はね駒キャスト相関図一覧・おみつ子役は誰?主要キャスト全紹介!

はね駒 キャスト はね駒こんま

はね駒 キャスト相関図一覧の内容です。

朝ドラ『はね駒』は、NHK連続テレビ小説の第36作として昭和61年(1986年)
4月7日~10月4日まで放送されていました。

明治から大正に活躍し女性新聞記者の草分けと言われた磯村春子さんを実在
モデルに、福島県の相馬に育った「はね駒」(=おてんば娘)のヒロイン・橘(小野寺)
りんが、仙台の女学校で英語を学び、上京、結婚、出産を経て新聞記者の道を
拓く半生を描いた作品です。


スポンサーリンク

2020年3月23日(月)から再放送され、現在絶賛放送中です。

そこで今回は、朝ドラ『はね駒』のキャスト相関図一覧について主要キャスト
紹介をしたいと思います。特に17歳でおりんの妹:おみつ役の子役の方は誰なのと話題になってたとのことでした。

朝ドラ『はね駒』の主要キャスト相関図一覧 おみつ子役は誰?

************************

ヒロイン・橘(小野寺)りん・・・斉藤由貴


(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070074_00000)

朝ドラ『はね駒』の主人公で、愛称は「おりん」。

衝動的な性格で周囲からは、タイトルのように「はね駒」とあだ名されます。

行き当たりばったりや、無自覚・無思考で行動してしまうことが多い。

驚いたときの口癖は「ウッター!」。

早起きと家事は得意な女性で、好物は、やえの漬物と鰊の煮付け。

許嫁だった新之助との縁談がまとまりますが、元々本人が乗り気ではなかった
ことに加え、松浪への恋心から、「女学校に行きたい」と言い出し、ひと騒動
起きます。

女学校へは給費生として入学が決定するものの、列車の遅れで初日に遅刻を
してしまい、寄宿舎がちょっとした騒ぎになりました。

入学後も日々の勉学や賄いの手伝いなどに忙殺され、試験の結果は散々なもので、
ついに落第点を取ってしまいます。

教師陣は「特定の生徒に肩入れしない」との方針でしたが、必死に頼み込み、
夏休み中には帰省せずに松浪との個別授業を毎日行います。

りんは、松浪が女学校を去った後も、勉学に励むことを忘れず、1894年時点で
無事に本科4年生となり、校長からは助手の誘いを受けるほどになっています。

そして、その年の夏休みにようやく里帰りを果たすのでした。

1895年には教会の日曜学校で子どもたちに勉強を教えています。

卒業を控え、周囲からは結婚の心配をされますが、本人は教師への道を考え
始め、翌年には、女学校に残って教師として勤務することに。

夫・小野寺源造・・・渡辺謙

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070742_00000)

後にりんの夫となる男性。

小野寺家の代々幼少期から出家させるしきたりに反発し、彌七に師事。

商売をするために寺を抜け出してきました。

それを聞いたりんは当初「半端者」や「罰当たり者」と良い印象を抱いていません
でした。

そんなある日、女学校の試験当日に寝坊し、弁当の用意ができずに昼食休憩時に
空腹を我慢していたりんにふかし芋を差し入れてくれて、それからはりんの源造
を見る目が変わっていきました。

松浪に対しては「勉強のさせすぎ」と当初批判的で、りんの帰りが遅いので迎えに
行くついでに一言物申そうと家に殴り込みますが、教育者として熱心な様子に
感服しました。

りんの夏休み中に弥七に急用が出来て一晩を二人で過ごして以来、だんだんと
無意識にりんのことが気になり出し、りんのことになるとムキになったり絡み酒
になりました。

りんの卒業が迫る頃には「保護者代表、夫と言う名目で卒業式に出る」と真剣に
言い出し「行場がなければ俺が嫁として引き取る」と上から目線のプロポーズを
しますが、りんからは拒絶されます。

1895年に彌七が大陸へ渡ってからは商売を引き継ぎます。

1896年、偶然彌七とともに志津川町を訪れていた際、三陸沖で大津波が
発生し、救護に回る内、一緒に救護活動をしていたりんと両思いに。

1897年、東京で西洋瓦の製造販売と下宿屋を開く傍ら、りんとの結婚
果たしました。

寺での修行で身に付けたため、料理が得意。

橘家の人々

りんの母・橘やえ・・・樹木希林

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070072_00000)

りんの母で、子ども思いで料理上手だが、良い年でありながらも未だに
落ち着きが無い面があり、じっとできない性分。

ときどき余計な一言を言ったり、話を取り違えたりします。

おっちょこちょいでミスも多く、ことから呆れられています。

「男は弘次郎以外は知らない」と言いながら、なぜか松浪が話題に出ると照れて
しまいます。

漬物作りがうまく、りんの好物ですが、塩加減はいい加減

越後屋への嫁入りを嫌がったりんのことは、親心から、どうにか周囲をごまかして
丸く収めています。

2度目にはりんが女学校へ行くと言い出し、「どうにもならないこと」と言い、
りんの金銭感覚がまるでない点からも「お金がかかる」と説明。

みつの縁談を心配するりんには「家のためには何もできていない」と、口出しを許さない厳しい言葉を時にはかける母です。

りんの父・橘弘次郎・・・小林稔侍

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070035_00000)

りんの父であり、戊辰戦争で二本松少年隊に所属するも生き残り、死んだ同士
たちに対して罪悪感があり、現在も髷をしています。

口数が少なく、笑顔を見せることもありません。

新しい時代には否定的な面が目立ちます。

りんが言うことを聞かないときには納屋に閉じ込めてしまいますが、何だかんだ
言っても娘には弱く、女学校への入学を言い出した時にも一時は勘当を言い
渡しましたが、入学直前に越後屋ヘ取り消させるために頭を下げに出向きます。

りんの女学校入学後は何事か考えている時間が多くなりました。

りんの本科4年時の帰省時には、やえに「落ち着くように」と言うものの、自分は
ずっと壺などを拭いている有様。

言葉足らずで表情も乏しいですが、りんのために風呂を焚く優しさも。

みつの嫁入り後は、早く孫に「じいさま」と呼ばれたくて仕方のない様子でしたが、
みつが亡くなると責任を感じて「東北には希望は無い」と思い立ち、突如、
東京への引越しを決断。

その後、嘉助の勧めで横浜でコーヒー店を始めます。

りんの祖父・橘徳右衛門・・・山内明

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070603_00000)

りんの祖父で、家庭の事情で住み慣れた二本松の土地を離れ、相馬で暮らす
りん達と同居することになりました。

弘次郎とは対象的に、新しい時代の価値観に理解を示す柔軟な性格をしています。

弘次郎には最もらしい説教をしますが、その度に、ことから小言を言われて
しまいます。

りんには甘い面があり、ちょっとしたことでも褒めます。

りんの入学後は帰省を心待ちにしていて、本科4年の帰省時には食事の準備に
口出しをしたため、ことから年寄りは落ち着いているようにと言われます。

みつの嫁入り後には「大じいさま」と呼ばれることになるのが不満らしく、
弘次郎から「未練がましい」と言われました。

りんの祖母・橘こと・・・丹阿弥谷津子

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070079_00000)

りんの祖母で15歳で橘家に嫁ぎました。

徳右衛門同様、新しい文化に理解を示しています

りんやみつが嫁入りしても困らないように、家事などを教え、特に「針仕事が出来ると良い嫁になれる」と説いています。

嫁のやえとの関係は決して悪くありませんが、漬物の塩加減がいい加減な面や
せっかちすぎる面は直してほしいと思っています。

新しい物好きで、嘉助の横浜土産にはしゃぐ姿に、徳右衛門から「おだつ」と
嗜められていました。

りんの入学後は「いつ帰って来てもいいように」と着物を縫ってくれていて、
本科4年時の帰省では赤飯を炊いてくれました。

みつの嫁入り後はひ孫のための産着を縫い、会えるのを心待ちにしていました。

りんの兄・橘嘉助・・・柳沢慎吾

(引用元:http://www.hercules.hn/talent/shingo.html)

りんの兄で橘家の跡取りとして外の世界を知るために横浜で暮らしていますが、
本心は東北の片田舎で終わらず歴史に名を刻む仕事をしたいと思っています。

調子の良い一面に加え、金にだらしないところもあり、新之助からりんへの
結納金を借りる名目で20円もの借金をし、これがりんの嫁入りを悩ませる
原因となってしまいます。

借金を返済してからは横浜を離れ、しばらく音信不通になっていましたが、
日清戦争中に突如りんたちの前に現れ、戦争錦絵の商売を始めたいということを
弘次郎へ申し出ます。

しかし、これが新たな火種となることに。

錦絵の路上販売では死ぬまでラッパを手放さなかった兵隊の美談をまるで自分が
見てきたかのように話して一儲けすると、みつの嫁入り前まで、再び相馬を
離れていました。


スポンサーリンク

偶然出会ったみどりからの支援で今度は活動写真に手を出し、また日本が戦争を
しようとしていると聞き、日露戦争の活動写真を撮ろうと考えるようになります。

別れ際の挨拶は「あばよ」。

りんの妹・橘みつ・・・小野ゆかり 子役当時は17歳で活躍

りんの妹で、祖母のことから針仕事や家事を教わっています。

幼い頃はりんほど家事をこなせませんでしたが、成長するにつれて気が利くよう
になっていきました。

何よりも姉思いで「自分がどこへでも嫁に行くから、(りんの)したいように
させてあげて」と頼みこむほどでした。

幸助の息子の秀吉とは相思相愛でしたが、縁談により、山田村の吉川家へと
嫁ぐことになりました。

のちに妊娠しますが、身重の身で農業に駆り出された上、重度の脚気を患って
しまい、1日半がかりの難産の後、産後不良により亡くなってしまいます

りんの叔父・橘彌七・・・ガッツ・石松

りんの叔父で、りんは「おんつぁん」と呼んでいます。

ある貿易の支社長として仙台から東北の特産品を買い付けて東京へ送る仕事を
していましたが、りんが女学校在学中に独立。

漬物の問屋から始め、梅干を軍隊に卸すようになってからは事業を拡大して
いきました。

新しい時代にいち早く対応していて、古い価値観の弘次郎からは尻軽者として
軽蔑されています。

源造を連れて久しぶりに相馬へ帰省したときには、あやの出産に立ち会います。

女学校の入学試験時にはりんを預かり、良かれと思って前日に飲ませたお酒に
よって、ひと騒動起こしてしまいます。

日清戦争前に独立し、嘉助の錦絵の成功に刺激されて自身も軍夫に志願し、
大陸へ渡りますが、跳弾の破片で右腕を負傷し指が使えなくなったために半年後
に帰国。

戻ってからは「死んでいった仲間たちに申し訳ない」と言い、弱気な面を見せる
ようになります。

1896年、地震の予兆である魚の大漁発生を見逃すまいと源造とともに志津川町
を訪れていた際に三陸沖で大津波が発生して巻き込まれるも、無事に生還を
果たします。

りんの周辺の人々

りんの恩師で初恋の相手・松浪毅・・・沢田研二

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070166_00000)

りんの女学校時代の恩師であり、りんの初恋の人。

妻を亡くし、婆やとの2人暮らし。

第1話で、女人禁制の二本松提灯祭りの太鼓台に近付き男衆に弾き飛ばされ
怪我をしたりんを介抱したところで初めて出会います。

人間である以上全ては平等だ」と諭し、その言葉はその後の彼女の生き方に
大きな影響を与えます。

元は徳島藩出身の武士。

徳右衛門から、剣の腕は相当な物と見抜かれていました。

普段は温厚で優しい紳士である反面、教育者としては厳しく、特別扱いはせず
言い訳しないと注意するのが常です。

成績が悪いりんを「復習しないのなら授業に参加しなくていい」などと叱咤し、
どんな時も生徒側の立場になってくれて甘えられると思っていたりんに現実を
突きつけます。

りんが落第点を取った際にも講義をお願いされるも「特定の生徒を贔屓しない」
との信条は曲げませんでしたが、りんの必死の頼みに夏休み中の特別講義に
付き合うことに。

嘉助の妻・高木(橘)みどり・・・美保純

中河・松浪とともにキリスト教布教のためにやってきた女学校の生徒。

自由奔放でハキハキと話す人物です。

寝間着を着ずに襦袢で寝たときには、弘次郎らを困惑させました。

女学校ではムードメーカで、田島のモノマネを得意としています。

松浪が担当する学科以外の勉学を怠ったために留年してしまい、りんらと同学年
になってしまいます。

松浪が女学校を去ると彼目当てで在学していたためか中退を考え、くにの話に
よると、1895年時点で、東京で小説を書いているとのことでした。

料亭の女将として働いていた時に偶然に出会った嘉助と縁あって妻となり、
ともに日露戦争撮影のために大陸へ渡ります。

相馬の人々

橘家の隣人・鈴木幸助・・・綿引勝彦

橘家の隣人で中河ら宣教師らに家を貸したため、周りから白い目で見られて
しまいます。

しかし、複雑な大聖堂の建設を依頼されると、大工職人の血が騒ぎ、乗り気に
なっていきます。

幸助の息子・鈴木秀吉・・・濱田研一郎

幸助の息子で愛称は「ひできっちゃん」。

手先が器用で模型が作ることが出来ます。

みつに惚れていて、みつとは相思相愛でしたが、縁談のことは知らされない
まま、幸助がお世話になった親方の所へと修行に出されてしまいます。

りんの許嫁・越後屋新之助・・・益岡徹

越後屋の息子でりんの許嫁。

楽観主義の典型的な若旦那。

りんは大酒問屋の若奥様としての約束された未来を周りからも羨ましがられます
が、新之助のことも、あまり良く思っていなかったため、なかなか受け入れられ
ずにいました。

しかも松浪と出会って以来、残りの人生が彼と店を支えるだけで終わってしまう
のではと考えてしまうと、嘉助の金を融通してもらう時の借金のカタとして
輿入れさせられるような気がしてしまい、ますますりんに嫌われてしまいます。

りんとの縁談は進学により破談となり、およそ3年後、りんが帰郷した時点では
キンと結婚していました。

新之助の祖父・勘兵衛・・・花沢徳衛

新之助の祖父で、相馬市内では顔も広く一定の権力も持ち合わせています。

早くひ孫の顔が見たいため、りんを実の孫のように可愛がっていましたが、
縁談を進めているうちに急に破談にされたために橘家に怒鳴り込みます。

新之助の母・うめ・・・大方斐紗子

新之助の母で、息子との結婚を嫌がるりんには「女の人生は自分で決めるのではなく、周りの大人が決めること」と
説得をします。

みつの結婚祝いに橘家を訪れますが、「女は何も知らない方が幸せになれる」、
「頭ばかり使うと子どもが産めなくなるらしい」などと助言し、やえを不快に
させました。

大場先生・・・角野卓造

りんの小学校時代の担任。

りんの級友・野村たま・・・岩本千春

りんの級友で、家が貧しい上に両親も病弱なので、小学校卒業前に製糸工場に
就職することになりました。

後日、りんから「女学校への進学資金を稼ぐために製糸工場で働かせてほしい」
と頼まれると、女工の仕事をアルバイト程度にしか考えていなかったりんに
腹を立てます。

宣教師・中河鶴次・・・矢崎滋

宣教師。

仙台藩で漁師の三男として生まれます。

東北でキリスト教を広めようとして閉鎖的な住民達に迫害を受けるものの、地道
な努力で教会が街の幼稚園·保育園代わりとして定着する様になっていきました。

松浪を師と仰ぎ、東北に来る前は北陸で松浪と布教活動を一緒に行っていました。

布教活動をする前は東北女学校で教鞭を奮っていて、彼の後任として来たのが
梅沢です。

彌七と同時期に従軍牧師として中国大陸に渡り、偶然、彌七と同じ船で帰国。

娘が3人いましたが、1896年、待望の長男が生まれ、自らの名前の鶴と松浪の
松を取って鶴松と名付けます。

しかし、その鶴松の初節句のために志津川に家族を連れて帰郷していた際に
津波に巻き込まれ、自分だけが助かったことで絶望の縁に立たされることに。

同じく津波で両親を亡くして孤児となり、避難所で懐いてきたきよを
引き取ることになりました。

鶴次の妻・中河千代・・・岡本茉利

鶴次の妻で女児2人の子持ち。

りんからは「おばちゃん」と呼ばれます。

作中で、もう2人出産しますが、三陸沖の大津波で行方不明となりました。

鶴次と千代の長女・中河あや・・・安達美加

千代と同じく大津波で行方不明に。

鶴次と千代の次女・中河けい・・・上田愛美

千代とあやと同じく大津波で行方不明に。

近所の巡査・六波羅市之丞・・・田武謙三

「本官は」と話し出します。

酒好きで、弘次郎とは二本松少年隊の指南役をした時以来の間柄。

りんと新之助の縁談を取り持ちますが、りんの進学により破談になってしまいます。

それから3年後、みつへの縁談を持ちかけます。

新之助の妻・キン・・・入江麻友子

みつの嫁ぎ先の姑・吉川たか・・・草村礼子

「嫁入りする時は張子を持って家の敷居を跨げ」、「妊婦は納屋で寝かせてお産を
すべし」、「乳幼児は病人の乳を与えるな」など、何事においても御家の安泰と
迷信を踏襲する事ばかり気にしていますが、性格は温厚で人当たりは良い。

働き者のみつを見て非常に気に入ります。

みつの夫・吉川勘太郎・・・佐藤B作

みつの夫で当家が吉川の本家から離れた分家であったため、武家の血を入れて
格をつけたいとの意向でみつと結婚しました。

しかし、みつが肺病にかかったと言うデマの噂が広がり、それが吉川家は肺病に
かかる血筋と囁かれ、一族全体にも迷惑がかかっていたため、強制的にみつと
離婚させられてしまいます。

********************

ここまでが、朝ドラ『はね駒』主要キャスト相関図一覧についての紹介でした。

斉藤由貴さんが主演を務めていた朝ドラ『はね駒』。

脇を固める俳優・女優陣も豪華ですね。

私は『はね駒』を見たことがなかったので、柳沢慎吾さんの「あばよ」がここから
来ていたものだと知らず、ずっと持ちギャグだと思っていました。

まさか、朝ドラ発祥だったとは!

今は亡き樹木希林さんも出演していて、懐かしいですね。

はね駒あらすじ最終回まで全ネタバレ!モデル磯村春子は若死で子8人?簡単あらすじも


【ドラマの原作漫画で結末最後が知りたい!】無料試し読みはこちらから⇓
⇒無料会員でさらに無料で読める漫画が多くなるサイトはこちらから


スポンサーリンク








スポンサーリンク

▼エールネタバレあらすじ⇓⇓

エール【あらすじネタバレ最終回まで全話紹介】キャスト相関図 モデル結末まで

1週【裕一が鉄男と! 2週【村野鉄男夜逃げ! 3週【志津に初恋実らず!   4週【音と恋文通開始も疎遠に

5週6週あらすじ 7週8週【妻以外で熱愛する文通相手が! 9週10週 11週12週【喫茶バンブー夫婦に佐藤久志が関わっていた!? 13週14週【弟子五郎と妹の梅が恋人に

エール志村けんモデル小山田耕三・山田耕筰(こうさく)ネタバレ-愛人不倫問題

ネタバレ15週モデルから【契約解除を持ち出されるも大ヒット曲を

ネタバレ16週モデルから【父の三郎の死!戦争激化で音の活躍の場喪失

エールモデル古賀政男のネタバレ【木枯正人-野田洋次郎の実在モデルの詳細

エール関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子について68歳で死

エール柴咲コウモデル双浦環(ふたうら三浦環ネタバレ志村けん山田耕作との関係

エールキャスト 子役一覧 かわいい子多数 石田星空/清水香帆/新津ちせ

エールモデル古関裕而と妻の夫婦現在?子供は?無職でスピード結婚も息子が

B088BQQD3L
▼再放送中はね駒▼
B086DZRTDD

NHK連続テレビ小説 エール 上

古関裕而 応援歌の神様 激動の昭和を音楽で勇気づけた男 (PHP文庫)

愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語

 

▼朝ドラ・大河を無料で30日間視聴する方法⇓

アマゾンプライムビデオの無料登録はこちらから

おしん

おしん あらすじ ネタバレ最終回まで全話完全版!あらすじ簡単と1話ごと詳細

おしんあらすじ最終話295話296話297話【最終回で浩太と二人の関係は?結婚か

おしんDVD

一話ずつじっくり見たい方 全部で7編に分かれてます↓

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [DVD]

長編なのでギュッとまとめてみたい方

連続テレビ小説 おしん 総集編 [DVD]

▼スカーレット

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!

スカーレット夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

 

▼話題ドラマ・映画

マスカレードホテル明石家さんまは何分?場面はどこにいますか?ネタバレ詳細時間テレビも

▼ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房 キャスト 子役 他一覧 相関図や子役(藍子)の現在や豊川まで紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

******




スポンサーリンク

▲再放送 おしんあらすじ・キャスト

おしん はつこ初子 今後どうなる?結婚?キャスト子役や大人キャスト現在はこちら↓

おしん 田中裕子 降板?黒歴史・確執とは?キャストの裏情報!

おしん 希望の結婚相手ゆりは事故死!キャスト現在は?塩屋俊-寺田路恵の紹介

おしん 仁 結婚相手は道子!今後はどうなる?キャストとあらすじ紹介

おしん偵てい疎開先や結婚相手今後!キャスト現在は

おしん 名シーン名場面あらすじまとめ 【感動保存版】前半から

おしんキャスト雄現在は?赤ちゃんかわいい子役画像と松田洋治さんも

・キャストつねさん 役紹介!丸山その後声優をひどい仕打ち
・キャスト竜三 並樹史朗現在画像とあらすじ73話74話竜三からおしんへ

・おしんモデルはヤオハンスーパー創業者の妻かor川根本町出身の丸山静江?
キャスト加賀屋 一覧とモデルくにおばあさんと加代の死!結末あらすじ
・キャスト圭 大人キャスト大橋吾郎と子役まで詳しく
・キャストかよ 志喜屋文の現在は?当時のCM動画も【少女編
・キャスト佐藤仁美うめ役 画像・動画あり同姓同名!再放送

 

▼朝が来た

あさが来たネタバレあらすじまとめ【あさ、はつの一生、ふゆと新次郎の関係!

▼朝ドラ大河歴代・オーディション情報

朝ドラ歴代視聴率ランキングワースト3とベスト6!2000年以降

ヒロインオーディション 一般人応募方法まとめ【落選-脇役-倍率-内容

歴代大河ドラマ視聴率ワースト10【大河ワースト1位は同率で幕末と平安大河




スポンサーリンク