ブギウギネタバレ26週,最終週!歌手引退,人気テレビ女優!羽鳥とラストコンサート

[PR]

ブギウギネタバレ26週、最終週最終回ラスト結末の内容です。確定したあらすじと実在モデルの史実から予想をお送りします。

ブギウギの主人公·スズ子は、笠置シヅ子さんをモデルにしています。

26週最終週のネタバレ確定あらすじをアップしました!実在モデルである笠置シヅ子さんの史実より予習レビューも後半にのせてます。

ブギウギ花田鈴子モデル笠置シヅ子の生涯!養子や結婚相手の死!

◆サヨナラコンサートで全部の歌が聞けそうですね!今から最終回が楽しみです♪♪⇓⇓

福来スズ子 ドラマ劇中歌限定CD⇓⇓

【Amazon.co.jp限定】福来スズ子 傑作集(メガジャケ付)

1.東京ブギウギ 2.恋のステップ 3.ラッパと娘 4.センチメンタル・ダイナ
5.大空の弟(ブギウギ ver.) 6.アイレ可愛や
作曲/服部良一 編曲/服部隆之 オリジナルカラオケも入ってます♪

ブギウギネタバレ26週,最終週ラスト結末!最終回あらすじと史実レビュー

26週最終週ネタバレ確定あらすじまとめ

  • スズ子の引退決意: スズ子(趣里)は、水城アユミ(吉柳咲良)との歌合戦で燃え尽きたと感じ、歌手を引退することを決めます。

善一(草彅剛)には絶縁され、タケシ(三浦りょう太)や愛子(小林星蘭)にも打ち明けます。 茨田りつ子(菊地凛子)にも報告しますが、彼女はスズ子の決断を尊重します。

  • 引退会見: スズ子は、記者会見で引退の理由を説明します。

鮫島(みのすけ)は、水城アユミに負けたから引退するのだと言ってスズ子を挑発しますが、スズ子は冷静に対応します。

スズ子は、善一に感謝の気持ちを伝えますが、善一は会見には現れませんでした。

  • サヨナラコンサート: 善一は、スズ子に謝罪し、最後に一緒に歌って楽しもうと提案します。 スズ子は、善一の誘いに応じてサヨナラコンサートを行うことにします。

スズ子は、梅丸で同期だった仲間やおミネ(田中麗奈)たちにも見送られ、最後のステージを熱唱します。

  • 新たな旅立ち: スズ子は、歌手を辞めた後も芸能活動を続けることにします。

スズ子は、タケシや小田島親子、大野(木野花)と一緒に暮らし、義理と人情を大切にします。 スズ子は、自分の人生を楽しく生きていきます。

 

◆サヨナラコンサートで全部の歌が聞けそうですね!今から最終回が楽しみです♪♪⇓⇓

福来スズ子 ドラマ劇中歌限定CD⇓⇓

【Amazon.co.jp限定】福来スズ子 傑作集(メガジャケ付)

1.東京ブギウギ
2.恋のステップ
3.ラッパと娘
4.センチメンタル・ダイナ
5.大空の弟(ブギウギ ver.)
6.アイレ可愛や
作曲/服部良一 編曲/服部隆之 オリジナルカラオケも入ってます♪

26週最終週ネタバレあらすじ1話ごと

26週122話ネタバレ:

スズ子は、歌手をやめると決めて善一に報告するが、善一はそれを受け入れられず、スズ子との関係を断つと言ってしまう。

スズ子は、善一の言葉にショックを受けるが、自分の決断を変えない。

一方、水城アユミは、スズ子に歌手を続けてほしいと思っていた。

 

26週ネタバレ123話:

スズ子は、引退会見を開くことにするが、善一はそれを聞いても会いに来ない。

スズ子は、善一に直接感謝の言葉を伝えたいと思うが、善一はスズ子から逃げるように予定を入れている。

麻里は、善一の行動に怒り、善一はスズ子に捨てられるのが怖いだけだと言う。

 

26週ネタバレ124話:

スズ子は、多くの記者たちの前で歌手を引退する理由を説明する。スズ子は、自分が納得できるパフォーマンスができなくなったことや、水城アユミに刺激を受けたことを話す。

鮫島は、スズ子に水城アユミに負けたと言わせようとするが、スズ子はそれを否定する。スズ子は、善一に感謝の気持ちを伝えるが、善一は会見に来ていなかった。

 

26週ネタバレ125話:

スズ子は、引退の挨拶をしている中で、善一にはまだ挨拶ができずにいた。茨田りつ子に言われて、スズ子は善一に直接話に行く決意をするが、善一が家にやってきた。

善一は、スズ子に絶縁すると言ったことを謝罪し、スズ子が離れてしまうことが怖かったと打ち明ける。善一は、スズ子に最後に一緒に歌ってほしいと頼む。

 

26週最終週最終回126話:

「福来スズ子サヨナラコンサート」:スズ子は、最後のワンマンショーを行うことにする。スズ子の楽屋には秋山美月、リリー白川、桜庭和希、山下と坂口、おミネらも駆けつけ「東京ブギウギ」や「ラッパと娘」などのヒット曲を歌って観客を魅了する。

スズ子は、感謝の言葉を述べてサヨナラコンサートを終える。スズ子は、その後二度と歌を歌わなかった。スズ子は、タケシや小田島親子、大野などと一緒に暮らし、義理と人情で生きていった。

 

◆サヨナラコンサートで全部の歌が聞けそうですね!今から最終回が楽しみです♪♪⇓⇓

福来スズ子 ドラマ劇中歌限定CD⇓⇓

【Amazon.co.jp限定】福来スズ子 傑作集(メガジャケ付)

1.東京ブギウギ
2.恋のステップ
3.ラッパと娘
4.センチメンタル・ダイナ
5.大空の弟(ブギウギ ver.)
6.アイレ可愛や
作曲/服部良一 編曲/服部隆之 オリジナルカラオケも入ってます♪

ネタバレ26週,最終週ラスト結末までのあらすじ流れを史実予習レビュー

ブギウギ確定あらすじ25週の最後では、大和礼子さんの娘である水城アユミが「ラッパと娘」を歌い、スズ子は同じ舞台で愛子のためにヘイヘイブギーを歌う「男女歌合戦」での新旧ブギ対決が始まったというところで終わりました。

なので26週はその歌合戦の模様と、それからの鈴子の動向がどうなるかを描くと思います。

史実予習レビューとして実在モデルの笠置シズ子さんの歌合戦までの流れと、その後について詳しく紹介していきます。⇓⇓

:::::::::::

笠置シズ子さんはブギの終焉と、シズ子自身は器用な歌手ではなく、与えられた曲を歌うのではなく曲を選ぶ歌手であって、マンボなど歌の変遷についていけず、スランプとなっていました。

 

1953年(昭和28年)2月1日14時、NHKの東京テレビジョン(JOAK-TV)がテレビ本放送を開始

この日の19時30分から、人気歌謡番組「今週の明星」がNHKラジオ第1放送と同時生中継され、日比谷公会堂からシヅ子も霧島昇らと生出演し、テレビ放送に出演した最初の歌手の1人となりました。

初めてのテレビ放送で1950年(昭和25年)から共演しているベテラン歌手が戸惑っている中、シヅ子はステージ衣装に気を配り、落ち着いた雰囲気で歌っていました。

音声はありませんが、現在でも「今週の明星」で和装の衣装を着て、バンドを背にし、「買物ブギー」を踊って歌うシヅ子の映像が残されています。

しかし、美空ひばり(水城アユミのモデル)などの若くて勢いのある後輩歌手達の台頭が続く中、シヅ子は自分の歌手としての限界を感じつつありました。

結局、シヅ子が爆発的な人気歌手だったのは「東京ブギウギ」から数年間だけで、1956年(昭和31年)に「ジャ·ジャムボ」と「たよりにしてまっせ」を発表し、

その年末の第7回NHK紅白歌合戦で大トリを務めると、1957年(昭和32年)早々に「歌手を廃業し、これからは女優業に専念したい」と公表。

シヅ子は後年に「廃業の理由は『太りかけたから』」と告白しています。

シヅ子の魅力は、その力強いボーカルと一体化した踊りであり、そのパフォーマンスが維持出来なければ、自分の魅力は無くなることをよく理解していたのです。

しかし、歌手廃業の決断は永年の師であった服部に無断で行ったもので、服部は「歌手は声が出る限り、死ぬまで歌い続けないといけない」と激怒しましたが、後年になって「ほとんど最盛期と言ってもよい時期に、ファンに最高の思い出を残して音の世界から消えてしまったのである。全く美事というほかない」とその潔さを称えるようになっていました。

その後、シヅ子は女優活動に専念。

シヅ子の娘·亀井ヱイ子(愛子のモデル)によれば、引退後は公私問わず、鼻歌に至るまで一切歌を歌わなかったようです。

一方で、義理堅い性格は変わらず、1960年(昭和35年)「服部良一(羽鳥善一のモデル)銀婚式記念、シルバーコンサート」に、恩師へのお祝いのために特別出演して歌を披露しましたが、これがシヅ子が人前で歌った最後となりました。

その後、懐メロブームで何度もカムバックの要請がありますが、シヅ子は頑なに拒否。

シヅ子は”笠置シヅ子“として女優活動へ専念する際には、各テレビ局や映画会社、興行会社を自ら訪れ、出演料ランクの降格を申し出ています。

さらに、自分が死んでヱイ子が一人になっても生活していけるよう、広大な自宅敷地内に賃貸アパートを建てました。

シヅ子はその後、得意の大阪弁を活かした軽妙な演技で多くの作品に出演しました。

また、1967年(昭和42年)からはTBSテレビの人気番組「家族そろって歌合戦」の審査員として出演し、

1971年(昭和46年)からは、カネヨ石鹸の台所用クレンザー「カネヨン」CMのおばさんとしてシヅ子は歌手として引退した後も世間に親しまれる存在となったのでした。

◆サヨナラコンサートで全部の歌が聞けそうですね!今から最終回が楽しみです♪♪⇓⇓

福来スズ子 ドラマ劇中歌限定CD⇓⇓

【Amazon.co.jp限定】福来スズ子 傑作集(メガジャケ付)

1.東京ブギウギ
2.恋のステップ
3.ラッパと娘
4.センチメンタル・ダイナ
5.大空の弟(ブギウギ ver.)
6.アイレ可愛や
作曲/服部良一 編曲/服部隆之 オリジナルカラオケも入ってます♪

26週最終週の史実予習レビューまとめ 笠置シズ子

  • 歌手廃業とテレビドラマ: 笠置シズ子さんは1956年;昭和31年,大晦日の紅白歌合戦で大トリを務めた後、歌手をやめると宣言した。その代わりに女優として活躍することにした。彼女は1957年『雨だれ母さん』や1960年『台風家族』などのテレビドラマに出演し、人気を博した。

 

  • 映画とカラーテレビ: テレビドラマだけでなく、映画にも多く出演。日活、東宝、東映などの作品に主演や脇役として登場した。また、カラーテレビが普及し始めたころから、1966年『家族そろって歌合戦』の審査員や1966年「カネヨン」のCMにもレギュラーで出演した。

 

  • 最晩年: 1981年に乳がん、1983年に卵巣がんと闘いながらも、芸能活動を続けた。日本劇場の閉館に際しては、舞台あいさつを務めた。しかし、がんが再発し、70歳で亡くなった。最期の言葉は「日劇時代は楽しかったね」というものだった。1985年に行われた告別式の葬儀委員長は服部良一さん(羽鳥善一のモデル)が務めた。

 

◆サヨナラコンサートで全部の歌が聞けそうですね!今から最終回が楽しみです♪♪⇓⇓

福来スズ子 ドラマ劇中歌限定CD⇓⇓

【Amazon.co.jp限定】福来スズ子 傑作集(メガジャケ付)

1.東京ブギウギ
2.恋のステップ
3.ラッパと娘
4.センチメンタル・ダイナ
5.大空の弟(ブギウギ ver.)
6.アイレ可愛や
作曲/服部良一 編曲/服部隆之 オリジナルカラオケも入ってます♪

ブギウギネタバレ26週最終回結末!歌手引退,女優やテレビの人気者!羽鳥先生の銀婚式でラストコンサート

以上のことから、『ブギウギ』でのスズ子も最盛期と言われるような中、水城アユミをはじめとする後輩歌手達の台頭や自身の動きのキレが悪くなっていることを悟り、早めに歌手として引退することを決めると思います。

そして、娘を育てていくために女優として活動することに専念し、歌うことはしなくなるでしょう。

その後、スズ子は軽快な大阪弁で女優としても活躍し、1967年(昭和42年)からはテレビの人気歌番組の審査員として出演。

1971年(昭和46年)から、スズ子はある会社の石鹸の台所用クレンザーCMのおばさんとして世間に親しまれる存在となるのではないでしょうか。

そして最終回結末では、恩師である羽鳥善一の記念コンサートでは最後に人前で歌う可能性が高そうです。

 

実際の結末はドラマを最終回まで見てのお楽しみですね。

 

 

◆サヨナラコンサートで全部の歌が聞けそうですね!今から最終回が楽しみです♪♪⇓⇓

福来スズ子 ドラマ劇中歌限定CD⇓⇓

【Amazon.co.jp限定】福来スズ子 傑作集(メガジャケ付)

1.東京ブギウギ
2.恋のステップ
3.ラッパと娘
4.センチメンタル・ダイナ
5.大空の弟(ブギウギ ver.)
6.アイレ可愛や
作曲/服部良一 編曲/服部隆之 オリジナルカラオケも入ってます♪

【ブギウギ ドラマガイドブック パート2】1月25日発売☆最終回まであらすじを読めます!こちらからアマゾンで購入可能!!

◆ドラマ・ガイド掲載内容予定
インタビュー:ヒロイン・趣里/登場人物関係図/出演者紹介/インタビュー:草彅剛/水上恒司/菊地凛子/ステージシーン特集/主題歌スペシャルトーク/朝ドラを支えるバイプレーヤーたち/昭和歌謡特集/あらすじ 他

 

⇓⇓ブギウギ ヒットパレード 笠置シヅ子さんの名曲選CD⇓⇓

1 東京ブギウギ 2 大阪ブギウギ
3 ヘイヘイブギー 4 ラッパと娘
5 センチメンタル・ダイナ 6 ホット・チャイナ
7 アイレ可愛や 8 セコハン娘 9 ジャングル・ブギー
10 ブギウギ時代 11 ホームラン・ブギ
12 情熱娘 13 名古屋ブギウギ
14 ペ子ちゃんセレナーデ 15 買物ブギー
16 ジャンケン・マンボ 17 たよりにしてまっせ

 

CD:ブギウギ伝説~笠置シヅ子の世界~こちらから 

ブギの女王・笠置シヅ子 魅力のすべて奇跡的に発見された笠置シヅ子と榎本健一の帝国劇場でのミュージカル音源を収録⇓⇓

恋愛疑惑が!草彅剛モデル羽鳥善一/服部良一の笠置しず子の関係

蒼井優バレエ歴36年!大和礼子モデルの飛鳥明子は29歳若くで死!

 

◆ネタバレあらすじトップページ⇓⇓

⇒ブギウギ朝ドラネタバレあらすじ最終回マデ来週,今後の結婚相手/死

 

・鈴子の家族や、銭湯の常連さんなど周りの人々が登場してきます⇓⇓

キャスト相関図一覧!結婚相手役の水上恒司は誰?子役全紹介

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

最新ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧