わろてんかのネタバレ 千葉雄大-兄新一は2週で死!薬は効かず…

[PR]

わろてんか ネタバレ 兄新一の今後·死について[役者:千葉雄大]の内容です。

10月から始まったわろてんかのヒロイン藤岡てんの兄である
藤岡新一が今後、死んでしまうのではないかとネットで噂されています。

わろてんかで千葉雄大さんが演じる藤岡新一というキャラはネタバレで、
ヒロイン藤岡てんの兄であり、薬学科の学生です。

心優しくてんの理解者であり人生の先生という存在になっています。

小さい頃から病弱だったので、どんな病気でも治せる薬を開発したいと
研究のためにドイツへ留学することを夢見ています。

笑い上戸(ゲラ)に悩むてんを励ましながら、てんに笑いの大切さを教える存在です。

では、わろてんかのヒロインの兄であり千葉雄大さんが
演じる藤岡新一が今後、死んでしまうのかについてネタバレします。

まず1週目のわろてんかでは、ヒロインの藤岡てんは9歳、
兄である新一は17歳という年齢設定で、2週目からは子役パートが終わり、
ここからヒロイン葵わかなさんが登場します。

2週目は1週目の約8年後が舞台になっているため、ヒロインの藤岡てんは17歳、
兄の新一は25歳くらいということになります。

わろてんかは、実在モデルがいるものの、特に原作がある訳ではなく、
実在モデルを元にしたオリジナル脚本となっているため、
千葉雄大さん演じる兄の新一が実在したのかは不明ですが、
わろてんかのガイドブックに新一の今後が書かれているようなので、
それを元にネタバレします。

そのガイドブックには、なんと、兄である藤岡新一は2週目で早くも
死んでしまうことが書かれていました。

書籍では、死因が定かではありませんが、1週目でてんが幼い頃に
お母さんが兄の新一が喘息になったと言っていました。

そのため、兄の新一が喘息の持病を持っていたことはわかっています。

そして2週目では、新一は帝大の薬学科に進学しましたが、
病気の療養のために藤岡家に戻ってきていました。

そして体調が良いときには知人の研究所に通って論文を書き続けていました。

そんな中、家業がうまくいかず、父の儀兵衛が落ち込んでいるのを知った
新一はてんに辛いときにこそ笑って、父を笑わせてあげてほしいと話します。

てんは、その言葉を聞いて、父の儀兵衛をどうにか笑わせることに成功しますが、
それから間もなく新一はこの世を去ってしまうという新一の悲しい今後の
結末になるようです。

ここまでが、わろてんかのヒロインの兄であり千葉雄大さんが
演じる藤岡新一が今後、死んでしまうのかについてのネタバレでした。

千葉雄大さんが演じる心優しいてんの兄である藤岡新一の今後が
2週で亡くなってしまうという展開に衝撃を受けました。

まさか、千葉雄大さん演じるてんの兄がこんなに早く他界するとは
思いませんでした。

小さい頃から病弱だったので、どんな病気でも治せる薬を
開発したいという夢のために体調を崩し自宅療養しながらも
懸命に論文を書き続ける姿は見ていられないかもしれません。

てんが儀兵衛を笑わせるようにアドバイスをして、うまくいった後に
亡くなる新一のシーンは、涙無しには見られないものになりそうですね。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓