中学聖日記】放送後の最終回ネタバレ岡田くんスーツ姿萌え公式インスタが!

ネタバレあらすじ 最終回 原作

中学聖日記の最終回は無事ハッピーエンドを迎えましたが、それまでの流れで、誓約書のサインと岡田くんの23歳の姿が話題になりました。

前話 9話までの簡単ふり返りと最終回見逃した方にあらすじ詳細をお伝えします!

とにかく大人になった岡田くんがかっこよすぎです(^o^)画像付きなのではやく確認してくださいね↓↓


スポンサーリンク

岡田くんはインスタも最終回後に開設し、(※公式のアカウント名は「kenshi_okada_official」)

開設して1日も経たずしてフォロワーは40万人を突破したそうです(2018年12月19日21時にて

中学聖日記】9話までの簡単ふり返り あらすじネタバレ

聖と晶は、教師と生徒の立場で出会いいけない恋へと進みます。 なんとついに聖と晶は、キャンプ場で一晩2人きりで過ごしました。 ようやくお互いの想いが通じ合いました。 島を出る日に晶は、愛子に連絡を取りました。

メッセージを受け取った愛子の表情は、冴えません。未成年の息子が教師と外泊するなんて怒りも感じました。

東京の港へ戻ると聖を迎えたのは聖の母の里美でした。里美は、聖と晶の交際を認めるわけにはいきません。聖と晶の立場を考えると再び引き離すしかありません。

里美は、聖の為にも叶わない方が良い恋だとも思ってます。 翌日改めて二人は、愛子を訪ねました。里美は、娘の不祥事を謝ろうとします。しかし聖は、「晶が好きです」と愛子に伝えます。

 

聖は、「約束します。黒岩くんの生活を妨げるようなことはしません。黒岩さんにお許しを頂ける日まで」と言います。

愛子は、まだ息子の晶は18才で心変わりすることもあると聖に問いかけました。 聖は、晶を信じておりもし心変わりされても後悔しない事を伝えました。

愛子は、この2日間晶が誘拐されたと思ったと言いました。また「教師として責任を問われるのは当然ですよ。これ以上は、しかるべき措置を取ります」と厳しく言います。

このしかるべき措置の恐ろしさを後で聖は、知る事になります。

 

里美は、愛子に「本当はいい子なんです。それが今は何かの栓が抜けて…。どうかこれ以上はどうかお願いします。」と大事になるのを避けようとします。 帰り道に聖は、謝りつつ「お母さんにはいつか分かって欲しい」と晶との関係を認めて欲しいとお願いします。しかし里美は、晶との恋は、無理な恋で諦めないとならない恋だと説得します。里美もこの恋には大反対です。叶わない方が聖の為にも良いとさへも思ってます。

 

聖は、小学校の教師も辞めることを決意します。 同僚の千鶴から「教師をもう二度やろうと思わないで。やる資格ない」と冷たくされます。

聖は、同僚からも異端児扱いされます。 千鶴は、聖が晶との恋により失ったものの大きさを児童達の姿を見せつけて示します。

千鶴に「彼のことが好き。それが全ての言い訳になるんだもんね。おめでとう。お幸せに」と嫌みを言われます。確かに晶との恋で失った物は、たくさんあります。 聖は、昇降口で頭を下げて学校を去ります。

聖は、スマホが故障したので公衆電話から晶の携帯へ連絡します。 晶は、実家へ戻ったことを報告します。聖は、心配を掛けたくないと思ったのか教師を続けていると嘘をつきます。

聖と晶は、夕焼けを見上げます。晶は、初めて出会った中学二年生の頃を思い出します。 晶は、誰かを好きになるってやっぱり素晴らしいものだと気がつきました。

 

そんな中、聖の元にある人物が訪ねて来ました。それは、勝太郎でした。勝太郎は、愛子に頼まれて聖の話しを聞きに来たのです。

勝太郎は、聖が晶との恋により教師を辞める運命になった事を知ります。 勝太郎は、聖の人生を滅茶苦茶にした晶を腹立たしく思い始めます。勝太郎は、聖を後ろからハグして海外赴任先に「一緒に来いよ」と誘います。また原口と別れたことも告げます。

しかし聖は、断ります。 聖が晶との恋に真剣になればなるほど聖が転落人生を歩みおかしくなります。勝太郎は、聖の目を覚まさそうとします。

聖は、「分かってもらえるとは思ってない。」と言って勝太郎の元を去ります。 聖は、実家に戻ります。そして再就職先を探します。晶にも携帯電話の番号を送ります。 聖は、家も探して原口に保証人を頼みます。

原口は、「人の目を恐れて正しく生きる臆病者と罵詈雑言浴びながら何かを得ようと戦う勇者。私は、勇者の味方。聖ちゃん戦ってる。…いいよ、保証人なってあげる」と言います。原口は、聖にとって力強い味方です。

その夜に晶から聖の携帯電話へ電話があります。 晶は、「なんか引いた。冷めた。取り返しがつかない前に言わないと。先生とのこと今は考えられない。もうこういうのやめよう、じゃあ」と電話を切ります。まるで別れを告げるような電話です。 晶は、有名大学のオープンキャンパスに行く事に決めました。

Twitterで画像を見る
聖は、原口と新しいアパートを見学します。 聖は、原口に晶にフラれたことを報告します。 オープンキャンパスの日に原口は、ハローワーク職員を装い聖を誘い出します。 「戦え!」と背中を押して聖を理工学部へ向かわせます。 そして聖と晶は、再会をします。

 

聖は、晶に「行きたい学部や何に興味持ったのか、どんな将来見つけたのか最後に教えて」と言います。 晶は、「先生は、教師諦めるのですか?俺のせいでまた辞めて。」と言います。

晶は、勝太郎から聖の近況を聞いてたのです。 晶は、「先生のそういうところすっごくくだらないなって思います。僕には離れることぐらいしか。先生辞めて欲しくないんです。あれだけ好きだった仕事を諦めていいのですか。後悔してほしくないんです」と言います。 愛子の姿が見えた晶は、聖の手を取って雑踏の中へ走り消えます。

 

橋の上で聖は、「嘘のないそのままの自分でいたい。黒岩くんの隣にいたい。」と自分の気持ちを伝えます。晶は、「僕もです。先生の隣にいたいです。


スポンサーリンク

この先ずっと」と言います。二人の恋は、盛り上がります。 そこへ「末永聖さんですか?」と警察がやって来ます。聖は、未成年誘拐容疑で捕まります。恋が盛り上がると必ず聖には不運が訪れます。

10話の見所の晶が聖に冷たくしたのは自分のせいで教師を辞めたり夢を諦めるのが辛かったからで、聖の為にも晶は、聖と関わらない方が良いかもと思ったからです。

中学聖日記 最終回の視聴率は

最終回の視聴率は、9.6%

前回から2・3ポイントのアップで自己最高視聴率をマーク。

 

 

【中学聖日記】最終回のネタバレあらすじ

 

「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行された聖

一緒にいた晶(岡田健史)も取調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。
ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう…。

 

後日、愛子から会って話がしたいと告げられた聖。

しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは弁護士。「会うのは禁止。約束を破ったらお金500万支払う」という内容で、聖ははじめは成人になるまでまってほしいとお願いするつもりでしたが、

 

晶は愛子が誓約書を提示したことを知って、聖のアパートへ会いにくる中学生の時のように暴走する晶。

その行動をみて晶のことを考えると今の状態では会わない方が良いと断腸の思いで決断。

決して聖は姿を見せなかった。

後日。愛子は晶に誓約書を見せ、「これが先生が出した答えよ。この想いにどう答える? 考えなさい晶。」と諭します。

 

募る晶への想いを胸に秘め、別れを選んだ晶。

勤務し始めた花屋から正社員登用の声もかかるが、国際日本語協会の海外派遣に申し込み、タイへ行くため聖は猛勉強。そんな中、勝太郎に呼び出され、観覧車に乗る。

すると原口から電話があったが、すぐに晶と代わった。

「先生?」「黒岩君」「もう先生じゃない」「聖ちゃん」

聖と晶は久々に話し、「自分のことしか考えてなかった。聖ちゃんの幸せを願ってもう会わないし連絡もしない。ずっと願ってる幸せになることを」

聖は晶が自分自身を変えてくれたことに感謝し、「黒岩君が力をくれた。会えて良かった、サヨナラ、黒岩君」

晶は「きっといい先生になる」と言った後、「がんばれえ!!」と叫んだ。

そして聖は海外に、晶は大学受験の会場にお互い別々の道を歩んでいくことに

 

聖は勝太郎から渡された晶の日記を読む。

中3の夏で一度終わった日記には続きがあった…。

2018年12月

「聖ちゃんがこの先ずっと笑っていられますように 黒岩晶」

聖は涙し青空を見上げたあと笑顔になる。その頃、晶も同じ青空を見上げていた。

そして受験の日。父からのお守りを母から受け取った晶は「お母さん、ありがとう、いってきます」と告げた。

里美は「あなたは私たちの元を離れたと思ってる、だから一人で頑張って」と厳しく言いつつも、「もし本当にツライことがあったら帰っておいで、晩ご飯食べさせるくらいはできるから」と告げた。

5年後:聖(有村架純)と晶(岡田健史)の恋の結末

それから5年が過ぎ、聖はタイで日本語教師を務めていた。

 

日本で晶に愛子は誓約書を手渡します。それをみた晶は行動に移します。

夕日がみえる海の岸壁にて写真を撮っていた聖。そんな中、シャッター音が聞こえ振り返ると

…夕日をバックに聖を晶が写真にとっていました。

そして誓約書を聖に渡す晶。聖は笑顔で晶に抱きつき、二人とも見つめ合いながら満面の笑みで(終わり)

【中学聖日記】最終回の感想

 

ハッピーエンドアキラ23才と誓約書サイン平成2018年が話題!

なるほど・・・!!!
平成2018年までは誓約書にサインしてないことになるから誓約書違反にならないのね!

やっとオチが分かりました。そして愛子が晶を許したことも!

ちょっと最後が雑というかあっさりな感じがしますが、ハッピーエンドと黒岩君のスーツ姿で大いに許します( ;∀;)

 

 


【ドラマの原作漫画で結末最後が知りたい!】無料試し読みはこちらから⇓
⇒無料会員でさらに無料で読める漫画が多くなるサイトはこちらから


スポンサーリンク








スポンサーリンク

▼エールネタバレあらすじ⇓⇓

エール【あらすじネタバレ最終回まで全話紹介】キャスト相関図 モデル結末まで

1週【裕一が鉄男と! 2週【村野鉄男夜逃げ! 3週【志津に初恋実らず!   4週【音と恋文通開始も疎遠に

5週6週あらすじ 7週8週【妻以外で熱愛する文通相手が! 9週10週 11週12週【喫茶バンブー夫婦に佐藤久志が関わっていた!? 13週14週【弟子五郎と妹の梅が恋人に

エール志村けんモデル小山田耕三・山田耕筰(こうさく)ネタバレ-愛人不倫問題

ネタバレ15週モデルから【契約解除を持ち出されるも大ヒット曲を

ネタバレ16週モデルから【父の三郎の死!戦争激化で音の活躍の場喪失

エールモデル古賀政男のネタバレ【木枯正人-野田洋次郎の実在モデルの詳細

エール関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子について68歳で死

エール柴咲コウモデル双浦環(ふたうら三浦環ネタバレ志村けん山田耕作との関係

エールキャスト 子役一覧 かわいい子多数 石田星空/清水香帆/新津ちせ

エールモデル古関裕而と妻の夫婦現在?子供は?無職でスピード結婚も息子が

B088BQQD3L
▼再放送中はね駒▼
B086DZRTDD

NHK連続テレビ小説 エール 上

古関裕而 応援歌の神様 激動の昭和を音楽で勇気づけた男 (PHP文庫)

愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語

 

▼朝ドラ・大河を無料で30日間視聴する方法⇓

アマゾンプライムビデオの無料登録はこちらから

おしん

おしん あらすじ ネタバレ最終回まで全話完全版!あらすじ簡単と1話ごと詳細

おしんあらすじ最終話295話296話297話【最終回で浩太と二人の関係は?結婚か

おしんDVD

一話ずつじっくり見たい方 全部で7編に分かれてます↓

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [DVD]

長編なのでギュッとまとめてみたい方

連続テレビ小説 おしん 総集編 [DVD]

▼スカーレット

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!

スカーレット夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

 

▼話題ドラマ・映画

マスカレードホテル明石家さんまは何分?場面はどこにいますか?ネタバレ詳細時間テレビも

▼ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房 キャスト 子役 他一覧 相関図や子役(藍子)の現在や豊川まで紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

******




スポンサーリンク

▲再放送 おしんあらすじ・キャスト

おしん はつこ初子 今後どうなる?結婚?キャスト子役や大人キャスト現在はこちら↓

おしん 田中裕子 降板?黒歴史・確執とは?キャストの裏情報!

おしん 希望の結婚相手ゆりは事故死!キャスト現在は?塩屋俊-寺田路恵の紹介

おしん 仁 結婚相手は道子!今後はどうなる?キャストとあらすじ紹介

おしん偵てい疎開先や結婚相手今後!キャスト現在は

おしん 名シーン名場面あらすじまとめ 【感動保存版】前半から

おしんキャスト雄現在は?赤ちゃんかわいい子役画像と松田洋治さんも

・キャストつねさん 役紹介!丸山その後声優をひどい仕打ち
・キャスト竜三 並樹史朗現在画像とあらすじ73話74話竜三からおしんへ

・おしんモデルはヤオハンスーパー創業者の妻かor川根本町出身の丸山静江?
キャスト加賀屋 一覧とモデルくにおばあさんと加代の死!結末あらすじ
・キャスト圭 大人キャスト大橋吾郎と子役まで詳しく
・キャストかよ 志喜屋文の現在は?当時のCM動画も【少女編
・キャスト佐藤仁美うめ役 画像・動画あり同姓同名!再放送

 

▼朝が来た

あさが来たネタバレあらすじまとめ【あさ、はつの一生、ふゆと新次郎の関係!

▼朝ドラ大河歴代・オーディション情報

朝ドラ歴代視聴率ランキングワースト3とベスト6!2000年以降

ヒロインオーディション 一般人応募方法まとめ【落選-脇役-倍率-内容

歴代大河ドラマ視聴率ワースト10【大河ワースト1位は同率で幕末と平安大河




スポンサーリンク