べっぴんさん ネタバレ 1週あらすじ6話感想 潔への淡い恋心

[PR]

べっぴんさん ネタバレ 1週あらすじ 6話の内容です。

「べっぴんさん」1週 6話では、昭和17年から物語が始まります。
すみれは17歳、女学校で手芸倶楽部を立ち上げ、あいかわらず手芸に夢中になっていました。

では1週 6話のあらすじです。
**********************************************

昭和17年(1942年)7月になりました。
母・はなが亡くなってからもう8年が経ちました。

すみれは17歳となり、高等女学校の最終学年です。
女学校では「手芸倶楽部」を立ち上げて、同級生の多田良子と田坂君枝と一緒に手芸に夢中になっていました。

ゆりは20歳となり、女子大で英語を勉強していました。
大学卒業後は、父・五十八の会社「坂東営業部」で働くことを希望していました。

しかし五十八は、今後どうなるかわからない世の中で、娘には会社で働くより早く結婚して家庭を気づいてほしいと思っていました。

五十八は貴族院議員となり忙しい日々を過ごしていたため、会社の経営はすべてを野上正蔵に任せてありました。

戦争中ということもあり、坂東営業部は軍の統制下にありました。
経営も縮小し、坂東家では使用人を解雇せざるを得ない状況でした。

そして、女中のマツも解雇されました。
マツの娘・明美は看護学校に通っており、マツは他に働き口を探す必要がありました。

そんなある日、父・野上正蔵と同じく坂東営業部で働いていた潔のもとに、召集令状が届きました。

それを知ったすみれは、ひどくショックを受け、自分の中の潔への恋心に気づくのでした。

*********************

ここまでが「べっぴんさん」1週 6話のネタバレあらすじでした。

1週 6話では、時代が進みすみれは17歳となりました。
相変わらず手芸に夢中なすみれ。
一方で戦時中の坂東営業部は、経営縮小や従業員解雇を余儀なくされました。
将来坂東営業部で働きたいというゆり、マツの解雇に困惑する明美、貴族院議員として奔走する五十八。
そして、収集令状を受け取った潔、恋心に気づいたすみれ。
これからどうなっていくのでしょうか、戦争が描かれる回は心苦しいですが目が離せません。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓