警部補ダイマジン原作ネタバレ最終回結末!漫画の44先駆者正体は赤堀黒幕?

警部補ダイマジンネタバレ最終回44先駆者正体 ネタバレ最終回原作

[PR]

ドラマ「警部補ダイマジン」のネタバレあらすじ最終回結末まで!原作漫画より秘密結社44の先駆者トップは誰?黒幕正体と衝撃の真相は?!内容です。

警部補ダイマジン』は、原作:リチャード·ウーさん、作画:コウノコウジさんによる漫画で「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)にて連載中の作品。現在最新刊16巻まで発売、17巻は7月中旬予定。まだ完結してません。最新話ネタバレもいち早くお届けします!

強い正義感をもつ警視庁捜査一課のエース·台場 陣が、法で裁けない犯人に剛腕を振りかざし、悪をもって悪を制すピカレスクサスペンス。主人公·台場 陣生田斗真さんが演じます。

2023年7月7日(金)から、テレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」枠でドラマが放送スタート。ドラマのあらすじネタバレも最終回までお届け!!

◆ドラマ警部補ダイマジンキャスト一覧⇓⇓

  • 台場陣/ダイマジン(生田斗真) …警視庁捜査一課強行犯警部補
  • 平安才門(向井理) …警視庁捜査一課特例捜査対策班室長。
  • 七夕夕夏(土屋太鳳)…警視庁捜査一課強行犯第四係所属刑事。
  • 占部貴教(小澤征悦)…警視庁・刑事部
  • 賀来さくら(シシド・カフカ)…特命捜査対策班の警部補。
  • 牡丹則行(浜野謙太)…特命捜査対策班のメンバー。
  • 雲田泰造(松平健)…警視庁・刑事部。
  • 百鬼行人(高橋克典)…警視庁公安部の理事官。
  • 天羽大(宅麻伸)…元警視監。
  • 穴水政玄(片岡鶴太郎)…元内閣特務室のトップ。
  • 高田美和子(成海璃子)…台場陣の元妻。
  • 清家真吾(桐山漣)…デジタル担当大臣。
  • 平安綾子(藤澤恵麻)…平安才門の母。

そこで今回は、警部補ダイマジンネタバレ最終回結末まで!漫画原作より秘密結社44のトップ先駆者の正体真相と犯人について紹介したいと思います。

\7/20まで無料【秘密結社44のトップを台場は突き止めることが出来るのか…!?】の衝撃結末を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

ドラマ「警部補ダイマジン」あらすじ最終回結末まで!!

ドラマ1話あらすじネタバレ

警視庁捜査一課のエース刑事・台場陣(生田斗真)。立派な体格に剛腕、誰よりも強い正義感から“ダイマジン(大魔神)”と称されている検挙率No.1の台場だが、彼には大きな秘密があった。それは、法で裁けぬ未解決事件の犯人に、自ら手を下して罰を与えていること。

今日も未解決事件の真犯人である元警察庁の重鎮・天羽大(宅麻伸)を自殺に見せかけて殺害したばかりだった。しかし、その秘密を知った特命捜査対策班の室長・平安才門(向井理)から、「罪を見逃す代わりに、自分の部下になれ!」と、捜査一課から特命班へ無理やり異動させられてしまう。

その頃、ある議員の銃撃事件が発生。台場は、平安と共に現場へと向かう。“未解決事件専門なのに、なぜ…?”と疑問を抱いた台場は、特命班の賀来さくら(シシド・カフカ)牡丹則行(浜野謙太)から、この事件にはある秘密結社が関係していることを聞かされる。さらに、特命班の未解決事件の真犯人は天羽だと考えて捜査していたこと、天羽もその結社の一員だったため、真実が隠蔽されたことを聞かされる…。

そんな中、特命班は秘密結社の殺し屋・市川孝蔵(矢柴俊博)中野伸之(出合正幸)の行動確認を続けていた。すると牡丹から台場に中野が古いマンションに入って行ったと連絡が入る。なんとそこは平安が秘密の資料部屋として使っている部屋だった。
一方、連続幼女誘拐殺人事件の捜査中、救出された幼女に話を聞いた刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)は、密かに犯人の特徴に当てはまる台場を疑い始めていて…!?弱みをエサに《飼い主》となった平安と、《召使い》に成り下がった台場。前代未聞の《最凶コンビ》が、悪をもって悪を制す――。

ドラマ2話あらすじネタバレ

未解決事件を専門に扱う特命捜査対策班に異動した警部補・台場陣(生田斗真)は、賀来さくら(シシド・カフカ)から、日本の政界・財界・警察組織をも牛耳っている巨悪は、旧帝国陸軍が秘密裏に創設した特殊部隊の流れを汲む秘密結社「44」(よんよん)だと聞かされる。

「44」は、政府や警察の汚れ仕事を請け負う組織で、台場が処刑した天羽大(宅麻伸)は、その幹部であった可能性が高いという…。到底信じられず笑い飛ばしたものの、自分をこき使う上司・平安才門(向井理)から、台場が天羽を殺したことがきっかけで、「特命班のメンバーは今後も命を狙われることになる」と宣言されてしまう。

さらに、最近頻発している、大企業で法外な高給を得ている経営者や外国人CEOが変死した事件も、「44」の仕業だと聞かされた台場は、賀来や牡丹則行(浜野謙太)とともに、事件の真相を探り始める。しかし、邪魔者扱いされている特命班に情報を流してくれる刑事はおらず、捜査は一向に進展しない。
奔走するメンバーとは別に、何とかして手掛かりをつかみたい平安もまた、科学捜査研究所の警視・雲田泰造(松平健)から紹介された情報屋に接触を試みるのだが…!?

そんな中、台場に、「44」の殺し屋・市川孝蔵(矢柴俊博)が一緒に暮している女性・須田晃子(クノ真季子)が、この経営者の変死事件に絡んでいると賀来から連絡が入る。台場はひとり市川のマンションに乗り込むことに!

一方、台場が天羽殺しの真犯人ではないかという疑いをもち、ひとりで密かに捜査を続けていた刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)。疑惑が確信に変わったその時、七夕はある決意を固めて…!?

ドラマ3話あらすじネタバレ

警視庁特命捜査対策班の室長・平安才門(向井理)の捜査により、自分たちの命を狙う秘密結社「44」の殺し屋・市川孝蔵(矢柴俊博)が、かつて元国会議員・桜庭紘一の秘書をしていたこと、さらに現在も議員会館に出入りしていることが判明。台場陣(生田斗真)らは、「44」が政権中枢にまで食い込んでいることに衝撃を受ける。
日本の政界・財界・警察組織をも牛耳る闇組織「44」の目的とは何なのか…。想像以上に巨悪がのさばっていることにがく然とする特命班だが…!?

そんなある日、平安の前に警視庁公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典)が現れる。百鬼は、平安が「44」の黒幕を探っていることを知り、接近してきたらしい。公安が握っている「44」の情報を提供するという百鬼だが、平安は機密性の高い公安部の理事官が、あっさり情報提供してくれることが逆に引っ掛かる…。百鬼はそんな平安に、「44」の情報と引き換えに、天羽大(宅麻伸)を殺害した犯人が知りたいと、情報交換を持ち掛ける。
はたして、彼は敵か味方か――。平安は、殺人犯は台場だと教え、百鬼がどんな動きを見せるのかを試す危険な賭けに出ることに!

一方、自分が平安に売られたことなど知る由もない台場は、「44」の殺し屋・市川の正体を探っていた。
そんな台場を天羽殺しの犯人だと疑い、密かに捜査している刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)。七夕は、証拠を押さえるべく、市川を追う台場を尾行するのだが…!?

ドラマ4話あらすじネタバレ

罠にハメられ、暴行容疑で逮捕された警視庁 特命捜査対策班の警部補・台場陣(生田斗真)。そんな彼の窮地を救ったのは、台場を尾行していた捜査一課の刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)だった。七夕は、いまだに台場への疑いを払拭しきれないまま…ではあるものの、台場と特命班室長・平安才門(向井理)の仲間になる。平安から、秘密結社「44」の話を聞き、その大きな闇を暴こうと張り切る七夕――。

そんな中、台場に現政権への批判的な記事を書いていたフリージャーナリスト・磯野郷太(石井正則)が、「44」に命を狙われているという情報が入る。台場は現場に突入し、間一髪で磯野を救い出すのだが、ビルの屋上に追い詰めた犯人と激しい乱闘になり…!?

ことあるごとに、独裁政権を確立して国を支配するという目的を達成するための活動を邪魔され、苛立つ「44」のトップは、特命班の動く暴力装置・台場を排除しようと、ある作戦を実行に移すことに…。罠に気づいて警戒する台場だが、裏をかくような巧妙な作戦により、その魔の手はまさかの七夕に迫っていた…。絶体絶命の大ピンチ! 窮地に立たされた七夕は…!?

一方、平安は公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典)から、「44」のトップは部下から“教官”と呼ばれている人物らしいという情報を得る。さらに、この件を突き詰めていけば、いずれ殺されると忠告されて…!?
激しさを増していく特命班と「44」の争い…そんな中、「44」のトップの正体が判明!

ドラマ5話あらすじネタバレ

元警察庁の重鎮・天羽大(宅麻伸)変死事件の再捜査が始まり、警察は天羽が指揮を執っていた時代に、連続幼女誘拐事件の犯人と疑われていた河本住男を取り調べる。

しかし、特命捜査対策班のメンバーは、警察が“天羽への復讐”という動機をでっち上げ、強引に河本を犯人に仕立て上げるのではないかと考えていた。「真犯人が名乗り出る以外、疑惑を晴らす手立てはないかもしれない」という室長・平安才門(向井理)の言葉に、警部補・台場陣(生田斗真)は、このままでは無実の河本が逮捕されてしまう…と葛藤。そして、天羽殺しの犯人は自分なのに…という罪悪感に苛まれ始める――。

一方、河本の弁護を担当することになった台場の元妻で弁護士の高田美和子(成海璃子)は、河本が疑われるきっかけとなった連続幼女誘拐事件を洗い直すため、天羽が宿泊していたホテルで聞き込みを開始。さらに、刑事の七夕夕夏(土屋太鳳)とともに、唯一救出された女の子の自宅を訪れ、再度話を聞くことに…。すると、救出された直後は混乱していた女の子が、犯人の顔を思い出したと新たな証言をする。

七夕から話を聞き、犯人を思い出したことが秘密結社「44」にバレたら、被害者一家が命を狙われる可能性が高いと焦る台場…。しかし、平安は逆にこれを利用して、「44」のトップで“教官”と呼ばれる人物をおびき出そうと考えていた――。
被害者一家に危険が及ぶ禁断のおとり作戦であることを仲間に隠し、台場や七夕らとともに被害者宅で張り込む平安だが…!?

ドラマ6話あらすじネタバレ

秘密結社「44」の殺し屋・市川孝蔵(矢柴俊博)に刺され、特命捜査対策室の室長・平安才門(向井理)は、入院を余儀なくされる。そのうえ、市川にも逃げられてしまい、がく然とする台場陣(生田斗真)…。
しかも、勝手に連続幼女誘拐事件の被害者宅の張り込みをした挙げ句、平安が刺されるという大失態を犯すことになった特命班のメンバーは、捜査一課の監視下に置かれ、身動きが取れなくなってしまう。台場は、動けない自分に代わり、捜査一課の刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)に、市川の捜索を依頼する。

市川を見つけたと七夕から連絡を受けた台場は、警視庁を抜け出す。しかし、ようやく市川を追いつめたと思ったその時、背後に「44」の殺し屋・杉山鉄次(Micro)が現れ、台場の頭に銃口を突きつける。すると、そこに自分が監視されていることを逆手にとった台場の思惑どおり、捜査一課の刑事たちが現れ、杉山を拘束。しかし、またもや市川の逃走を許してしまう…。

そんな中、平安の病室に市川が現れる。再び平安殺害を試みる市川だが、そこに居合わせた公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典)に阻まれ、またも作戦失敗。すると、市川が衝撃の行動に出て…!?
「44」が暗殺しようとしているのは自分だ――そう確信した平安に、百鬼は新たな情報を伝える。「44」に関する重要なデータが紛失し、しかもどうやらそのデータ紛失には台場が関わっているらしい、と…。
台場が自分に隠しごとをしていると感じた平安は…!?

ドラマ7話あらすじネタバレ

秘密結社「44」が何人もの人を殺してまで必死に探しているのは、国を揺るがすほどの機密事項が記された“議定書”のデータだった。しかもどうやら「44」は、警視庁特命捜査対策班の警部補・台場陣(生田斗真)天羽大(宅麻伸)を殺害した際に、そのデータを盗んだと考えているらしく…。

台場は、天羽のパソコンを持ち出し、のちに殺害されてしまったフリージャーナリスト・磯野郷太(石井正則)が、“議定書”のデータをどこかに隠していると考え、捜査一課の刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)とともに、磯野の実家に向かう。しかし、時すでに遅し――。磯野の母いわく、刑事を名乗る人物が訪ねてきて、遺品を捜索していった後だった…。大事なデータならいくつかコピーしておくはずと予想した七夕の言葉どおり、回りまわってフリーの記者・梶山正治(田村健太郎)がUSBを持っていることが判明! 台場と七夕は梶山に接近してUSBを入手する作戦を立てる。しかし、梶山の自宅もすでに荒らされた後で…!?

ここ最近、「44」に先を越されてばかりの事態を不審に思った台場は、入院中の特命班の室長・平安才門(向井理)の病室を訪れ、特命班にスパイがいて、「44」に情報が洩れているのではないか、と相談。平安の退院後、台場が賀来さくら(シシド・カフカ)を、平安が牡丹則行(浜野謙太)の行確をすることに…。

さらに平安は、犯罪捜査情報分析統括センターの警部でありながら、“教官”と呼ばれる「44」のトップ・占部貴教(小澤征悦)を泳がせて、「44」を解体すると誓う。しかし、その矢先、占部が突然警視庁を退職。元警察キャリアのデジタル担当大臣・清家真吾(桐山漣)の秘書に転身する。なんと占部は、将来有望な若手大臣・清家を「44」のメンバーに引き入れようと画策していたのだ!

そんな中、台場に公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典)から連絡が入り、平安が病室から消えたという――。さらに、七夕とも突然連絡が取れなくなり…!?

ドラマ最終話最終回8話あらすじネタバレ

特命捜査対策班の警部補・台場陣(生田斗真)は、牡丹則行(浜野謙太)が殺された原因は平安才門(向井理)にあると疑い、激しい怒りにかられる。公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典)は、秘密結社「44」を強く憎んでいる平安に限ってそんなはずはないと諭すのだが…!?

もはや誰も信じられなくなった台場は、拉致された刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)は自分が助ける、とひとりで特命班の部屋を飛び出して行く。その場に残された賀来さくら(シシド・カフカ)は、牡丹が「44」に情報を流していたことを知り、がく然。ショックを受ける彼女に、平安は「牡丹さんはいいように使われていただけ。44のスパイは私だったんです」と、衝撃の告白をして…!?

その頃、占部貴教(小澤征悦)は、暗躍が功を奏し、デジタル担当大臣・清家真吾(桐山漣)を「44」のメンバーに引き入れることに成功する。絶大な影響力をもつ清家が仲間になったことで、世論を思うままに操る力を得たと、ほくそ笑む占部――。

一方、百鬼からの情報で、ようやく七夕が拉致されている倉庫にたどり着く台場だが、そこに現れたのは占部だった。ついに始まる最後の戦い――。「俺は44の殺人兵器だ!」と狂ったように高笑いする占部と、怒りの炎を燃え上がらせる台場の激しい戦いが続く中、百鬼が姿を見せる。さらに、平安まで現れて…!?

とうとう明かされる「44」の真の目的、そして“先駆者”と呼ばれる黒幕とは…?
最後の最後まで、誰が敵で誰が味方かわからない――。

最終回予想として漫画原作最新刊・最新話もあわせてどうぞ⇓⇓

:::::::::::

秘密結社44の先駆者トップは誰??正体はこの人!!

秘密結社44の先駆者は3人と言われ、リーダー格のひとりは大学教授の赤堀勝正。この赤堀はサイコパスで、人口を半分にしろと極端な思考の持ち主。

サ〇ン以上に強力な化学〇器ノビチョクを使って北の大国からその恐怖の薬品を入手し、コメンテーターとして、44のメンバーにテレビでのコメントや大学講義で、日本を奈落の底に突き落とそうと指示を出していた。

平安才門の母は、結社44の先駆者にレ〇プされ、そして生まれたのが平安。母は入院中で話すことができない状態。父親は御手洗一馬だと疑っていて探して、逮捕するか或いは自分の手で殺そうと考えている。

平安は赤堀の行為は御手洗の目的と違うと考え、「手を組んでテロを阻止しよう」という手紙を出す。

穴水は百鬼と会っていて、現先駆者は暗殺されていると話していて、そして、穴水は「平安を見立たせるのが44の基本条件だ」と考える。

一方、御手洗も記者会見から「これが44の目的だ」と気づく。

\期間限定無料【秘密結社44のトップを台場は突き止めることが出来るのか…!?】の衝撃結末を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

警部補ダイマジン 17巻

原作漫画【警部補ダイマジン】 ネタバレ最新刊/最新話・最終回結末まで

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

小学校1年生の少女が何者かに誘拐される事件が起きましたが、無事に保護されました。

しかし犯人は捕まることなく、SNSでは30年以上捕まっていない幼女連続誘拐殺人犯の仕業だと噂されていました。

保護された少女の証言によれば、犯人は無精髭を生やしたボサボサ頭で白いコートを着た大柄な男だったようです。

主婦達が公園で噂する中、誘拐犯に似た男が通り過ぎます。

その名も主人公·台場 陣で、捜査一課のエース警部補。

台場は、公園で転んだ少女を助けていたダンディな男で、現大手セキュリティ
会社の社長·天羽 大を見張っていたのです。

天羽を尾行した台場は、彼が宿泊するホテルの部屋に潜入。

ロープで首を絞めて命を奪い、自殺に見せかけその場を後にしました刑事である台場が天羽を消した理由とは──。

以下では、それぞれの巻のネタバレあらすじを紹介します。

⇒無料で 警部補ダイマジン 最新巻をイーブックで今すぐ読む!

漫画・警部補ダイマジン 1〜3巻ネタバレあらすじ

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

警視庁捜査一課には、「ダイマジン」と呼ばれる刑事がいた。

その名前は、台場 陣

身体が大きく強い正義感を持っている、捜査一課のエースです。

しかし彼は、元警視監で現大手セキュリティ会社の社長·天羽 大を殺害します。

何と、天羽は30年もの間、未解決だった幼女連続殺人事件の犯人だったのです。

自殺で済まされるように細工していた台場でしたが、それを特命捜査対策班の、
平安才門に突き止められてしまいます

台場の殺しを黙っている代わりに、平安は台場に特命捜査対策班に異動すること
を命令します。

台場に課されたミッションは、迷宮入り事件の真相を暴き、国や警察が手を出す
ことがで出来ない真犯人を抹殺すること

台場は渋々、平安の下で働くことになりました。

その後、日本を無政府状態にしようと目論む、謎の秘密結社「44」が自分達の
敵であると知った台場と平安。

別々に44を追いかける中で、ついに2人も44に狙われてしまうのでした。

漫画・警部補ダイマジン 4〜6巻ネタバレあらすじ

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

土日の老人」の指示により、44から命を狙われることになってしまった台場

44は占部という刺客を送ってきます。

隊長と呼ばれる占部は、目的遂行を第一とする冷酷な心の持ち主で、ターゲット
を殺すためなら、標的の家族や恋人を殺すことにも躊躇がない人物。

占部は台場の心を折る作戦に打って出ます。

台場は捜査を進める中で、警察を辞めて議員になった清家の存在を知ります。

清家の秘書が占部であったため、44との繋がりを疑う台場。

そこで捜査の先回りをされた事実から、特命班内に裏切り者がいる可能性が
浮上します。

その後、台場は清家の差し金によって、公安に捕まってしまうのでした。

漫画・警部補ダイマジン 7〜9巻ネタバレあらすじ

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

牡丹警部は殺されてしまいましたが、犯人を捕まえることが出来た台場。

台場は犯人に拷問をして、44の目的を知ります。

彼らの目的は、現総理大臣の暗殺

台場達は犯人を二重スパイにし、暗殺の詳細を調査することに。

実行される場所も判明し、台場は暗殺現場に突入しますが、これは44の罠でした。

台場は総理大臣暗殺犯に仕立て上げられ、捕まってしまいました

そんな中、逃亡した台場は、大手広告代理店である帝国ADに44のトップに立つ
人物がいると知るのでした。

 

\7/20まで無料【秘密結社44のトップを台場は突き止めることが出来るのか…!?】の衝撃結末を

知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

漫画・警部補ダイマジン 10巻ネタバレあらすじ

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

44のトップが誰かを探る雑賀と台場。

雑賀は駒瀬副官房長官に、台場は帝国ADの警察からの出向組の日下に、
それぞれの方法で会い、話を聞きます。

彼らが話したのは、横8(ヨコハチ)の存在。

雑賀は駒瀬から、近々、44のトップが未曾有の謀略に手を染めようとしていて、
それが帝国ADにいるナンバー2によって、成し遂げられることを聞かされます。

一方、台場は日下から、44の目的と横8からの気になるメール、金星や火星など
の謎のワードの話を聞きます。

そのため、台場はこの話を平安にすると、平安は、44は自分達が過去に行った
未解決事件を模倣したテロを行っていると言います。

そして、金星号事件も彼らの仕業で、それと同様のことを起こそうとしているの
かもしれないと続けました。

その頃、タイでは山下総理暗殺の主犯だった細山田が、武器商人と密談をして
います

金星号事件を模倣としたテロ、その標的とされる人物は、日本人の誰もが知る
最重要人物なのでした。

漫画・警部補ダイマジン 11巻ネタバレあらすじ

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

山下前総理が乗る台湾行きの飛行機を撃墜するため、沖縄の孤島にテロリスト
を送る秘密結社44

44に雇われたのは、アジアの大国出身で、日本で外国人技能実習生として
働くチェンです。

チェンを止めるため、台場は1人で島に乗り込むことに。

山下前総理の暗殺を阻止したと思われた台場ですが、台湾で会った人物から、
暗殺を止めるべきではなかったと不都合な真実を突きつけられるのでした。

漫画・警部補ダイマジン 12巻ネタバレあらすじ

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

アジアの大国が領有権を主張し、度々侵入を繰り返す我が国固有の海域、その
上空を通過する前総理の飛行機を撃墜し日本を戦争に駆り立てようとした秘密
結社44

しかし、沖縄の孤島に単身上陸した台場が、間一髪その陰謀を阻止します。

そもそも悪魔の計画を立案したのは誰なのか!?

特命班の平安と潜入警官の雑賀は、世界最大の広告代理店『帝国AD』に潜む、
44のナンバー2だと推理します。

正体を探る2人でしたが、やがてあまりにも意外な人物にたどり着くことに。

44のナンバー2である男を拉致し、44のトップへと迫ろうとしましたが、実は
それ自体が複雑かつ巨大な罠だったのです!

追い詰めようとした台場達が追い詰められる展開になり、またしても犠牲者が
出てしまうのでした。

⇒無料で 警部補ダイマジン 最新巻をイーブックで今すぐ読む!

漫画・警部補ダイマジン 13巻ネタバレあらすじ

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

秘密結社44の罠に嵌まり、腹部を刺された雑賀

雑賀が父の仇を討つため、命を賭して調査した同結社の秘密とは!?

一方、着々と真相に近づく台場を、44のトップ”先駆者“と呼ばれる人物は本気で
消そうと画策します。

経済界で話題の人材バンク会長に外国人暗殺者の派遣を要請しました。

最強のプロフェッショナルに追い回され、絶体絶命の危機に陥った台場は、
付け焼刃の武器で反撃を試ますが…!?

土壇場で掴んだ”先駆者”の驚愕の事実とは一体何なのでしょうか。

漫画・警部補ダイマジン 14巻ネタバレあらすじ

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

雑賀が遺した極秘捜査資料と駒瀬副官房長官の今際の証言から、秘密結社44の
トップ”先駆者”は3人もいることが判明します。

実権を持つ現在の”先駆者”と、思想を構築する先代”先駆者”、そして立案·作戦
担当の”先駆者”なる人物がいるようなのです。

台場と平安は手分けして、まず現在と先代の2人の”先駆者”を炙り出そうと全力を
注ぎます。

一方、真相に近づく2人を、44は粛清するために動き始めました。

その渦中で、台場と平安は、少なくとも先代”先駆者”は、あの男以外考えられ
ないという同じ結論に達するのでした。

漫画・警部補ダイマジン 15巻ネタバレあらすじ

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

台場と平安はそれぞれ独自の捜査をした結果、先代”先駆者”=平安の父親と思われる
人物を特定します。

2人が導き出したのは、あまりにも意外な人物でした。

その頃、先代”先駆者”は清家議員と面談していました。

清家が44の望む独裁者になり得るかどうか審査を行っていたのです。

果たして清家は心に秘めた真の目的を隠し通し、先代”先駆者”から肯定的な答え
を引き出せるのでしょうか…!?

そして先代”先駆者”の真の目的とは……!?

75年間、鉄の結束の下で巨大な影の力を誇示してきた44ですが、そこに生じた
小さな小さな亀裂。

台場と平安、清家はそれを結社壊滅に利用出来るのでしょうか!?

漫画・警部補ダイマジン 最新刊16巻ネタバレあらすじ

(引用元:https://www.amazon.co.jp)

先代”先駆者”に拘束され、追い込まれた台場。

機転を利かせて窮地を脱しますが、44の急先鋒·占部の急襲を受け、再びピンチに
陥ります。

殺るか、殺られるかの心理戦は意外な結末を迎えることに

その頃、東京郊外の村で怪事件が発生していました。

村人と駐在、急行した特別機動捜査隊の数名が突然、理由もなく死んだのです。

真の標的は、村に滞在していた2名の政治亡命者かと思われましたが、その方法
や使用した武器はわかりません。

それは2018年、英国ソールズベリーで起こった暗殺事件を彷彿とさせました…。

当時、英国政府が犯人と断定したのは北の暗殺者!!

ついに日本にも、北の大国の独裁者の魔手が忍び寄っているのでしょうか…!?

\【秘密結社44のトップを台場は突き止めることが出来るのか…!?】の衝撃結末を

知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

漫画・警部補ダイマジン 最新刊17巻ネタバレあらすじ

警部補ダイマジン 17巻
サ〇ン以上に強力な化学兵器ノビチョク!北の大国からその恐怖の薬品を入手し、
日本を奈落の底に突き落とすテロリストは誰なのか!?
実行犯は誰で、いつ、どこに撒くのか……!?
首謀者特定を急ぐ台場と平安は、テレビでよく観るコメンテーターの中に容疑者を絞り込む。
そこで浮かび上がった意外すぎる人物……?
彼の露悪的、虚無的、嘲笑的な歴史観は果たして44の新リーダーにふさわしいのか!?

「警部補ダイマジン」 ネタバレ44の先駆者トップ3人は?黒幕正体は ドラマとの違いラスト結末予想

(引用元:https://twitter.com/DaimajinEx/status/1664557471162040320/photo/1)

『警部補ダイマジン』は、原作がまだ完結していないので、44のトップや真犯人
などについてはわかっていません

ただ、冒頭で起きる幼女連続誘拐殺人事件の犯人は、警視庁OBであり現大手
セキュリティ会社の社長·天羽 大であることは確定しています。

警察内部では、天羽が一連の事件の犯人であることは知られていましたが、
彼は警察庁の重鎮でありメンツを守る意味でも、その事実は隠されていました。

しかし、天羽が犯人だと気づいた台場は、自殺に見せかけて彼を処刑したのです。

それを特命捜査対策班の、平安才門に突き止められてしまいます。

台場は様々な事件を追っていくうちに、それらの未解決事件を操る謎の結社が
存在することに気づきます。

秘密結社”44″」と呼ばれる組織は、戦後の日本の闇に隠れ、敗戦で生まれた
特異な思想を継承していました。

旧帝国陸軍のときに得たノウハウを知る部隊の精鋭たちは、警察学校や自衛隊
情報学校の教官となって、公安ゼロ課や
自衛隊特殊部隊の育成に関わっていました。

そして一部の人間は闇に紛れ、秘密裏に暗殺結社を結成し、政府や警察·自衛隊
の汚れ仕事を請け負うようになっていったのです。

台場は様々な事件の真犯人を捕まえては抹殺していきますが、最終的には国や
警察を相手にしていくことになります。

巨大組織が関わっているため、飛行機テロ事件、時には国同士の戦争にも発展
しかねない状況に陥ることも。

多くの未解決事件は、実際に起こった事件が元になっていて、例えば不動産
投資家·柏木昭男暗殺事件や、もく星号墜落事故も登場します。

原作が完結していないため、ドラマではオリジナルの最終回結末が描かれる
思います。

44のトップである”先駆者”の3人は明かされるのかについても気になるところですね。

結末はぜひご自身の目で見届けて下さい!

警部補ダイマジンの原作漫画全話全巻無料で読める?

先に結論からいうと、全話というのは原作漫画全巻みれるということではなく、複数の漫画・動画配信サイトで無料期間内であればタダで数巻読めるということで、1巻から最新刊まで全巻みれるというわけではないのでご注意を。

⇓おすすめサイト⇓

【1位:イーブック(ヤフー)サイト】⇒無料で 警部補ダイマジン 最新巻をイーブックで今すぐ読む!

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

さらにebookjapanなら無料会員登録時に6巻分半額クーポンがもらえます!!

 

また、通常時もPayPayやTポイントがたまりますが、金曜日にポイント還元率のあがるコミックフライデーが毎週開催中
Yahooプレミアム会員だと最大20%ポイント還元になり、続きもお得に読むことができます。

2位:まんが王国サイト 無料登録で1巻⇒【まんが王国で無料読み】はこちらから♪

↑の漫画王国サイトは1か月後に解約する手間なし!簡単無料登録だけで読める漫画3000冊以上にアップ♪

 

3位:ユーネクスト 31日無料期間で1巻⇒U-NEXT<ユーネクスト>無料で1巻

↑上記のサイトは無料期間に解約すれば、問題なしです♪

他ドラマ⇓⇓

さらば,佳き日ネタバレあらすじ最終回結末!漫画ヨリ晃と秘密の真相最後結婚

犬と屑ネタバレ最終回!秀司の死因!父親が陽真で子供は漫画結末ヨリ犯人は

 

原作者リチャード・ウー氏のプロフィール

『警部補ダイマジン』の原作者リチャード・ウー氏のプロフィール情報です。

本名:長崎尚志
生年:1956年1月14日
出身地:宮城県仙台

略歴:

1980年、小学館に入社。編集者として漫画家・浦沢直樹氏の作品を多く手掛ける。
1999年、「ビッグコミックスピリッツ」編集長に就任。
2001年、小学館を退社しフリーに転身。小説家、映画脚本家、漫画原作者など幅広く活躍中。

関連作品:『クロコーチ』『MASTERキートン』『20世紀少年』他多数。

*****************

ここまでが、警部補ダイマジンネタバレ最終回結末 犯人は?についての紹介でした。

『警部補ダイマジン』は、生田斗真さん主演で三池崇史さんが監督という注目
作品です。

この2人は映画『土竜の唄』シリーズで話題になったタッグ。

生田斗真さんは、「皆さんが、”これテレビでやっていいんだ!”と血を燃え
たぎらせるとんでもない作品を三池監督と生み出します」とコメントしています。

地上波ドラマでは初タッグとなる2人がどんな作品を生み出すのか、7月からの
放送が今から待ち遠しいですね。

また、凸凹コンビで台場の相棒となる平安を演じるのは向井理さん。

生田斗真さんと向井理さんのコンビも必見です。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓