純情きらり松本まりかキャスト高野薫子役当時の画像とキャスト全体相関図関係

純情きらり

純情きらりキャスト相関図とキャスト松本まりかの詳細の内容です。

2006年4月3日から9月30日に放送された朝ドラ『純情きらり』。

放送回数は全部で156回でした。


スポンサーリンク

昭和初期から激動の戦中戦後、さまざまな試練や戦火を乗り越えて、音楽への
夢と愛を貫くヒロイン・桜子の波乱万丈の人生が描かれました。

舞台は八丁味噌の産地・愛知県岡崎と、芸術家たちが集まる東京の下宿先。

おてんばではあるがけなげに生きる桜子が、大勢の人々との出会いに励まされ
ながら、音楽への思いを燃やし続ける一代記となっています。

そして、2020年7月6日(月)から再放送されています。

毎週月曜から金曜の午後4時20分~午後4時50分で1日2回ずつ放送されています。

そこで今回は、今話題の女優、松本まりかさんについてと純情きらりのキャスト相関図とまとめたいと思います。

純情きらり キャスト 高野薫子役の松本まりかさん紹介

************************

純情きらりで松本まりかさんが演じるのは高野薫子です。純情きらり X 松本まりか | HOTワード

 

役としては桜子の女学校時代からの親友で、後に東京の雑誌社で働く人物
なっています。

純情きらりのころは本当に若くてかわいくて「純情きらり」撮影当時の年齢はなんと21歳です!!!

普通に高校生ぐらいにみえてしまいます(;´∀`)

画像

松本まりかさんのネタバレプロフィール詳細


(引用元:https://www.ateam-japan.com/ateam/matsumotomarika/)

生年月日 1984年9月12日(35歳)
出身地 東京都
身長 160 cm
血液型 B型
職業 女優・ナレーター・声優
事務所 A-team

松本まりかさんは、2000年にNHKのテレビドラマ『六番目の小夜子』で
女優デビューを果たし、同年から2001年まで雑誌『ピチレモン』のレギュラー
モデルをつとめていました。

また、ゲーム『FINAL FANTASY X』のリュック役など声優としても活動しています。

2018年に放送されたテレビ朝日系のドラマ『ホリデイラブ』で演じた井筒
里奈役の「あざとかわいい」役柄が注目され、一躍有名になりました。

2019年に、松本まりかさんは女優人生19年目で初めての賞となるゆうばり
国際ファンタスティック映画祭2019・ニューウェーブアワード女優部門を受賞。

2019年12月に放送されたテレビ朝日系の人気ドラマ『ドクターX〜外科医・
大門未知子〜 』第6期第8話にも出演されていました。

他の男性医師を誘惑して、自分は執刀しないで手柄だけは得るという役でしたが、
いつも通り男性医師を誘惑するシーンはとても素敵でした。

さらに、テレビ東京系で放送されたドラマ『死役所』のニシ川役はいつもの
松本まりかさんのキャラとは違っているため、反響を呼びました

 

7月からフジテレビ系の火10で放送される『竜の道 二つの顔の復讐者』には、
霧島まゆみ役としての出演が決定しています。

NHKの朝ドラには、『純情きらり』が初出演となります。

その後は2008年に放送された朝ドラ『ゲゲゲの女房』にも出演されています。

≫ゲゲゲの女房 節子役キャストと役柄と松本まりかさんの詳細ネタバレ

純情きらり キャスト相関図

************************

https://dorama9.com/2020/07/04/jyunjyoukirari-cast/#toc19

ヒロイン・有森桜子・・・宮﨑あおい

(引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0116975)

有森家の三女で、4歳の時に母を病気で亡くして以来、父の手で育てられます。

明るく、感受性が豊かで、自由な発想と行動力があり、姉弟思いな女の子。

幼い頃からピアノが大好きで、周囲の反対を押し切って、東京の音楽学校を
受験します。

東京でジャズの生演奏にふれ、将来、ジャズピアニストになることを夢見ることに。

有森家の長女・有森笛子・・・寺島しのぶ

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070347_00000)

有森家の長女。

才媛で女子高等師範を出て、岡崎の女学校の教師になります。

父の源一郎の死後、弟妹の父にも母にもなって、一家を支えていきます。

強気でプライドが高く、厳しい意見もピシリと言ってのける性格です。

弟妹が一人前になるまでは自分の結婚など眼中にないかに見えましたが…。

有森家の次女・有森杏子・・・井川遥

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070385_00000)

有森家の次女。

おっとりした性格で、傷ついた動物がいると放っておけない優しい性格。

笛子が桜子にきつくあたるのと正反対に、出来うる限り親身に応援しよう
してくれます。

周りの勧めで見合結婚しますが、やがて産婆や看護の道に進むことに。

人の命を助けることに生涯を捧げます。

母・有森マサ・・・竹下景子

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070764_00000)

桜子の亡き母。

桜子が幼い頃は小学校の教師として家計を支え、学校でよくピアノを弾いて
いました。

その母の姿はいつまでも桜子の脳裏に焼きついていて、ピアノをかけがえの
ないものと感じる原点になりました。

頑固、お転婆、思ったことは必ずやり遂げる桜子の性格は、母のマサ譲りで、
源一郎が桜子を愛おしく思う所以出もあるようです。

竹下景子さんは純情きらりの語り手も務めています。

有森家の末っ子・有森勇太郎・・・松澤傑

有森家の末っ子で、唯一の男子。

末っ子のため、甘えん坊のお調子者で、三人姉妹のミソっかす的存在ですが、
源一郎の死後は名目上、戸主となります。

勇太郎を帝大に進学させることが有森家の最優先事項で、そのためには周りが
犠牲を払うというプレッシャーの中で、勇太郎は東京帝大を目指します。

源一郎の妹・有森磯・・・室井滋

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070222_00000)

源一郎の妹で桜子にとっては叔母にあたる存在。

岡崎で最初の「モガ(モダンガール)」を自称しています。

おせっかいで何でも首をつっこみたがる性格。

銀座で洋服店を開いていたころ、裕福なパトロンとの間に子供を授かりましたが、
本妻に子供を取り上げられ、傷心のうちに岡崎へ戻って来ます。

有森家に転がり込み、洋裁の仕事をしながら居候。

浪費家で家事は苦手です。

世の常識に囚われない価値観は、源一郎とも共通しています。

父・有森源一郎・・・三浦友和

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070068_00000)

桜子の父で、東京帝大在学中に郷里・岡崎のマサと駆け落ち同然に結婚

東京で家庭を持ち、研究助手としてつつましく暮らしていましたが、マサが
結核を患ったのを機に岡崎に戻ります。

市の土木課の嘱託として働きますがマサは他界。

以後、男手ひとつで4人の子を育てることに。

趣味は鉱石集めと音楽。

特に、当時国内で勃興したばかりのジャズに興味を持つなど自由な価値観の
持ち主で、桜子の良き理解者です。

祖父・沖田徳治郎・・・八名信夫

桜子たちの祖父で、マサの父。

元八丁味噌蔵元「山長」の職人頭

典型的な明治の頑固親父で、味噌を統制価格で売らなければならなくなった
際には、味噌を水で薄めようとしたことに猛反対する愛弟子の仙吉と衝突。

しかし、他の職人達を食わせてやらなければならんという思いだったことから
強行しますが、「(大事な味噌に)好きこのんで俺がこんな事してると思うか」と
涙ながらに激昂するシーンも。

桜子と達彦の結婚を見届けるかのように、結婚式当日に亡くなりました。

八丁味噌蔵元「山長」の人々

「山長」の跡取り息子・松井達彦・・・福士誠治

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009071273_00000)


スポンサーリンク

拓司とかねの息子で、「山長」の跡取り息子

旧制高校に進学しましたが、音楽への思いを断ち切れず音楽学校への転学を
切望しますが、母・かねの猛反対にあい苦悩します。

同じく音楽を愛する幼馴染みの桜子に、次第に惹かれていきます。

達彦の母・松井かね・・・戸田恵子

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070318_00000)

岡崎財閥のひとつである「山長」の女将で達彦の母。

家付き娘で、老舗の暖簾に高いプライドを持っています。

夫を尻に敷き、何でも自分で仕切らないと気が済まない凄腕女将です。

一方、有森磯とは同級生ですが犬猿の仲。

桜子とも始めは何かと対立しますが、やがて心を通わせていくことに。

達彦の父・松井拓司・・・村田雄浩

「山長」の主人。

婿養子であることから、かねには頭が上がりません。

性格的にも穏やかなお人好しで、陰ながら息子の応援をしようとします。

子供の頃は船乗りに憧れていましたが、船酔いするため、夢をあきらめた過去を
もっています。

桜子と達彦の息子・松井輝一・・・竹内龍之介

達彦と桜子の息子ですが、結核に冒された桜子とは会えずに育てられます。

職人頭・浦辺仙吉・・・塩見三省

「山長」の職人頭。

頑固者で口数は少ないですが、心から八丁味噌を愛しています。

戦争の始まりとともに、味噌の原料も心もとなくなる中、本物を作り続けようと
苦闘する仙吉の姿に、桜子は味噌への思いを新たにします。

番頭・野木山与一・・・徳井優

「山長」の番頭。

ユニークな髪形が特徴で、仙吉とは名コンビ。

職人・高島キヨシ・・・井坂俊哉

「山長」の職人で桜子に片思いします。

出征中に一時帰還した際、達彦の遺書を桜子に渡します。

戦後は闇市で大儲けすることに。

達彦の元乳母・吉村タミ・・・阿知波悟美

達彦の元乳母で、かつては「山長」の賄いを一手に引き受けていた人物です。

桜子の味噌屋修行のために18年ぶりに蒲郡から呼び寄せられます。

達彦は幼少時代、タミの作った「鹿の子寄せ」が大好物でした。

店員・おふみ・・・藻田るりこ

「山長」の店員でキヨシに思いを寄せますが、キヨシは桜子を思い続けている
ため、当初は桜子に八つ当たりすることもありました。

かねの妹・松浦タネ・・・秋山菜津子

かねの妹。

夫の利雄と呉服屋を営んでいましたが、放漫経営がたたり閉店。

「山長」に恥を知らずに居候のように転がり込んで居座る厄介者のトラブルメーカー。

桜子が東京に出ている間に我が物顔で幅を利かせ、かねの死後、達彦が帰還する
まで桜子を露骨に邪魔者扱いします。

達彦が正式に復帰すると、傲慢な性格から孤立し始めて「山長」を去ることに
なりました。

タネの夫・松浦利雄・・・六角精児

タネと利雄の息子・松浦太郎・・・鈴木駿介

岡崎の人々

岡崎の師範学校の物理教師・斉藤直道・・・劇団ひとり

岡崎の師範学校の物理教師。

有森家の下宿人で、桜子の初恋の人。

一度は桜子と婚約しますが、義父の貿易会社が潰れたために多額の借金を
背負ってしまいます。

喫茶店のマスター・ヒロ・・・ブラザートム

桜子や達彦たちのたまり場、喫茶店「マルセイユ」(太平洋戦争中、敵国語が
禁止された時は、当て字で「丸勢勇」)のマスター。

何かと桜子たちを助けてくれます。

桜子の女学校時代の音楽教師・西野シヅ子・・・キムラ緑子

桜子の女学校時代の音楽教師。

当初は学校で勝手にジャズを演奏する桜子の言動を苦々しく思っていましたが、
桜子が東京音楽学校を目指す決意を知ると考えを改め、ピアノの指導を行います。

桜子が帰郷して非常勤講師になると、桜子を指導することに。

キヨシの父・高島専蔵・・・大八木淳史

キヨシの父で刃物職人。

内科医師・小林・・・平田満

肺結核で倒れた桜子の治療を行います。

耕輔・・・大竹浩一、治・・・ペ・ジョンミョン

キヨシの悪ガキ仲間。

戦後はキヨシと共に、闇市で商売を始めます。

みさえ・・・北原ひとみ、かず代・・・春田瑠里、好子・・・阿部麻似子

桜子の女学校時代の友人。

東京の人々

青年画家・柊冬吾・・・西島秀俊

(引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070729_00000)

前衛的な絵画に才能を発揮する青森育ちの青年画家。

知人の間を渡り歩きながら、ひたすら自分の絵を描くことに心を砕きますが、
生活能力は全くありません。

ゆったり構えた器の大きな男で、津軽ことばでしばしば冗談をとばします。

桜子とは、同志として人生を語り合う仲で、彼女の生き方に多大な影響を
与える人物です。

西島さん演じる柊冬吾は、太宰治さんがモデルと言われています。

笛子と冬吾の娘・杉加寿子・・・櫻井詩月→奥山志紀→佐々木麻緒

笛子と冬吾の間に生まれた一人目の子供。

笛子と冬吾の息子・杉亨・・・眞柄直輝→本川嵐翔→澁谷武尊

笛子と冬吾の間に生まれた二人目の子供。

生まれつき目に網膜症という障害があり、将来の失明が懸念されています。

音楽の素養があり桜子の傍らで演奏に耳を傾けたり、同級生の前で上手に
演奏したりします。

冬吾の親友・花岡八州治・・・相島一之

マロニエ荘の住人で売れない画家。

冬吾の親友。

売れない頃は、詐欺まがいの占いなどで生計を立てています。

杏子に想いを寄せていましたが、杏子の結婚によって儚く散ってしまいました。

マロニエ荘の住人たちの生活を支えるため、自らの本意に反して戦意高揚の絵を
描いていましたが、それが災いして戦後はバッシングを受けて苦境に立ち、
冬吾や八重に助けられることになります。

マロニエ荘の住人・野上八重・・・原千晶

画家を目指すマロニエ荘の住人。

元織物問屋の娘で守田との子を産みます。

マロニエ荘の住人・橘マリ・・・椋木美羽

ダンスホールのダンサーで、年による衰えに悩んでいます。

マロニエ荘の住人・小野寺ハツ美・・・たくませいこ

マロニエ荘の住人で大阪出身。

ホルン奏者を目指し、東京音楽学校を4度目の受験で合格。

達彦に恋心を抱きます。

マロニエ荘の住人・守田敏・・・若林久弥

画家志望のマロニエ荘の住人。

八重と恋仲になりますが、出征して戦死してしまいます。

マロニエ荘の住人・鮎川和之・・・荒川優

画家志望のマロニエ荘の住人。

実は磯と周助との間の子で有森姉弟とは従姉弟。

磯とは2歳の頃に生き別れになっています。

貿易商・鮎川周助・・・中山仁

磯が東京にいた頃の不倫相手で貿易商。

正妻との間に子が無く、磯との間に生まれた和之を嫡男としています。

和之には磯の事を隠していましたが、戦後正式に磯と結婚しました。

東京音楽学校教授・西園寺公麿・・・長谷川初範

東京音楽学校教授、ピアニスト。

ピアノ塾「西園寺塾」を開いています。

桜子の才能を見出し、先生として丁寧に指導する、桜子の良き理解者。

軍部とうまくいかず、満州へ渡ります。

終戦後帰国し、音楽活動を再開。

ジャズサックス奏者・秋山均・・・半海一晃

西園寺に才能を見込まれ、東京音楽学校への入学を勧められましたが、西園寺の
用意した支度金を持ち逃げして行方不明になっていました。

その後、ダンスホールの花形として活躍し、戦後は桜子に編曲を教えます。

西園寺の助手・松尾・・・村杉蝉之介

桜子の弟子入りに反対していましたが、西園寺の不在時には代わりに桜子の
指導を行います。

西園寺塾の生徒・岩見沢るり子・・・初音映莉子

「西園寺塾」の生徒で、4歳からピアノを始め、達彦と一緒に東京音楽学校に入学。

貧乏人は音楽をする意味がないと桜子を見下します。

岡村伊蔵・・・外波山文明

学費を稼ぐため、桜子が働く食堂の主人。

隣組の組長・鈴村士郎・・・苅谷俊介

隣組の組長で、マロニエ荘の住人らに何かと難癖をつけますが、桜子達の努力で
和解することに。

しかし、その直後に起きた東京大空襲で焼死してしまいます。

士郎の息子・鈴村浩樹・・・高橋和也

戦地で負傷し帰国。

父、妻、子供を東京大空襲で亡くしますが、悲しみを乗り越え、何かと支えて
くれた杏子と結婚。

鈴村幸・・・岩本千波→新井優歌

東京大空襲で戦災孤児となり、1人で路頭に迷いながら泣いていたところを
杏子が見つけ、面倒を見るようになります。

後に、結婚した杏子と浩樹の養女となり、3人で暮らすことに。

その他

河原亮一・・・池田鉄洋

名古屋の資産家。

杏子と結婚しますが、杏子に家庭内暴力を振い家政婦同然に扱ったため、程なく
離婚します。

亮一の義母・河原幸恵・・・山田昌

亮一は養子で幸恵とは血が繋がっていません。

頑迷な性格で河原家の格式ばかりを重んじている人物です。

御崎しま子・・・光浦靖子

冬吾の許嫁

かつて冬吾と心中を計ったことも。

冬吾を追って上京してきます。

若山哲平・・・途中慎吾

戦地で達彦と同じ部隊にいた若い兵隊。

撤退時に軍に見殺しにされ、結果として、哲平を見捨てることになった
達彦の心に深い傷を残します。

若山百合子・・・木村多江

哲平の姉で、戦地から帰った達彦が桜子と共に訪ねます。

島本医師・・・阿部六郎

村木教頭・・・市川勇

飯島校長・・・大門正明

篠原先生・・・伊藤昌一

沢井ウメ・・・木野花

坂口良太・・・横田剛基

 

********************

ここまでが、純情きらりのキャスト相関図と今話題の女優、松本まりかさんの
詳細についての紹介でした。

2006年に放送されたということで、宮崎あおいさんを始め、皆さん若いですね。

純情きらりの視聴率も19.4%と良い数字だったので、内容もとても満足できる
作品だと思います。

そして、ちょい役ではありますが、ブレイクする前の松本まりかさんが登場する
ので、その姿も見逃せないですね。


【ドラマの原作漫画で結末最後が知りたい!】無料試し読みはこちらから⇓
⇒無料会員でさらに無料で読める漫画が多くなるサイトはこちらから


スポンサーリンク








スポンサーリンク

▼エールネタバレあらすじ⇓⇓

エール【あらすじネタバレ最終回まで全話紹介】キャスト相関図 モデル結末まで

1週【裕一が鉄男と! 2週【村野鉄男夜逃げ! 3週【志津に初恋実らず!   4週【音と恋文通開始も疎遠に

5週6週あらすじ 7週8週【妻以外で熱愛する文通相手が! 9週10週 11週12週【喫茶バンブー夫婦に佐藤久志が関わっていた!? 13週14週【弟子五郎と妹の梅が恋人に

エール志村けんモデル小山田耕三・山田耕筰(こうさく)ネタバレ-愛人不倫問題

ネタバレ15週モデルから【契約解除を持ち出されるも大ヒット曲を

ネタバレ16週モデルから【父の三郎の死!戦争激化で音の活躍の場喪失

エールモデル古賀政男のネタバレ【木枯正人-野田洋次郎の実在モデルの詳細

エール関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子について68歳で死

エール柴咲コウモデル双浦環(ふたうら三浦環ネタバレ志村けん山田耕作との関係

エールキャスト 子役一覧 かわいい子多数 石田星空/清水香帆/新津ちせ

エールモデル古関裕而と妻の夫婦現在?子供は?無職でスピード結婚も息子が

B088BQQD3L
▼再放送中はね駒▼
B086DZRTDD

NHK連続テレビ小説 エール 上

古関裕而 応援歌の神様 激動の昭和を音楽で勇気づけた男 (PHP文庫)

愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語

 

▼朝ドラ・大河を無料で30日間視聴する方法⇓

アマゾンプライムビデオの無料登録はこちらから

おしん

おしん あらすじ ネタバレ最終回まで全話完全版!あらすじ簡単と1話ごと詳細

おしんあらすじ最終話295話296話297話【最終回で浩太と二人の関係は?結婚か

おしんDVD

一話ずつじっくり見たい方 全部で7編に分かれてます↓

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [DVD]

長編なのでギュッとまとめてみたい方

連続テレビ小説 おしん 総集編 [DVD]

▼スカーレット

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!

スカーレット夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

 

▼話題ドラマ・映画

マスカレードホテル明石家さんまは何分?場面はどこにいますか?ネタバレ詳細時間テレビも

▼ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房 キャスト 子役 他一覧 相関図や子役(藍子)の現在や豊川まで紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

******




スポンサーリンク

▲再放送 おしんあらすじ・キャスト

おしん はつこ初子 今後どうなる?結婚?キャスト子役や大人キャスト現在はこちら↓

おしん 田中裕子 降板?黒歴史・確執とは?キャストの裏情報!

おしん 希望の結婚相手ゆりは事故死!キャスト現在は?塩屋俊-寺田路恵の紹介

おしん 仁 結婚相手は道子!今後はどうなる?キャストとあらすじ紹介

おしん偵てい疎開先や結婚相手今後!キャスト現在は

おしん 名シーン名場面あらすじまとめ 【感動保存版】前半から

おしんキャスト雄現在は?赤ちゃんかわいい子役画像と松田洋治さんも

・キャストつねさん 役紹介!丸山その後声優をひどい仕打ち
・キャスト竜三 並樹史朗現在画像とあらすじ73話74話竜三からおしんへ

・おしんモデルはヤオハンスーパー創業者の妻かor川根本町出身の丸山静江?
キャスト加賀屋 一覧とモデルくにおばあさんと加代の死!結末あらすじ
・キャスト圭 大人キャスト大橋吾郎と子役まで詳しく
・キャストかよ 志喜屋文の現在は?当時のCM動画も【少女編
・キャスト佐藤仁美うめ役 画像・動画あり同姓同名!再放送

 

▼朝が来た

あさが来たネタバレあらすじまとめ【あさ、はつの一生、ふゆと新次郎の関係!

▼朝ドラ大河歴代・オーディション情報

朝ドラ歴代視聴率ランキングワースト3とベスト6!2000年以降

ヒロインオーディション 一般人応募方法まとめ【落選-脇役-倍率-内容

歴代大河ドラマ視聴率ワースト10【大河ワースト1位は同率で幕末と平安大河




スポンサーリンク