ブギウギ 17週77話あらすじ感想【歌か愛助か?選択をせまられるスズ子】

[PR]

今回は『ブギウギ 』の77話(第17週)1月22日 月曜日放送後の詳細あらすじネタバレについて紹介します。

 

【歌か愛助か?選択をせまられるスズ子】と題して第17週77話をお送りします。

 

社長で母親のトミの意向は、歌手を辞めるなら結婚を認めるというものだったのです。

 

羽鳥はそんな条件は飲むなと動揺しますが、麻里はスズ子の気持が大切だといいます。

 

二人の仲を認めさせた責任を感じた坂口は、大阪本社にいってトミの説得を試みますが失敗に終わってしまったのでした。

 

<ブギウギ 第17週77話のあらすじ>

 

村山興行東京支社に呼び出されたスズ子は、社長で母親のトミから伝言を預かってきていた矢崎の話を聞かされます。

 

トミは愛助との結婚を認めるが、歌手を辞めることを条件としてだしてきていたのです。

 

矢崎は村山家に嫁いでくる人は、愛助を支えるのは当然でさらに大勢の芸人の面倒もみなければならないと告げたのでした。

 

社長はできるだけ早期に愛助に会社を任せたいと考えていて、そのためにも身を固めて欲しいと思っているのだとトミの気持を代弁する矢崎。

 

“この機会にしっかり考えてください!”

 

矢崎はそう言い残して帰っていったのでした。

 

動揺を隠せないスズ子と愛助。

 

スズ子は同棲生活をしてきた2年もの間に、ちゃんと結婚のことを考えなかった自分を責めます。

 

傍らで一緒に話を忸怩たる想いで聞きながら、トミに愛助とスズ子の仲を認めさせた自分に責任があると口にした坂口。

 

そして坂口は本社に出向いて行って、社長を説得してくると二人に告げたのでした。

 

“ボン、福来さん。任せてください!”

 

困ったスズ子はその足で羽鳥家を訪ねます。

 

話を聞かされて激しく動揺した羽鳥。

 

“そんな条件のんだらあかんて!”

 

しかも羽鳥はスズ子とまた面白いことをやろうと考えていたのでした。

 

自分の構想を明かそうとする羽鳥を麻里がいさめて口を挟みます。

 

“今大切なのは、スズ子さんのお気持ちでしょう!大好きな歌と大好きな人のどちらかを選べなんて言われてるのよ!”

 

麻里は我慢するのはいつも女だと言って、そんなのはおかしいと怒りをにじませたのです。

 

三鷹の家に戻ったスズ子は、羽鳥夫妻に相談してきたことを愛助に伝えます。

 

ところがスズ子が話している最中に愛助が咳こんでしまったのです。

 

愛助は大丈夫だと笑い飛ばそうとしますが、最近になったちょくちょく咳こむ愛助をみているスズ子は心配するのでした。

 

それから数日後、大阪から戻ってきた坂口が姿をあらわします。

 

“申し訳ない!”

 

トミを説得するといって本社に向かった坂口でしたが、出来ずに帰ってきていたのです。

 

頭を下げた坂口は、トミが二人の結婚には反対していないことと、愛助の面倒を見てくれたスズ子に感謝していると言います。

 

ところがトミは愛助の伴侶には、一緒になって村山を盛り上げて欲しいと望んでいると言うのです。

 

“社長は芸人にとってお母ちゃんみたいなもんなんですわ”

 

悩ましい顔をしながらしみじみと告げた坂口。

 

すると愛助が怒りを露わにして言います。

 

“僕はスズ子さんにそんなん求めてへんわ!”

 

するとポツリと自分の気持を口にしたスズ子。

 

“ワテ・・・、歌手やめよかなぁ”

 

重苦しい空気が漂う中、スズ子は愛助と家族になれるなら自分は歌手を辞めてもいいと思えてきていたのでした。

ブギウギネタバレ17週78話愛助が村山興業辞める!歌手続けれるように

<ブギウギ 第17週77話の感想>

 

羽鳥に相談したら、歌手を辞めさせたくない方向の意見になるのは必然ですよね。

 

ここはこっそりと麻里だけに相談したほうが良かったのかも知れません。

 

跡継ぎである愛助の伴侶として求められるものは、想定以上に大きかったようです。

 

そんな状況下で愛助が会社を継がないという選択肢も考えられるんじゃないでしょうか。

 

でも村山興行を敵にまわしたら、スズ子の歌手活動への影響もでそうなので難しそうですね。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓