ひよっこ あらすじ2週7話8話 三男の独自聖火リレー

[PR]

ひよっこ あらすじネタバレ2週7話8話の内容です。

ひよっこの2週 7話と8話を簡単にあらすじネタバレします。

実が東京に戻ります。

東京に戻った実は真っ先に洋食屋「すずふり亭」へ
足を運び、カツサンドのお礼に美代子が重箱に詰めた手料理を
渡すと足早にその場を去ります。

一方、みね子は三男が聖火リレーが奥茨城村に来ないため、
独自に聖火リレーを行おうという提案に賛同します。

青年団の許可をもらうため、奥茨城村の聖火リレー開催のため、
準備を進めるみね子達なのでした。

実は洋食屋「すずふり亭」に行った後、いったい何に巻き込まれて
しまうのでしょうか。

それとも、自分から姿を消すのか。

谷田部家の面々との別れのシーンに注目です。

では、ひよっこ 2週 7話のあらすじネタバレです。
************************

稲刈りが終わったので、実はまた東京へ出稼ぎに戻りました。

みね子達谷田部家の面々が、次に実に会えるのはお正月です。

東京に到着した実がすぐに伺ったのはカツサンドの手土産を
持たせてくれた赤坂にある洋食屋「すずふり亭」でした。

実はカツサンドを持たせてくれたお礼に重箱に詰めた
美代子の手料理を「すずふり亭」の店主である鈴子に渡すと
早々に立ち去りました。

一方その頃、奥茨城では三男が幼馴染みのみね子と時子に
東京オリンピックの聖火リレーが茨城県には来るけれど、
奥茨城村を通らないことを残念にそして、悔しく思った三男は、
自分達で聖火リレーを行おうと提案したのでした。

ここまでが7話のあらすじネタバレで、

次から8話になります。
**************

奥茨城で自分たち独自に聖火リレーを行いたい。

東京に旅立つ前に、故郷に何かを残したいという
三男の熱い想いを受け止めたみね子と時子は、三男とともに
みね子の祖父である茂に助言を求めました。

茂は村の催しは青年団が取り仕切ることになっているので、
その青年団を説得するには周到な準備が必要だと助言します。

茂の助言を受け、三男、みね子、時子は手分けして
準備を開始します。

そんなある日、美代子が東京に戻った実に宛てた手紙が、
美代子のところに返送されて来るのでした。

*********************

ここまでが、ひよっこ 2週 7話と8話のあらすじネタバレでした。

あらすじネタバレにあるように、ひよっこ 2週7話と8話では、
東京へ戻った実に宛てた手紙が行き先不明で美代子の元に
返送されてしまいます。

実はどこに行ってしまったのでしょうか。

一方、三男の聖火リレーを開催したい動機はどんな熱い想いでしょうか。

今回の話で、三男の格好良さが描かれるので、三男ファンになる人も
多いかもしれません。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓