わろてんかネタバレ5週29話30話【北村屋の倒産後に寄席経営はじめる!

[PR]

わろてんかネタバレ5週29話30話の内容です。

わろてんか5週 29話と30話について簡単にネタバレします。

藤吉がお金を借りた高利貸しが取り立てにやって来ますが、
払えるお金がないので、担保に入れた北村屋を明け渡すよう迫ります。

啄子と藤吉の芝居のお陰で、高利貸しは退散しましたが、
北村屋を再建する目処が見出だせず、結局、啄子は北村屋の家屋敷を全て売り払い、
借金を全て返済することにしました。

一方、これからのことについて、てんは藤吉の好きな笑いを商売とする
寄席経営を提案しますが、啄子によって一蹴されてしまうのでした。

ついに北村屋が倒産してしまいます。

高利貸しを追い返す藤吉と啄子のお芝居が楽しみな一方で、
北村屋を出ていかねばならない最後の日の朝に啄子が仏壇で
涙を流してご先祖様たちに謝罪するシーンはもらい泣きしてしまうかもしれません。

では、わろてんか5週 29話のネタバレです。

************************

藤吉にお金を貸した高利貸しが借金の返済を取り立てにやって来ますが、
藤吉が借りたお金で買ったパーマ機は不良品で売れなかったため、
返せるお金はありません。

お金がないなら、藤吉が担保に入れた北村屋を明け渡すよう脅す借金取りから
店は明け渡すまいとする母の啄子の姿を見た藤吉はお芝居をしました。

啄子も藤吉の芝居に乗り、鬼気迫る様子の2人がまさか芝居だとは
高利貸しも気づかずにその場を退散します。

しかし、退散したとは言えお金がない以上は、担保に入れた
北村屋を差し押さえられてしまうので、その日から藤吉は、
北村屋に残ったお米を全て売り切る覚悟を決めました。

そして、てんにも助けてもらいながら残ったお米を売るために
大阪を奔走しました。

そんな中、藤吉とてんは食事をとるために立ち寄った万丈目の店で、
キースに会います。

かつての藤吉の芸人仲間であるキースと万丈目達は、窮地に陥っている
藤吉やてんのために芸を披露します。

それにより、てんと藤吉は久しぶりに心の底から笑うことができたのでした。

ここまでが29話のネタバレで、

次から30話になります。

**************

北村屋の再建への目処が立たなくなる中、てんは藤吉にある提案をしました。

それは、藤吉の大好きな笑いを商売とする寄席経営の提案でした。

寄席を経営しながら毎日笑って暮らすことができたら
嬉しいことはないと考えるてんの提案に、藤吉は関心を示しましたが、
藤吉の母である啄子は猛反対し、その提案を一蹴します。

そして、ついに北村屋の土地と家屋が売却される日を迎えました。

啄子はあんなに手放すのを嫌がっていた北村屋の土地と家屋を
全て売り払い、借金を全部返済しました。

皆が北村屋を出ていかねばならない最後の日の朝。

啄子はこれまで暮らしてきた家屋敷やお店を丁寧に掃除し清めると、
長年続いた北村家の代々の先祖の仏壇に、北村屋の暖簾を自分の代で
下ろすことになってしまったことを泣いて謝りました。

一方、てんは啄子に北村屋の嫁として相応しい人間になれるよう
自分を厳しく導いてほしいとお願いし、頭を下げますが、
啄子は、てんのことをまだ嫁と認めたわけじゃないと
てんの頼みを断るのでした。

*********************

ここまでが、わろてんか5週 29話と30話のネタバレでした。

ネタバレにあるように、わろてんか5週 29話と30話では、
借金取りに少しでもお金を返せるよう、家にあるお米を全て
売るために奔走するてんと藤吉はキースや万丈目達によって
お笑いの素晴らしさを改めて認識します。

しかし、2人の努力もむなしく、北村屋がついに再建の目処が見出だせず、
啄子が北村屋の家屋敷を全て売り払うという決断をしました。

わろてんかも5週目になり、初めててんが藤吉にお笑いを商売とする
寄席経営を提案しましたが、啄子により一蹴されてしまいましたね。

最初は一蹴されますが、後に寄席経営を始めるのはもう決まっています。

啄子をどの様に説得し、寄席経営を始めるのか。

そして、てんが啄子に嫁として受け入れてもらえる日はいつ来るのか。

これからの展開に注目です。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓