虎に翼ネタバレ2週あらすじ【山田よねと対立!明律大学女学部

[PR]

今回は朝ドラ『虎に翼』の2週あらすじネタバレを紹介していきます。2週タイトル[女三人寄ればかしましい?]

「虎に翼」は女性初の弁護士・三淵嘉子さんをモデルにしています。⇒モデル三淵嘉子の家系図!夫,息子,再婚相手旦那や子孫,家族子供生涯

2024年4月1日からドラマ1週1話から開始されます。

虎に翼ネタバレ2週あらすじ 山田よねと対立!明律大学女学部

虎に翼 ネタバレ2週

春の1932年、寅子(伊藤沙莉)は明律大学の女学部に進学しました。同時に、優三(仲野太賀)は司法試験に再び失敗し、浪人生活を送っています。花江(森田望智)は猪爪家で上川周作演じる直道と幸せな日々を過ごしていました。

入学式の日、60名の新入生が集まり、桜井ユキ演じる桜川涼子が代表として挨拶を行いました。「異なる背景を持ちながらも、私たちの目指す志は一つです」という涼子の言葉に、寅子も感動しました。

式後、小林薫演じる穂高から、松山ケンイチ扮する桂場が東京地裁の判事であることを聞かされます。

寅子は、桂場が臨時で講義を行うことを知り安堵します。竹もとでの出来事があり、彼と顔を合わせるのが難しかったからです。

その後、高橋努演じる竹中記者による穂高とのインタビューを受け、寅子は自信満々に応答しました。

女学部は本校舎から少し離れた場所にあり、そこでは前年に入学した小林涼子演じる久保田聡子や安藤輪子扮する中山千春が新入生を迎えていました。

初めは70名いた1期生も現在は7名に減少し、男子学生からは「魔女部」と揶揄されていました。

法学を学ぶことで婚約を解消された中山は涙を流しました。その重苦しい雰囲気を変えるため、寅子は自己紹介を始め、「歌劇と歌うことが好きです」と言い、歌を披露しました。

しかし、土居志央梨演じる山田よねからは、「うっとうしい。なぜあなたが女学部にいるのか。法律について何も知らないでしょう」と非難されました。家に帰った寅子は、その言葉に悩みます。

入学から1週間後、寅子はクラスメイトと友情を育み、平岩紙演じる梅子から毎日おにぎりをもらいますが、山田よねだけはそれを受け取りませんでした。

ある日、帝都新聞に女学部の入学式を馬鹿にする記事が掲載され、寅子は怒りを感じますが、他の生徒たちは諦めの様子を見せます。

さらに、女性の弁護士資格に関する法改正が通らなかったニュースが流れ、中山と久保田はショックを受けます。

「次の機会に期待しましょう」と寅子は励ましますが、山田よねは「みんなうっとうしい。辞めちまいな」と言い残し、去っていきます。

寅子は彼女を追い、初めての裁判所で戸惑いますが、田中要次演じる傍聴マニアの笹山に案内されます。よねは民事裁判を傍聴しており、寅子の訪問に驚きます。

寅子は初めての法廷を見学し、妻が夫からの暴力を理由に離婚裁判を起こし、勝訴したが、夫が控訴している事件を目の当たりにします。

妻は夫に取られた着物を取り戻すために裁判を起こしており、次回の結審が予定されています。

傍聴後、よねと話した寅子は、「女性は常に軽視され、虐げられている。その怒りを忘れないために、私はここに来ている」というよねの言葉を聞きます。

家に帰った後、優三に離婚が確定していない間の財産管理について質問し、「結婚していなくて良かった。そんなのは理不尽だ」と感じます。

翌日、穂高に裁判について質問すると、「法廷に正解はない。依頼人と弁護士の数だけ弁護の方法がある。自分ならどう弁護するか考えてみるといい」とアドバイスされます。

寅子は涼子、梅子、ハ・ヨンス演じる崔香淑、よねと議論しますが、現行法では手の打ちようがないと結論づけます。

民事訴訟法第185条を引用し、「裁判所は、法律や証拠だけでなく、社会、人間、時代を理解して判断しなければならない」と述べる寅子。

穂高の授業で、着物を取り戻せないという結論に至りますが、みんなで裁判の結審を傍聴することにします。

裁判所は着物を妻側に戻すよう命じ、閉廷後、その判決を喜びます。

穂高は「人間の権利は法で定められているが、それを乱用することは許されない。新しい視点の良い判決だ」と評価します。

しかし、山田よねは「甘い。あの男は何も反省していない。法は弱い女性を守る唯一の武器だ」と厳しい意見を述べます。

このように、物語は寅子と彼女の周囲の人々が直面する社会的、法的な課題を通じて、当時の女性の地位と法の役割を探求しています。

虎に翼ネタバレ3週あらすじ「法廷劇よねと乱闘,生い立ち真相

虎に翼ネタバレあらすじ最終回マデ朝ドラ意味主題歌マデ

 

  • ネタバレあらすじ2週6話 4/8月
  • ネタバレあらすじ2週7話
  • ネタバレあらすじ2週8話
  • ネタバレあらすじ2週9話
  • ネタバレあらすじ2週10話

虎に翼 ネタバレ2週感想

一般的には朝ドラ1週、2週では幼少期が描かれ、子役たちが出演するのですが、今回ははじめからすぐにヒロインの伊藤沙さんが女学校時代として登場します。

弁護士に進みたいという寅子をはるは猛反対します。これからどうやって説得し、女性のための法律学校へ進むことができるのでしょうか?見もので楽しみですね!

虎に翼モデル三淵嘉子の家系図!夫,息子,再婚相手旦那や子孫,家族子供生涯

 

◆朝ドラガイドブックなどはこちらから⇓⇓


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓