わろてんかネタバレ8週45話46話【儀兵衛の死-風太の知らせ

[PR]

わろてんかネタバレ8週45話46話の内容です。

わろてんか8週 45話と46話について簡単にネタバレします。

寄席で冷やし飴を売るという発想でお客を呼び込んだてんの商才を見抜き、
伊能はてんに自分の活動写真にてんの商才を使わせてもらいたいと願い出ます。

てんは、伊能が風鳥亭の仕事を手伝うのと引き換えにその話を了承します。

伊能が藤吉と寄席の外で客引きをしていると昼間は女性や老人が
よく寄席の前を歩いていることに気付き、昼間の興行をしたらどうかと
てんと藤吉にアドバイスします。

すると、伊能の読みは当たり、昼間の興行は夜の興行には縁遠かった
女性や老人が寄席に詰め寄ってきてくれました。

順調に売上を伸ばしていた風鳥亭でしたが、そんな中、
京都から突然、風太がやって来ます。

そして、風太の言葉によっててんは激しいショックを受けるのでした。

伊能はやはり商売の才能があるようですね。

活動写真を本格的に取り組み始めたようなので、これから
どんな経営をしていくのか、また、てんはどの様に伊能の
活動写真に関わっていくのか、これからの見所の1つだと思います。

一方、風太が突然やって来たのには深い理由がありそうです。

8週中盤から後半は悲しい回になりそうですね。

では、わろてんか8週 45話のネタバレです。

************************

44話で冷やし飴を寄席で売るという発想が当たったことで、
てんの商才を鋭く見抜いた伊能は、てんと藤吉に自分の経営する活動写真に
てんの商才を使わせてもらいたいと願い出ます。

てんは、伊能が風鳥亭の仕事を手伝ってくれるのならと
伊能の頼みを快諾します。

そして、伊能は藤吉と一緒に寄席の外でお客の呼び込みを手伝うことになりました。

お客の呼び込みを手伝っていた伊能は、寄席の前の通りには、
昼間、女性や老人が多いことに気づきます。

そのため、風鳥亭を夜の興行だけでなく、昼間も女性や老人を相手に
寄席を開いてみてはどうかと伊能は提案し、てんと藤吉は、
昼間も風鳥亭の興行を始めました。

伊能のその洞察力は優れていました。

風鳥亭が昼間の興行を始めると、これまで夜の興行では来てくれなかった
女性や老人がどんどん風鳥亭にやって来るのでした。

ここまでが45話のネタバレで、

次から46話になります。

**************

伊能のアドバイスによる昼間の興行は当たり、風鳥亭の客足は
どんどん伸びていきました。

てんと藤吉がお客で賑わいだしてきた風鳥亭の経営に
忙しく働いている中、いきなり京都から風太がやって来ました。

しかし、風太はいつもと様子が違い、口数も少なく暗い表情をしていることを
心配しながらも、てんは風太にりんの縁談のことや家族のことを聞きました。

ようやく重い口を開いて話し始めた風太でしたが、
その話はてんにとって、激しくショックを受けるものでした。

何と、風太は儀兵衛が亡くなったことをてんに伝えたのでした。

*********************

ここまでが、わろてんか8週 45話と46話のネタバレでした。

ネタバレにあるように、わろてんか8週 45話と46話では、
伊能のアドバイスにより、昼間の興行を始めた風鳥亭は、
順調に売上を伸ばしていくことができるようになりました。

ようやく風鳥亭も順調な経営ができると思い始めた時に、
突然の風太の登場によりそんな雰囲気ではなくなってしまいそうです。

儀兵衛が身体を壊したことは明らかにされていました。

そして、1度風太がそれをてんに伝えようとやって来た時もありましたが、
風太はその時何も言えずに帰っていきました。

そのため、私は容態が悪くなったらもう一度風太が来て、
てんは儀兵衛の死に目に会えると思っていたのですが、
風太が来たのは儀兵衛が亡くなってからのようです。

てんは儀兵衛が亡くなるところを看取れないのは悲しい展開ですね。

46話は涙が溢れる回になりそうです。

わろてんかネタバレ9週【てんの子の隼也誕生-風太が寺ギンのもとへ!

わろてんかネタバレ高橋一生のモデル今後は!藤吉の死後てん再婚-恋愛説

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓