おしんあらすじネタバレ37話おしんの縁談と加代は画家の夢を-再放送

おしん あらすじネタバレ 37話の内容です。

再放送BSで2019年5月13日放送内容です。

おしんキャスト演者】田中裕子,小林千登勢,乙羽信子,東てる美,石田太郎,長岡輝子,大橋吾郎


スポンサーリンク

朝ドラおしん37話あらすじ簡単まとめ

加賀屋に奉公に来て早7年、立派な女中頭に成長し16歳になったおしんに縁談が持ち上がります。加代は「好きでもない男との結婚は間違いだ」と、おしんの縁談に猛反対します。また、加代は酒田の女学校をやめ東京で絵描きになりたいと、みのに告げます。

おしん37話のネタバレあらすじ詳細

日本海の砂浜にいる圭とおしん。圭は「伊勢の海とは色が違うね」と言う。
おしんは16歳まで加賀屋にいたそうだ。

おしん「お加代さんもこの海が好きでね。よく写生に来ていらした」
圭「絵描きになったの? お加代様って」
おしん「……圭は何になりたいんだい?」
圭「たのくらスーパーのご厄介にはなるつもりはないけど、仁(ひとし)おじさんみたいにバリバリ自分で事業やるっていうのも悪くはないし」

おしん「お前は少しも希望(のぞみ)に似てないねぇ」
圭「そういえば親父の跡を継ごうと思ったことはないな。焼き物なんて全然興味ないし、親父が苦労するのを見てきたからかな。それとも俺に芸術的才能がないからかなぁ、ハハッ。俺ほんとに親父の子なのかな?親父は一応焼き物で食えるほどの天分に恵まれてるっていうのにさ」
おしん「バカなこと言うんじゃないよ。正真正銘お父さんの子だよ!」
圭「じゃあ誰の血を引いてるのかな? おばあちゃんの本当の孫だっていうんなら分かるんだけどな。おばあちゃん天才的な女事業家だからさ」

おしん「おばあちゃんだって何も、好きで商売をしてきたわけでもスーパーを始めたわけでもないんだよ。ただ子供の頃から、お金がないみじめさを嫌ってほど味わってきたからね。必死で生きてきただけだよ。好き嫌いなんて言っちゃいられなかった。自分で自分の生き方を選ぶだなんて、そんな贅沢なことできなかったんだよ」
圭「自分で自分の生き方を選べるって、贅沢なことかな?」
おしん「ぜいたくだよ。お前なんて好きな学校へ入って好きな仕事を選べるんだから幸せだよ」

圭「そうかなぁ。俺なんてまだ迷っててさあ、未だに自分が一番何になりたいのか、本当は何をしたいんだかさっぱり分かんないんだから」
おしん「おばあちゃんだって自分で選べたら、もっと他の道を歩いてたかも知れないよ。でもうちへ仕送りをしなきゃならないから加賀屋は辞められないし、加賀屋にいてもっと商売のことを勉強したいと思ったし。まあ何てったってお金もうけするには商人が一番だと信じてたから」

圭「女だてらに?」
おしん「ばんちゃんが死んだ時に、もう貧乏は嫌だと骨身にしみたもん。だからこそ16まで加賀屋で頑張っていられたんだよ。加賀屋の大奥様には随分色んなことを教えてもらった。あんなことがなかったら、加賀屋から商人に嫁に行ってもっと楽な人生送れてたかもしれないね。まあそれもみんな、それぞれ持って生まれた運命だったかもしれないね」

加賀屋にて。
みのが台所でおしんを呼ぶ。
たま「お店でねえですか? さっき大奥様がお呼びでしたさげ」
みの「また店だか……。店にはちゃんと番頭もいるっていうのに、何かっていうとおっ母様は『おしん、おしん』だからのう。おしんは奥のこと取り仕切るんだけでも手一杯だのに」
さく「大奥様ば、ご自分でおしんさんを仕込まれましただで、やっぱり誰よりも信用しておりなさるんでがんしょ」
みの「おしんもたまらねえだな。店のことまで引っ張り出されたんではのう」
さく「台所のことだば、ちゃんとおしんさんから聞いてますだで」
みの「お客様が見えるっていうのに、おしんは着替えねえでもいいんだかのう?」

あれはおしんが9つの春。働きどおしで腹いっぱい食べることさえできないまま死んでいったばんちゃんの野辺の送りを済ませて、また加賀屋へ戻った。
それがいつしか16歳の春。 大正3年に第一次世界大戦が始まり、日本も大戦の好景気に沸いていた大正5年、西暦1916年のことであった。

店で算盤と大福帳を使って仕事をしているおしん。 みのが、くにを呼びに店へ。
みの「おっ母様、桜木さんがお見えになりましただ」
くに「んだば今行く」
おしん「私もうそろそろ、晩餉の支度さ関わらねえどなりましねえさげ」
くに「んだばご苦労だった」

おしんは台所へ戻り、夕飯の支度をしかけているさくとたまに指示をする。 そこへみのがおしんを呼びに来る。くにがお客さんにお茶をたてるよう呼んでいると言う。
晩餉の支度を任せるように言うみのに、「とんでもありましねえ」とおしん。
「もう手のかかる子供がいるわけじゃなし、私も台所のことぐれえしねえだばの。早く行がねどまた雷落ちる」と、みのに急かされ台所を出ようとするおしん。
そのとき、何かを思い出したかのように「加代見かけなかったか?」とみのが訊き、分からず返事に困るおしん。
みの「また図画でも描き行ったんだがのう……しょうがねえだな」

おしんは、客の前でお点前中である。 来客は桜木という名の年配の夫妻で、「まんず大したもんでがんすのう」と褒められるおしん。
桜木「大奥様は、おしんさんをまるで娘みてえにかわいがっておられるということだども」
くに「ああ、ちっちゃいときから賢いおなんこで、見所もあるさけ私も目をかけていろいろと。まあ字はもとより算盤も達者で、店のことなどは番頭よりよっぽどしっかりして商売のコツも覚えてくれるだろうと今から楽しみにしてます。奥の方もみんなおしんに任せきりで。料理の腕はええし、仕立物なんぞは木綿の袷(あわせ)だば2晩もあれば仕上げてしまいます」


スポンサーリンク

くにの話を頷き聞きながら、おしんのすべてを見ようとしているかのようにじっと見つめる桜木夫妻。
お点前の後、台所に戻るおしん。
みの「おっ母様から話は聞いたんだか? おしんにはいつまでも加賀屋さいてもらって、加代のいい相談相手になってやってもらいてえんだども……おっ母様は何を考えておられるんだか」
おしんには何のことか見当がつかない。

そこに加代が帰宅し、みのは加代を追う。
「加代! 加代!」 性急に近づこうとするみのを無視し、加代は自室へ。
みの「こげん日の暮れるまでウロウロして! 春休みなどとっくに終わったっつうのに、いづ学校さ戻るつもりなんだ?」
加代「もう山形さは行がねえ。女学校は辞めるつもりだ」
みの「またそげなことを! お前は加賀屋の跡継がねばなんねえ娘だぞ。女学校くらい出とかねえでどげんする。婿さもええとこからは来手がねえだかんな」

加代「加賀屋は小夜が継げばええんだ」
みの「馬鹿こくでねえんだ! 家は長女が継ぐものと決まっとるんだぞ」
加代「そげな法律どこさあんだ? そげなもんただの習わしってもんでねえだか。加賀屋の血引いた人間だば、私だろうが小夜だろうが同じでねえが」
みの「加代!」

加代「私、絵描きになるんだ。今に東京さ行って偉え先生さ付いて」
みの「そげなこと本気でできると思ってなんだか?」
加代「人はみな自由だじぇ。家や親に縛られておったんでは、私の人生ってもんはどこさあるんだ?」
みの「加代、お前いつからそんな生意気なこと言うようになったんだ? 妙なものさかぶれてしまって情けねえ! 図画みてえなもの描いて何になるんだ! 少しはおしんを見習ったらどうだ? おしんはここさいる間にちゃんと花嫁修業もしたんだぞ」
加代「おしんはおしん、私は私だ」
みの「加代! もう……」

そこへ襖から顔を出す小夜。
「いい加減にしてくれ! うるさくて勉強できねえでば!」
みのは部屋から出ていく。

小夜「姉ちゃ。おしんは嫁行くだぞ」
大きく目を見開き振り向く加代。
小夜「婿さんのお父様とお母様がおしんの品定めに来とるんだよ」
小夜に手招きされ、急いで加代は部屋の外へ。 加代と小夜は、桜木夫妻とくにのいる部屋を覗き見する。
加代「何だありゃ! 成り上がり者でねえだか。どうせ米の相場か何かでもうけた、今はやりのにわか成金だじぇ」
小夜「姉ちゃ!」 小夜が加代の口を塞ぐ。

奥の夕食時、おしんの嫁入りの話で盛り上がっている。 時々店に来る客がおしんをたいそう気に入ったとのこと。相手は次男坊だが、桜木は寒風山の米相場でたいした身上(財産)を作った家。1軒くらいは家を持たせてくれるにちがいない、そうなればおしんは一国一城の主、玉の輿だなどと言っている。

加代「お前、そげな男んとこさ嫁行くんだか?」
おしん「私、今話聞いたばっかしだもんで……」
加代「なんぼ金あったって、顔も知らねえ男んとこさ嫁行くだなんて、そげな馬鹿なこと」
みの「加代!」

加代「結婚っていうんだはな、お互いに愛情があって初めて成り立つもんだぞ。周りにお膳立てしてもらってするようなことでねえじぇ」
みの「周りが見つけてやらねえで、どうやって嫁さ行くっていうんだ? 周りの大人が『これだば確かだ』って人を探して会わすのが、一番いい結婚のできる道ではねえんだか?」
清太郎「んだ」

くに「オレだっておしんをよそさやるんだばつれえども、桜木さんだば酒田さ所帯持てるだし、近くにいられるんだし」
加代「そげなおばあちゃんの都合で押し付けたんだば、おしんがめじょげね」
みの「おばあちゃんはおしんのためを思って……」
おしん「お加代様」
加代「おしん。私に反対する権利はねえだども、自分を大事にすることだの」

突然の出来事でおしんは何も考えられなかったが、初めての縁談に自分もとうとうここまで来たのかとしみじみ感じ入り、これまでの16年間が走馬灯のように思い出された。

おしん37話の感想

おしんと加代 対照的なふたり。 食べるものにも不自由極まりなく、貧しさを知っているからこそ商いや料理・裁縫などを身に着け、堅実な生活をしたいと願うおしん。 幼少の頃から何不自由なく育ち、それが当たり前だった加代。家や店に縛られることを嫌い、自由を求める加代。 成長したふたりはこれからどうなっていくのでしょうか。


【ドラマの原作漫画で結末最後が知りたい!】無料試し読みはこちらから⇓
⇒無料会員でさらに無料で読める漫画が多くなるサイトはこちらから


スポンサーリンク








スポンサーリンク

▼エールネタバレあらすじ⇓⇓

エール【あらすじネタバレ最終回まで全話紹介】キャスト相関図 モデル結末まで

1週【裕一が鉄男と! 2週【村野鉄男夜逃げ! 3週【志津に初恋実らず!   4週【音と恋文通開始も疎遠に

5週6週あらすじ 7週8週【妻以外で熱愛する文通相手が! 9週10週 11週12週【喫茶バンブー夫婦に佐藤久志が関わっていた!? 13週14週【弟子五郎と妹の梅が恋人に

エール志村けんモデル小山田耕三・山田耕筰(こうさく)ネタバレ-愛人不倫問題

ネタバレ15週モデルから【契約解除を持ち出されるも大ヒット曲を

ネタバレ16週モデルから【父の三郎の死!戦争激化で音の活躍の場喪失

エールモデル古賀政男のネタバレ【木枯正人-野田洋次郎の実在モデルの詳細

エール関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子について68歳で死

エール柴咲コウモデル双浦環(ふたうら三浦環ネタバレ志村けん山田耕作との関係

エールキャスト 子役一覧 かわいい子多数 石田星空/清水香帆/新津ちせ

エールモデル古関裕而と妻の夫婦現在?子供は?無職でスピード結婚も息子が

B088BQQD3L
▼再放送中はね駒▼
B086DZRTDD

NHK連続テレビ小説 エール 上

古関裕而 応援歌の神様 激動の昭和を音楽で勇気づけた男 (PHP文庫)

愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語

 

▼朝ドラ・大河を無料で30日間視聴する方法⇓

アマゾンプライムビデオの無料登録はこちらから

おしん

おしん あらすじ ネタバレ最終回まで全話完全版!あらすじ簡単と1話ごと詳細

おしんあらすじ最終話295話296話297話【最終回で浩太と二人の関係は?結婚か

おしんDVD

一話ずつじっくり見たい方 全部で7編に分かれてます↓

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [DVD]

長編なのでギュッとまとめてみたい方

連続テレビ小説 おしん 総集編 [DVD]

▼スカーレット

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!

スカーレット夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

 

▼話題ドラマ・映画

マスカレードホテル明石家さんまは何分?場面はどこにいますか?ネタバレ詳細時間テレビも

▼ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房 キャスト 子役 他一覧 相関図や子役(藍子)の現在や豊川まで紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

******




スポンサーリンク

▲再放送 おしんあらすじ・キャスト

おしん はつこ初子 今後どうなる?結婚?キャスト子役や大人キャスト現在はこちら↓

おしん 田中裕子 降板?黒歴史・確執とは?キャストの裏情報!

おしん 希望の結婚相手ゆりは事故死!キャスト現在は?塩屋俊-寺田路恵の紹介

おしん 仁 結婚相手は道子!今後はどうなる?キャストとあらすじ紹介

おしん偵てい疎開先や結婚相手今後!キャスト現在は

おしん 名シーン名場面あらすじまとめ 【感動保存版】前半から

おしんキャスト雄現在は?赤ちゃんかわいい子役画像と松田洋治さんも

・キャストつねさん 役紹介!丸山その後声優をひどい仕打ち
・キャスト竜三 並樹史朗現在画像とあらすじ73話74話竜三からおしんへ

・おしんモデルはヤオハンスーパー創業者の妻かor川根本町出身の丸山静江?
キャスト加賀屋 一覧とモデルくにおばあさんと加代の死!結末あらすじ
・キャスト圭 大人キャスト大橋吾郎と子役まで詳しく
・キャストかよ 志喜屋文の現在は?当時のCM動画も【少女編
・キャスト佐藤仁美うめ役 画像・動画あり同姓同名!再放送

 

▼朝が来た

あさが来たネタバレあらすじまとめ【あさ、はつの一生、ふゆと新次郎の関係!

▼朝ドラ大河歴代・オーディション情報

朝ドラ歴代視聴率ランキングワースト3とベスト6!2000年以降

ヒロインオーディション 一般人応募方法まとめ【落選-脇役-倍率-内容

歴代大河ドラマ視聴率ワースト10【大河ワースト1位は同率で幕末と平安大河




スポンサーリンク