舞いあがれ!ネタバレ22週【小型飛行機作り新事業・冒険のはじまり

[PR]

舞いあがれ!22週ネタバレ「小型飛行機作り貴司とはまだ恋愛には発展せず」と題してお送りします!⇒21週はじまりで、ようやく舞と貴司は結婚しますね( ;∀;)

追記:22週ネタバレアップしました⇓22週タイトル「冒険のはじまり」

21週最後の話は⇓⇓

笠巻は使い込まれたユニホームを手に社員達の待つ事務所へ入る。笠巻の到着をまっていたIWAKURAの会社の社員たちは…

舞いあがれ!ネタバレ102話22週「厳しい町工場のために新事業を考える

22週102話  月 2/27

なにわバードマン時代の先輩の市職員・安川や、大学教授の渥美の協力のもと、成功したオープンファクトリーを舞たちは工場の2代目社長たちと祝うが、経営が苦しい工場は参加が難しいことを知る。

そんな経営が大変な工場にも有益になるような新規事業を舞は考え始める。

【出演】福原遥,永作博美,高橋克典,赤楚衛二,山口智充,くわばたりえ,山口紗弥加,川島潤哉,駿河太郎,湯浅崇,松尾鯉太郎,三谷昌登,井之上チャル,杉森大祐,田村ツトム,牛丸裕司,城土井大智ほか

22週103話  火曜 2/28

104話 水 3/1

105話 木 3/2

106話 金 3/3

舞いあがれ22週ネタバレあらすじ展開予想

後半で、飛行機作りに必要な舞が東大阪で新たに出会う新キャスト・重要人物から22週予想ネタバレを紹介。

舞いあがれ!』八木莉可子ら新キャスト発表 駿河太郎が「なにわ ...

・1人目は、重工業の国内トップクラスである「菱崎重工」の重役・荒金正人を演じるのは鶴見辰吾さん。浩太(高橋克典)と長崎の職場で一緒に働いていた過去を持つ。

・2人目は東大阪市の町おこしを担当する職員・安川龍平を演じるのは駿河太郎さん。舞が大学時代に在籍した人力飛行機サークル「なにわバードマン」の伝説のOB。

・3人目は、東大阪で板金加工を専門とする工場の女性社長・我妻花江役を久保田磨希さん。ものづくりへの情熱にあふれた人物で、舞とも関わるようになっていく。

この3人から予想すると、舞の会社IWAKURAは航空機産業に参入し、東大阪の町自体も活気づけ、さらに五島列島の中を飛び回る小型飛行機を作るまで会社を広げていく。そして、以前のバードマンメンバーなど巻き込んでいき、最終回近くには、舞が小型飛行機のパイロットに復帰という流れができてくるのではと予想してます。

 

NHK公式でも、以前から以下のように発表されてます⇓⇓

「東大阪で実感する「ものづくり」の喜びと、自然とともに生きる離島での暮らし。2つの故郷である東大阪と五島、それぞれの土地に暮らすさまざまな人との絆を深めた舞は、やがて新しい形で空への夢を見つけていきます。

それは仲間たちの力を集め、島を行き来できる電動小型飛行機を飛ばすこと。夢の飛行機作りに情熱を燃やす仲間たちと共に、舞の夢は、みんなの夢をのせた新しい翼となって大空へ飛び立ちます!!」

なので、小型飛行機作りへの流れは必然なのでと思います。

 

あと重要なのが、舞の恋愛はどうなるかについてです。

17週あたりでは、貴司とは周りから見ればお似合いな雰囲気・関係ですが、

18週で、貴司の恋愛や将来について重要な人物として⇓秋月史子が関わってきそうです(;’∀’)

その秋月とはどのような女性かというと、、貴司(赤楚衛二)の短歌に出会い心を打たれ、デラシネを探し出して貴司に会いに来るという設定で、舞がとまどうところまで話がすすむようなので、貴司と恋愛に発展しそうな展開です。

中堅出版社のうさんくさい短歌担当編集者・リュー北條が、貴司の才能を出版の売り上げに生かそうと、貴司に難題を注文して不安にさせますが、

出版社担当者のリュー北條の無理難題を、秋月と一緒に貴司が二人でクリアしていき、その過程でお互いのことが気になりだして…二人は付き合い、恋人に発展してくのではと予想してます!!

このままの流れでは、貴司と舞はくっつかずに、秋月さんと貴司が恋愛に発展し、やはり柏木と別れてしまった舞は、小型飛行機作りで長崎に帰ったときに一太といい関係までに発展するのではと願望も含めて考えてます。

▼テレビ放送後に1話ごとあらすじ詳細と感想の記事をアップしてます⇓⇓

舞い上がれ!放送後の詳細1話ごとあらすじ・感想

 

モデルは実在の女性パイロット?福原遥本人の実話を元に?!

舞い上がれネタバレ最終回まで全まとめ

舞いあがれ22週のあらすじネタバレ予想展開

[小型飛行機作りに向けて『IWAKURA』の事業拡大について]

18週では祥子が町おこしをしていると聞き、さらに航空学校仲間との久々の出会いで、また夢に向かっていく力になる感じなので22週では小型飛行機作りを思いつき動き出すのではと思います。

 

悠人の協力

急逝した浩太が残した経営不振に陥ったの『IWAKURA』は、めぐみが運営しはじめた会社をパイロットになることを断念した舞が営業として奮闘します。

 

その結果で会社の業績は回復し、かつて浩太が描いた航空産業にかかわる仕事についても受注することができるようになりました。

 

ところが、航空産業にかかわるようになったことで、断念していたパイロットになる夢のことを頻繁に想いだすようになった舞。

 

舞は『航空学校』の訓練時の飛行機を操縦する感覚を想いだし、もう一度飛行機を操縦して大空を飛びたいと思うようになります。

 

舞が悶々とした日々を送っていたある日、兄の悠人が岩倉家にやってきました。

 

しかも悠人は母親のめぐみに向かって、『IWAKURA』を自分に譲って欲しいと言い出したのです。

 

悠人はかつて自分が父親の浩太に言い放った言葉を忘れることができないと、今まで抱いてきていた想いを恵みに明かします。

 

それは会社が浩太が描いていた航空産業で成功させて、辞めていった従業員を呼び戻したいというものでした。

 

めぐみも舞も悠人が『IWAKURA』に入ってくれることに異存はなく大喜びしますが、従業員の中には今更と歓迎しない人もいます。

 

しかし、戻ってきた悠人が会社のために懸命に働く姿は、そんな従業員たちの心も融解させていったのでした。

 

ある日、舞は悠人から自分の望む道を進めば良いと諭されます。

 

再度、パイロットとして大空を飛びたいという気持ちが残っていた舞は、小型飛行機を作り自分がパイロットになって人や物を運んで役に立ちたいと思うようになっていきました。

 

モデルは実在の女性パイロット?福原遥本人の実話を元に?!

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓