めぐる未来ネタバレ最終回黒幕犯人は清美?原作漫画,まことの共犯者結末

めぐる未来黒幕犯人清美ネタバレ最終回 ネタバレ最終回原作
[PR]

今回はドラマ『めぐる未来』のあらすじネタバレ最終回完結あらすじ結末までと、原作漫画のネタバレ解説!ドラマキャスト相関図紹介最終回予想もお送りします。

  1. 最終回黒幕犯人は阿頼耶清美!? 
  2. 原作漫画より鈴村まことの共犯者?
  3. 結末はハッピーエンド?まで

知りたい内容を余すことなく解説します!

◆めぐる未来のあらすじ:物静かな男·襷未来(萩原利久)には、最愛の妻·めぐる(早見あかり)に内緒にしている、ある秘密がありました。
原因不明の病気を抱えていて、それゆえに未来はこれまで人との接触を避け孤独に生きてきました。そんな病気の苦しみから救ってくれたのがめぐるだったのです。1月18日。未来とめぐるの結婚記念日。めぐるが職場の非常階段から転落死してしまいます。

過去をやり直す中で見えてくる、めぐるの知らなかった一面や人間関係。前回では起こらなかった事件の数々。自分の意思では制御出来ない“発症型”のタイムリープで、果たして未来はめぐるを救うことが出来るのでしょうか─?

『めぐる未来』は、辻やもりさんによる漫画で、『週刊漫画TIMES』(芳文社)にて、2021年12月17日号から連載が開始され、2023年8月16日に最終5巻が発売されました

2024年1月18日から読売テレビ系で、ドラマ化決定。ドラマ1話から最終話までアップしていきます

\今だけ無料で読めます⇓⇓【めぐるはどうして死んでしまったのか…!?未来はめぐるを助けることは出来るのか!その真相とは…!?】知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

⇒無料で めぐる未来 最終巻をイーブックで今すぐ読む!

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

めぐる未来ネタバレ黒幕犯人最終回漫画からドラマ最終話まで

めぐる未来 ネタバレ黒幕犯人結末原作より正体,共犯者は

明るく無邪気な彼女めぐるはなぜ死んだのか?未来が知らない悩みを抱え、自ら命を絶ってしまったのか?深い悲しみの中、未来は病を発症します。気が付くと、めぐるが生きている時間へと戻っていました。そう、未来が抱えている病は、感情の起伏が激しくなると、自分の意思とは無関係に過去に戻ってしまう病だったのです。

『めぐる未来』のドラマ結末予想のために、原作漫画の黒幕犯人の正体,共犯者は?最終巻結末を紹介します⇓⇓

::::::::::::

黒幕犯人に、15年前にしたことを思い出せ!と言われた未来。

15年前──中学生だった未来は、屋上から突き落とされて殺されたある男を救うため、過去に戻って救ったことがありました。

しかし、めぐるを殺した黒パーカーの男は未来が昔、男を病気を使い助けたことが、めぐるを狙う理由だと言うのです。

犯人にマインドコントロールされていた日南を仲間にすることに成功した未来とめぐるは、警察の調査もあり、犯人がわかります。

15年前に未来が助けたのは、家族にDVをして何度も警察の世話になっていた男·鈴村和樹であり、その子どもである兄妹が未来を憎み犯行に及んでいたのです。

これまでめぐるの命を執拗に狙い、未来に復讐を仕掛けていた額に傷のある男は、鈴村家の長男でした。

そして、出版社の内部にいた共犯者・黒幕犯人こそ鈴村家の長女で、地味で目立たない存在だっためぐるの後輩·阿頼耶清美でした。

振り返ると、これまで清美は兄の襲撃を手伝うために、めぐるや未来の行動を密かに誘導するような行動を取っていました。

この兄妹は、父である鈴村和樹から壮絶な暴力を受けていて、兄の額の傷も父から受けたものでした。

耐え兼ねた母は子ども達を守るため、15年前のあの日、兄妹に見守られながら、酔いつぶれた鈴村をマンションの屋上に運んで落としました

母と兄妹が、これで苦しみから解放されると思った矢先、中学生の未来によって和樹は息を吹き替えしたのでした。

絶望した母はそれから間もなく自殺し、父もあっけなく病死。

長女(現在25歳)は里子へ出され、長男(現在29歳)は行方がわからなくなっていました。

両親を失った兄妹は、それ以来、未来への復讐に「生きる意味」を見出し、人生を歩んで来たのです。

最終5巻では、犯人の妹·阿頼耶清美に刺された未来は15年前のあの日に戻っていました。

1度目の人生ではマンションから落ちた男を助けた未来でしたが、今度は助けず、めぐるを殺そうとしていた犯人兄妹を助けました

犯人の過去を変えたことでめぐるに影響が無いか、未来が確かめに行くと、めぐるの実家は家事で全焼していましたが、家族は全員無事だったようです。

それから10年後──。

24歳になった未来は、これまでの自分を変えるためにデザイナーをしながらカフェでアルバイトをしていました。

そこへ、何と無表情のめぐるが客としてやって来て、2人は出会います。

しかし、過去に戻る前とは全てが逆になっていて、感情を見せないめぐるに対して、明るくはしゃぐ未来。

未来はめぐるの話に寄り添い、受け入れることにより、めぐるは少しずつ明るさを取り戻し、以前のような雰囲気に近付きました。

数年後、未来とめぐるは結婚し、赤ちゃんを抱いています

一方、犯人だった兄妹は、刑務所の前で母親が出所するのを出迎え、家族3人で新たな未来に向かって歩き出すのでした。

めぐる未来 ネタバレ1話黒幕犯人ドラマあらすじ

感情を表に出さない夫·襷未来(萩原利久)は、明るく無邪気な最愛の妻·めぐる(早見あかり)にも言えない秘密がありました。

それは、感情の起伏が激しくなると過去に戻ってしまう原因不明の病気。

母からは、絶対に病を発症させてはいけない、と強く言われていました。

この病のせいで、感情を出さないよう、ずっと自分を押し殺してきた未来に、手を差し伸べてくれたのがめぐるでした。

めぐるとの結婚記念日が迫る中、未来のもとに、非通知で電話がかかってきます。

出てみると、ボイスチェンジャーの声で「しんじゃうよ」とひと言。

嫌なイタズラだと思った未来でしたが……。

迎えた1月18日の結婚記念日。

「今夜、楽しみにしているね」と出勤するめぐるを送り出した未来でしたが……その後、信じがたい知らせが入ります。

午後3時頃、めぐるが職場の外階段から落下し、亡くなってしまったと言うのです。

第一発見者は、同僚の日南小夜(香音)

刑事の時任(勝村政信)は、自殺の可能性が高いと話しますが……。

「めぐさんがいない人生なんか、考えられない……!」

動悸が激しくなる未来は、過去に戻る病が発症してしまうことを懸念しますが、めぐるを救うために過去に戻ることを決意します!

果たして、未来はめぐるの死を防ぐことは出来るのでしょうか!?

めぐる未来 キャスト登場人物・相関図

  • 襷 未来役 萩原利久…父からの遺伝で「過去に戻る病」を抱えている男。感情の起伏が発症のスイッチとなってしまうため、幼い頃から感情を表に出さないよう心掛けていて、他人と関わらない孤独な生活が続いていた。デザイナー兼イラストレーター。自らを犠牲にしてでもめぐるを救いたいと思うほどに愛情深い。
  • 襷 めぐる役 早見あかり…未来の妻。仕事は出版社編集部。未来とは対照的に、ドジなところはあるものの明るく無邪気で外交的。ずっと孤独に生きてきた未来に初めて寄り添った人物で、現在は未来と相思相愛。
ドラマ『めぐる未来』キャスト・出演者一覧、相関図【2024年1月 ...
  • 襷 育子役 佐伯日菜子…未来の母親。心配性で、夫と同じ「過去に戻る病」を持つ息子を常に気にかけています。

日暮警察署

  • 時任まこと役 勝村政信…捜査一課のベテラン刑事。暦と共にめぐるの事件担当。
  • 暦 亘役 田中偉登…捜査一課の刑事。時任のバディ。

藝談社

  • 干支ゆりか役 大西礼芳…めぐるの同僚。凛とした頼りがいのある友人でめぐるの良き相談相手。未来に対して最初は値踏みするような目で見てる。
  • 四季村隆道役 時任勇気…めぐるの先輩社員で営業担当。めぐるにほのかな片想いをしており、未来に対して複雑な心境を抱いています。
  • 阿頼耶 清美役 中井友望…めぐるの同僚。職場では新人。大人しくてあまり目立ちませんが、真面目で優しく気が利きます。
  • 日南小夜役 香音…めぐるの同僚。めぐるの転落死現場の第一発見者。どこかつかみどころのない不思議系。
  • 朝間田きしの役 太田駿静(OCTPATH)…めぐるの同僚。寡黙な芸術家肌のデザイナー。粗暴な言動が多い。
  • 玉響真紀役 岩瀬顕子…めぐるの職場の副編集長。仕事の出来るベテラン。
  • 周防進太郎役 藤原博光(リットン調査団)…めぐるの職場の編集長。嫌味っぽいハラスメント気質。
  • 他の登場人物
    ・鈴村和樹
    ・鈴村まこと
    ・鈴村恵子

⇒無料で めぐる未来 最終巻をイーブックで今すぐ読む!

めぐる未来 ネタバレ2話ドラマあらすじ

過去にタイムスリップしてしまうという特殊な病気を患っている襷未来(萩原利久)は、大切な妻・めぐる(早見あかり)を結婚記念日に亡くすという悲劇に見舞われる。過去に戻った未来は、妻の死を阻止しようと奮闘するが、何者かの陰謀によってめぐるは転落死を遂げてしまうのだった……。

その衝撃で再び過去にタイムスリップした未来は、1月15日の朝に目覚める。会社の人間が犯人ではないかと疑った未来は、何とか口実を見つけて、めぐるの勤める会社でアルバイトを始める。そこで、めぐるの同僚であり友人でもある干支ゆりか(大西礼芳)から、最近めぐるが「誰かに監視されている」と不安げに話していたことを聞き出すのだった。
ゆりかの協力が必要だと判断した未来は、18日の夕方にめぐるが何者かに殺害されてしまうことを告げて協力を依頼するが、ゆりかからは「あなたのこと、信じられません」と拒絶されてしまう……!?
そのうえ、めぐるのバッグからは、誰も知らない外階段に来るように指示された手紙が発見される。18日がやってきた。果たして未来は、めぐるを転落死から救い出すことができるのだろうか!?

めぐる未来 ネタバレ3話ドラマあらすじ

“過去に戻る病”を発症させ、最愛の妻・めぐる(早見あかり)の転落死を未然に防ぐことができた襷未来(萩原利久)だったが、その直後、めぐるは何者かに刺されてしまう。再び病気を発症させ、めぐるを助けようと過去に戻った未来だったが、戻った先はめぐるが刺されてしまった直後。今回も救うことはできなかった……。
「あんたのせいでめぐるんは不幸になったんじゃないの?」。
葬儀会場で、めぐるの同僚・日南小夜(香音)から怒りをぶつけられた未来。そこへ未来の母・育子(佐伯日菜子)がやってきて……。

未来が病気を発症させたことを知った育子は、“20年前のお父さんみたいになる”と、未来の父・正年について語りはじめる――。
数日後。日暮署の時任(勝村政信)から、めぐるのバッグに入れられていた手紙にある“香り”が付着していたことが知らされた未来。この香りにピンと来た未来は、その人物の元へ向かうが……!?

めぐる未来 ネタバレ4話ドラマあらすじ

母・育子(佐伯日菜子)から「これ以上、過去に戻ってはならない」と警告されつつも、犯人からの電話をきっかけに、また過去へ戻った襷未来(萩原利久)。最愛の妻・めぐる(早見あかり)を守ることに成功し、結婚記念日を祝うことはできたが……翌朝の1月19日、めぐるは突然いなくなってしまう。

急いでGPSの位置情報で示された河川敷へ向かった未来は、めぐるのスマホを発見。着信履歴を確認すると、「非通知」の着信が……。めぐるは犯人から呼び出され、さらわれてしまったのだ。
警察に捜索願を出し、藝談社に向かった未来。干支ゆりか(大西礼芳)に協力を求め、“ある人物”を呼び出してもらうことに……!

そんな中、日南小夜(香音)は、なにやら怪しい動きをする朝間田(太田駿静)を目撃していて……!?
めぐるがさらわれた真相が少しずつ明らかに…! そして、ついに犯人が判明する!

めぐる未来 ネタバレ5話ドラマあらすじ

襷未来(萩原利久)たちが、行方がわからなくなっためぐる(早見あかり)の捜索を行う中、ついに犯人が判明する。めぐるの同僚、日南小夜(香音)が犯人だったのだ!
未来や四季村(時任勇気)が日南の自宅に駆けつけると、めぐるは縛られ、床にはガソリンがまかれていた。皆で説得したものの、日南は火を放ち、四季村たちは亡くなってしまう。「俺が巻き込んだせいで……」と呼吸が荒くなった未来は、“6周目”で1月18日の結婚記念のパーティーの最中に戻る!

体調が悪いのを抑えながらも「まだ一つだけ、やり直せることはある」と“ある覚悟”を決めていた未来。そんな中、めぐるは日南から電話で呼び出され……。今度こそ、未来は妻を救うことができるのか!?

めぐる未来 ネタバレ6話ドラマあらすじ

襷未来(萩原利久)の病気の秘密を知り、一人で日南小夜(香音)に立ち向かっためぐる(早見あかり)は、日南の殺意を取り除くことに成功する。しかしその後、日南は自ら命を絶ってしまう。
何者かの存在をほのめかしていた日南のことが気になっていためぐる。自分と一緒にいるときの様子を考えても、日南が自殺するわけがないと感じていた。そんなめぐるの話を聞いた未来は、今もめぐるの命が狙われているのだと感じるのだった。

“真犯人”に繋がるものを探すため、日南の家に行った未来とめぐる。大家に家の鍵を開けてもらい中に入ると、「めぐるんへ」と書かれた手紙を発見し……!?
そんな中、突然胸が苦しくなってしまった未来。これは過去に戻るようになってから出てきた症状で、最近その周期が短くなっていた。病気のことを知るためにも、二人は未来の実家へ向かうことに。

一方、日南の家に未来とめぐるが来ていたことを知った時任(勝村政信)は、未来たちの後を追っていて……。

めぐる未来 ネタバレ7話ドラマあらすじ

母・育子(佐伯日菜子)から、過去に戻り続けると死んでしまう、という衝撃の事実を聞いた未来(萩原利久)。ショックを受け、思わず実家を飛び出してしまった未来に、めぐる(早見あかり)は「今後未来くんが過去に戻らないように、死なないように頑張るから」と決意を伝える。

未来は母・育子からの驚くべき告白にショックを受け、実家を急いで飛び出してしまいます。しかし、友人のめぐるは未来に対して、「今後未来くんが過去に戻らないように、死なないように頑張るから」という決意を伝えます。

どんどん未来の息が荒くなり、このままでは未来が過去に飛んでしまうと思われた瞬間、日暮署の時任(勝村政信)の声が。部屋の状況から、未来とめぐる(早見あかり)は時任から疑いの目を向けられてしまう……。

未来とめぐるは、未来が過去に飛んでしまう危機的な状況で、日暮署の時任から声をかけられます。しかし、部屋の状況から時任は二人を疑っています。

その頃、干支ゆりか(大西礼芳)は、日南小夜(香音)が書いたと思われる小説を見つけていた。日南が、“ベル”という人物に操られていたことを知ったゆりかは、四季村隆道(時任勇気)に相談する中、真犯人につながる重大なヒントを発見し……!?

干支ゆりかは日南小夜が書いた小説を見つけます。その小説から、“ベル”という人物に操られていたことを知ったゆりかは四季村隆道に相談します。そして彼女は真犯人につながる重大なヒントを発見します。

めぐる未来 ネタバレ8話ドラマあらすじ

前の話が放送後にアップします。

めぐる未来 ネタバレ9話ドラマあらすじ

前の話が放送後にアップします。

めぐる未来 ネタバレ最終回黒幕犯人は阿頼耶清美?鈴村まことの共犯者?!漫画結末から予想

犯人の妹·阿頼耶清美によって刺されてしまった未来は、15年前のあの日に戻ってきていました。

しかし、今度はDVの父·鈴村和樹を助けることはせず、犯人だった兄妹を救います

犯人の過去を変えたことでめぐるに影響が無いか、未来が確かめに行くと、めぐるの実家は家事で全焼していました。

どうにか無事だっためぐるの一家は引っ越していて、行方がわからなくなっていました。

それから10年後──。

24歳になった未来は、これまでの自分を変えるためにデザイナーをしながらカフェでアルバイトをしていました。

そこへ、何と無表情のめぐるが客としてやって来て、2人は出会います。

しかし、過去に戻る前とは全てが逆になっていました。

感情を見せないめぐるに対して、明るくはしゃぐ未来。

感情の起伏が乏しいめぐるを未来は強引に海へ連れ出し、そこで告白します。

めぐるから火事のことなどを聞き、未来が彼女の話に寄り添い、受け入れることにより、めぐるは少しずつ明るさを取り戻し、髪をバッサリ切って前のような雰囲気に近付きました。

数年後、未来とめぐるは結婚し、赤ちゃんを抱いています

「生きていてよかった」と話すめぐるは、ようやく正しい未来にを迎えることが出来ました。

一方、犯人だった兄妹は、刑務所の前で母親が出所するのを出迎え、家族3人で新たな未来に向かって歩き出すのでした。

以上が原作漫画の『めぐる未来』結末でした。

めぐるが狙われていたため、犯人はめぐるに恨みがあるかと思いましたが、未来が15年前に過去を変えたことから起きていた事件だったのですね。

未来が過去を変えなかったことで、今度はめぐるの実家が火事になっていましたが、誰も死んでいなかったことから、未来はこのまま何もしない決断をしました。

その後、未来とめぐるは再会しますが、最初と正反対になっていたのも驚きました。

未来が1度目の人生で、めぐるからもらっていた物を今度は未来がめぐるに返しているのに感動です。

ラストは皆、幸せになる未来が描かれていたため、ドラマでも同じ結末を迎えてくれたらなと個人的には思いました。

ドラマの結末がどうなるか、気になる方はぜひ最終回までご覧下さい。

 

⇒無料で めぐる未来 最終巻をイーブックで今すぐ読む!

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

 

めぐる未来ネタバレ黒幕犯人原作漫画1巻~最終巻結末まで

『めぐる未来』は、辻やもりさんによる漫画で、『週刊漫画TIMES』(芳文社)にて、2021年12月17日号から連載が開始され、2023年8月16日に最終5巻が発売されました。⇒試し読み無料!最終5巻を読む!

 

黒幕犯人ネタバレ原作漫画1巻あらすじ

感情の起伏が少ない未来は、正反対で明るく無邪気な年上の妻·めぐると結婚して4年が経っています。

未来はめぐるにも秘密にしていましたが、感情の起伏によって過去に戻る「リフレイン」という病気を抱えていたのです。

ある日、未来が仕事中に非通知で不審な電話が掛かってきた3日後。

めぐるの勤めている会社の外階段でめぐるが無惨な姿で発見され、感情が動いた未来は3日前に戻り、未来を助けるために動き出しました。

過去に戻った未来は、めぐるが亡くなった現場に向かいましたが、結局めぐるを助けることは出来ず、めぐるは黒いパーカーを着た何者かに殺されてしまいます

葬儀を終えた未来に再び謎の電話が掛かってきたため、未来は「お前の目的は何だ」と尋ねると、相手は「そういうところですよ。じかくがないのはいちばんの“つみ”だとおもいます」と答えました。

犯人との電話を終えた未来はまた過去へと戻るのでした。

*******************

\【めぐるはどうして死んでしまったのか…!?未来はめぐるを助けることは出来るのか!その真相とは…!?】を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

 

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

黒幕犯人ネタバレ原作漫画2巻あらすじ

もう1度過去に戻ってきた未来は、めぐるの職場の人ともっと積極的に関わってみることにしました。

再び過去に戻ってきた未来は、めぐるの友人·干支ゆりかと、めぐるに想いを寄せていた先輩·四季村隆道に協力してもらうことにしたのです。

その頃、未来のために料理を作っていためぐるの元には、怪しい男がインターホンを鳴らしていました──。

3度目となる6月16日。

未来は周囲を警戒しながらめぐると一緒に帰宅していましたが、2人の後を怪しい男が尾行していることを干支ゆりかが報告しました。

未来は犯人をおびき寄せるように細い路地に入り、傘で犯人に一撃をくらわせ、ナイフを落とさせました。

すると犯人は銃を取り出してめぐるに向けますが、咄嗟に四季村が男に体当たりして、取り押さえることに成功。

しかし、捕まえた犯人は黒幕から雇われた人間であり、真犯人である黒いパーカーの人物はその場から逃げてしまいました。

前回とは異なる事態に困惑しながらも過去を変えることに成功した未来ですが、めぐるを襲撃した2人は逃げ去っているため、まだまだ安心することは出来ないのでした。

黒幕犯人ネタバレ原作漫画3巻あらすじ

2度目のループで捕まえた男に後頭部をバッドで殴られた未来は、昏睡状態となり目を覚ますと6月17日になっていました。

時間が進み、めぐるが生きている未来に一歩踏み出せたのです。

警察で事情聴取を受けた未来ですが、犯人や動機に全然心当たりがありませんでした。

何か解決の糸口になることはないかと考えた未来は、母親に病気について尋ねることに。

すると母親は、病気はコントロール出来ないものの、法則性があると話しました。

また母親は、病気の本当の怖さは、身体への負担ではなく依存性の高さにあると忠告し、父のようにならないように過去に戻って未来を変えるのを止めるよう忠告しました。

未来の父は、未来の母である妻を救うため、未来と同じ”過去に戻る病気“を利用しましたが、結局事故に遭い亡くなってしまったという過去があったのです。

そして最後に母親は、ずっと一緒にいたいならめぐるに病気のことを話すよう言いました。

そんな中、職場からも家からも突然姿を消しためぐる。

未来がGPSで確認した河川敷に行くと黒い大きなビニール袋を発見し、その中にはめぐるが身につけていたものが入っていました。

何者かがめぐるの位置を教えるメッセージを送ってきたため、そこへ向かうと、部屋には火が放たれていて中には黒焦げのめぐるが…

さらに、その傍らには最初の事件でめぐるの遺体の第一発見者だった日南小夜の焼死体もありました。

日南が部屋に火を放ち、自分も死んだのです。

未来は再び過去に飛ばされます。

そして、過去で未来はめぐるに自分の病気について打ち明けるのでした。

⇒無料で めぐる未来 最終巻をイーブックで今すぐ読む!

黒幕犯人ネタバレ原作漫画4巻あらすじ

小夜は黒幕の男に洗脳され、未来への復讐のために利用されていました。

そして、過去に戻るのを繰り返していた未来は体調を崩し、車イス生活になってていました。

そんな未来の元に、黒いパーカーを着た額に傷のある男が「15年ぶりだな」と言ってやって来ます。

その男に、15年前にしたことを思い出せ!と言われた未来。

15年前──中学生だった未来は、屋上から突き落とされて殺されたある男を救うため、過去に戻って救ったことがありました。

しかし、めぐるを殺した黒パーカーの男は未来が昔、男を病気を使い助けたことが、めぐるを狙う理由だと言うのです。

犯人にマインドコントロールされていた日南を仲間にすることに成功した未来とめぐるは、警察の調査もあり、犯人がわかります。

15年前に未来が助けたのは、家族にDVをして何度も警察の世話になっていた男·鈴村和樹であり、その子どもである兄妹が未来を憎み犯行に及んでいたのです。

これまでめぐるの命を執拗に狙い、未来に復讐を仕掛けていた額に傷のある男は、鈴村家の長男でした。

そして、出版社の内部にいた共犯者こそ鈴村家の長女で、地味で目立たない存在だっためぐるの後輩·阿頼耶清美でした。

振り返ると、これまで清美は兄の襲撃を手伝うために、めぐるや未来の行動を密かに誘導するような行動を取っていました。

この兄妹は、父である鈴村和樹から壮絶な暴力を受けていて、兄の額の傷も父から受けたものでした。

耐え兼ねた母は子ども達を守るため、15年前のあの日、兄妹に見守られながら、酔いつぶれた鈴村をマンションの屋上に運んで落としました

母と兄妹が、これで苦しみから解放されると思った矢先、中学生の未来によって和樹は息を吹き替えしたのでした。

絶望した母はそれから間もなく自殺し、父もあっけなく病死。

長女(現在25歳)は里子へ出され、長男(現在29歳)は行方がわからなくなっていました。

両親を失った兄妹は、それ以来、未来への復讐に「生きる意味」を見出し、人生を歩んで来たのです。

未来が苦しむ姿を見るためなら何でもするという妹·阿頼耶清美。

そして追い詰められた清美は、「お母さんに会いにいく」と、兄の制止を振り切り、今度は未来の首に包丁を向けたのでした。

****************

黒幕犯人ネタバレ原作漫画最終5巻あらすじ

犯人の妹·阿頼耶清美によって刺されてしまった未来は、15年前のあの日に戻ってきていました。

しかし、今度はDVの父·鈴村和樹を助けることはせず、犯人だった兄妹を救います

犯人の過去を変えたことでめぐるに影響が無いか、未来が確かめに行くと、めぐるの実家は家事で全焼していました。

どうにか無事だっためぐるの一家は引っ越していて、行方がわからなくなっていました。

それから10年後──。

24歳になった未来は、これまでの自分を変えるためにデザイナーをしながらカフェでアルバイトをしていました。

そこへ、何と無表情のめぐるが客としてやって来て、2人は出会います。

しかし、過去に戻る前とは全てが逆になっていました。

感情を見せないめぐるに対して、明るくはしゃぐ未来。

感情の起伏が乏しいめぐるを未来は強引に海へ連れ出し、そこで告白します。

めぐるから火事のことなどを聞き、未来が彼女の話に寄り添い、受け入れることにより、めぐるは少しずつ明るさを取り戻し、髪をバッサリ切って前のような雰囲気に近付きました。

数年後、未来とめぐるは結婚し、赤ちゃんを抱いています

「生きていてよかった」と話すめぐるは、ようやく正しい未来にを迎えることが出来ました。

一方、犯人だった兄妹は、刑務所の前で母親が出所するのを出迎え、家族3人で新たな未来に向かって歩き出すのでした。

 

\【めぐるはどうして死んでしまったのか…!?未来はめぐるを助けることは出来るのか!その真相とは…!?】を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

 

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

『めぐる未来』漫画原作を電子書籍漫画サイトで無料や安くお得に読める方法

◆おすすめサイト◆

・ebookjapan(ヤフー)

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】
イーブックジャパン:期間限定無料!!⇒ めぐる未来 無料で 今すぐ読む!

***限定で7巻分70%オフ!paypayキャッシュバック5%!金・土日にお得に読めるキャンペーン中***全巻お得に読めます!!

⇒ めぐる未来 漫画

 

・まんが王国サイト 無料登録で1巻⇒【まんが王国で無料読み】はこちらから♪

↑の漫画王国サイトは1か月後に解約する手間なし!簡単無料登録だけで読める漫画3000冊以上にアップ♪ \最大半額/

・コミックスjp 無料登録30日間で2巻無料⇒【コミックjp】 で無料2巻はこちら
⇑無料漫画1000冊以上(^^♪

 

他人気ドラマ⇓

夫を社会的に抹殺する5つの方法Season2ネタバレ最終回漫画結末!手紙主の正体は

夫婦の秘密ネタバレ最終回!原作結末はキャスト犯人正体は誰?植村 翠か

消せない「私」復讐の連鎖ネタバレ最終回結末!原作ヨリ復讐完結も死逮捕?

 

めぐる未来 キャスト登場人物・相関図

  • 襷 未来役 萩原利久…父からの遺伝で「過去に戻る病」を抱えている男。感情の起伏が発症のスイッチとなってしまうため、幼い頃から感情を表に出さないよう心掛けていて、他人と関わらない孤独な生活が続いていました。

現在はデザイナー兼イラストレーター。カフェでの作業中、当時アルバイトとして働いていためぐると知り合います。
いつしかかけがえのない存在となった彼女と結婚。自らを犠牲にしてでもめぐるを救いたいと思うほどに愛情深い。

  • 襷 めぐる役 早見あかり…未来の妻。出版社の編集部で働いています。未来とは対照的に、ドジなところはあるものの明るく無邪気で外交的。

ずっと孤独に生きてきた未来に初めて寄り添った人物で、現在は未来と相思相愛です。
最近、誰かに見られている気がして……!?

  • 襷 育子役 佐伯日菜子…未来の母親。心配性で、夫と同じ「過去に戻る病」を持つ息子を常に気にかけています。

日暮警察署

  • 時任まこと役 勝村政信…捜査一課のベテラン刑事。暦と共にめぐるの事件を担当。
  • 暦 亘役 田中偉登…捜査一課の刑事。時任のバディで、めぐるの事件を担当します。

藝談社

  • 干支ゆりか役 大西礼芳…めぐるの同僚。凛とした頼りがいのある友人でめぐるの良き相談相手。未来に対して最初は値踏みするような目で見ています。
  • 四季村隆道役 時任勇気…めぐるの先輩社員で営業担当。めぐるにほのかな片想いをしており、未来に対して複雑な心境を抱いています。
  • 阿頼耶 清美役 中井友望…めぐるの同僚。職場では新人。大人しくてあまり目立ちませんが、真面目で優しく気が利きます。
  • 日南小夜役 香音…めぐるの同僚。めぐるの転落死現場の第一発見者。どこかつかみどころのない不思議系。
  • 朝間田きしの役 太田駿静(OCTPATH)…めぐるの同僚。寡黙な芸術家肌のデザイナー。粗暴な言動が多い。
  • 玉響真紀役 岩瀬顕子…めぐるの職場の副編集長。仕事の出来るベテラン。
  • 周防進太郎役 藤原博光(リットン調査団)…めぐるの職場の編集長。嫌味っぽいハラスメント気質。

スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

最新ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧