べっぴんさん ネタバレ21週116 話117 話 さくら健太郎キアリス入社

[PR]

べっぴんさん ネタバレ21週116 話117 話の内容です。

 

さくらや子供達、ずっと当たり前のように暮らしてきた喜代とも別れを告げ、すみれは紀夫とたった2人きりの生活になってしまいました。

紀夫はさくらに「2人になってしまったけど、寂しくないか?」と問いかけるものの、笑顔で幸せを表すさくらでした。そんな2人の生活やキアリスも時代とともにどんどん変わっていくようです。

では、べっぴんさん21週 116話117話のネタバレあらすじです。
時は進み、昭和44年4月、キアリスは創業20周年を迎えていました。会社も株式会社となり社員も3桁の人数が働いていました。そんな中、べっぴんさん21週116話117話のネタバレでは、20周年パーティーを開催することになっていました。

ここで最初のべっぴんさん21週116話117話のネタバレ!
そのころのすみれは、専務に、社長はそのまま紀夫が、そして君江と良子はデザイン部の長として、明美は育児相談部、武は開発宣伝部としっかり任務をこなしていました。あのころ新入社員だった中西も人事部でしっかり働いていました。

それと平行して、東京の大学で勉強し、アメリカ留学していたさくらと健太郎がこのパーティーのために一時帰国し、お祝いに駆けつけてきたのでした。しかしそこでどうしても両親に伝えていなかったことがあったのです。

2つ目のべっぴんさん21週116話117話のネタバレは、2人が交際していたという事実でした。
その事実を告げぬままアメリカに戻ってしまったのでしたが、、、

そんなころ、同年の秋にすみれたちは来年度の新入社員を採用するための準備を始めていました。一次面接を控えたその日とんでもないことが起こるのです。

3つ目のべっぴんさん21週116話117話のネタバレは、採用試験にアメリカに戻ったはずのさくらと健太郎が現れたのです。

面接官を務めるすみれと紀夫は目を疑いました。そしてなぜキアリスに入社したいのか?身内の採用は他の社員に影響はないのか?など同党巡りの2人だったのです。

しかし、ここで中西ははっきり言ったのです!

最後のべっぴんさん21週116話117話のネタバレは、「身内だから、親戚だからではなくその人が会社にとって良い人材かどうかです。」

しかしこの件にかんしてはまだ、解決はできませんでした。

ここまでべっぴんさん21週116話と117話のネタバレあらすじでした。

べっぴんさん21週116話117話のネタバレは、20周年を迎えたキアリスが、また大きな転機を迎えるのではという内容から始まります。

さくらや健太郎がもう社会人になるということ自体、すみれたちは思ってもみなかったことでしょう。また、2人が入社することに驚く姿はきっとこれからの2人の未来と会社にとって大きな支えになること、まだ知るよしもなさそうです。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓