グレイトギフト ネタバレ最終回結末!原作は?真犯人黒幕を考察キャスト

グレイトギフトネタバレ最終回キャスト原作結末 ネタバレ最終回原作

[PR]

今回は2024年1月から放送される新ドラマ『グレイトギフト』の最終回結末までのネタバレあらすじ、原作はある?キャスト紹介、真犯人黒幕は誰かを考察解説していきます。

グレイトギフトネタバレあらすじ:『グレイトギフト』はうだつが上がらない病理医が殺人球菌「ギフト」を発見したことによって人生が一変。

病院内部での患者の連続不審死事件、「ギフト」を巡っての権力闘争に病理医の藤巻は巻き込まれていきます。

主演が反町隆史さんということで、「渋くてカッコイイ」「予告だけでも面白そう」と注目されているのでさっそく見ていきましょう。

グレイトギフト最終回ドラマ結末までのネタバレあらすじ真犯人黒幕まで考察

明鏡医科大学附属病院の病理医の藤巻は、ある日殺人球菌「ギフト」を発見します。

殺人球菌「ギフト」は体内に侵入すると死亡し、死後に球菌自体が死滅するため死因は心不全としか診断されません。

藤巻はこの事実を病院の上層部に報告しますが、「ギフト」を巡って権力闘争に発展。

殺人球菌「ギフト」の正体を突き止めるため、検査技師の穂希に協力を頼みます。

警察も病院内部の連続不審死事件の捜査を開始。

ですが理事長は「ギフト」を利用して、自身の地位を盤石にしようと画策していました。

一方で藤巻の妻・麻帆は重い病に倒れてしまいます。

「ギフト」を発見したことで、思わぬ出世争いレースに参戦することになった藤巻は壮絶なサバイバルに生き残れるのでしょうか。

果たして院内に殺人球菌「ギフト」を持ち込んだ黒幕は誰なのか、動機なども気になります。

登場人物たちの嫉妬・復讐・裏切りなど、人間のドロドロが絡み合い展開していく重厚な人間ドラマです。

グレイトギフト真犯人黒幕考察ネタバレ

ドラマ「グレイトギフト」の犯人について、いくつかの候補が浮上しています。以下にそれぞれの人物について考察してみましょう。

  1. 白鳥稔(佐々木蔵之介):
    • 明鏡医科大学附属病院の心臓外科教授であり、オペの執刀数には定評があります。
    • 藤巻の妻である麻帆の主治医でもあります。
    • 理事長選でライバルの奥野に負けて出世ルートから外れ、白鳥の権力を利用してギフトを悪用して邪魔者を消していきました。
    • しかし、1人目の犠牲者である愛宕前総理の死には関与していません。
    • 黒幕は別にいる可能性が高いです。
  2. 伊集院薫(盛山晋太郎):
    • 病理部の医師で、藤巻のことを心の中で見下しています。
    • 藤巻に脅迫状を送った犯人でしたが、ギフトを持ち込んだわけではなく、白鳥を脅して金を奪おうとしていただけでした。
    • 真犯人ではないと判明しました。
  3. 郡司博光(津田健次郎):
    • 心臓外科医で、藤巻の同期であり、白鳥に心酔しています。
    • 白鳥の命令で大泉にギフトを投与して殺害するなど、暗躍していました。
    • 既婚者であり、看護師の鶴下と不倫していました。
    • 真犯人である可能性は低いと思われます。
  4. 奈良茉莉(小野花梨):
    • 病理部の検査技師で、藤巻との絡みは少ないです。
    • 真犯人ではないかとも考えられますが、真相は不明です。
  5. 久留米穂希(波留):
    • 病理部の検査技師で、藤巻が球菌を培養していることに気づいた人物です。
    • 真犯人として最有力と言われています。
    • 合理的で感情を表に出さず、何を考えているかわからない存在です。
    • 黒幕である可能性もゼロではありません。
  6. 安曇杏梨(倉科カナ):
    • 会員制クラブ「アルカナム」のオーナーで、1人目の犠牲者である愛宕前総理の愛人です。
    • 愛宕の遺産を相続することになっており、遺族から愛宕を殺害した疑惑をかけられています。
    • 藤巻がアルカナムで飲んでいた際にも、何らかの事実を知っているかもしれません。
    • ギフトを作る知識は無いため、背後に黒幕がいるはずです。

グレイトギフト ドラマ1話ネタバレあらすじ

元総理大臣の愛宕克己(山田明郷)が明鏡医科大学付属病院で検査入院中に急逝したという衝撃のニュースが飛び込んできた!

その遺体を病理解剖した同院の藤巻達臣(反町隆史)は、死因を急性心不全と断定する。しかし、解剖に同席していた検査技師の久留米穂希(波瑠)は突然、「これは殺人事件かもしれない」と発言するのだった。

彼女によると、愛宕の遺族は遺産相続を巡って愛宕の愛人・安曇杏梨(倉科カナ)と対立しており、杏梨が殺害した可能性があると疑っていたという。藤巻は久留米の言葉に驚きながらも、遺体を再度詳しく調べることにする。

すると、右頸部に見つかった不自然な黒ずみから、信じられないことに“未知の球菌”が検出されるのだ! さらに驚くべきことに、その球菌は採取から1時間後に消滅してしまうという謎の現象が起きる!

この球菌は院内の人々だけでなく、やがては世界中の人々の命を脅かす“殺人球菌”ではないかと恐れられる。藤巻は理事長・奥野信二(坂東彌十郎)に内密に許可を得て、新しい液状検体を採取することに決める。

しかし、その最中にも院内で新たな患者の不審死が発生する! 誰かが故意に球菌を投与しているのか!? それならば真犯人は一体誰なのか!? 追い詰められた藤巻は“ありえない行動”に出ることになる…

ドラマ2話ネタバレあらすじ

より良い医療を提供するための改革を実行すべく、闇深き医療界の頂点に立とうと決意した明鏡医科大学付属病院の心臓外科医・白鳥稔(佐々木蔵之介)。だが、その崇高な理念は暴走。同院の病理医・藤巻達臣(反町隆史)が発見し、密かに培養していた殺人球菌「ギフト」を悪用。権力争いで敗北したライバル奥野信二理事長(坂東彌十郎)を殺害してしまった!

これまで“謎の真犯人”がギフトを使って命を奪った2人の患者同様、奥野は急性心不全と診断され、事は白鳥の目論見通りに進むかに見えた。ところが…“ある違和感”を覚えた警視庁の元捜査一課刑事・神林育人(尾上松也)が行政解剖を決断! 重い心臓病で入院する妻・藤巻麻帆(明日海りお)の手術を盾に、白鳥から殺人の証拠隠滅を命じられた藤巻は、良心の呵責に苛まれながらも、遺体の中にまだ残っているギフトを消滅させようとするのだが…!?

時を同じくして、白鳥から藤巻にさらなる指令が下る。「私の球菌を勝手に使いましたね。代償を払っていただきます」――奥野が殺された直後、藤巻が受け取った消印のない脅迫状。この手紙を書いた“真犯人”を特定しろ、というのだ。そんな中、奥野の死に疑念を抱いた検査技師・久留米穂希(波瑠)が藤巻に接近。さらに、またも不審な手紙が藤巻のもとへ届き…! さまざまな脅威に翻弄される藤巻。そんな彼の目の前で、あろうことか“新たな病院関係者”がギフトの餌食となってしまう――。

ドラマ3話ネタバレあらすじ

病理医・藤巻達臣(反町隆史)が発見した殺人球菌「ギフト」で命を落とす者が相次ぐ明鏡医科大学付属病院。そんな中、藤巻が秘密裏に培養していたギフトを悪用して理事長を殺し、その座をかすめ取った心臓外科医・白鳥稔(佐々木蔵之介)が、真相に勘づいた病理医・伊集院薫(盛山晋太郎)の命をも奪った! 医療界を浄化するためなら、非道な行為もいとわない白鳥に、強い反感を抱く藤巻。だが、妻・藤巻麻帆(明日海りお)の命を救うためには、主治医である白鳥に従わざるを得ない。藤巻は苦悶しながらも、ギフトの存在と事件の真相が明るみに出ないよう細心の注意を払っていた。
そんな藤巻に、同期ながらも親交が極めて薄かった人物が、驚愕の情報を提供する。その人物とは…白鳥の腹心で、彼の犯行を察知してしまったという心臓外科医・郡司博光(津田健次郎)。郡司によれば、医学系大学連合会議の議長の座を狙う白鳥が次にターゲットとするのは、一番のライバルである悪名高き副議長・大泉篤(西岡德馬)。白鳥はきたる週末に、大泉から軽井沢の別荘に招待されており、そこで大泉を殺そうとしているかもしれないというのだ! 2人で命を救おう――そう郡司から持ちかけられた藤巻は逡巡しながらも、共に軽井沢へ向かうのだが…。
同じ頃、警視庁の元捜査一課刑事・神林育人(尾上松也)は伊集院の死に疑念を抱き、捜査を強化。さらに、ギフトの培養を手伝う検査技師・久留米穂希(波瑠)が、藤巻に“衝撃の告白”をし…!

グレイトギフトドラマ4話ネタバレあらすじ

「藤巻先生が好きだから、放っておけないんです」――
明鏡医科大学付属病院の病理医・藤巻達臣(反町隆史)が発見した殺人球菌「ギフト」、そして球菌を使った院内の連続殺人に執拗なまでの興味を示す検査技師・久留米穂希(波瑠)。彼女の突然の“告白”に、妻子ある藤巻は戸惑いを隠せないが、そこには意外な真相が隠されていて…。
一方、謎の真犯人が持ち込んだギフトを悪用して邪魔者を次々と消し、権力の階段を上り続ける新理事長・白鳥稔(佐々木蔵之介)は、自らの裏の顔を知る藤巻と心臓外科医・郡司博光(津田健次郎)を教授に任命する。早々に大学病院の改革にも着手し、より良い医療を実現していく白鳥。手段を選ばず、ひたすら理想の医療を追求する彼の姿を見て、藤巻の葛藤はより一層ふくらんでいき…。
その矢先、藤巻のもとに、白鳥と郡司から“悪報”がもたらされる。政財界の大物が3人、立て続けに急性心不全で死亡したというのだ。しかも、その原因はほかならぬギフトで…! 突如として、院外で広がり始めた“ギフト感染”。そんな中、藤巻が培養していたギフトが、何者かによって盗み出されていたことが判明! この想定外の事件がやがて、“新たな闇の扉”を開いてしまう――。

グレイトギフトドラマ5話ネタバレあらすじ

明鏡医科大学付属病院の病理医・藤巻達臣(反町隆史)が発見した殺人球菌「ギフト」を盗み、密売した事務長・本坊巧(筒井道隆)。2人の弱みを握り、支配下に置いた心臓外科医・郡司博光(津田健次郎)はこれぞ好機とばかりに、震天動地の裏切りを企てる。頃合いを見て、これまで忠誠を誓ってきた新理事長・白鳥稔(佐々木蔵之介)にギフトでとどめを刺し、その後釜に座る――! 藤巻と本坊を前に、そう高らかに宣言した郡司は、会員制ラウンジの謎多きオーナー・安曇杏梨(倉科カナ)の協力を得て、さらなる暗躍を開始し…。
一方、郡司から新たなギフトの培養を命じられた藤巻は逡巡。とはいえ従わなければ…郡司にはいつでも、明鏡医大に入院中の妻・藤巻麻帆(明日海りお)の命を狙う準備はできている。医師として、夫として…葛藤を重ねた末、藤巻は麻帆を転院させようと考えるが、事は思うように進まず…。
そんな中、杏梨に狂信的な片想いをする本坊は、彼女の本命が郡司だと知って一念発起。共闘関係にある藤巻と検査技師・久留米穂希(波瑠)に、郡司の不倫相手を見つけ、そのネタを切り札に反逆しようと持ちかける!
やがて…妻の命を守るため“起死回生の一手”に出る藤巻。時を同じくして、久留米、杏梨、そして郡司と道ならぬ逢瀬を重ねる看護師長・鶴下綾香(片山萌美)――“女たちの戦い”が加熱する中、どこまでも渦巻く嫉妬と欲望が“新たな殺意”を招き寄せる!? 藤巻の行く手に待ち受けていたのは、目の前が真っ暗になる悲劇の数々、そして…彼を奈落の底に突き落とす“妻の裏切り”だった!

グレイトギフトドラマ6話ネタバレあらすじ

医療界の腐敗に一石を投じるべく――明鏡医科大学付属病院の病理医である藤巻達臣(反町隆史)が培養した殺人球菌「ギフト」を、新理事長に就任した白鳥稔(佐々木蔵之介)が悪用して、自分の邪魔になる者たちを次々と殺害していく。心臓外科医の郡司博光(津田健次郎)が仕掛けた裏切りも見抜いていた白鳥は、その計画に関与した事務長の本坊巧(筒井道隆)や会員制ラウンジのオーナーである安曇杏梨(倉科カナ)、そして藤巻と協力関係にある検査技師の久留米穂希(波瑠)までも手中に収める。医学系大学連合会議の議長選に勝利するために必要な資金を捻出するため、杏梨が持つ裏社会のコネを利用してギフトを密売することを宣言する。
一方、白鳥からの信頼を失い始めた藤巻は、妻である藤巻麻帆(明日海りお)にギフトを送りつけるという恐喝を受ける。しかし、これまで夫の罪に加担してきた麻帆もとうとう限界に達し、離婚を申し出る。藤巻はもう何も失うものがなくなり、逆に白鳥に対して自分は自由意志でギフトを作り続けると宣言する。そして、白鳥に対して“驚くべき取引条件”を提示する…!?
藤巻がまるで別人のような大胆な行動に出ることに、戸惑う久留米。そんな中、「すべてに決着をつける」と決意した藤巻に強力な味方が現れる――。それは、ギフトによる連続不審死事件を捜査している警視庁の元刑事・神林育人(尾上松也)だった! 藤巻は事件の真相を神林に密告し、人目を避けて神林&久留米と共闘することになる。白鳥を逮捕するために必要不可欠な決定的な証拠を入手するべく、奮闘する…。

やがて絶好の機会が訪れる。ギフトの闇取引が行われる日時が決まったのだ。ここぞとばかりに最後の一撃を加えようと、藤巻たちは白鳥に罠を仕掛ける。
そして、ついに真犯人が姿を現す!「ギフトの創造者」を自称する犯人から藤巻の携帯電話に電話がかかってくる…!一体犯人は何を目論んでいるのか――。

 

グレイトギフトドラマ7話ネタバレあらすじ 真犯人判明

熾烈な権力争いが渦巻く明鏡医科大学付属病院内のみならず、ついには院外にも波及し始めた連続殺人事件。一連の事件に使われた殺人球菌「ギフト」の創造者だと名乗る正体不明の真犯人が、ついに動き出した! あろうことか真犯人は、ギフトを発見し培養してきた病理医・藤巻達臣(反町隆史)に電話で接触し、新理事長・白鳥稔(佐々木蔵之介)が裏で手を付け始めた“ギフトの密売”を即刻中止するよう要求。見せしめとして、明鏡医大の入院患者をまたひとり殺してしまったのだ――。
しかも、真犯人は新たな殺人に使った球菌を「オクトセブン」と呼び、「ギフトには大きな欠点がある」と言うではないか! 今回使われたのは、ギフトとは異なる球菌かもしれない――そう考えた藤巻は遺体から液状検体を検出。白鳥の極秘指令に従い、検査技師・久留米穂希(波瑠)と共に水面下でオクトセブンの培養および研究を開始するが、やがて“想像を絶する異変”が起こり…!
一方、娘の命を守るため…白鳥と手を組む警視庁の元刑事・神林育人(尾上松也)は、真犯人探しに奔走。ギフトの第一被害者となった元総理大臣と深い関係を持つ「国立生命理工学研究所」の元職員が、明鏡医大に在籍していることを突き止めるのだが…。
時を同じくして、新たなる“女たちの戦い”も勃発。なんと、心臓外科医・郡司博光(津田健次郎)と不倫関係にある藤巻の妻・麻帆(明日海りお)に、郡司の妻・佳澄(西原亜希)が牙をむき始める!
病院内の人間全員が容疑者――誰もが怪しい動きを見せる中、事態は刻一刻とあらぬ方向へと急展開。そして…ついに真犯人の正体が明らかに!? 藤巻がかつてないほど取り乱す“驚愕の新事実”が判明する。

グレイトギフト ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ真犯人黒幕予想,白鳥,伊集院か?

殺人球菌「ギフト」を悪用して殺人を犯している人物がいるとすれば、病院内部の関係者が有力です。

さらに病院内部では「ギフト」を我が物にして、のし上がろうとする野心家も登場。

現段階での黒幕犯人の予想は、佐々木蔵之介さん演じる白鳥ですかね…

理事長や、事務長ではそのままなので、主人公に協力するという身近で安心感ある人が実は犯人だったというパターンではないかと。

大穴で、吉本芸人の見取り図の盛山さん演じる、伊集院も可能性としてはありえますね。

見下していた藤巻が世紀の発見をしてしまったため妬みからの犯行かもしれません。

グレイトギフト ドラマ最終回ネタバレあらすじ

明鏡医科大学付属病院とその周辺で起こった連続殺人に使われた殺人球菌「ギフト」。その正体は、かつて国立生命理工学研究所で密かに誕生した球菌「オクトセブン」――あろうことか、現在は明鏡医科大学付属病院に所属する検査技師・久留米穂希(波瑠)が偶然生み出したものだった! だが、久留米は明鏡医大に球菌を持ち込んだ真犯人は、自分ではないと主張。新理事長・白鳥稔(佐々木蔵之介)がギフト=初期型オクトセブンを悪用して邪魔者を消し続ける中、真犯人による直近の殺人で初めて使用された「改良型オクトセブン」の特性も踏まえ、“驚くべき真犯人像”を推察するが…。

久留米の告白&推理を聞いてもなお、白鳥は密かに彼女が真犯人だと疑い続けていた。なんと彼は、久留米と共闘関係を結んでギフトを培養してきた病理医・藤巻達臣(反町隆史)に、味方のふりをして改良型オクトセブンの出処を探るよう命令。かたや、久留米の無実を信じる藤巻は、何としても真犯人の正体を突き止めようと奮起する! そんな藤巻を、久留米は“秘密の場所”へ案内し…!?

時を同じくして白鳥は、藤巻と久留米にギフトを贈ろうと計画。しかし、手持ちのギフトは残り1本しかない。そこで白鳥は、新たな培養者として検査技師・奈良茉莉(小野花梨)に白羽の矢を立て、早急にギフトを増やそうと試みるのだが…。一方、藤巻は久留米の命を守るため、敢然と白鳥に立ち向かっていくことに! さらに、事務長・本坊巧(筒井道隆)や心臓外科医・郡司博光(津田健次郎)らも意を決し、これまで忠誠を誓ってきた白鳥に反旗を翻すべく結託し…。
ついに訪れる形勢逆転の時! 藤巻が猛攻に転じ、どんどん追い詰められていく白鳥…。そんな中、これまで目には見えない存在だった真犯人が、とうとう姿を現す――。

『グレイトギフト』ドラマの原作結末は?

『グレイトギフト』は完全オリジナル脚本作品なので、現時点では結末がどうなるのかは分かりません。

ですが、殺人球菌「ギフト」を悪用して殺人を犯している人物がいるとすれば、病院内部の関係者が有力です。

さらに病院内部では「ギフト」を我が物にして、のし上がろうとする野心家も登場。

黒幕の目的は怨恨か、はたまた狂信的な殺人鬼かいずれにしても危険人物であることは間違いないと予想されます。

殺人球菌「ギフト」を巡って繰り広げられる権力闘争にも、目が離せませんね。

恋する警護24時ネタバレ最終回結末原作はキャスト,キスシーン放送地域

・反町さんの出演作品⇓⇓

相棒 花の里女将歴代まとめ一覧!花の里なくなった理由のネタバレ

相棒 歴代相棒一覧!長さ最長年数は?辞めた理由変わる理由人気ランキング

『グレイトギフト』ドラマキャスト相関図紹介

  • 藤巻 達臣(反町隆史)…明鏡医科大学附属病院の病理医。院内ではうだつが上がらず周囲からは見下されているが、殺人球菌「ギフト」を発見したことによって熾烈な権力闘争に巻き込まれていく。
  • 久留米 穂希(波留)…明鏡医科大学附属病院の病理検査技師。冷静沈着な性格で藤巻が唯一心を開いている存在。院内での「ギフト」を利用した不審死事件の真相を藤巻と共に追うが、真意は謎めいている。
  • 藤巻 麻帆(明日海りお)…藤巻の妻で過去に明鏡医科大学附属病院の看護師だった。夫婦関係は冷え切っている。重い心臓疾患を患い明鏡医科大学附属病院に入院している。
  • 奈良 茉莉(小野花梨)…明鏡医科大学附属病院の病理検査技師。穂希のことを慕っている。表面上は愛想が良いが打算的な一面がある。
  • 伊集院 薫(盛山晋太郎)…明鏡医科大学附属病院の病理医。藤巻のことを見下している。茉莉に好意を持っているが全く相手にされない。
  • 鶴下 綾香(片山萌美)…明鏡医科大学附属病院の看護師長。藤巻から「突発的な心不全患者が出たら教えてほしい」と言われ不信感を抱くようになる。郡司とは不倫関係で嫉妬深い一面を見せる。
  • 立花 佑真(市川知宏)…会員制ラウンジ「アルカナム」のボーイ。安曇杏梨の下で働いている。
  • 藤巻 あかり(藤野涼子)…藤巻の娘で東都薬科大学の1年生。母親・麻帆のことは心配だが、父親には反発している。
  • 月下 修平(濱正悟)…捜査一課の巡査部長。育人の後輩で明鏡医科大学附属病院の連続不審死事件の捜査にあたる。
  • 神林琴葉(中島瑠菜)…神林育人の娘。男手一つで育ててくれた父親に感謝している。心臓疾患を患い明鏡医科大学附属病院に入院している。
  • 奥野 信二(坂東彌十郎)…明鏡医科大学附属病院の理事長。政界とも繋がりが深い。院内の連続不審死事件については藤巻に高圧的に接している。安曇杏梨とは親しい間柄。
  • 郡司 博光(津田健次郎)…明鏡医科大学附属病院の外科医で白鳥の腹心。藤巻の妻・麻帆の主治医。野心家で目的のためなら手段を選ばない冷徹さを持っている。
  • 安曇 杏梨(倉科カナ)…会員制ラウンジ「アルカナム」のオーナー。元総理大臣・愛宕の愛人だったが彼が亡くなったことで愛宕の遺族から殺人の疑いをかけられる。数々の男性を手玉にとるが、素顔は謎めいている。
  • 本坊 巧(筒井道隆)…明鏡医科大学附属病院の事務長。理事長の奥野の腹心で杏梨に好意を寄せているが、杏梨が藤巻に興味を持ち始め嫉妬むき出しで藤巻と対立する。
  • 神林 育人(尾上松也)…警視庁警務部厚生課・職員相談センターの警部補。かつては捜査一課の刑事だった。明鏡医科大学附属病院で起きた連続不審死事件を後輩の月下と共に捜査する。
  • 白鳥 稔(佐々木蔵之介)…明鏡医科大学附属病院の心臓外科医。技術も人格もトップクラスだが理事長選で奥野に敗北し、出世争いから外れてしまう。院内での連続不審死事件を受け藤巻に協力する。

グレイトギフトネタバレ最終回キャストまとめ

『グレイトギフト』のネタバレあらすじ、キャスト紹介をしてきました。

反町隆史さんがテレビ朝日の木曜ドラマ初主演ということでも、話題になっている作品。

病院内部の権力闘争のドロドロや連続不審死事件の真相がどうなっていくのか楽しみに視聴してみてはいかがでしょうか。

院内警察ネタバレ最終回原作漫画結末!犯人黒は榊原,倉田!?美咲の死の真相


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓