わろてんか キャスト藤岡てん-葵わかなアイドル乙女新党出身

[PR]

わろてんか キャストネタバレ 藤岡てん役の葵わかなさんの紹介です!

「わろてんか」で主人公を演じる葵わかなさんはどの様な人物なのか、
また、「わろてんか」ではどのような役柄なのか紹介します。

まずは、葵わかなさんについての紹介です。

①②葵わかなさんのネタバレプロフィールはこちら

生年月日 1998年6月30日(19歳)
出身地 神奈川県
身長 158 cm
血液型 A型
職業 女優

小さい頃からタレントに憧れていた葵わかなさんは、小学五年生の時にスカウトされました。

そして、2009年にCMデビューし、ドラマへの出演も果たしました。

2012年バラエティ番組への出演をきっかけに、アイドルユニット「乙女新党」のメンバーとして活動を開始します。

2013年には映画初出演を果たし、数々のCM出演をこなすなか、注目の女優さんとなっていきました。

2014年、女優業に専念することを理由に乙女新党を卒業した葵わかなさん。

その後、2016年にはテレビドラマ初主演、映画初主演をつとめ、華々しい経歴をたどっています。

大学生でもある葵わかなさんは、女優業と学業の両立を目指しています。
学業だけでなく、演技に対しても勉強熱心で、これからも活躍が楽しみですね。

ここまでが、葵わかなさんについての紹介でした。

③次に、葵わかなさんがわろてんかのキャストに選ばれた藤岡てんの役柄についてネタバレします。

わろてんかのヒロインである藤岡てんは、京都の老舗薬問屋「藤岡屋」の長女です。

藤岡てんは、天真爛漫で太陽のように明るく、笑顔の絶えない女の子です。

兄・新一のギャグに、てんが大笑いしたことがきっかけで、父・儀兵衛の取引がうまくいかなくなり、笑うことを禁止されるほど、てんは笑い上戸なのでした。

そんなてんは、青年実業家である伊能栞という許嫁がありながら、北村藤吉と駆け落ち同然で結婚してしまうほど、意志の強い女性です。

てんは、姑・北村啄子にいじめられても、嫁ぎ先の米問屋が傾いてしまっても、明るく前向きに藤吉と共に生き抜いていきます。

そして、寄席の経営を始めてからは商売の才能を発揮するてんは、藤吉と手を取り合って大阪を「笑いの都」へと変えていくのです。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓