虎に翼11週55話ネタバレ6/14奈津子と対面…直明と家庭裁判所の助けに

[PR]

今回は『虎に翼』の55話(第11週)6月14日 金曜のあらすじネタバレ、放送後の詳細あらすじネタバレについて紹介します。

11週タイトル「女子と小人は養い難し?」タイトル意味:女性と徳のない人間とは、近づけると図に乗るし、遠ざければ怨むので、扱いにくいものである。という「女子と小人は扱いにくい。優しくすればつけあがるし、相手にしないと恨みをもつ。」と解釈されることも多く、女性を蔑視する言葉として有名な言葉です。

(55話)

家事審判所と少年審判所の合併に関して、依然として説得を続ける寅子(伊藤沙莉)だが、うまくいかない。

そこで寅子は、「東京少年少女保護連盟」のメンバーとして活動する弟・直明(三山凌輝)に賭けてみることに。少年審判所の壇(ドンペイ)と家事審判所の浦野(野添義弘)は、果たして直明の言葉に耳を貸すのか。

年明け1月1日の家庭裁判所発足に向けて、家庭裁判所設立準備室の面々の奮闘が続く。

引用dimora.jp

 

虎に翼11週55話のネタバレあらすじと放送前朝ドラ予告レビュー

第55話のあらすじと予告レビュー。

**第55話のあらすじ**:
このエピソードでは、寅子が人事課長・桂場から亡くなった裁判官・花岡悟の妻・奈津子との対面を知らされます。

奈津子は、寅子が以前渡したチョコレートが花岡家を明るくしたと感謝を伝えます。

 

一方で、寅子は家庭裁判所設立準備室で、腰を痛めた室長・多岐川に代わり、合併協議を進めますが、少年審判所の所長・壇と家事審判所の所長・浦野を説得するのに苦戦します。

桂場からの助言にも関わらず、寅子の正論は通じず、さらに多岐川が寅子と桂場の取り引きを漏らしてしまい、信用問題が発生します。

しかし、寅子の弟・直明が関わるボランティア団体の学生たちが訪れ、活動報告を通じて壇と浦野が感銘を受け、合併協議が進み始めます。

 

**予告レビュー**:
この話では、寅子が直面する困難と、それを乗り越えるための家族の支えが描かれています。

特に、弟・直明の存在が寅子にとって大きな助けとなり、物語に新たな展開をもたらしている点が注目されます。

また、花岡家のエピソードを通じて、戦後の日本の家庭の現実が描かれ、奈津子さんがシングルマザーとなり法で、そのような人たちの助けとなるモチベーションにも繋がり家庭裁判所設立の後押しとなりそうですね。

 

 

◆放送後に詳細あらすじネタバレ・感想を追記してお届けします⇓⇓

 

◆朝ドラガイドブック・シナリオ集はこちらから⇓⇓

番組台本のレイアウトそのままに、本番のドラマでカットされたシーンやセリフもすべて楽しめるシナリオ集!

 

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧