べっぴんさん ネタバレ 20週112話113話 忠一郎と喜代が旅へ結婚は…

[PR]

べっぴんさん ネタバレ 20週112 話113話の内容です。
忠一郎の思いもかけない喜代との旅に出る決意と、龍一の冒険旅行がどうやらうまく纏まったようです。龍一については、幼い頃から落着きがなく、いつも聞かん子供でしたが、ようやく自身の目的を見つけただけでも良かったなと思いますが、一人で冒険旅行は達成できるのでしょうか?

 

では、べっぴんさん20週112話113話のネタバレあらすじです。
べっぴんさん20週112話113話のネタバレでは、それぞれの道が決まった矢先のところから話しが始まります。

ある日、すみれがキアリスで最初から働いてくれている武に縁談をもってきました。武といえば、以前、明美に想いをよせ気持ちを告白したことがありました。そんな武に縁談をもってきたのです。

ここで最初のべっぴんさん20週112話113話のネタバレ!
武はすみれの縁談を断ったのです。理由はやはり、明美への思いを断ち切っていなかったからなのです。

そんな武に、明美への想いをもう一度伝えてみると、明美の返事はやはりNO!

それは明美の一筋の想いで、この仕事を一生続けたい。自分はこの仕事に一生を捧げたいから結婚はしないと、、、

武は明美のそんな切実な思いを受け取り、すみれの縁談を受けることにしました。

そしてべっぴんさん20週112話113話のネタバレは、失恋の中での武でしたが、新規一転の見合いに自分をかけてみることにしました。

一方、栄輔はこのころ東京に店舗を移転することを考えていました。

そして最後のべっぴんさん20週112話113話のネタバレ!
健太郎の進路が決定したのです。以前、龍一やさくらが自分の思う道に進んだことを思ったのでしょう。自分は京都大学ではなく、東京大学に進みたいと初めて両親に打ち明けれたのです。

両親にとっては複雑な思いではあったものの、健太郎が初めて自分の意思を伝えてくれたことに喜び、背中を押すことにしたのでした。

ここまでべっぴんさん20週112話と113話のネタバレあらすじでした。

べっぴんさん20週112話113話のネタバレでは、武の失恋とお見合いの話しに展開が進んでしまいました。失恋は辛いでしょうが、お互いの気持ちを尊重したことに素晴らしさを感じます。

また、健太郎が親に初めて逆らったところはちょっと驚きです。しかし京都大学から東京大学ですので、まったく問題はないですよね。素晴らしいです!


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓