どうする家康ネタバレ37話あらすじ茶々が鶴松出産,小田原征伐,関東移封!

[PR]

どうする家康のネタバレあらすじ37話になります。NHK大河ドラマ2023年10月1日放送予定。

「茶々が鶴松出産,小田原征伐,関東移封!」と題し第37回をお送りします。

前話では、本多忠勝は「すぐに引き渡せ。」と迫ります。鳥居元忠はそう言われても、頑なに断るのでした。

2人は一触即発の状態に陥ったので、於愛(広瀬アリス)が元忠に話を聞くことにします。すると…

どうする家康ネタバレ37話あらすじ「茶々が鶴松出産,小田原征伐,関東移封

秀吉(ムロツヨシ)の妻である茶々(北川景子)は、鶴松という男の子を出産しました。秀吉はこの喜びを胸に、北条家の滅亡を目指して出兵することを宣言します。

徳川家康
北条家との和睦を考えたほうが良いと私は考えます。

豊臣秀長
徳川殿には、戦場で先頭に立っていただきたい。

豊臣秀吉
小田原城を落とせば、北条家の領地はすべてお渡しする。
しかし、その条件は家康(松本潤)とその家臣たちが三河国を離れるということを意味していました。そのことを家臣たちに告げることができないまま、家康は軍勢を率いて出発しました。

秀吉の大軍は、二十万の兵力で小田原城を包囲します。そして、家康は城主の北条氏政(駿河太郎)に降伏を勧めます。

 

しかし、氏政は関東一の武将としての自尊心と誇りを持っており、降伏することを拒否します。

 

トップページ⇓⇓

どうする家康!ネタバレ最終回まで全話あらすじ結末まで

 

37話感想、レビュー

天正18年の小田原征伐から関東移封までの出来事を描くどうする家康の第37話。

豊臣秀吉によって豊臣大名の筆頭に任命された徳川家康は、同年1月10日に2万5千人の兵力を率いて北条氏を討伐するために小田原城に向かいます。
約半年にわたる攻防戦の末、7月5日に北条氏直が開城し、降伏を申し出ます。
この時点で、家康は秀吉から関東6か国(相模・武蔵・伊豆・上野・上総・下総)への移封を打診されていました。

これは、どうする家康37話でも描写されるように、秀吉が家康の勢力を抑えるために考えた策略だったと言われています。

秀吉は、家康が東海地方で築いてきた土地との絆を断ち切り、新しい領地での統治に苦労させることで、家康の力を弱めようとしたのです。
しかし、家康はこの移封を機会と捉えて、長年愛着を持って治めてきた国々と別れる決断をします。

その結果、今では関東が日本の中心地となっており、家康の英断は歴史的な意義を持つことになりました。
徳川家康の偉大さに感嘆せずにはいられません。

どうする家康ネタバレ36話あらすじ感想「於愛日記」

トップページ⇓⇓

どうする家康!ネタバレ最終回まで全話あらすじ結末まで


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓