ごちそうさん ネタバレあらすじ 12月23日73話 13週

[PR]

ごちそうさん ネタバレ あらすじ 12月23日73話 13週 動画 感想

ごちそうさん ネタバレ&あらすじ
12月23日(月)73話 13週の動画と感想です。

13週は12月23日(月)から12月28日(土)まで

いよいよ前半戦最後の週になりました。
13週はどのような展開になるのでしょうか?
13週 題名は「ふくが来た!」

フグと正月の福をかけての題名ですね…

さて12月23日(月)のあらすじ&ネタバレです。

====================================

め以子(杏)の東京の家族が、正月に来ることになって喜びます。
その一方、
悠太郎(東出昌大)は、竹元(ムロツヨシ)に大震災後の調査がすんでないにも関わらず
コンクリートで小学校を造るよう命じられます。

め以子は、正月に正蔵(近藤正臣)も招きたい気持ちでいっぱいになり、
言いにくいがなんとか切り出しましたが、悠太郎が許しません。

そんなとき、以前に正蔵と働いていたという男性、岩淵護が訪ねてきます。
め以子は、ぎもんに思いながらも長屋に案内します。
他の人に聞いても詳しく知らないようです。

悠太郎は大震災の記憶から小学校をたてるのに思い悩みながらも、
大村(徳井優)に励まされ後押しされ、立てる決意をします。

=====================================

今までの特に12週の感想です。

感想1

特に今週のストーリーは秀逸を通り越して極上でしたね。

重いテーマにも係らず言わば神週間クラスの内容の濃さと

面白さでしょうね。すでに当作品の面白さと視聴率は上昇気流

に乗って、どこまでも昇っていく勢いですが、エンドレスで、

この勢いのまま年内→来年まで思いっきり、突っ走っていただきたい

ものですね。ごちそうさん、面白いです。いっぱい応援しています。

感想2
悠太郎の丁寧な言葉使いは、キャラだと思うし、昔っぽくて好きです。
めいこの「おいやし」も、微笑ましかったですね。

12週は関東大震災の回でしたが、そこから視聴率もじわじわ上がってます。

批判的な感想も多いですが、料理に焦点をあてた作品として
根強い人気があり、視聴率も20%~と。

反感も多いということは見られてるの裏返しなのかも…

13週の内容をまとめた動画はこちらから
https://www.nhk.or.jp/gochisosan/story/

14週の内容は23日程から情報がはいってくるのではないかと思うので
情報が入り次第アップしていく予定です。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓