僕はどこから 最終回ネタバレ 原作あらすじ結末 【藤原智美が消えた理由とは?

『僕はどこから』は2020年1月8日(水)から深夜に放送される異能クライムサスペンスです。

 

今回は原作から全体のあらすじ話の流れと最終回結末について紹介します。

 

『僕はどこから』のあらすじ概要

 

竹内薫は特殊な能力の持ち主だった。


スポンサーリンク

 

薫の中には他人の心を入れるためのスペースがあったのだ。

 

他人が書いた文字や文章を書き写すことで、竹内薫はその人の心が読めるばかりか筆跡までその人になりきる事が出来たのでした。

 

ある日、竹内薫は井上玲の父親から替え玉受験の依頼を受けます。

 

そして、玲の文章を書き写した薫は玲の中に不穏な殺意があるのを感じ取っていたのでした。

 

替え玉受験を問題なく遂行した薫は、嫌な予感がしてその足で井上家を訪ねます。

そこで薫が見たものは玲の母親の死体です。

 

そこに、警察が駆けつけてきて薫は第一発見者として連行されてしまいます。

替え玉受験をしていた薫にはアリバイがありません。

 

一方、疑わしい玲は受験中で答案用紙の筆跡が本人であることを証明してくれたのです。

薫は、警察から藤原智美との供述との不一致を探られますが、完全一致させたことで釈放されたのでした。

 

そして、組織を裏切ったようなことになった智美は、情報屋の山田から玲が九州にいることを知らされ追いかけたのでした。

 

しかし、山田は玲の父親が画策していた『カジノ計画』の利権を狙っていました。

 

山田は邪魔な薫と智美を罠にはめて警察に捕まえさせようと企て、薫に銃を渡して智美を追わせたのです。

 

しかし、思惑を感じ取った薫は逆に山田を窮地に追い込みますが、山田は薫を人質にして警察から逃れたのでした。

 

その頃、玲は九州の表向きは清掃会社を装った極道集団の『宝土清掃』の別棟にかくまわれていました。

 

そして、智美は『宝土清掃』に単独で殴り込みを敢行し全員を片付けてます。

 

最後に社長の宝土駿輝にとどめを刺そうとした時に山田があらわれ形勢が逆転しますが、それも権藤の出現で再逆転したのでした。

 

極道集団を壊滅させた智美は薫と別棟にいる玲のもとに行きます。

そして、壁一面に礼が書いた『死ね』の文字から薫は玲の母親が大好きだったと云う本心を知るのでした。

 

玲は最後に自殺を試みますが出来ずに崩れたのです。

こうして山田が玲の代わりに警察に出頭して事件は解決したのでした。

その後、薫は日常に戻り母親の介護をしながら小説を書いていました。

 

しかし、自分が井上玲の母親殺しの切欠となってしまったことが気になっていたのでした。

玲に詫びながら薫の手は勝手に小説を書き綴ります。

それをさせているのが玲なのか自分自身なのかが分からない薫。


スポンサーリンク

 

そんなある日、智美が報酬を持ってやってきました。

痩せこけた薫をみて心配する智美。

そして、薫が書き綴った300枚もの小説を読んで智美は何かが違うのを感じます。

 

そして、自分がその場で書いたメモを薫に写させますが、薫には智美の気持が読み取れません。

薫は自分の特殊能力を失ってしまっていたのです。

智美は薫が書いた小説を投稿することを勧めて姿を消してしまいました。

 

『僕はどこから』の最終回結末ネタバレ

 

10年が経ちました。

 

その後も薫はライターとして働いていました。

智美に勧められて投稿した小説は文芸雑誌の新人賞を受賞しましたが、薫はそれ以降小説を書いていません。

薫は何を書いていいのか分からなくなっていたのでした。

 

ある日、薫は井上家の墓参りに出向きます。

墓前で手を合わせている時に、後ろから足跡が聞えて振り返った薫。

 

そこには、忽然と姿を消した智美が井上玲と立っていたのです。

どうやら、玲は智美と同じ世界の人間になっていたようでした。

 

薫は智美に自分の前から姿を消した理由を聞き出そうとしますが、智美は何も答えてくれませんでした。

何でも語り合える理解し合える友達がいないことが自分にとってどれだけ辛いことだったかを喋り始めた薫をもったいないからと遮る智美。

 

智美は薫に言いたい事があるなら書けとだけ言い残して踵を翻したのでした。

その後を井上玲も無言で付いていきました。

 

薫の目からは大粒の涙がボロボロと流れ落ちていました。

智美は振り返ることなく、頑張れよと伝えるように片手を挙げます。

そんな親友の姿が見えなくなるまで薫は背中を見続けていたのでした。

 

<『僕はどこから』の感想>

 

竹内薫の人の書いたものを書き写すとその人の感情が読み取れる特殊能力はどうして備わったのでしょうか?

 

そして、事件解決後に特殊能力が消えてしまった時に薫は何を思ったのでしょうか?

 

他人の気持ちは知りたいものですが、知ってはいけないことも多くありますよね!?

 

そして、最後は独りぼっちになってしまった薫。

 

藤原智美が消えてしまった理由は何だったのでしょう!?

 

特殊能力がなくなった薫には用がなくなったと云う事だったのでしょうか?


【ドラマの原作漫画で結末最後が知りたい!】無料試し読みはこちらから⇓
⇒無料会員でさらに無料で読める漫画が多くなるサイトはこちらから


スポンサーリンク








スポンサーリンク

▼エールネタバレあらすじ⇓⇓

エール【あらすじネタバレ最終回まで全話紹介】キャスト相関図 モデル結末まで

1週【裕一が鉄男と! 2週【村野鉄男夜逃げ! 3週【志津に初恋実らず!   4週【音と恋文通開始も疎遠に

5週6週あらすじ 7週8週【妻以外で熱愛する文通相手が! 9週10週 11週12週【喫茶バンブー夫婦に佐藤久志が関わっていた!? 13週14週【弟子五郎と妹の梅が恋人に

エール志村けんモデル小山田耕三・山田耕筰(こうさく)ネタバレ-愛人不倫問題

ネタバレ15週モデルから【契約解除を持ち出されるも大ヒット曲を

ネタバレ16週モデルから【父の三郎の死!戦争激化で音の活躍の場喪失

エールモデル古賀政男のネタバレ【木枯正人-野田洋次郎の実在モデルの詳細

エール関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子について68歳で死

エール柴咲コウモデル双浦環(ふたうら三浦環ネタバレ志村けん山田耕作との関係

エールキャスト 子役一覧 かわいい子多数 石田星空/清水香帆/新津ちせ

エールモデル古関裕而と妻の夫婦現在?子供は?無職でスピード結婚も息子が

B088BQQD3L
▼再放送中はね駒▼
B086DZRTDD

NHK連続テレビ小説 エール 上

古関裕而 応援歌の神様 激動の昭和を音楽で勇気づけた男 (PHP文庫)

愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語

 

▼朝ドラ・大河を無料で30日間視聴する方法⇓

アマゾンプライムビデオの無料登録はこちらから

おしん

おしん あらすじ ネタバレ最終回まで全話完全版!あらすじ簡単と1話ごと詳細

おしんあらすじ最終話295話296話297話【最終回で浩太と二人の関係は?結婚か

おしんDVD

一話ずつじっくり見たい方 全部で7編に分かれてます↓

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [DVD]

長編なのでギュッとまとめてみたい方

連続テレビ小説 おしん 総集編 [DVD]

▼スカーレット

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!

スカーレット夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

 

▼話題ドラマ・映画

マスカレードホテル明石家さんまは何分?場面はどこにいますか?ネタバレ詳細時間テレビも

▼ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房 キャスト 子役 他一覧 相関図や子役(藍子)の現在や豊川まで紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

******




スポンサーリンク

▲再放送 おしんあらすじ・キャスト

おしん はつこ初子 今後どうなる?結婚?キャスト子役や大人キャスト現在はこちら↓

おしん 田中裕子 降板?黒歴史・確執とは?キャストの裏情報!

おしん 希望の結婚相手ゆりは事故死!キャスト現在は?塩屋俊-寺田路恵の紹介

おしん 仁 結婚相手は道子!今後はどうなる?キャストとあらすじ紹介

おしん偵てい疎開先や結婚相手今後!キャスト現在は

おしん 名シーン名場面あらすじまとめ 【感動保存版】前半から

おしんキャスト雄現在は?赤ちゃんかわいい子役画像と松田洋治さんも

・キャストつねさん 役紹介!丸山その後声優をひどい仕打ち
・キャスト竜三 並樹史朗現在画像とあらすじ73話74話竜三からおしんへ

・おしんモデルはヤオハンスーパー創業者の妻かor川根本町出身の丸山静江?
キャスト加賀屋 一覧とモデルくにおばあさんと加代の死!結末あらすじ
・キャスト圭 大人キャスト大橋吾郎と子役まで詳しく
・キャストかよ 志喜屋文の現在は?当時のCM動画も【少女編
・キャスト佐藤仁美うめ役 画像・動画あり同姓同名!再放送

 

▼朝が来た

あさが来たネタバレあらすじまとめ【あさ、はつの一生、ふゆと新次郎の関係!

▼朝ドラ大河歴代・オーディション情報

朝ドラ歴代視聴率ランキングワースト3とベスト6!2000年以降

ヒロインオーディション 一般人応募方法まとめ【落選-脇役-倍率-内容

歴代大河ドラマ視聴率ワースト10【大河ワースト1位は同率で幕末と平安大河




スポンサーリンク