花咲舞が黙ってないネタバレシーズン3最終回原作!玲子黒幕は?小説結末

花咲舞が黙ってないネタバレ最終回原作 ネタバレ最終回原作

[PR]

池井戸潤さん原作の『花咲舞が黙ってない』が2024年4月からのドラマ新シリーズとして帰ってきます。

  • 花咲舞が黙ってないネタバレドラマシーズン3最終回原作結末!
  • 新キャスト今田美桜‐玲子黒幕は?小説結末

までお送りします!

前作シリーズで相馬を演じていた上川隆也さんが、花咲舞の叔父として登場するのも注目されていますね。

今回は菊地凛子さんが演じる昇仙峡が花咲舞の天敵として現れ、どう物語が展開していくのか目が離せません。

それでは、『花咲舞が黙ってない』の新シリーズのドラマの情報、原作ネタバレあらすじや最終回予想などを解説していきますね。

*******************
\【花咲舞が黙ってない】の結末を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/⇒無料で 花咲舞が黙ってない 最新巻をイーブックで今すぐ読む!

ドラマ『花咲舞が黙ってない』ネタバレ1話あらすじ

東京第一銀行の銀行員である花咲舞(今田美桜)は、どんな相手であろうと自分の正義を貫き通します。

銀行の保守的主義の中で正論が必ずしも通るとは限らない社会では、不快感を示す者も少なくありません。

言いたいけど言えない者も多い中、舞は忖度なしでぶつかっていき絶対に屈しないのです。

窓口係から本部の支店統括部臨店班へ配置換えになった舞は、銀行内部の様々な不正を目の当たりにするのでした。

 

『花咲舞が黙ってない』ネタバレあらすじ概要

主人公の花咲舞は曲がったことが大嫌いで、大手銀行の内部監査官として銀行内部の不正を暴いていきます。

時には自分のキャリアを脅かされても、圧力に屈することなく真実を追求。

花咲舞が直面する困難や葛藤、仕事と私生活のバランスを描いています。

 

『花咲舞が黙ってない』ドラマキャスト役柄紹介 今田美桜

  • 花咲舞/(今田美桜)…東京第一銀行の銀行員。窓口係だったが突然内部監査業務へ異動になる。曲がったことが大嫌いで相馬とバディを組み、銀行内部の不正に容赦なく切り込んでいく。
  • 相馬健/(山本耕史)…花咲舞の上司。過去に取引先が倒産した責任をなすりつけられ出世争いから脱落。それからは極力波風を立てず仕事をこなしていたが、舞に影響され次第に支える存在となっていく。
  • 昇仙峡玲子/(菊地凛子)…東京第一銀行初の女性取締役。銀行の利益を第一に考え、不正の隠蔽工作も厭わない。最初は花咲舞を軽んじていたが、不正が次々と暴かれていくうちに看過できない存在となっていく。
  • 花咲健/(上川隆也)…花咲舞の叔父で居酒屋を営む。舞を幼少期から見ており何でも話せる関係。姪である舞を常に気に掛けている。

 

ドラマ『花咲舞が黙ってない』ネタバレ最終回を原作最終巻・最新刊のあらすじから予想

原作では昇仙峡玲子は企画部の調査役として登場し、銀行の巨大な闇を暴くキーパーソンとして描かれています。

臨店班が真実に近づき過ぎて相馬が異動させられたり、メーンバンクの企業の粉飾決算が発覚したりと次々と問題が起きます。

銀行の深く、巨大な闇を明らかにすべく、花咲舞と相馬は奮闘。

最後の最後で痛快かつ、予想外な結末が予想されます。

『花咲舞が黙ってない』の中に若き日の半沢直樹が登場する描写もあり、世界線が繋がっているのでドラマでどんな風に描かれるのかにも注目ですね。

⇒無料で 花咲舞が黙ってない 最新巻をイーブックで今すぐ読む!

***期間限定で50%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

『花咲舞が黙ってない』ネタバレ原作小説あらすじ1巻から最終巻結末まで

最終回ネタバレ1、激戦区

自由が丘支店は東京第一銀行の中でも多忙と言われる店舗の1つでした。

その自由が丘支店から「過払いに関する報告」という報告書がきました。

自由が丘は表向きな輝かしいファッション街のイメージがある一方で、狭い範囲でメガバンクがひしめき合う金融機関の激戦区でした。

東京第一銀行の自由が丘支店は、競合他社から遅れをとっていたのです。

さらに重大な手続きミスの多発、顧客からの苦情や行内監査の再検査に引っ掛かる、営業課の行員が次々と辞めてしまうなど問題が山積みでした。

花咲舞は自由が丘支店の散々な状況にため息をつき、相馬と共に店舗に出向くが、課長の中西は「こんなことになっているのは、全て部下のせい」と問題を丸投げしていました。

調査していくうち辞めていったのはベテランの行員ばかりで、行内での人間関係もギスギスしており営業成績の事で揉めていたことが分かります。

さらに本店の企画部長で役員でもある真藤、自由が丘支店長の矢島と営業課長の中西が裏で繋がっていたのです。

そして、花咲舞は1人の女性行員の恨みと反発に気づくのでした。

 

最終回ネタバレ2、3番窓口

花咲舞と相馬が神戸支店に出向くことを知った真藤は、自由が丘支店の問題の闇を暴いたことに憤慨して、屈辱を晴らすべく次の手を画策します。

ですが神戸支店を狙って詐欺を行おうとする犯罪集団が裏で糸を引き、1人は浮気相手に騙され3000万円の慰謝料を危険な人物から請求されていました。

詐欺の手口は、

  • 出来る限りの現金を用意し、銀行に一日だけ融資を持ち掛けまとまったお金を作る
  • それぞれに分かれて一方は別の支店で待つ
  • もう1人は残りの現金を持って他社の銀行に行く
  • ATMではなく窓口で現金振込を依頼
  • 窓口の行員が機械での送金処理をし終わったのを見計らい、振込の取り消しを要求して現金の返還を催促
  • 送金処理が済んだ段階でもう1人は、入金確認して現金を引き出し逃亡
  • 同時に現金を返還してもらった方も逃亡

つまり、詐欺がバレる前に現金を持ってバックレようという計画なのです。

さらにわざと銀行の忙しさがピーク時の25日を狙い、3番窓口の新人行員に担当があたるよう犯人たちは動いていました。

今回も容易く詐欺を成功できると踏んでいた、犯人たちは1憶円を持参して神戸支店に行きます。

しかし3番窓口を担当していたのは新人行員ではなく、花咲舞が座っていたのでした。

*******************
\【花咲舞が黙ってない】の結末を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/⇒無料で 花咲舞が黙ってない 最新巻をイーブックで今すぐ読む!

最終回ネタバレ3、主任検査官

国からの監査が行われるという情報が、東京第一銀行に入ります。

監査の目的は、融資理由や融資先が適切なものかどうかをチェックするためでした。

一か月以上前から行内では、連日のように監査対策に取り掛かって不都合な書類は隠ぺい、書類の再作成などの業務に追われていました。

監査対策はどこの銀行でも行われていて、東京第一銀行が特別というわけではありません。

表向きは抜き打ち検査になっていますが、官僚内部から検査時期の情報を事前に銀行側は入手していました。

しかし東京第一銀行のどこの店舗に監査が入るかまでは、把握できず、分かるのは規模の大きい店舗が対象だろうということぐらいでした。

ですが金融庁の監査が入ったのは、比較的小規模店舗である武蔵小杉支店。

予想外の監査に動揺する行員たちを横目に、行員の持ち物まで検査が入ります。

さらに目につかない所に保管された書類まで調べられ、次長の芝崎は違和感を感じ、内部告発があったのではと推測します。

武蔵小杉支店は隠蔽工作を暴かれるという、大きな醜聞に激震が走りました。

ちょうど出向く予定のあった花咲舞と相馬に、内部告発したのが誰か突き止めるよう命じられます。

花咲舞は「犯人探しの前に、内部告発されるような不正を改めるべき」と憤慨して犯人探しを嫌がりました。

ですが最終的には、相馬と共に武蔵小杉支店に出向きます。

花咲舞たちは以前、南田から不都合な書類が入った箱がもう1つ存在すると言われ、その箱は南田が単独で別の場所に移したため監査では見つかりませんでした。

青田という金融庁の監査官が出世のためにその箱の書類を探していると推測した相馬は、あることを画策します。

青田は島崎という女性行員を指名し、ロッカーを開けるよう迫ります。

島崎はひどく動揺し、やむを得ずロッカーを開けるのでした。

 

最終回ネタバレ結末、不祥事

東京第一銀行が大手百貨店の全社員の給与データを紛失させるという、大失態を犯します。

その百貨店は現在、再開発に伴い莫大な資金移動が予想される大きな企画が進行中で、プロジェクトのメーンバンクの座を巡って他行と競合している真っ只中でした。

さらにその百貨店の御曹司を花咲舞は、あまりの常識のなさに過去にビンタを食らわせていたのです。

担当していたのは本店営業第2部の坂田で、 光磁気ディスクに保存して黒いケースに入れていたが一瞬席を離れた隙に消えていたと言うのです。

坂田は真面目で他人に厳し過ぎるためか、部下からもかなり恨みを買っていたことが分かります。

坂田を狙った盗難事件ということになり、花咲舞たちはデータのディスクが消えた当日、誰が出入りしていたか調査。

あまりの膨大なデータ量に相馬は絶叫するが、片っ端から調べていくしかありませんでした。

花咲舞は紛失当日に出入りした人物たちの細かいデータを慎重に見ていた時、1人の人物に着眼します。

後日、百貨店の社長の伊丹が銀行に激怒して乗り込んできたのでした。

 

他原作注目ドラマ↓↓

君が獣になる前にネタバレ最終回!黒幕犯人は南田?漫画8巻完結原作結末は

 

肝臓を奪われた妻ネタバレ最終回原作結末!漫画光星は逮捕,死!健と結婚

『花咲舞が黙ってない』 漫画原作 電子書籍漫画サイト 無料最新刊お得情報

◆おすすめサイト◆

・ebookjapan(ヤフー)

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】
イーブックジャパン:期間限定無料!!⇒ 花咲舞が黙ってない 無料で 今すぐ読む!

 

⇒花咲舞が黙ってない イーブックで無料で 今すぐ読む!
***限定で6巻分70%オフ!paypayキャッシュバック5%!金・土日にお得に読めるキャンペーン中***全巻お得に読めます!!

⇒ 花咲舞が黙ってない 漫画

花咲舞が黙ってない

 

 

・まんが王国サイト 無料登録で1巻⇒【まんが王国で無料読み】はこちらから♪

↑の漫画王国サイトは1か月後に解約する手間なし!簡単無料登録だけで読める漫画3000冊以上にアップ♪ \最大半額/

・コミックスjp 無料登録30日間で2巻無料⇒【コミックjp】 で無料2巻はこちら
⇑無料漫画1000冊以上(^^♪


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧

にぶんのいち夫婦 最新刊完結結末!全巻小説-和真視点

あなたがしてくれなくても結末最新話不倫恋完結はまだ

凪のお暇ネタバレ最新話刊-結末最終巻マデ

いつわりの愛‐契約婚漫画結末!小説ヨリ最後は理人離婚!

復讐の未亡人最終回マデ

血の轍ネタバレ

ギルティ最終回マデドラマ違い【瑠衣の正体と目的

それでも愛を誓いますか最終回全ネタバレ!真山と結ばれる?元サヤに

ミステリと言う勿れ 結末マデ犯人と真相