義母と娘のブルース原作最終回!亜希子の死続編結末違いfinalスペシャル

ネタバレあらすじ 最終回 原作

[PR]

今回はドラマ『義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャル』のあらすじネタバレ結末までと、原作漫画のネタバレあらすじ最終回完結結末を解説!

ドラマキャスト相関図紹介や、ドラマと原作漫画結末は一緒か違いがあるか最終回予想もお送りします。

大樹と結婚?みゆきは就職するか?亜希子は最後若くて死なのか?今回もかなりドタバタ劇になるもよう!!楽しみですね★

義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャルのネタバレあらすじ:ある日、宮本亜希子(綾瀬はるか)は「ベーカリー麦田」でアルバイトをしながら大学に通う娘のみゆき(上白石萌歌)が、卒業を目前にして就職活動をしていないことに気付きます。

このまま麦田のアルバイトでよくない?と言い放ち、完全に出遅れたことを反省しないみゆきに、亜希子は短期間の猛特訓&二人三脚の就職活動を開始します。

原作漫画:『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴さんによる原作漫画で2009年から、『主任がゆく!スペシャル』(ぶんか社)で連載され、2018年に新装版として上下巻が発売されました。⇒試し読み無料!原作漫画上巻を読む!

2024年1月2日(火)にTBSで、スペシャルドラマ化決定。スペシャルドラマのあらすじをアップしていきます

\【一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘その家族を支えた人間達の愛の物語】の結末を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

  • 『義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャル』ネタバレ最終回完結漫画原作最終回からドラマ最終話まで

義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャルドラマ ネタバレ

ある日、宮本亜希子(綾瀬はるか)は「ベーカリー麦田」でアルバイトをしながら大学に通う娘のみゆき(上白石萌歌)が、卒業を目前にして就職活動をしていないことに気付いてしまいます。

このまま麦田のアルバイトでよくない?と言い放ち、完全に出遅れたことを反省しないみゆきに、亜希子は短期間の猛特訓&二人三脚の就職活動を開始。

亡き夫·良一(竹野内豊)に託された一人娘を一人立ちさせたいと奮闘する亜希子の姿に、みゆきも自分の将来を真剣に考え始めます。

亜希子と二人三脚で就職活動を開始したみゆきでしたが、そんな矢先、結婚したい!と言う衝撃の一言を放ちます。

みゆきの結婚宣言から宮本家に大騒動が!

そこに風雲児·麦田店長(佐藤健)も巻き込まれ・・・天国の良一さんも!?

義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャル キャスト登場人物・相関図

義母と娘のブルース2022スペシャル】のキャストと相関図!2年前の ...
  • 宮本亜希子役 綾瀬はるか…みゆきの義母で亡くなった良一の妻。フリーの経営コンサルタントで、「ベーカリー麦田」の営業本部長。かなり真面目な性格
  • 宮本良一役 竹野内豊…亜希子の夫で、みゆきの父親。老舗の金属会社·桜金属工業に勤めていました。朗らかな性格で、日々小さな奇跡を見つける目利きがあり、周囲を和ませることについては天下一品。亜希子を知るにつれ愛していることに気づきます。ずっと家族と一緒に生きていきたいと思った矢先、この世を去ることに…。今は天国から亜希子とみゆきを見守っています。
  • 宮本みゆき役 上白石萌歌…良一と愛の娘で、亜希子の義娘。勉強は苦手ですが、良一譲りのんびり屋で、年齢·性別問わず周りを無意識にほっこりさせる能力を持っています。現在は大学生。卒業目前ですが、未だに就職活動をしておらず、このままベーカリー麦田のアルバイトでよくない?と完全に出遅れたことを反省する様子はありません。しかし、就職活動をきっかけに大樹との関係に大きな転機が…!
  • 宮本愛 役 奥山佳恵…良一の亡き妻でみゆきの実母。良一とは深夜のラーメン店で出会い結婚しました。ひまわりの様な笑顔と太陽のような明るさで家族に笑いをもたらしていた存在。
  • 麦田章役 佐藤健…人気パン屋「ベーカリー麦田」店長。昔はフーテンのダメ男でした。父·誠からベーカリー麦田を強制的に継ぐも経営がうまくいかず、店は寂れてしまいます。しかし、亜希子と出会い、そのビジネスセンスに影響を受け、ベーカリー麦田は大繁盛。その勢いで亜希子にプロポーズするも撃沈。
  • 黒田大樹役 井之脇海…みゆきの幼馴染み。病気でみゆきより1年遅れていますが、現在は東日本医科大学の学生。「ベーカリー麦田」の再建に携わり、現在も店内販売のアルバイトに駆り出されます。子供の頃はよくケンカをしていましたが、事あるごとにみゆきを助けてきました。そして、成長するにつれて惹かれ合う仲となり……。
  • 桜 向日葵役 吉川愛…みゆきの先輩。大学の起業サークル「あそビジネス」で出会い、何かとみゆきの力になってくれるサバサバした女性。「ベーカリー麦田」の再建に携わったことを機に、移動販売に携わるビジネスを立ち上げました。
  • 矢野晴美役 奥貫薫…亜希子のママ友。小学校時代のみゆきの同級生·杏奈の母で元PTA会長。PTA活動で対立したこともありましたが、後に和解。
  • 猪本寧々役 真凛…桜金属工業営業部での良一の部下。社員からは 「いのもっちゃん」」と呼ばれていて、営業部の中でもムードメーカーでした。
  • 黒田博美役 松下由樹…黒田大樹の母。幼い頃に病気で休学を余儀なくされた大樹を心配するあまり、大樹に対してやや過保護すぎる一面を持っています。大樹とみゆきの結婚に猛反対していて……。
  • 黒田由紀夫役 遠山俊也…黒田大樹の父。息子·大樹に過保護すぎる妻·博美を心配しつつも、温かく見守っています。
  • 麦田誠役 宇梶剛士…麦田章の父。ベーカリー麦田を経営していましたが、長年患っていた腰痛がひどくなり店をたたむことに。
  • 田口朝正役 浅利陽介…光友金属勤務で元亜希子の部下。亜希子に想いを寄せていましたが、その想いを伝えることなく別の女性と結婚。
  • 笠原廣之進役 浅野和之…桜金属の部長で良一の元上司。トレードマークは常に所有している扇子です。
  • 下山和子役 麻生祐未…下山不動産の噂好きおばちゃん。地域のファミリーサポート人にも名を連ねており、良一が亜希子と結婚するまでは、時々みゆきの世話をしていました。口が軽く、悪く、かつ、お節介。亜希子とみゆきを温かく見守ってくれる存在です。

義母と娘のブルースキャスト相関図!佐藤健,麦田の恋はFINAL2024

義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャルネタバレ最終回完結を原作漫画最終話から予想

『義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャル』のドラマ結末予想のために、原作漫画の下巻結末を紹介します⇓⇓

みゆきは大樹と結婚し、姑問題などもありましたが、一段落して順風満帆となったみゆきと亜希子でしたが、最終回では何と亜希子が倒れてしまいます

入院そして退院後は、宮本家でみゆきと子ども達、大樹と大樹の母の皆で同居することに。

幸せな生活も束の間。

何と、天国にいる良一が亜希子を迎えに来るのです。

そして、ついに亜希子は旅立ってしまいます。

亜希子らしく、遺言から葬式の手配まで抜かりなく準備してありました。

みゆきの子と亜希子(ばあば)に血縁関係はありませんが、みゆきの子が亜希子を真似る微笑ましいシーンがあります。

思わず泣けてしまう最後のセリフは、ぜひ読んで確かめて下さい。

原作の結末は亜希子が良一に迎えられ、亡くなってしまうところまでが描かれるようですが、ドラマではあらすじを読む限りそこまでいかないと思います。

就職活動をするはずだったみゆきが、大樹からプロポーズされたことにより結婚し、姑問題を抱えながらも、亜希子のアドバイスなどがありながら、それを乗り越えていくのではないでしょうか。

みゆきの子育てを一段落した亜希子が、結婚式で涙を流すシーンが見られるかもしれません

ドラマの結末は放送を見てのお楽しみですね。

 

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

『義母と娘のブルース』ネタバレ原作漫画上下巻最終回結末まで

『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴さんによる原作漫画で2009年から、『主任がゆく!スペシャル』(ぶんか社)で連載され、2018年に新装版として上下巻が発売されました。⇒試し読み無料!原作漫画下巻を読む!

原作漫画上下巻のあらすじネタバレをお送りします。

『義母と娘のブルース』原作漫画ネタバレ上巻あらすじ

バリバリのキャリアウーマンの岩木亜希子(綾瀬はるか)32歳は、自立して生きていくために、これまで勉強と仕事しかしてきませんでした。

そんな亜希子が突然、結婚し専業主婦に!8歳の女の子のママになることに

亜希子の結婚相手は、シングルファーザーの宮本良一(竹野内豊)で、仕事はバリバリ出来る訳ではなく普通ですが、誰からも愛される朗らかな性格をしている人物です。

そんな良一の娘は、みゆき8歳

亜希子は8歳のみゆきに初対面でいきなり名刺を渡します。

普段から、亜希子はスーツを着て、ビジネス用語を使ったり、文句を言うとクレーム対応のような接し方をしていました。

一方、みゆきは、空気を読めない、天邪鬼タイプで、男の子とばかり遊んでいるため、男好きと噂されています。

専業主婦になっても、ママになっても、元キャリアウーマンが抜けない亜希子は、小学校でも驚くようなエピソードがあります。

ある日、小学校でPTAの会合のおしらせがあると、会合→会議で話し合うと聞き、みゆきの意見を聞いて、反対勢力のボスママがいるため、誰も逆らわない中に亜希子は、膨大な資料を作ってプレゼンすることに。

プレゼンになると、元キャリアウーマンの血が騒ぎ、亜希子はその手腕を発揮!

PTAを仕切っていたボスママに勝利したことにより、ボスママを倒したことがクラスにも伝わって、みゆきに女友達が出来ました。

お互いの姿に戸惑いながらも、少しずつ、亜希子の凄さと一生懸命さが伝わって、みゆきも心を開いていくことになりました。

しかし、良一の余命は病により僅かとなっていて、ある日、他界してしまうのでした。

*******************

\【一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、そしてその家族を支えた人間達の愛の物語】の結末を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

 

『義母と娘のブルース』原作漫画ネタバレ下巻あらすじ

良一の死後から数年が経ち、高校生になって共学の高校に通うみゆきは、可愛いためモテましたが、ビジネス用語にまみれた義母·亜希子の影響により少し変わった子に育ちました。

男子に告白されても「検討いたします」や、付き合えない男子には「内定取り消し」と、穏便に断るために亜希子が教えた返事をしています。

そんな時、通学時の電車で大樹と再会

大樹に好きだったと告白され、みゆきは動揺し、「ごめんなさい」と走って逃げてしまいます。

どうしたら、大樹と話せるのか、亜希子に恋愛相談しようとするみゆき。

恋愛経験が1回しかない亜希子でしたが、みゆきの大樹への気持ちが伝わってきたため、一生懸命答えます。

良一のお葬式の日、気丈に振舞っていた亜希子とみゆきですが、実は、かなり動揺していた亜希子。

それを見抜いた大樹に、”みゆきを守るのは義母さんしかいない“と言われて、亜希子は自分より動揺しているのは、みゆきだということに気付きます。

みゆきは、亜希子は義母であるため、これからは1人で生きていかなければならないと言います。

亜希子は、みゆきも良一さんも愛してる、これからも家族よ、とみゆきを抱きしめると、お互いに遠慮が無くなり、それから本当の家族になることが出来たのです。

そのことを、大樹が気付かせてくれたのだと亜希子が話すと、みゆきに勇気が湧いてきました。

後日、みゆきは勇気を出して大樹に話しかけると、大樹も同じ気持ちだということが伝わり、明るく意気投合します。

2人は付き合うことになり、亜希子は少し寂しくなって、子離れするのは自分だと思うのでした。

 

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

****************

『義母と娘のブルース』原作漫画ネタバレ結末あらすじ

亜希子と麦田の関係

原作に登場する麦田はドラマ同様、亜希子とすれ違いながらも亜希子に惹かれていきます

研修という名目でデートに誘い出し、最後には告白

亜希子に亡き夫との思い出話された挙げ句、麦田はきっぱりと告白を断られてしまいます。

そして原作では、ここから約10年後の世界に突入し、麦田は最終回まで登場しなくなってしまうのでした。

みゆきと大樹の関係

みゆきは大好きな大樹と付き合った後、結婚し、順風満帆で幸せな新婚生活となるかと思いきや、意地悪な義母と同居することに。

また、長年一緒に暮らしてきた亜希子とはなかなか顔を合わせなくなってしまいます。

そんな中、大樹の計らいにより、みゆきは子どもを連れておばあちゃんとなった亜希子としばらく暮らすことになりました。

亜希子がみゆきの義母になってから約30年後

大樹とみゆきは、2児の親になっていて、大樹の母でみゆきの姑と5人で暮らしていました。

一方で、亜希子は経営コンサルタント会社の社長として、バリバリ働いてます。

ある日、姑に疲れて、亜希子のところにやって来たみゆきを亜希子は受け入れます。

久しぶりに会った亜希子は、相変わらずの仕事人間でしたが、年を取っていました。

大樹の家になかなか帰ろうとしないみゆきに対して、亜希子は勝手に引っ越し業者を手配して、荷物を送ってしまいます。

そして、仕事終わりに飲みに行きますが、その帰りに亜希子は、倒れてしまい入院します。

みゆきは、亜希子に「頼ってほしい。強がらずに子供に老いを見せることがこれからの仕事」だと伝えます。

医師に亜希子の余命を聞いたみゆきが大樹に相談すると、大樹は亜希子と大樹の母も一緒に6人で暮らすことになりました。

驚くことに、大樹の母は、あの時プレゼンでやり合ったPTAのボスママでした。

アラ環になった2人の母は丸くなっていて、穏やかな日々を過ごしました。

そんなある日、亜希子は、良一の夢を見ます。

良一が亜希子を迎えに来たのです。

そして、亜希子は息を引き取りました

亜希子らしく、遺言から葬式の手配まで抜かりなく準備してあるのでした。

みゆきの子と亜希子(ばあば)に血縁関係はありませんが、みゆきの子が亜希子を真似る微笑ましいシーンがあります。

思わず泣けてしまう最後のセリフは、ぜひ読んで確かめて下さいね。

 

\【一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、そしてその家族を支えた人間達の愛の物語】の結末を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

『義母と娘のブルース』漫画原作を電子書籍漫画サイトで無料や安くお得に読める方法

◆おすすめサイト◆

・ebookjapan(ヤフー)

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】
イーブックジャパン:期間限定無料!!⇒ 義母と娘のブルース 無料で 今すぐ読む!

***限定で7巻分70%オフ!paypayキャッシュバック5%!金・土日にお得に読めるキャンペーン中***全巻お得に読めます!!

⇒ 義母と娘のブルース 漫画

 

・まんが王国サイト 無料登録で1巻⇒【まんが王国で無料読み】はこちらから♪

↑の漫画王国サイトは1か月後に解約する手間なし!簡単無料登録だけで読める漫画3000冊以上にアップ♪ \最大半額/

・コミックスjp 無料登録30日間で2巻無料⇒【コミックjp】 で無料2巻はこちら
⇑無料漫画1000冊以上(^^♪

 

他人気ドラマ⇓

けむたい姉とずるい妹ネタバレ最終回完結!原作漫画結末5巻20話で離婚!

泥濘の食卓ネタバレ最終回原作完結マデ最新話5巻49話ちふゆ死?結末真相

インターホンが鳴るとき】ネタバレ最終回!漫画原作不倫結末!ドラマ相関図

 

ドラマ 義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャル キャスト登場人物・相関図

  • 宮本亜希子役 綾瀬はるか…みゆきの義母で亡くなった良一の妻。フリーの経営コンサルタントで、「ベーカリー麦田」の営業本部長。かなり真面目な性格で、その真面目さゆえ、”土掘り土下座”という宴会芸まで編み出してしまうツワモノ。普段の話し言葉にもビジネス用語を多用すます。良一の死後も女手一つでみゆきを大切に育てています。
  • 宮本良一役 竹野内豊…亜希子の夫で、みゆきの父親。老舗の金属会社·桜金属工業に勤めていました。朗らかな性格で、日々小さな奇跡を見つける目利きがあり、周囲を和ませることについては天下一品。小さなことは気にせず、鈍感とも包容力が大きいとも言えます。余命幾ばくもない自分の死後、最愛の娘を守ってくれそうという理由でライバル会社のやり手部長·亜希子にプロポーズ。亜希子を知るにつれ愛していることに気づきます。ずっと家族と一緒に生きていきたいと思った矢先、この世を去ることに…。今は天国から亜希子とみゆきを見守っています。
  • 宮本みゆき役 上白石萌歌…良一と愛の娘で、亜希子の義娘。勉強は苦手ですが、良一譲りのんびり屋で、年齢·性別問わず周りを無意識にほっこりさせる能力を持っています。現在は大学生。卒業目前ですが、未だに就職活動をしておらず、このままベーカリー麦田のアルバイトでよくない?と完全に出遅れたことを反省する様子はありません。しかし、就職活動をきっかけに大樹との関係に大きな転機が…!
  • 宮本愛 役 奥山佳恵…良一の亡き妻でみゆきの実母。良一とは深夜のラーメン店で出会い結婚しました。ひまわりの様な笑顔と太陽のような明るさで家族に笑いをもたらしていた存在。
  • 麦田章役 佐藤健…人気パン屋「ベーカリー麦田」店長。昔はフーテンのダメ男でした。父·誠からベーカリー麦田を強制的に継ぐも経営がうまくいかず、店は寂れてしまいます。しかし、亜希子と出会い、そのビジネスセンスに影響を受け、ベーカリー麦田は大繁盛。その勢いで亜希子にプロポーズするも撃沈。意気消沈するものの、持ち前のグッドルッキングポジティブ思考で復活し、日々ハッピーに生きています。「ベーカリー麦田」を日本一のパン屋にすることが夢。
  • 黒田大樹役 井之脇海…みゆきの幼馴染み。病気でみゆきより1年遅れていますが、現在は東日本医科大学の学生。「ベーカリー麦田」の再建に携わり、現在も店内販売のアルバイトに駆り出されます。子供の頃はよくケンカをしていましたが、事あるごとにみゆきを助けてきました。そして、成長するにつれて惹かれ合う仲となり……。
  • 桜 向日葵役 吉川愛…みゆきの先輩。大学の起業サークル「あそビジネス」で出会い、何かとみゆきの力になってくれるサバサバした女性。「ベーカリー麦田」の再建に携わったことを機に、移動販売に携わるビジネスを立ち上げました。
  • 矢野晴美役 奥貫薫…亜希子のママ友。小学校時代のみゆきの同級生·杏奈の母で元PTA会長。PTA活動で対立したこともありましたが、後に和解。PTAの改革を亜希子が協力し、宮本家の家事改革を晴美が協力するなど、お互いを認め合う関係となります。また「ベーカリー麦田」のリニューアルにも携わるなど、長年交流を深めている存在です。
  • 猪本寧々役 真凛…桜金属工業営業部での良一の部下。社員からは 「いのもっちゃん」」と呼ばれていて、営業部の中でもムードメーカーでした。既婚者で良一の悩み相談にもよく乗っていました。良一の死後も「ベーカリー麦田」のリニューアルに協力するなど、宮本家と交流を続け、今では亜希子のママ友です。
  • 黒田博美役 松下由樹…黒田大樹の母。幼い頃に病気で休学を余儀なくされた大樹を心配するあまり、大樹に対してやや過保護すぎる一面を持っています。大樹とみゆきの結婚に猛反対していて……。
  • 黒田由紀夫役 遠山俊也…黒田大樹の父。息子·大樹に過保護すぎる妻·博美を心配しつつも、温かく見守っています。
  • 麦田誠役 宇梶剛士…麦田章の父。ベーカリー麦田を経営していましたが、長年患っていた腰痛がひどくなり店をたたむことに。パン屋を継ぐと安易に宣言した息子に「やれるものならやってみろ」と店を任せケンカ別れとなります。しかし、亜希子から依頼され、章にレシピノートを渡すなど「ベーカリー麦田」の再建に協力しました。亜希子のことをとても信頼しています。
  • 田口朝正役 浅利陽介…光友金属勤務で元亜希子の部下。亜希子に想いを寄せていましたが、その想いを伝えることなく別の女性と結婚。幾度となく麦田に遭遇し、共に亜希子に想いを寄せているためか、仲良くなりました。未だに麦田に名前を間違えられることもしばしば。それについては、もはや諦めています。
  • 笠原廣之進役 浅野和之…桜金属の部長で良一の元上司。トレードマークは常に所有している扇子です。高校時代の野球部の後輩が経営するコンサル会社に亜希子を紹介するなど、良一の死後、何かと宮本家を気にかけてくれる心優しき人物。
  • 下山和子役 麻生祐未…下山不動産の噂好きおばちゃん。地域のファミリーサポート人にも名を連ねており、良一が亜希子と結婚するまでは、時々みゆきの世話をしていました。口が軽く、悪く、かつ、お節介。亜希子とみゆきを温かく見守ってくれる存在です。

スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓