虎に翼17週81話ネタバレ吹き出し!涼子と玉と再会

[PR]

今回は『虎に翼』の81話(第17週)7月22日 月曜のあらすじ予告ネタバレ、放送後の詳細あらすじについて吹き出し追加で紹介します。

17週タイトル「女の情に蛇が住む」意味は: おんなのなさけにへびがすむ
女の情愛は執念深い事の例え。深入りすれば恐 ろしいものだ。という意味。 似た言葉➡女の根性は蛇の下地。

(81話)

星航一(岡田将生)の行きつけである喫茶ライトハウスを経営していたのは、涼子(桜井ユキ)と玉(羽瀬川なぎ)だった。

再会を喜ぶ寅子(伊藤沙莉)だったが、玉はある事情を抱えていた。

二人はこの場所で、昼は喫茶店、夜は高校生に勉強を教える塾を開いているという。

涼子たちの塾には山の境界線をめぐる民事調停で関わった森口(俵木藤汰)の娘・美佐江(片岡凜)の姿もあった。

引用dimora.jp

◆朝ドラガイドブック・シナリオ集はこちらから⇓⇓

虎に翼17週81話ネタバレ吹き出し!あらすじ予告レビューも

新潟本庁で再会した寅子と航一。航一に紹介された喫茶ライトハウスには、なんと涼子と玉の姿が!一方で、寅子にとって初めての刑事事件の裁判が始まる。
星航一が行きつけということは涼子のカフェは新潟市にありますね。
新潟2週めがこのペースだと、星との再婚は東京に戻ってからかなと予想します。

 

◆朝ドラガイドブック・シナリオ集はこちらから⇓⇓

番組台本のレイアウトそのままに、本番のドラマでカットされたシーンやセリフもすべて楽しめるシナリオ集!

虎に翼14週からの最新キャスト相関図!裁判官編以降の登場人物

➡ 公式登場人物

星 航一(ほし こういち)

<裁判官> 朋彦の息子。横浜地裁で判事を務めている。病気で妻を失い、残された子どもを育てている。温和な性格だが笑顔の奥の本心は誰にも分からない。その信念に寅子と通じ合う部分がある。

岡田将生(おかだ まさき)

13週からの出演者相関図・キャストを紹介。

➡ 公式登場人物

【虎に翼】相関図[裁判官編 第13週]【NHK朝ドラ公式】

猪爪家:佐田 優未

(さだ ゆみ)

寅子の娘。 忙しい母に負担をかけないよう、いい子を演じている。

金井 晶(かない あきら)

星 朋彦

(ほし ともひこ)

<初代長官> 初代最高裁判所長官で、裁判官・星航一の父。寅子に自身の著作の改稿作業を手伝ってもらうことになり交流を深める。穂高重親とも親しく、老いてますます高い理想を語らう仲である。

平田 満(ひらた みつる)

➡ 公式登場人物

◆朝ドラガイドブック・シナリオ集はこちらから⇓⇓

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧

にぶんのいち夫婦 最新刊完結結末!全巻小説-和真視点

あなたがしてくれなくても結末最新話不倫恋完結はまだ

凪のお暇ネタバレ最新話刊-結末最終巻マデ

いつわりの愛‐契約婚漫画結末!小説ヨリ最後は理人離婚!

復讐の未亡人最終回マデ

血の轍ネタバレ

ギルティ最終回マデドラマ違い【瑠衣の正体と目的

それでも愛を誓いますか最終回全ネタバレ!真山と結ばれる?元サヤに

ミステリと言う勿れ 結末マデ犯人と真相