虎に翼57話ネタバレ6/18火【轟とよね付合い結婚で事務所を寅子再会

[PR]

今回は『虎に翼』の57話(第12週)6月18日 火曜のあらすじネタバレ、放送後の詳細あらすじネタバレについて紹介します。

12週タイトル「家に女房なきは火のない炉のごとし?」意味は:家に主婦がいないのは、炉の中に火がないのと同じで、大事なものが欠けていて寂しいということ。

(57話)

スリの少年たちのリーダー・道男(和田庵)を追いかけた寅子(伊藤沙莉)は、よね(土居志央梨)に再会する。

轟(戸塚純貴)とよねはカフェー「燈台」があった場所に法律事務所を開いていた。

寅子が判事補になったと聞いて喜ぶ轟と、対照的に冷たい態度を取るよね。多岐川(滝藤賢一)は子どもたちに必ず手を差し伸べると約束する。

引用dimora.jp

◆朝ドラガイドブック・シナリオ集はこちらから⇓⇓

虎に翼12週57話のネタバレあらすじと放送前朝ドラ予告レビュー

ドラマ「虎に翼」57話の詳細あらすじ

虎に翼 第57話の詳細なあらすじと予告レビュー

あらすじ: このエピソードでは、戦争によって家族を失った孤児たちが社会問題になっている東京・上野を寅子と同僚の小橋と稲垣が視察します。

その際、突然ぶつかった少年が小橋の財布を盗んで逃げる場面が描かれます。寅子は少年を追いかけ、その少年が逃げ込んだ場所がカフェ『燈台』であることが明らかになります。

寅子がカフェに入ると、空襲で亡くなったと思われていた同級生のよねと轟が現れ、驚きをもって迎えられます。よねと轟はカフェで法律事務所を開いており、寅子の生存を喜んでくれます。

 

57話予告のレビュー

よねと轟が生きていることが明らかになり、特に人気の高い2人のキャラクターが付合っているか、結婚までしてるかも気になります。

また、寅子がスリの少年を追いかけ、運命のようにこの2人に再会する場面も注目されます1

そして、寅子と同級生5人(寅子、よね、轟、小橋、稲垣)の再会が描かれ、彼らが一致団結して戦争孤児たちを救う姿が描かれることを期待しています

虎に翼10週以降の登場人物相関図

10週からの出演者相関図・キャストを紹介。

➡ 公式登場人物

 

◆朝ドラガイドブック・シナリオ集はこちらから⇓⇓

◆放送後に詳細あらすじネタバレ・感想を追記してお届けします⇓⇓

 

◆朝ドラガイドブック・シナリオ集はこちらから⇓⇓

番組台本のレイアウトそのままに、本番のドラマでカットされたシーンやセリフもすべて楽しめるシナリオ集!

・三淵嘉子の生涯 単行本はこちらから

 

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧