べっぴんさん ネタバレ13週73話74話 ゆり出産

[PR]

べっぴんさん ネタバレ 13週73話74話あらすじの内容です。
坂東営業部を辞め、キアリスを手伝いたいと言った紀夫。
坂東営業部をこれからもゆりと支えて行きたいと言った潔。どちらの家族もようやく家庭を円満に解決したようでした。これからの2家族はどのように展開していくのでしょうか?

 

では13週73話74話のあらすじです。
べっぴんさん13週73話74話のネタバレでは、まずキアリスが大きく変わるというところから始まります。

キアリスを支えるため坂東営業部を辞めた紀夫は、経理責任者に就任します。そしてすみれもキアリスに完全復帰した矢先、最初に訪れた大きな転機、それが

最初のべっぴんさん13週73話74話のネタバレでは、キアリスを大急百貨店社長の提案で法人化(株式会社)しないかと言われたことでした。

もちろん、紀夫とすみれはありがたく申し入れました。そして自分たちは社長業は固辞し、あの靴店「あさや」の店主麻田に就任してもらうことになりました。

順調に法人化の準備が整い、このまま軌道に乗るのかと思いきや、ここで問題が発生したのです。

次のべっぴんさん13週73話74話のネタバレが、今まで働いていたメンバーやスタッフに株式会社らしい働き方を強要したことでした。

几帳面な紀夫、それに従わなければならないメンバーは、朝礼の在り方や名前の呼び方などのルールが窮屈に思うようになるのです。

そんな中、すみれは出産間近に控えたゆりとの会話の中で思いつくのでした。

べっぴんさん13週73話74話のネタバレ最後は、今後キアリスに子供服だけではなくベビー用品を扱いたいと提案したのでした。

ここまで12週67話68話のネタバレあらすじでした。

紀夫の几帳面さや、すみれの企画力!キアリスは順調に走っていくように思いますが、その反面メンバーや社員の不満も増え始めます。

これは現代でもありゆるお話しで、会社を大きくするときに起きる現象と同じなのではと、考えさせられる展開ですよね。

「会社というのは、こんなところなんだよ!」と私たちに教えてくれているのかもしれません。

さて、社員はこれからも付いてきてくれるのでしょうか?


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓