坂の上の赤い屋根ネタバレ最終回原作,ドラマ結末‼黒幕は橋本‼事件真相は

坂の上の赤い屋根ネタバレ最終回原作結末 ネタバレ最終回原作

[PR]

坂の上の赤い屋根ネタバレ最終回原作結末まで‼黒幕は橋本‼事件真相は…

人間の心の闇を描いた『坂の上の赤い屋根』。

真梨幸子さん原作の小説でイヤミス(嫌な気分にさせるミステリー)として人気です。

2024年3月10日からWOWOWで桐谷健太さん主演でドラマ化が放送されます。

それでは、『坂の上の赤い屋根』の最終回までのネタバレあらすじをドラマ・原作ともに解説していきます。

ドラマ・原作小説の最終回結末からのせているので、はじめ1話から読みたい方は少し飛ばしてから読んで、最後にまた記事の上に戻ってきて下さいm(__)m

*******************
\【坂の上の赤い屋根】の結末を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/⇒無料で 坂の上の赤い屋根  最新巻をイーブックで今すぐ読む!
坂の上の赤い屋根ネタバレ最終回原作結末

坂の上の赤い屋根ドラマ最終回全話ネタバレあらすじと原作結末まで

坂の上の赤い屋根ドラマあらすじ概要

閑静な住宅街にある赤い屋根の家――。18年前、この家で開業医の両親を殺害し遺体を切り刻んだのは、実の娘の青田彩也子(工藤美桜)と、その恋人・大渕秀行 (橋本良亮)だった。世間を震撼させたこの事件の裁判中に、大渕は「早すぎた自叙伝」を出版し、過去に女子児童を手に掛けたことを告白。裁判では彼に洗脳された彩也子が凶行に及んだとされ、主犯の秀行は死刑、彩也子は無期懲役が確定した。

それから数年後。「早すぎた自叙伝」を担当した轟書房の編集者・橋本涼(桐谷健太)のもとに、新人作家・小椋沙奈(倉科カナ)から事件をモチーフにした小説の企画が持ち込まれる。橋本と沙奈の2人は小説の連載を実現すべく、大渕死刑囚と獄中結婚した大渕礼子(蓮佛美沙子)や、大渕のかつての愛人 で元敏腕編集者・市川聖子(斉藤由貴)ら関係者たちの取材を始めていくうちに、黒い感情に引きずり込まれ……。その先には誰も知らない衝撃の真実が待ち受ける。

坂の上の赤い屋根:ドラマキャスト登場人物

  • 橋本涼(演:桐谷健太) 轟書房の副編集長。彼は「女子高生両親殺害事件」を題材にした小説の企画を立案し、事件の中心人物である大渕の自伝の編集も手掛ける。
  • 小椋沙奈(演:倉科カナ) 新人賞を受賞して以来、目立った活動がない作家。橋本やその他関係者に取材を行い、執筆活動を再開する。母と二人で暮らしている。
  • 大渕秀行(演:大渕秀行) 「女子高生両親殺害事件」の主犯とされ、死刑が確定している囚人。裁判では、かつての恋人である青田彩也子を操作し、犯罪に巻き込んだとされる。再審を求めている。
  • 市川聖子(演:斉藤由貴) 大渕の支援者であり、轟書房の元従業員。経費の不正使用が原因で解雇された。
  • 青田彩也子(演:工藤美桜) 「女子高生両親殺害事件」で大渕と共に犯行に及んだとされる共犯者。裁判で大渕に従うしかなかったと証言し、無期懲役の判決を受ける。
  • 鈴木(大渕)礼子(演:蓮佛美沙子) 大渕と獄中で結婚した法廷画家。彼女は夫の支持者であり、彼の芸術的才能を信じている。

 

ドラマ最終回5話ネタバレ

赤い屋根の家で繰り返される惨劇。瀕死状態の沙奈は……。ニュースやSNS上でも騒ぎたてられる中、彩也子を巡る真相が明らかになり、礼子や聖子だけでなく笹原までもが人生を狂わされていく。そいてついに、拘置所で大渕を再会した橋本は、「早すぎた自叙伝」に隠された大渕も知らない衝撃の告白をする。それぞれの黒い感情が交錯し、あぶり出される真実。「先の上の赤い屋根」の小説の行方は果たして……。

原作最終回結末:事件の真相

大渕は彩也子が生存していることに、安心します。

礼子との獄中結婚は「家族を持てば獄中生活の中では都合が良いから」という理由で、礼子を利用しただけだったのです。

大渕は聖子から「イイダチヨ(沙奈)が彩也子だと聞いた」と言い、彩也子に会わせるよう求めました。

再審を望んだのは彩也子に会うためと察した松川は、大渕を苦しめるため「彩也子は植物状態になった末に亡くなった」と言います。

彩也子はその後、記憶を取り戻して命は助かりましたが、自殺を図っていたのです。

沙奈=彩也子は赤い屋根の家で礼子に殺害され、逮捕された礼子も獄中で自殺しました。

聖子に利用され、彩也子と礼子も既に亡くなったと知った大渕はショックを受け自殺しました。

笠原は聖子が自分を騙していたことに怒りますが、真犯人が橋本だと気づきます。

過去に大渕に『早すぎた自叙伝』を執筆させたときに、その手記から橋本は姉・ミチルを虐めて怪我をさせたのが大渕だと知ります。

大渕はその後ミチルの見舞いに訪れ、冗談半分でミチルにティッシュを3枚押込んだことで翌日にミチルが亡くなったと担任から聞かされたのです。

ですがミチルを殺したのは実は大渕ではなく、弟の橋本でした。

犯行の動機は両親がミチルの看病に付きっきりで、出来が悪かった橋本は満足に食事も与えられていなかったからです。

編集者となった橋本は沙奈が実際の事件をモチーフにした本を書きたいと訪ねてきたこと、彩也子と同年代で容姿も似ていたのを基に大渕を利用して計画を思いつきます。

橋本は大渕と礼子を援助してスクープを狙っていた聖子をそそのかし、小説を完成させました。

最終的に大渕を絶望感に陥れ、自分で手を汚すことなく橋本は復讐を果たしたのでした。

坂の上の赤い屋根ネタバレ最終回原作結末

坂の上の赤い屋根ドラマ1話からのネタバレあらすじ

ドラマ1話ネタバレ

「女子高生両親殺害事件」から18年。編集者の橋本涼(桐谷健太)のもとに新人作家の小椋沙奈(倉科カナ)から事件をモチーフにした企画が持ち込まれる。その事件は、女子高生の青田彩也子(工藤美桜)が恋人の大渕秀行(橋本良亮)に洗脳され、両親を殺害し切り刻んだという凄惨なものだった。大渕は死刑、彩也子は無期懲役が確定している中、橋本らは関係者の取材をするうちに彼らの心の闇に足を踏み入れていくことになる──。

ドラマ2話ネタバレ

大渕のかつての愛人で大金を貢いで破滅した市川聖子(斉藤由貴)から話を聞く橋本と沙奈。元ホストの大渕と清純なお嬢様であるはずの彩也子の素顔が明らかになる一方で、大渕は再審請求をすべく、大渕礼子(蓮佛美沙子)を洗脳していく。一方、小説を書き進める沙奈は次第に彩也子に対し奇妙なシンパシーを感じ始め……。そんな中、カリスマ編集者の笠原智子(渡辺真起子)のもとを訪ねた聖子が沙奈に関する衝撃の秘密を暴露する。

ドラマ3話ネタバレ

「小説を書く佐奈の正体は女子高生両親殺害事件の実行犯・彩也子」ー衝撃の疑惑に笹原は裏どりに躍起になる。当の沙奈と橋本は、取材を断わり続けていた彩也子の幼なじみの取材にこぎ着けるが、向かう途中で佐奈が倒れてしまう。そんな中、礼子は死刑囚との獄中結婚を家族に告白し、家族と絶縁し手切れ金として1000万円を手に入れる。大渕との未来を夢見て弁護士に再審請求を依頼する中、思わぬ事体が……。

ドラマ4話ネタバレ

再審請求の資金1000万を失った礼子。大渕のマインドコントロール下にある礼子あ家族のもとに再度お金を請求しに行く。そこで弟の洋平(七五三掛龍也)らの思わぬ場面を目の当たりし……。一方、執筆にのめり込む沙奈は過剰に心配する母・美江(宮崎美子)と彩也子の母親像が重なり、大渕が親の呪縛から開放してくれる存在だったのだと思い始める。橋本は礼子の取材を取り付けるが、さらなる悲劇の連鎖を生むことに……。

坂の上の赤い屋根ネタバレ最終回原作結末

坂の上の赤い屋根原作小説はじまりから最終回までネタバレあらすじ

事件のはじまり

医者で世間の評判も高かった青田夫妻が娘と娘の交際相手によって殺害され、コンクリート詰めの遺体となって発見されます。

裁判では青田夫妻にとどめを刺したのは娘の彩也子か、恋人の大渕かが論争点となっていたが最終的に彩也子が無期懲役、大渕に死刑が言い渡されました。

18年後に新人小説家の沙奈は青田夫妻の殺害事件を題材にした小説を書き、出版社に売り込みます。

沙奈の原稿を読んだ編集者の橋本は、小説を週刊誌に連載するため笠原と対面。

橋本から沙奈は本人だと知られないためにイイダチヨという偽名を使った方がいいと言われ、新人アルバイトということになりました。

笠原から小説をダメ出しされた沙奈は事件を深く知るため、大渕と獄中結婚した法廷画家の礼子、大渕のパトロンだった聖子に取材しに行きます。

沙奈は笠原の指摘を踏まえて小説を書き直し、週刊誌への連載許可が下りたのでした。

イイダチヨの正体は彩也子?

橋本と沙奈は笠原の先輩編集者で、大渕のパトロンでもあった聖子に会いに行きます。

笠原から「聖子は酒を飲ませれば何でも喋る」と聞いたので、助言通りにすると聖子は当時、会社役員で年収は1000万円以上、経費も思いのままだったと話します。

金と地位を手に入れた聖子はホスト通いをするようになり、そこで大渕と出会ったのです。

大渕にのめり込んでいった聖子は出版社の後ろ盾を利用して、会社を立ち上げた大渕の援助をしていました。

しかし、彩也子がアルバイトで入ってきてから大渕の様子が一変。

今まで従順だった大渕が聖子に意見するようになり、大渕が同性愛者と言っていたのは実はウソで彩也子と肉体関係を持っていたのです。

聖子は証拠を掴もうと2人の性行為を覗くようになりますが、次第に2人の行為を見ると気持ちの高ぶりが抑えられず覗きが趣味となっていきました。

大渕は次第に彩也子の身体に飽きていましたが、彩也子は媚薬のような薬を飲ませ繋ぎ止めていたのです。

聖子は彩也子が飲ませた薬が原因で大渕が壊れたと証言しました。

笠原は聖子から「イイダチヨは名前も存在も偽者」だと聞かされます。

彩也子を見たことがある聖子はイイダチヨと彩也子の雰囲気が似ていると感じ、半信半疑で確認すると彩也子と同じ自傷行為の痕がありました。

彩也子は無期懲役で今も服役中のはずだと調査すると、事故に遭って記憶を失い異例として16年での出所が許可されたのです。

名前を変えいるはずだから、イイダチヨは彩也子のはずだと推測。

聖子は記憶喪失となり自身の罪を小説にしようとする彩也子と、それを利用して出世しようとする橋本の利害が一致して書籍にしたいと笠原に売り込みます。

口止め料も要求してくる聖子の計算高さにうんざりしながらも、笠原は面白い展開になりそうと思うのでした。

 

大渕と礼子の獄中結婚

法廷画家の礼子は大渕と彩也子が起こした事件の裁判の様子を描くため、裁判を傍聴します。

しかし、大渕は整った顔立ちの男性で凶悪犯には見えません。

一方の彩也子は髪は金髪でタトゥーもあり、いかにも不良という感じでした。

礼子は大渕にラブレターを書き送り、やり取りを続けるうちに獄中結婚して大渕の無実を証明するために再審請求の協力者となりました。

礼子は大渕に「聖子に会って来て欲しい」と頼まれ、仕方なくかつての交際相手である聖子に会いに行きます。

礼子は元カノである聖子に嫉妬心に駆られますが、「坂の上の赤い屋根」に登場する法廷画家が礼子のことだと言い当てられ、なぜ取材されたことを知っているのか驚きます。

礼子は裁判での女性の名前を聞かれ記憶に残っていませんでしたが、ふと彩也子のことを思い出します。

聖子は『坂の上の赤い屋根』を書いている作家(沙奈)が彩也子だと匂わせました。

さらに聖子は大渕に彩也子が出所して、イイダチヨと名乗っていると教えると言います。

礼子は幼少期は両親が好きでしたが、次第に母親が感情的に怒りをぶつけてくるようになり、父親も「お姉ちゃんなんだから、ちゃんとしろ」と冷淡になっていきました。

弟が生まれてから礼子はますます疎まれて居場所を失くし、大渕だけが心の拠り所となっていたのです。

礼子は彩也子が出所したことを大渕が知れば、大渕は自分から離れていくかもしれないと不安になります。

家族からさんざん疎まれてきた礼子は、手切れ金1000万円を要求して家を出ました。

ですがその1000万円は、詐欺を働いていた小学校の同級生・エイコに騙し取られてしまったのです。

新しい弁護士を雇い入れた大渕は「費用は礼子が何とか工面してくれるよね?」と言います。

拒否すれば離婚されると思った礼子は実家に向かう途中に近所の人から「弟が結婚し、同居を母親が喜んでいた」と聞かされます。

礼子は怒りで家族を殺してしまう夢を見ます。

戻る場所が無いことを礼子は改めて思い知り、引き返しました。

あのまま実家に行っていたら、両親や弟家族を間違いなく殺していたかもしれないと思った礼子は、大渕と彩也子もよほど切羽詰まっていたのだろうと思うのでした。

⇒無料で 坂の上の赤い屋根 最新巻をイーブックで今すぐ読む!

***期間限定で50%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

 

赤い屋根の家での惨劇

弁護士費用の250万円を工面するため、橋本から取材を受ける報酬をもらう事を条件に礼子は依頼を引き受けることにしました。

礼子が赤い屋根の家に行くと急用で橋本はおらず、イイダチヨ(沙奈)だけでした。

礼子が名前を聞くと沙奈は名刺を差し出し、家はリフォーム中だと言います。

赤い屋根の家は事件の前年に有形文化財に登録され、事件が起きてからは取壊しも出来ず手つかず状態でした。

なぜ沙奈が相続人に選ばれたのか、本人も経緯は詳しく分かっていませんでした。

青田家の遠縁にあたり、両親を亡くして里親からの独立をしなければならなかった沙奈が住む場所を確保する意味で、相続人となったようです。

礼子は「大渕が彩也子を金銭目的で利用しただけで、両親殺害は彩也子が勝手にやった」と言います。

ですが沙奈は「利用されているのは礼子の方で、大渕が彩也子にもう一度会うために再審請求しようとしている」と反論しました。

さらに追い打ちをかけるように沙奈は「大渕が愛しているのは彩也子だけ」と言いました。

沙奈=彩也子だと思っている礼子は「大渕の妻は自分だ、化けの皮を剥がしてやる」と沙奈に襲い掛かり殺害したのでした。

 

原作最終回結末ネタバレ:事件の真相

彩也子は両親から善意を強要され、かなり厳しく育てられます。

しかし、医者である彩也子の両親はどちらにも愛人がいて世間体だけを気にするような人達だったのです。

父親を刺したのは彩也子自身でしたが、とどめを刺したのは大渕でした。

彩也子の母親は金銭で何とかしようとしていましたが、大渕は事件の隠ぺいしか眼中になく、彩也子の母親を「馬鹿な奴」だと冷ややかに見ていました。

そんな母親の首に彩也子はナイフを突き刺したのです。

弁護士の松川は大渕に「彩也子が2年前に獄中で事故に遭い、記憶を失っているのは事実」だと教えます。

大渕は彩也子が生存していることに、安心します。

礼子との獄中結婚は「家族を持てば獄中生活の中では都合が良いから」という理由で、礼子を利用しただけだったのです。

大渕は聖子から「イイダチヨ(沙奈)が彩也子だと聞いた」と言い、彩也子に会わせるよう求めました。

再審を望んだのは彩也子に会うためと察した松川は、大渕を苦しめるため「彩也子は植物状態になった末に亡くなった」と言います。

彩也子はその後、記憶を取り戻して命は助かりましたが、自殺を図っていたのです。

沙奈=彩也子は赤い屋根の家で礼子に殺害され、逮捕された礼子も獄中で自殺しました。

聖子に利用され、彩也子と礼子も既に亡くなったと知った大渕はショックを受け自殺しました。

笠原は聖子が自分を騙していたことに怒りますが、真犯人が橋本だと気づきます。

過去に大渕に『早すぎた自叙伝』を執筆させたときに、その手記から橋本は姉・ミチルを虐めて怪我をさせたのが大渕だと知ります。

大渕はその後ミチルの見舞いに訪れ、冗談半分でミチルにティッシュを3枚押込んだことで翌日にミチルが亡くなったと担任から聞かされたのです。

ですがミチルを殺したのは実は大渕ではなく、弟の橋本でした。

犯行の動機は両親がミチルの看病に付きっきりで、出来が悪かった橋本は満足に食事も与えられていなかったからです。

編集者となった橋本は沙奈が実際の事件をモチーフにした本を書きたいと訪ねてきたこと、彩也子と同年代で容姿も似ていたのを基に大渕を利用して計画を思いつきます。

橋本は大渕と礼子を援助してスクープを狙っていた聖子をそそのかし、小説を完成させました。

最終的に大渕を絶望感に陥れ、自分で手を汚すことなく橋本は復讐を果たしたのでした。

坂の上の赤い屋根ネタバレ最終回原作結末

『坂の上の赤い屋根』 漫画原作 電子書籍漫画サイト 無料最新刊お得情報

◆おすすめサイト◆

・ebookjapan(ヤフー)

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】
イーブックジャパン:期間限定無料!!⇒ 坂の上の赤い屋根 無料で 今すぐ読む!

⇒坂の上の赤い屋根 イーブックで無料で 今すぐ読む!
***限定で6巻分70%オフ!paypayキャッシュバック5%!金・土日にお得に読めるキャンペーン中***全巻お得に読めます!!

⇒ 坂の上の赤い屋根 漫画

坂の上の赤い屋根ネタバレ最終回原作結末

・まんが王国サイト 無料登録で1巻⇒【まんが王国で無料読み】はこちらから♪

↑の漫画王国サイトは1か月後に解約する手間なし!簡単無料登録だけで読める漫画3000冊以上にアップ♪ \最大半額/

・コミックスjp 無料登録30日間で2巻無料⇒【コミックjp】 で無料2巻はこちら
⇑無料漫画1000冊以上(^^♪


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧

にぶんのいち夫婦 最新刊完結結末!全巻小説-和真視点

あなたがしてくれなくても結末最新話不倫恋完結はまだ

凪のお暇ネタバレ最新話刊-結末最終巻マデ

いつわりの愛‐契約婚漫画結末!小説ヨリ最後は理人離婚!

復讐の未亡人最終回マデ

血の轍ネタバレ

ギルティ最終回マデドラマ違い【瑠衣の正体と目的

それでも愛を誓いますか最終回全ネタバレ!真山と結ばれる?元サヤに

ミステリと言う勿れ 結末マデ犯人と真相