています。
  • 加地卓也役 曽田陵介…「横浜地方検察庁」中央支部の事務官。職場のパートナーである検事·奏に振り回され、まったく休めないことに不満を募らせています。「代休をください」と主張し続けますが、なかなか実現しません。実は何やら秘密を抱えているようで…!?

その他の人物

  • 奥田貴志役 安藤政信…「横浜みなと総合病院」に勤務する外科医で、奏の現在の恋人。横浜地検·中央支部に勤務する奏と一緒に暮らしています。多忙な日々を送りながらも、奏を優しくサポートしています。そろそろプロポーズしようと考えていますが…!?
  • 辻英介役 佐々木蔵之介…元「東京地検」特捜部の検事であり、奏の父。家族思いの父であり、正義感の強い検事でしたが、奏が15歳の頃、思いもよらずある事件に巻き込まれ、命を落としました。
  • 野木浩一郎役 仲村トオル…「野木法律事務所」の弁護士であり、真樹の父。数々の有名事件を手掛けてきたエリートであり野心家。妻が出て行って以降、真樹との折り合いが悪い。勝手に長野の国立大学への進学を決め家を出た真樹とは、長らく顔を合わせていませんでしたが、12年ぶりに再会することに。

他人気ドラマ⇓

アンメットある脳外科医の日記ネタバレ最終回!黒幕西島?ミヤビ真相結婚?原作漫画結末

好きなオトコと別れたいネタバレ最終回原作結末!漫画青山プロポーズ,結婚

御社の乱れ正します!ネタバレ最終回漫画!ふりんの件原作結末!ドラマ最終話


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧

にぶんのいち夫婦 最新刊完結結末!全巻小説-和真視点

あなたがしてくれなくても結末最新話不倫恋完結はまだ

凪のお暇ネタバレ最新話刊-結末最終巻マデ

いつわりの愛‐契約婚漫画結末!小説ヨリ最後は理人離婚!

復讐の未亡人最終回マデ

血の轍ネタバレ

ギルティ最終回マデドラマ違い【瑠衣の正体と目的

それでも愛を誓いますか最終回全ネタバレ!真山と結ばれる?元サヤに

ミステリと言う勿れ 結末マデ犯人と真相