虎に翼ネタバレ1週あらすじ【弁護士目指すな結婚しろ母はる反対

[PR]

今回は朝ドラ『虎に翼』の1週あらすじネタバレを紹介していきます。1週タイトル「女賢くて牛売り損なう?」

「虎に翼」は女性初の弁護士・三淵嘉子さんをモデルにしています。

2024年4月1日からドラマ1週1話から開始されます。

虎に翼ネタバレ1週あらすじ 弁護士目指すな結婚しろ母はる反対

虎に翼 ネタバレ1週

東京の昭和初期(昭和6年)、女学校に通う猪爪寅子(伊藤沙莉)は父・直言(岡部たかし)、母・はる(石田ゆり子)から次々とお見合いを勧められる。

猪爪寅子は女学校の門を出ると、結婚という未来が既に描かれていた。しかし、彼女の心はその道に迷いを感じていた。

親友の花江(森田望智)は、寅子の兄・直道(上川周作)との結婚を控え、幸せな未来を夢見ていたが、寅子は自分の道を見つけることに苦慮していた。ある日、大学の夜間部に通う佐田優三(仲野太賀)との偶然の出会いが、彼女の人生に新たな可能性をもたらす。

その後、寅子は「女性は無能力者」という偏見に直面し、穂高重親教授(小林薫)と桂場等一郎裁判官(松山ケンイチ)との出会いが、彼女の法律への興味を深める。法律に強い関心を持つ寅子に「明律大学女子部法科」へ来いと言う穂高。

女性も弁護士になれる時代を見据えた明律大学女子部法科への出願を決意するが、家族の理解を得ることは容易ではなかった。

花江と兄の結婚式が近づく中、寅子は家族に自分の意志を伝えるタイミングを計る。しかし、彼女は伝統的な女性の役割に疑問を抱き、自分の未来を自分で決めたいという強い願望を持っていた。結婚式後、母・はるに自分の夢を語る決意をする。

最終的に、寅子の女子部への出願が母に知られてしまい、はるは寅子に現実を受け入れるよう促す。

しかし、寅子は裁判官の桂場との再会を通じて、母を説得する方法を模索する。彼女の未来は、伝統と現代の価値観の間で揺れ動きながらも、自分の道を切り開く決意を固めていた。

必死に説得しようとする寅子に、はるは現実の厳しさを教え、明日改めて振袖を買いに行こうと提案する。

翌日、母との待ち合わせ場所で寅子は裁判官の桂場(松山ケンイチ)に再会。

母を説得する方法を尋ねると、「私も女子部進学には反対だ」と言われてしまう。

 

虎に翼ネタバレあらすじ最終回マデ朝ドラ意味主題歌マデ

  • ネタバレあらすじ1週1話 4/1月
  • ネタバレあらすじ1週2話
  • ネタバレあらすじ1週3話
  • ネタバレあらすじ1週4話
  • ネタバレあらすじ1週5話

 

ネタバレ2週あらすじ【山田よねと対立!明律大学女学部

虎に翼 ネタバレ1週感想

一般的には朝ドラ1週、2週では幼少期が描かれ、子役たちが出演するのですが、今回ははじめからすぐにヒロインの伊藤沙さんが女学校時代として登場します。

弁護士に進みたいという寅子をはるは猛反対します。これからどうやって説得し、女性のための法律学校へ進むことができるのでしょうか?見もので楽しみですね!

虎に翼モデル三淵嘉子の家系図!夫,息子,再婚相手旦那や子孫,家族子供生涯

 

◆朝ドラガイドブックなどはこちらから⇓⇓


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓