ひよっこ あらすじネタバレ3週17話18話 みね子出稼ぎの決意

[PR]

ひよっこ あらすじネタバレ3週17話18話の内容です。

ひよっこの3週 17話と18話を簡単にあらすじネタバレします。

綿引から実に関する手がかりが何も掴めていないというお詫びの
手紙をちよ子が読んでしまいました。

ちよ子はこっそり東京へ向かいますが、敢えなく失敗。

そんな姿を見たみね子は、お正月に実が帰らなければ、
自分が東京に出稼ぎにいき、働きながら実を探す決意を
美代子と茂に話すのでした。

みね子は本当は奥茨城村が大好きで、卒業後の進路は
実家の農家を手伝うことに決めていました。

そんなみね子が、東京に行く決意を美代子や茂に話すシーンは
見逃せないものとなりそうです。

では、ひよっこ 3週 17話のあらすじネタバレです。

************************

奥茨城の聖火リレー、東京オリンピックの全てが終わり、
時子と三男は燃え尽きたような日々を送っていました。

そんな中、東京の綿引から美代子に宛てた手紙が届きます。

綿引はその後も実の捜索を続けてくれているものの、
何の手がかりも掴むことが出来ず、そのことを美代子に
詫びたものだったのです。

美代子は不用意に仏壇にその手紙を供えてしまい、
それをみね子の妹であるちよ子が読んでしまいました。

実がいなくなったことを手紙で初めて知ったちよ子は、
美代子には何も知らせることなく、たった一人で東京に
向かおうとするのでした。

ここまでが17話のあらすじネタバレで、

次から18話になります。
**************

実の失踪を手紙で知り、東京に実を探しに行こうと家を出た
ちよ子の計画は失敗に終わりました。

バスの車掌である次郎に家まで連れ戻されてしまったのです。

実が行方不明になったことをちよ子に知られてしまったことに、
美代子は動揺します。

そんな美代子や寂しがるちよ子の姿を見て、みね子は
オリンピック中継を見ていた時に固めたある決意をはじめて
美代子と茂に話すことにしました。

お正月までに実が戻らなければ自分は東京で就職すること、
東京に上京して働き、実家に仕送りをしながら、失踪した実を
東京で探すつもりだとみね子は語るのでした。

*********************

ここまでが、ひよっこ 3週 17話と18話のあらすじネタバレでした。

あらすじネタバレにあるように、ひよっこ 3週17話と18話では、
みね子がついに東京に出稼ぎに行く決意を美代子と茂に話します。

出稼ぎに出ていた父からの仕送りも途絶え、家計はおそらく
かなり苦しいものとなっていたことでしょう。

そんな中、美代子や茂からは言うことができない
みね子の東京への出稼ぎをみね子は自分から切り出します。

大好きだった故郷の奥茨城村での農家を手伝う進路ではなく、
東京へ出稼ぎにいく方向へと進路を変えたみね子。

みね子の人生を大きく変えるこの決断。しっかり見届けたいですね。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓