どうする家康ネタバレ39話あらすじ【酒井忠次の遺言!秀吉,倒れる!

[PR]

どうする家康のネタバレあらすじ39話になります。NHK大河ドラマ2023年10月15日放送予定。

「酒井忠次の遺言!秀吉,倒れる!」と題し第39回をお送りします。

前話では、

朝鮮側の抵抗や明の援軍の到着によって、日本軍は苦戦を強いられていました。 そのような内情を知る家康は、石田三成と協力して、朝鮮への渡海を計画していた秀吉を説得して止めようとしました。

そんなある日、家康のもとに秀吉の正室である茶々が訪れて…。

どうする家康ネタバレ39話あらすじ「酒井忠次の遺言!秀吉、倒れる」

茶々が産んだ男の子は、秀吉に拾ひろいと名付けられました。この子が後の豊臣秀頼です。
家康は秀吉に対して、明との戦争をやめるように何度も進言しました。
その結果、秀吉は明から送られてきた和睦の使者と交渉し、和平に合意しました。

しかし、その和平は明側が時間稼ぎに使った虚偽のものでした。
それを知った秀吉は激怒し、朝鮮半島に再び大軍を送ることを決めました。

一方、家康は自分の跡継ぎである秀忠と共に、京都で隠遁生活を送っていた旧友の酒井忠次を訪問していました。

忠次は病床に伏しており、家康に対して自分の遺言を伝えました。

そんな時、家康の元に急報が届きました。秀吉が倒れて重病になったというのです…。

 

どうする家康のドラマガイド本 完結編 ⇒ここで最終話までの内容が読めます⇓⇓

 

どうする家康ネタバレ40話あらすじ「秀吉の死後,石田三成と対立!

トップページ⇓⇓

どうする家康!ネタバレ最終回まで全話あらすじ結末まで

どうする家康ネタバレ38話あらすじ「唐入り,家康の所に茶々が訪れて」

どうする家康ネタバレ37話あらすじ茶々が鶴松出産,小田原征伐,関東移封!

39話感想、レビュー

どうする家康で、秀吉の甥であり第2代関白となった羽柴秀次を演じるのは、俳優の山下真人さんです。

羽柴秀次は、織田信長の甥で豊臣秀吉の姉の子であった。秀吉が天下人となった後、養子として迎えられ、関白の職や豊臣家の家督を譲られた。

しかし、文禄4年(1595年)に起きた秀次事件により、秀吉から切腹を命じられました。

諸説ありますが、この事件の原因は、秀次が秀吉の側室である淀殿やその子である秀頼に対して不敬な態度をとったことや、秀吉の死後の政権争いに備えて反秀吉派の武将と結託したことなどが挙げられます。

また、秀次が文人として優れた才能を持ち、秀吉よりも教養があると見られていたことも、秀吉の嫉妬を引き起こしたと考えられます。秀次は、自分の罪を否定しましたが、証拠がなく、また多くの武将が秀吉に従ったため、孤立無援の状況に陥りました。最終的には、京都の伏見城で切腹することになりました。

この事件は、秀吉の老境による暴走や石田三成らの陰謀とも言われるが、真相は不明です。

どうする家康では、この秀次の人物像や事件の真相がどのように描かれるのか注目です。

また、徳川四天王の一人である酒井忠次から家康への最後の願いというエピソードも気になります。

酒井忠次は天正16年10月に隠居を決めて家督を嫡男の家次に譲りましたが、その際に家康に対して何かを頼んだという話があります。

 

どうする家康ネタバレ37話あらすじ茶々が鶴松出産,小田原征伐,関東移封!

トップページ⇓⇓

どうする家康!ネタバレ最終回まで全話あらすじ結末まで


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓