スカーレットネタバレ13週14週〜1週あらすじ前半結婚・不倫をモデルより

スカーレット

スカーレット あらすじネタバレ全体 前半1週から13週14週をモデルよりの内容です。

追記:13週・14週の確定あらすじをアップしました。モデル史実と比べてみてください。

記事前半は13週・14週確定あらすじ 後半はモデル史実より13週14週の考察になってます。


スポンサーリンク

 

9月30日(月)から放送が開始される朝ドラ『スカーレット』。

その物語はどの様なものになるのでしょうか。

そこで今回は、スカーレットのモデルよりあらすじ全体の前半1週から13週14週をネタバレを
していきたいと思います。

<スカーレット13週確定あらすじ>

 

八郎は陶芸展して常治の許しを得て喜美子と結婚することができました。そうして八郎は、川原家に一緒に住むことになり、数年が経過しました。

 

その頃、長男の武志は4歳になり喜美子も27歳になっていて、八郎は陶芸家として独り立ちしていましたが泣かず飛ばずでした。喜美子の稼ぎの頼っている様子を見て常治は心配しますが、マツは口出しするなと諫めます。

喜美子は『丸熊陶業』で働きながら八郎を手伝いますが、息子の武志が泥団子を作っているのを見て『小文様皿』や『編込皿』を思いつきます。そして、それが陶芸展で賞を取る事になったのです。

喜美子は受賞を切欠に『丸熊陶業』を辞めて作陶することを決心したのでした。そんな時、常治が倒れてしまいます。常治の容態はなかなか回復しませんでした。

喜美子は、お見舞いにとマツヤ百合子にも絵付けをさせたお皿を作り、常治の枕元におきました。そんなもの腹の足しにもならんと言いながらもほとり涙した常治。

 

数日後、家族で作り上げたお皿を枕元においたまま常治は息を引き取ったのでした。

 

<第14週のあらすじ>

 

常治が死んでまったあと、喜美子は『丸熊陶業』を辞めて、自宅での食器つくりを本格的に開始したのでした。作陶一本にして間もない喜美子ですが、今までと同じように川原家の生計を支えるようになるのでした。『丸熊陶業』を辞めて作陶だけで生計を支えるようになった喜美子に対して、八郎は鳴かず飛ばずの状況が続きます。

 

その頃の八郎は、陶芸家としての自分の資質について限界を感じる様になっていたのでした。

そんなある日、喜美子は松永美津と云う女性からの手紙を受け取ります。

美津は喜美子の作品を見て陶芸の道を進むことにしたと言います。

 

そして、女性陶芸家を目指しているので、喜美子の弟子になりたいと伝えて来たのでした。

弟子を取ることなど考えた事もなかった喜美子は、どうすべきかを八郎に相談しました。

 

「私の弟子になりたいという手紙が届いて、、、でも未だ弟子をとれるレベルじゃないと思っているんだけど、、、」すると八郎は喜美子に弟子を取る事を勧めたのです。

 

「弟子になりたい人がいるんだったら、弟子にしてみて様子をみるのも悪くない、、、喜美子も最初はそうだったから、、、やってみなければわからないだろう?」

それを聞いた喜美子は門前払いせずに一度会ってみる事にしたのでした。

 

そして、喜美子は美津に一度見学にくることを手紙で伝えたのでした。すると、喜美子の手紙を受けたった美津はすぐに目の前に姿をあらわしたのです。

 

初対面でしたが、美津の目を見た喜美子は彼女のやる気を感じ取ったのでした。そして、美津からあらためて弟子にして欲しいと懇願された喜美子は、その場で美津を弟子にすることを決断しました。

 

「わかりました!今日からそこに寝泊まりしなさい!!」喜美子に弟子を取る事を勧めた八朗でしたが、実際にそうなってしまうと、今度はそれを羨ましがるのでした。

 

八郎の創作意欲は益々落ち込んでしまいます。喜美子への嫉妬が八郎の内面でうごめていたのです。

八郎は大学で陶芸を勉強して苦労しながら『陶芸展』で賞をとったのに、喜美子は陶芸を始めて間もないのに簡単に受賞していたのです。

 

八郎は喜美子が自分にはない陶芸の才能を持ち合わせているのを感じていて、自分には喜美子に勝つことができないと思い込むようになってしまったのでした。その結果、八郎は極度のスランプに落ちってしまっていたのです。

 

喜美子はまさか八郎がそんなことを考えていようとは思っても見ませんでした。喜美子を含めて川原家の人たちは、喜美子の才能がそんなに凄いものだとは誰も思ってもいなかったのです。そのことが、ますます八郎を苦しめていったのでした。

 

<14週の感想>

 

人間は気持ちがよく揺れ動く生き物で、自分が教える立場にいるときは可愛がっていたのに、自分を追い越されると妬むようになってしまうこともあります。

 

八郎は愛情が妬みに変わってきたのかも知れませんね!?

 

そして、八郎にとって喜美子に松永美津と云う弟子が出来た事は決定的に自分との差を認識させられたのでしょうね!?

 

常治が亡くなったばかりなのに、川原家には不穏な空気が流れ始めているようです。

 

スカーレットのモデルよりあらすじ全体前半1週から13週14週までのネタバレ

************************

スカーレットのヒロイン・川原喜美子の実在モデルは、神山清子さんです。

神山清子さんは昭和11年(1936年)8月2日に、長崎県佐世保市で金場家の長女
として生まれました。

当時は、日韓併合中のため、日本の炭鉱で多くの朝鮮人が働いており、炭鉱で
働いていた清子さんの父が朝鮮人と仲良くしていたからか、「金場」という
名字が朝鮮人の名前と似ていたからか、神山清子さんは学校で「朝鮮人」と
言われていじめられていました。

そんなある日、厳しい労働に耐えられなくなった朝鮮人達が炭鉱を脱走しようと
した時に清子さんの父が朝鮮人の脱走を手助けしようとしたため、父は警察に
追われるようになり、一家を連れて炭鉱町から逃げることになります。

その後、神山清子さん達は行く先々で、朝鮮人達に助けられながら逃走し、
戦争末期となる昭和19年(1944年)9月に佐賀県の日野町にたどり着きました。

そこで終戦を迎え、昭和22年(1947年)2月に滋賀県甲賀郡雲井村字勅使(現在の
滋賀県信楽町)へと一家は移り住むものの、神山清子さんは母・金場トミさんの
作る服を着ていたのですが、その服が
朝鮮人の着る服であるチマチョゴリに
似ていたせいで、雲井村でも「朝鮮人」と
言われ、いじめられてしまいます。

子供の頃から「朝鮮人」と言われ、いじめられていた神山清子さんは、1人で
地面に絵を描いて遊んでいるうちに、絵を描くことが好きになり、将来は絵描き
になりたいと考えるようになっていました。

将来は絵描きになりたいと早いうちから考えていた神山清子さんは、普通高校へ
進学した後、美術大学に入学したいと考えていましたが、父親に反対され、
神山清子さんは信楽中学を卒業すると、和裁・洋裁学校に進学させられます。

神山清子さんは親の元から独立したいと考えていたものの、ひとまず父の言う
ことを聞いて、和裁・洋裁学校に入ると、朝5時に起きて花を持って病院に
行き、そこで花を売って学費を稼ぎながら和裁・洋裁学校に通っていました。

一方で、神山清子さんは京都に行って本格的な絵の勉強をしたいと思って
いましたが、家庭の経済事情から京都に行くことは出来ないため、自分で絵を
描きながら、信楽で絵の師匠を探していました

信楽では信楽焼の絵付け師の仕事があったため、神山清子さんは、信楽で1番
腕の良い絵付け師を探し、弟子にしてほしいと頼みます。


スポンサーリンク

最初は師匠から「女の弟子は取らない」と断られた清子さんでしたが、諦めずに
朝6時に起床し、師匠の家に毎日訪れ、掃除をしていると、10日後に師匠から
絵を描く様に言われ、弟子入りを認めてもらうことが出来ました。

神山清子さんは、初めは雑用ばかりをやらされていましたが、やがて下書きから
上絵まで任されるようになりました。

ところが、師匠は怒るとすぐに物を投げつけてくるため、嫌になって、1年で
弟子を辞めました。

昭和29年(1954年)。

神山清子さんは18歳の時に知り合いから、陶器製造会社の「近江化学陶器」が
絵付けの職人を探していると教えられ面接に行くと、そこに採用されることに
なりました。

神山清子さんは昼休みにも絵の勉強をして、仕事後に帰宅し、家事を終えると、
夜中の0時まで延々とスケッチをしていたようです。

近江化学陶器に入社してから1年が過ぎた頃、神山清子さんはデザイン部の
主任的な立場になり、近江化学陶器の別の部門から異動してきた神山易久さん
出会います。

易久さんは清子さんの絵を褒めたので、清子さんも易久さんに好意を持つように
なり、清子さんが21歳の時に、神山易久さんと結婚することになりました。

2人の間には、長女の神山久美子さんと長男の神山賢一さんが生まれましたが、
神山清子さんは裕福ではなかったので、子育てをしながら1日も休まずに仕事を
続けました。

神山清子さんが近江化学陶器に入社してから10年が過ぎた頃、家電の発達に
より、電気式の暖房器具が普及し始めると、会社の主力商品だった火鉢が
売れなくなり、経営が傾き始めました。

そこで神山清子さんはあっさりと会社を辞めて独立し、信楽焼の伝統的な狸や
灯籠の型押しの下請けを始めましたが、型押しは難しい上、大したお金にも
ならなかったので、何か他に仕事はないかと考え始めるようになります。

そんな中、台所で考え事をしていた神山清子さんは、信楽焼に食器が無いことに
気付き、信楽の土で食器を焼けないかという女性ならではの発想が生まれました。

その後、信楽の土で皿を作って知り合いの釜で焼かせてもらうと、味のある皿が
焼けました。

皿は毎日、料理を盛り付けるのに使うため、神山清子さんは研究を重ね、次々に
新しい皿を焼いている中、子供達が泥遊びをしているのをヒントにして「編み込み」
という手法を思いつき、「編み込み皿」を焼きました。

知り合いから公募展に出品するよう薦められた神山清子さんは、言われたように
公募展に出品すると、日本クラフト展や朝日陶芸展に入選しました。

そして、神山清子さんは信楽の女流陶芸家として一気に注目を集め、幼い頃からの
夢だった絵の道ではなく、陶芸家として華々しいスタート。

その頃はまだ神山清子さんは、自分の釜を持っていなかったので、お酒やお金を
持って行き、知り合いの電気釜で焼かせてもらっていましたが、作品がコンクール
で入選した時に審査員が釜を見たいと言ったため、電気釜を買うことにしました。

こうして、本格的に信楽焼を始めた神山清子さんは、やがて電気釜ではなく、
古代穴釜で信楽焼を作りたいと思うようになり、夫の易久さんと一緒に庭に
煉瓦を重ねて土を被せた半地上型の穴釜を作り「寸越釜」と名付けました。

神山清子さんのことを応援してくれる人もいましたが、当時は「女性が釜に
入ったら汚れる」と言われていた時代でもあったため、批判も多くありました。

一方、神山清子さんは子育てに悪戦苦闘しながらも、夫の易久さんと一緒に
陶芸に励もうとしましたが、清子さんが陶芸に励めば励むほど、易久さんとの
関係は崩れていき、やがて、夫の易久さんは不倫をし始めます。

住んでいたのは小さな田舎町だったため、誰も夫の不倫を知らない人が
いないという状況の中、神山清子さんは、涙を流しながら土をこねたりして、
苦しみ抜いていました。

そんなある日。

夫の易久さんは家を出ていってしまいます。

清子さんは易久さんのことで思い悩んでいましたが、長男の神山賢一さんが
清子さんに、易久さんのことは忘れて良い仕事をしてほしいと言ったことから、
背中を押されて、易久さんと離婚することにしました。

神山清子さん38歳の時のことでした。

*********************

ここまでが、スカーレットのモデルよりあらすじ全体の前半1週から13週14週のネタバレでした。

NHKで公表されているスカーレットのあらすじでは、戦後まもなく、大阪から
滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。名前は川原喜美子。

両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも
一家の働き手だった。

15歳になった喜美子は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。

大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに
成長させる。

3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の
世界に飛び込む。

やがて愛する男性と結婚し、息子を授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が
始まる。

相変わらずの貧乏だが、夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。

だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を
待ち受けている。

どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。

喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。

とあります。

12週13週のNHK公式発表がありました。ついでに14週15週はモデルより予想考察してます。先バレ知りたい方はどうぞ↓

スカーレット ネタバレ 12週13週あらすじ八郎と結婚!子の武志も常治倒れる!愛人不倫はまだ

スカーレット ネタバレ 14週15週~愛人松永三津で離婚−常治の死!

スカーレットのヒロインのモデル神山清子さんの史実とNHKから発表されている
あらすじから、スカーレットあらすじ全体の前半1週から13週14週

は、ヒロインの川原喜美子が
幼い頃に信楽に移り、大阪の下宿屋で働き始め、また信楽に戻り、信楽焼に
惹かれて陶芸の世界に入っていくところまでは確実に描かれると思います。

ネタバレになりますが、川原喜美子のモデルである神山清子さんは、陶芸の道
以外にも、息子の神山賢一さんが慢性骨髄性白血病になったことから、民間の
骨髄バンクの普及につとめている人物でもあります。

そのため、現在公表されているスカーレットのあらすじでは、どこまで描くか
わかりませんが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が
彼女を待ち受けているとあるので、前半の終わり13週14週か後半15週には川原喜美子も離婚
すると予想されます。

放送が開始されるまであと1週間。

スカーレットがどんな作品になっていくのか、とても楽しみですね。


【ドラマの原作漫画で結末最後が知りたい!】無料試し読みはこちらから⇓
⇒無料会員でさらに無料で読める漫画が多くなるサイトはこちらから


スポンサーリンク








スポンサーリンク

▼エールネタバレあらすじ⇓⇓

エール【あらすじネタバレ最終回まで全話紹介】キャスト相関図 モデル結末まで

1週【裕一が鉄男と! 2週【村野鉄男夜逃げ! 3週【志津に初恋実らず!   4週【音と恋文通開始も疎遠に

5週6週あらすじ 7週8週【妻以外で熱愛する文通相手が! 9週10週 11週12週【喫茶バンブー夫婦に佐藤久志が関わっていた!? 13週14週【弟子五郎と妹の梅が恋人に

エール志村けんモデル小山田耕三・山田耕筰(こうさく)ネタバレ-愛人不倫問題

ネタバレ15週モデルから【契約解除を持ち出されるも大ヒット曲を

ネタバレ16週モデルから【父の三郎の死!戦争激化で音の活躍の場喪失

エールモデル古賀政男のネタバレ【木枯正人-野田洋次郎の実在モデルの詳細

エール関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子について68歳で死

エール柴咲コウモデル双浦環(ふたうら三浦環ネタバレ志村けん山田耕作との関係

エールキャスト 子役一覧 かわいい子多数 石田星空/清水香帆/新津ちせ

エールモデル古関裕而と妻の夫婦現在?子供は?無職でスピード結婚も息子が

B088BQQD3L
▼再放送中はね駒▼
B086DZRTDD

NHK連続テレビ小説 エール 上

古関裕而 応援歌の神様 激動の昭和を音楽で勇気づけた男 (PHP文庫)

愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語

 

▼朝ドラ・大河を無料で30日間視聴する方法⇓

アマゾンプライムビデオの無料登録はこちらから

おしん

おしん あらすじ ネタバレ最終回まで全話完全版!あらすじ簡単と1話ごと詳細

おしんあらすじ最終話295話296話297話【最終回で浩太と二人の関係は?結婚か

おしんDVD

一話ずつじっくり見たい方 全部で7編に分かれてます↓

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [DVD]

長編なのでギュッとまとめてみたい方

連続テレビ小説 おしん 総集編 [DVD]

▼スカーレット

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!

スカーレット夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

 

▼話題ドラマ・映画

マスカレードホテル明石家さんまは何分?場面はどこにいますか?ネタバレ詳細時間テレビも

▼ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房 キャスト 子役 他一覧 相関図や子役(藍子)の現在や豊川まで紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

******




スポンサーリンク

▲再放送 おしんあらすじ・キャスト

おしん はつこ初子 今後どうなる?結婚?キャスト子役や大人キャスト現在はこちら↓

おしん 田中裕子 降板?黒歴史・確執とは?キャストの裏情報!

おしん 希望の結婚相手ゆりは事故死!キャスト現在は?塩屋俊-寺田路恵の紹介

おしん 仁 結婚相手は道子!今後はどうなる?キャストとあらすじ紹介

おしん偵てい疎開先や結婚相手今後!キャスト現在は

おしん 名シーン名場面あらすじまとめ 【感動保存版】前半から

おしんキャスト雄現在は?赤ちゃんかわいい子役画像と松田洋治さんも

・キャストつねさん 役紹介!丸山その後声優をひどい仕打ち
・キャスト竜三 並樹史朗現在画像とあらすじ73話74話竜三からおしんへ

・おしんモデルはヤオハンスーパー創業者の妻かor川根本町出身の丸山静江?
キャスト加賀屋 一覧とモデルくにおばあさんと加代の死!結末あらすじ
・キャスト圭 大人キャスト大橋吾郎と子役まで詳しく
・キャストかよ 志喜屋文の現在は?当時のCM動画も【少女編
・キャスト佐藤仁美うめ役 画像・動画あり同姓同名!再放送

 

▼朝が来た

あさが来たネタバレあらすじまとめ【あさ、はつの一生、ふゆと新次郎の関係!

▼朝ドラ大河歴代・オーディション情報

朝ドラ歴代視聴率ランキングワースト3とベスト6!2000年以降

ヒロインオーディション 一般人応募方法まとめ【落選-脇役-倍率-内容

歴代大河ドラマ視聴率ワースト10【大河ワースト1位は同率で幕末と平安大河




スポンサーリンク