ブギウギ14話3週ネタバレあらすじ【不況給料下がり和希が辞める

[PR]

朝ドラ『ブギウギ 』3週14話ネタバレあらすじです。放送後に詳細あらすじネタバレ、感想もアップします。

3週タイトルは「桃色争議や」 2023年10月19日(木曜)放送予定。

朝ドラ『ブギウギ』は、戦後ブームになった歌“東京ブギウギ”の歌い手として爆発的な人気を得た〈ブギの女王〉こと笠置シヅ子さんをモデルにしてます。⇒ブギウギ花田鈴子モデル笠置シヅ子の生涯!養子や結婚相手の死!

前話では、

何とかしたいスズ子(趣里)は、ツヤ(水川あさみ)と梅吉(柳葉敏郎)、そしてはな湯の常連客に相談するのだが、なかなか答えが見つからない。

そんなある日、和希が劇団をやめると言いだす。

ブギウギ14話3週ネタバレあらすじ【不況給料下がり和希が辞める

不況の波が押し寄せ、梅丸少女歌劇団にも賃金削減と人員削減が告げられる。一部の楽団員と新人の劇団員は解雇されてしまった。

そして、給料が下がったことで、桜庭和希(片山友希)は劇団を続けられなくなり、やめざるをえなくなってしまう。

大和礼子(蒼井優)と橘アオイ(翼和希)は会社と話し合いをするために嘆願書を提出する。

こうして、スズ子(趣里)も巻き込まれていく、会社と劇団員の「桃色争議」が始まる…。

 

 

ブギウギ2週ネタバレあらすじ【梅丸歌劇団入団,同期とは険悪に

ブギウギ3週ネタバレあらすじ【スズ子たちストライキ!?桃色争議とは

ブギウギ4週ネタバレあらすじ【スズ子の出生の秘密/養女/が明らかに

 

USK同期の子役さんたちも紹介⇓⇓

ブギウギ子役 鈴子幼少期は澤井梨丘!タイ子,同期の辰美,幸子は誰?

 

◆ネタバレあらすじトップページ⇓⇓

ブギウギ朝ドラネタバレあらすじ最終回マデ来週,今後の結婚相手/死

 

 

『ブギウギ』の14話(第3週)10月19日 木曜日放送後の詳細あらすじネタバレについて紹介します。

 

【USK労使による労働争議】と題して第3週14話をお送りします。

 

世界恐慌の波に襲われたことを理由に、USKのメンバーと賃金の削減を大熊社長から命じられた林部長。

 

その結果、新人たちは解雇され団員たちの給料も削減されてしまったのです。

 

そんな一方的な会社のやり方に対して、劇団を引っ張ってきた礼子とアオイが立ち上がって、会社に対して『嘆願書』を提出したことで労働争議が勃発してしまったのでした。

 

ブギウギネタバレあらすじ 第3週14話放送後

 

林部長が大熊社長から言い渡されたのは、アメリカ発の世界恐慌の波に襲われた『梅丸少女歌劇団』の人員と賃金を削減しろというものでした。

 

そして新人たちが解雇され、劇団員も給料を3分の2に削減されてしまったのです。

 

USKのメンバーに動揺が広がるなか、怒りに震えた大和礼子がいきなり解雇される新人たちに向かって、自分が必ず呼び戻すと誓います。

 

そんな状況で、せっかく戻ってきた桜庭和希が、またしても退団すると言い出しました。

 

家計を支えている和希にとって給料削減は受け入れられるものではなかったのです。

 

何とか和希を思いとどまらせたい同期のスズ子とリリーでしたが、どうすることもできずに悔し涙を流します。

 

翌日になって、これまでトップとして劇団を引っ張てきた大和礼子と橘アオイが、会社側に一方的な通告を撤回させて辞めさせられた人たちを呼び戻すと立ち上がりました。

 

すると他の団員達も二人に賛同して一致団結して戦い抜こうということになります。

 

そして納得のいく賃金や休暇などの要求も加えた『嘆願書』を作成して林部長に提出した礼子とアオイ。

 

受け取った林部長も大熊社長に渡すこととできる限りのことはすると約束してくれたのでした。

 

こうして、USKでの労使闘争は世間の注目することとなり、新聞などでは『桃色争議』と書き立てられてしまったのです。

 

そんなある日のこと、『はな湯』に梅丸本社の男が前触れもなくやってきました。

 

USKの労使闘争が世間の注目を集めている状態を何とか回避したい会社側は、何とスズ子に労働争議をやめさせてくれれば、金を支払うと言ってきたのです。

 

その場でキッパリと断ったスズ子が、翌日になってUSKの稽古場に行ってみると、他の劇団員たちのところにも金を出すから争議を治めて欲しいと言っていたことが判明。

 

すると会社側が団員たちの団結をバラバラにするような手口を使ってきたことに失望した礼子が”ストライキ”を敢行しようと声を挙げます。

 

しかし、”ストライキ”の敢行は公演の放棄となってしまうため、団員たちの間に動揺が広がってしまったのです。

 

そんな団員たちに向かって、”の闘いは自分たちのためだけではなく、これから梅丸に入る者たちのための闘いでもある”と訴えてヒートアップしていく礼子。

 

しかし、ここで労使闘争を礼子とともに先導してきたアオイが意義を唱えたのです。

 

“ストライキは自分勝手な考え方”だと言うアオイは、公演を楽しみにする客のためにストライキだけは絶対に避けるべきだと主張したのでした。

 

<ブギウギ 第3週14話の感想>

 

劇団の一致団結は労働争議ではなくて、公演などで発揮されるものであって欲しいですね。

 

それにしても、会社側の内部からの分断をはかるやり方は酷くて反感を誘います。

 

背に腹は代えられないとはいえ、朝から不愉快にさせられてしまいました。

 

せっかく一致団結していたのに”ストライキ”を巡って礼子とアオイが対立してしまうのは、会社側の思うツボになりそうで、明日以降の展開が気になりすぎますね。

 

・ヒロインモデルは⇒ブギウギ花田鈴子モデル笠置シヅ子の生涯!養子や結婚相手の死!

・鈴子の家族や、銭湯の常連さんなど周りの人々が登場してきます⇓⇓

ブギウギキャスト相関図一覧! 結婚相手役の水上恒司は誰?子役全紹介

ブギウギ ロケ地舞台全撮影場所!エキストラ募集2023-2024最新


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓