院内警察ネタバレ最終回原作漫画結末!犯人黒は榊原,倉田!?美咲の死の真相

院内警察ネタバレ最終回漫画原作結末 ネタバレ最終回原作
[PR]

今回はドラマ『院内警察』のあらすじネタバレ最終回結末までと、原作漫画ネタバレあらすじ完結まで解説!

  • ドラマキャスト相関図紹介&最終回予想
  • 美咲の死の真相や病院黒幕犯人 榊原、倉田、横掘

院内警察のあらすじ:日本ではまだ馴染みの薄い”院内交番”を舞台に、元警視庁捜査一課刑事の主人公·武良井 治(桐谷健太)天才外科医·榊原俊介(瀬戸康史)の正義がぶつかり合う”刑事モノ×医療モノ”2大王道ジャンルのハイブリッド作品です。

『院内警察』は、原作·酒井義さん、漫画·林いちさんによる漫画『院内警察 アスクレピオスの蛇』が原作です⇒2023年12月20日に最新6巻が発売。原作をもとにドラマ最終回を予想します⇓

2024年1月12日からフジテレビ系の「金9」枠で、ドラマ化決定。ドラマ1話から最終話までアップしていきます

\今なら2巻まで無料で読めます⇓⇓/
【武良井の元婚約者·美咲の死の真相や病院に隠された闇とは…!?】知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

  • 2巻目以降最安値の70%offの211円で買えます!

目次

院内警察ネタバレ最終回完結漫画原作からドラマ最終話まで 榊原は

『院内警察 アスクレピオスの蛇』は、元警視庁捜査一課の刑事·武良井が病院内で起こる様々な事件を解決しつつ、自分の元婚約者の死の真相を追っていくというというストーリーとなっています。原作漫画から最終回結末予想を以下にまとめます⇓⇓

  1. 美咲は癌でなく肺炎で死亡
  2. 美咲は薬の治験で死,榊原は妹を亡くし心の傷が
  3. 黒い関係が噂される医師田尻の逮捕
  4. 院内警察の廃止
  5. 黒幕犯人・共犯は 外科部長倉田と室長横堀か榊原は

では1つずつ詳しく説明していきます↓↓

最終回原作ネタバレ漫画あらすじよりドラマ最終回結末予想

最終回原作ネタバレ①:美咲は癌でなく肺炎で死亡

武良井は現役刑事を辞め、院内交番にやって来たという異色の存在。

武良井が院内交番に来たのは、元婚約者·美咲が阿栖暮総合病院で胃がん治療中に亡くなってしまった謎を探るために、この病院に潜入していたのです。

ある事件を解決したことにより、武良井は病院内にアクセス出来る権限を得ることに成功し、美咲は胃がんではなく「間質性肺炎」で亡くなったことが判明します。

最終回原作ネタバレ②:美咲は薬の治験者に榊原は妹を亡くし心の傷が

また病院内のデータから、美咲は薬の治験者となっていたことがわかったのです。

また、ライバル的な存在である外科医·榊原俊介も、かつて妹を病気で亡くしたという過去があり、心に傷を抱えていることも明かされています。

 

最終回原作ネタバレ3:黒い関係が噂される医師田尻の逮捕

内科医·田尻賢太郎が、多くの生活保護者に薬を処方し、反社に薬を流すことで報酬を得ていることが発覚。

反社の人間から田尻が封筒を受け取るところを確認した武良井は、田尻にそのことを指摘すると、田尻はあっさりと反社との繋がりを認めます。

武良井は防犯カメラから反社の人間を特定し、薬の流通経路などを聞き出すことに成功しましたが、そのことが知られてしまい激しい暴行を受けてしまうことに。

武良井が拉致されていると知った田尻は、反社の人間に会いに行き、病院関係者には手を出さないと約束しただろうと話しました。

田尻は以前、なかなか薬を処方してくれないことに怒った生活保護者により、部下の医師が刺されてしまったことを悔やみ、自分が罪を犯すことで病院関係者を守っていたのです。

その後反社の人間は逮捕され、田尻も自首しましたが、受け取ったお金を全額寄付していたことから彼の罪は軽く済むのでした。

最終回原作ネタバレ4:院内警察の廃止

田尻の一件により責任を問われた院内警察は、病院の幹部達により廃止されることが発表されました。

榊原から、恋人の美咲について「術中死とか──」と意味深な言葉を聞いた武良井は、美咲の実家を訪れます。

そこで、美咲の母親から美咲が亡くなる直前に手術を受けていたと聞かされますが、その手術はカルテには記載されていませんでした。

最終回原作ネタバレ5:黒幕犯人・共犯は 外科部長倉田と室長横堀か榊原

美咲は胃がんが見つかった時にはステージ4でした。しかし、美咲の母から美咲の日記を渡されて、武良井が読んでみると、不審な点が見つかります。

美咲が入院中に被験者となっていた治験があり、同じ治験を受けた患者5人も間質性肺炎となっていて、そのうちの1人は数日前に亡くなっていました。

母親は手術の謝礼を渡す時に、美咲の執刀医5人の名前をメモに残していました。

武良井がすぐにその5人の医師を調べると、全員が病院から何らかの報酬を得ていたことが判明。

美咲が亡くなる直前に受けたカルテに記載されていない手術とは?院内交番が廃止された本当の理由とは?

美咲の死に病院が関わっていることは間違い無さそうですが、ハッキリとした理由は原作では明かされていません。

ではドラマの犯人、黒幕は誰になるのでしょうか??予想していきます↓↓

母親のメモの5人の執刀医の中に外科部長の倉田がいて、製薬会社の誰かとつながっていて賄賂をもらい、薬の治験を成功とし通らせ見返りをもらっていて、犯人黒幕ではと予想してます。

犯人の大穴として室長横堀も院内のそのことを知っていて隠ぺいした共犯者としての一面もあったとなるかもしれないです。

榊原が治験の責任者であるところから、榊原も犯人黒幕と考えられますが、これまで武良井と協力してきた事を考えるのと、榊原だとそのままになってしまうので黒幕ではないと予想します。

\今なら2巻まで無料で読めます⇓⇓/

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

院内警察 ネタバレ1話ドラマあらすじ

病院内で起こる患者同士のトラブル対処やクレーム対応、落とし物管理などを担う民間組織『院内交番』。

その名の通り”病院内の交番“として、院内の秩序を守るために設置されたこの組織には、一般的に警察OBが定年退職後に従事することが多いです。

元警視庁捜査一課の刑事·武良井 治(桐谷健太)は、阿栖暮総合病院内に設置された院内交番に所属し、日々、患者同士のトラブル解決や遺失物の捜索などに従事していました。

院内交番には武良井と室長の横堀仁一(市村正親)が所属していましたが、ある日そこに交番事務員として川本響子(長濱ねる)がやって来ます。

有名病院の医療事務としてやりがいのある仕事が出来る、と張り切ってきた川本は、院内で「軽薄で、空気の読めない、給料泥棒」を意味する”3K交番“と揶揄されている場所に配属され、ショックを受けます。

そんな中、阿栖暮総合病院が誇る若き天才外科医·榊原俊介(瀬戸康史)がドイツから帰国。

榊原は、帰国直後にも関わらず難易度の高いオペを執刀し、素早く正確な技術を披露して周りの医師を唸らせていました。

川本とともに院内のパトロールに出掛けた武良井は、山際修平(渡辺光)という男が入院中の妻の検査の件で医師と揉めている姿を目撃します。

山際は目的がわからない検査が続いていることに納得出来ない様子。

応対していた内科医は、高名な榊原が手術するから安心してほしい、と山際を説得しますが……。

⇒今だけ無料で 院内警察 原作最新巻をイーブックで今すぐ読む!

院内警察 キャスト登場人物・相関図

院内警察(ドラマ) | WEBザテレビジョン
  • 武良井 治役 桐谷健太…阿栖暮総合病院の院内交番に勤務する院内刑事。飄々とした性格と大胆な行動で医師達から煙たがられていますが、プロファイリング能力に長け、様々なトラブルを解決していきます。
  • 榊原俊介役 瀬戸康史…阿栖暮総合病院第一外科の副部長。天才的な外科技術を持つため科を問わず望んだ手術が受けられるように便宜を図ってもらえています。武良井と相性が悪く、度々衝突する人物です。

阿栖暮総合病院 院内交番メンバー

  • 川本響子役 長濱ねる…院内交番の事務員。変わり者の武良井に振り回されてしまいます。
  • 横堀仁一役 市村正親…元警視庁捜査一課で院内交番室長。全国初の院内刑事となった人物です。暴走する武良井を時折なだめてくれる存在であり武良井の過去を知っています。

 

阿栖暮総合病院 医師·看護師

  • 尼子伊織役 さとうほなみ…腫瘍内科医で美貌の女医。武良井と榊原とただならぬ関係に!?
  • 倉田雄二役 神尾佑…外科部長。生活保護の患者を集め薬を処方していて、反社との繋がりも噂される人物です。(原作では田尻賢太郎と予想,内科医でした。)
  • 上条萌子役 玄理…第二外科の女医。榊原に手術する機会を奪われ敵視していましたが、次第に榊原に惹かれていくように…。
  • 伊藤 智役 西村元貴…小児科医。研修医時代の手術の失敗によりトラウマを抱えていましたが、武良井のおかげで自信を取り戻すことが出来ました。外科医の両親がいます。
  • 白石葵役 馬場ふみか…麻酔科医。
  • 白石日向役 工藤美桜…看護師。ストーカー被害を武良井に解決してもらいます。姉は麻酔科医の白石葵。

その他の人物

院内警察 ネタバレ2話ドラマあらすじ

阿栖暮総合病院内に設置された院内交番に所属する院内刑事・武良井治(桐谷健太)は、交番事務員の川本響子(長濱ねる)と院内をパトロール中、とある病室の入り口に盛り塩があることに気づく。病室の中をのぞくと、入院患者の清宮松雄(でんでん)が他の患者たちに囲まれていた。

昨夜、トイレに行った清宮は、そこで長い髪の女性の幽霊に遭遇したのだという。「トイレに行けなくなるから何とかしてほしい」と頼まれ、困惑する武良井たち。

同じころ、外科の術前カンファレンスが行われている会議室では、外科医の上條萌子(玄理)が、外科部長の倉田雄二(神尾佑)に食ってかかっていた。萌子は、悪性心膜中皮腫というごく希な症例の患者の手術を担当することになっていたが、前日になって執刀医を降ろされたのだ。萌子の代わりに執刀するのは、榊原俊介(瀬戸康史)だった。「毎回、榊原先生に難しいオペを奪われていたらこの病院の外科医は育たない」と主張する萌子。すると榊原は、昨夜患者本人から執刀を依頼された、と萌子に告げ……。

そんな折、阿栖暮総合病院に“荒くれガンキチ”の異名を持つ国会議員の岩井幸吉(ベンガル)が体調不良のため入院する。岩井は、あるNPO団体への暴言で批判を浴びて炎上中であることから、追求を逃れるための入院らしい。倉田は、特別室に入院した岩井の警護を武良井に命じると、主治医には萌子を指名し……。

院内警察 ネタバレ3話ドラマあらすじ

良井治(桐谷健太)が所属する阿栖暮総合病院の院内交番に、整形外科の看護師・白石日向(工藤美桜)が駆け込んでくる。飯塚恵子という入院患者がいなくなったのだという。外科医の伊藤智(西村元貴)から医材の在庫チェックを頼まれていた交番事務員の川本響子(長濱ねる)は、室長の横堀仁一(市村正親)にそれを押しつけると、武良井とともに整形外科へと向かう。

そのころ、榊原俊介(瀬戸康史)は、外科部長の倉田雄二(神尾佑)から『薬王ホールディングス』社長の手術を命じられる。患者は院長と大学時代の同期で、翌月に予定されている娘の結婚式までに元気になってバージンロードを一緒に歩きたいと願っているのだという。

ほどなく飯塚は見つかった。だが、日向は病棟を離れたことを先輩看護師の神谷玲子(西山繭子)から厳しく注意されてしまう。日向が業務に戻ろうとすると、ポケットからメモ紙が落ちた。拾い上げた武良井からそれを奪うように取ると、急に呼吸が荒くなってその場に座り込んでしまう日向。武良井たちは心配するが、日向は大丈夫だと告げて業務に戻る。

そんな折、院内交番に麻酔科医の白石葵(馬場ふみか)が訪ねてくる。日向の姉でもある葵は、3ヵ月ほど前から仕事のことを話さなくなり、最近は家にも帰ってこない妹が整形外科で何か嫌な思いをしているのではないか、と心配していた……。

 

院内警察 ネタバレ4話ドラマあらすじ

武良井治(桐谷健太)は、看護師の白石日向(工藤美桜)から、半年前に阿栖暮総合病院を辞めた循環器内科の専攻医・前川大樹(近藤頌利)の話を聞く。前川は5年前に臨床研修医として阿栖暮総合病院にやってきた、明るくて勉強熱心な医師だった。

実は前川は、この病院で亡くなったコメンテーター・乾井卓の死に関わっていた。乾井は大腿骨頭置換術を受けたが、術後に胸の苦しみを訴えたという。担当の整形外科医・久保田雅人(荒川浩平)は原因を探るために前川に相談した。

前川は、急性心筋梗塞を疑うと同時に、術後であることから肺塞栓でないことを確認しておいた方が良い、とアドバイスする。日向は、前川からの指示で、乾井の家族に緊急カテーテル検査が必要になること、その後カテーテル治療や手術になる可能性が高いことを伝えたという。だが、容体が急変した乾井は、榊原俊介(瀬戸康史)の執刀で手術を受けたものの、術後すぐに死亡していた。

 

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

院内警察 ネタバレ5話ドラマあらすじ

阿栖暮総合病院の院内刑事・武良井治(桐谷健太)は、医療安全管理委員会に乗り込み、半年前にこの病院で亡くなったコメンテーター・乾井卓(中山克己)に関して、医療ミスがあったのではないかと問いかけた。武良井は、乾井の死と同時に辞表を提出して病院を辞めた循環器内科の専攻医・前川大樹(近藤頌利)を呼び寄せた。

そこで前川は、乾井の死因は肺塞栓だったが、乾井の妻・君子(酒井麻吏)には心筋梗塞だったと説明するよう、指導医である上司の高木学(山崎樹範)から命じられたと証言する。そうした発言を受け、乾井の執刀をした榊原俊介(瀬戸康史)は、何があったのかすべて話す、と武良井たちに告げる。

院内警察 ネタバレ6話ドラマあらすじ

武良井治(桐谷健太)たちが勤務する阿栖暮総合病院の院内交番に、手術室から出てきたばかりの上條萌子(玄理)と白石葵(馬場ふみか)が訪れる。萌子たちは榊原俊介(瀬戸康史)の指揮のもと行われたオペに参加していたが、途中でトラブルが発生しても冷静に対応していく榊原の技術に感嘆していた。その話を耳にした川本響子(長濱ねる)は、「武良井くんは、恋人の死に榊原先生が関係していると疑っている」という横堀仁一(市村正親)の言葉を思い出す。

その夜、武良井は、横堀と一緒にサウナ施設で警視庁捜査一課長の城川尚(テット・ワダ)と面会する。そこで武良井は、恋人だった夏目美咲(入山法子)の死について、これまでに調べたことを報告する。胃がんのステージⅣだった美咲は、抗がん剤の新薬の治験に参加していたが、その希望もむなしく2ヵ月後、突然原因不明の間質性肺炎を発症し亡くなっていた。

阿栖暮総合病院で今もこの治験に参加している患者は80人であり、そのうち5人が間質性肺炎の兆候を見せていたという。そして美咲以外にも60代の男性が間質性肺炎で死亡していた。武良井は、そうした事実にもかかわらず治験が中止されないことを問題視し、副作用と思われる症例が出ても、製薬会社や病院側が国や治験審査委員会へ報告しなければ隠蔽することも可能だろう、と城山に伝える。その新薬の治験責任医師は、榊原だった。

 

院内警察 ネタバレ7話ドラマあらすじ

阿栖暮総合病院院内交番の武良井治(桐谷健太)は、室長の横堀仁一(市村正親)とともに、警視庁捜査一課長の城川尚(テット・ワダ)と再会する。武良井は、恋人だった夏目美咲(入山法子)の死に関して、ある疑惑をずっと探っていた。ステージⅣの胃がんだった美咲は、抗がん剤の新薬の治験に参加した2ヵ月後、突如原因不明の間質性肺炎を発症し亡くなったのだ。その新薬の治験責任医師は榊原俊介(瀬戸康史)だった。

城川によれば、製薬会社側も治験患者が間質性肺炎で相次いで亡くなっていることを把握しており、内部調査を始めたらしい。武良井は、美咲が残した日記を読み直していて気付いたことがある、と切り出し、亡くなった患者たちは、肺炎の症状が出たことを黙っていたのかもしれない、と城川に告げ……。

病院内で倒れた14歳の少女・今井結依(梨里花)は、入院することになった。結依は、HLHS(左心低形成症候群)という先天的な疾患があった。武良井は、結依に頼まれて彼女を病院の屋上に連れて行く。阿栖暮総合病院に来たのも、結依の母親が榊原を頼ってのことだという。ふたりの会話を偶然聞いてしまった榊原は、妹の希(共田すず)のことを思い出す。

そんな折、入院患者の清宮松雄(でんでん)が退院することになった。清宮から退院報告を受け、を喜ぶ川本響子(長濱ねる)たち。すると清宮は、頼み事がある、と言って、武良井に人探しを頼むが……。

院内警察 ネタバレ8話ドラマあらすじ

武良井治(桐谷健太)は、勤務中に当直室で不倫行為をしていた男性医師に証拠写真を突きつけていた。その医師が阿栖暮総合病院と製薬会社の取次役だという情報を得ていた武良井は、兼ねてから捜査していた治験に関する情報と不倫の証拠写真破棄を交換条件として出す。

一方、榊原は他界した妹と同じHLHS<左心低形成症候群>に苦しんでいる少女・今井結依(梨里花)を励まそうと病室の外へ連れ出す。結依は親しかった入院患者・清宮松雄(でんでん)の死にショックを受け、すっかりふさぎ込んでいた。そんな結依に、榊原は不器用ながら元気づけるための言葉をかける。

そんな折、院内交番に救急搬送されていた患者が行方不明になったとの連絡が入る。曽根崎茉莉(美山加恋)という名前と特徴を聞いた川本響子(長濱ねる)は、「高校の同級生かも」と武良井とともに捜索を始める。病院近くの通りで倒れている茉莉を発見するが、川本が知る茉莉とは正反対の痩せ細った体型をしていた。

茉莉を診察した総合内科医の田尻賢太郎(忍成修吾)から診断結果の提供を断られた川本は、院内交番に与えられたアクセス権を利用して茉莉のカルテを検索。すると、処方されていない食欲抑制剤や睡眠薬を大量摂取していたことが明らかになった。

同じころ、院内交番室長の横堀仁一(市村正親)は、田尻が生活保護者に睡眠薬ばかり処方していることが気になり、武良井に相談を持ちかける。それを知った川本は、この一件は自分が調べると言い出し……。

\今なら2巻まで無料で読めます⇓⇓/

院内警察 ネタバレ9話ドラマあらすじ

 

前の話が放送後にアップします。

院内警察 ネタバレ最終回を原作漫画最終話最新話6巻から予想  榊原は

『院内警察』のドラマ結末予想のために、原作漫画の最新巻結末を紹介します⇓⇓

最新6巻では、院内刑事·武良井の元婚約者である美咲の死の真相がついに明らかになりますが、それは武良井にとってあまりにも受け入れ難いもののようです。

そして刻一刻と迫る院内交番閉鎖の時。

さらなる真実と突破口を求め、武良井はとある人物の元を訪れるのでした。

詳しいネタバレは明かされていないため、美咲の死に病院が関わっていることは間違い無さそうですが、ハッキリとした理由はわかりません

院内交番閉鎖の時が近付く中、これから武良井1人の力だけで巨大組織に立ち向かうのはかなり難しいと思うので、反発し合いながらも天才外科医·榊原の力も借りて協力しながら、事件を解決していくのではないでしょうか?

また原作の『院内警察 アスクレピオスの蛇』は、現在も連載中のため、ドラマはオリジナルの結末になる可能性が高そうです。

そのため、ドラマの結末が気になる方はぜひ最終回までご覧下さい。

 

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

となりのナースエイド原作ネタバレ最終回結末!犯人黒幕は火神,姉の死続編

夫婦の秘密ネタバレ最終回!原作結末はキャスト犯人正体は誰?植村 翠か

院内警察ネタバレ原作漫画1巻~最終巻結末まで

『院内警察』は、原作·酒井義さん、漫画·林いちさんによる漫画『院内警察 アスクレピオスの蛇』が原作で、『ヤングチャンピオン』(秋田書店)にて、2021年9号から連載が開始され、2023#,年12月20日に最新6巻が発売されました。⇒試し読み無料!最新6巻を読む!

 

院内警察ネタバレ原作漫画1巻あらすじ

病院内のトラブルに対処するため設置された「院内交番」。

阿栖暮総合病院の院内交番に勤務する元刑事である武良井治は、変わり者ですが洞察力に優れた優秀な男です。

しかし、ある患者を巡る騒動が原因で、天才外科医·榊原俊介と対立してしまうことに。

実は榊原には自らの処置実績を作るために手術をわざと遅らせた疑いがあり、武良井はその真実を知るために榊原に接触したのです。

榊原はその思惑通り、困難を極める手術を成功させ周囲の評価を高めました。

そんな中、榊原は武良井の主張を認め”手術をあえて遅らせた“ことを明言。

しかし、武良井は患者が救われたから問題はないと特に追求しませんでした。

一方で武良井は榊原が抱えている”別の秘密“を知っていることをほのめかすのでした。

*******************

\【武良井が院内警察になった理由である元婚約者·美咲の死の真相や阿栖暮総合病院に隠された闇とは…!?】を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

 

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

院内警察ネタバレ原作漫画2巻あらすじ

まだ日本では馴染みの薄い「院内交番」が設置されている阿栖暮総合病院。

「悪性心膜中皮腫」という極めて稀な難病に挑むのは、病院最強の神の手·榊原俊介です。

手術室に紛れ込んでまで意味深な言葉を残していったトンデモ院内刑事·武良井の狙いとは…!?

院内警察ネタバレ原作漫画3巻あらすじ

看護師·白石のストーカー事件を解決した阿栖暮総合病院の院内刑事・武良井。

今度はその白石や腫瘍内科医·尼子達から、天才外科医·榊原が誤診により患者を死なせ、隠蔽したのではないか?という噂を耳にすします。

調査を開始した武良井でしたが、そこには病院を揺るがしかねない秘密が隠されているのでした。

⇒無料で 院内警察 アスクレピオスの蛇 最新巻をイーブックで今すぐ読む!

院内警察ネタバレ原作漫画4巻あらすじ

医療過誤(検体の取り違え)を指摘したことがきっかけで、阿栖暮総合病院の機密情報にアクセスできる院長相当の権限を得た院内刑事·武良井。

何が武良井をそこまで駆り立てるのか──。

その裏には、かつてこの阿栖暮総合病院で命を落とした武良井の恋人·美咲の存在が関係しているようで…!?

院内警察ネタバレ原作漫画5巻あらすじ

院内刑事·武良井の元婚約者である美咲が、病院で命を落とす直前に何らかの手術を受けていたことを知らされた武良井。

しかし、カルテにはそんな記録は残されていませんでした。

榊原を追及すると、意味深に”術中死“という言葉を残していきます。

いったい美咲の身に何があったのか?

そしてついに牙をむく病院の暗部!!

はたして武良井は恋人の死の真相に近づけるのでしょうか…!?

院内警察ネタバレ原作漫画最新6巻あらすじ

ついに明らかになる、院内刑事·武良井の元婚約者である美咲の死の真相

しかしそれは武良井にとってあまりにも受け入れ難いものだった──!?

そして刻一刻と迫る院内交番閉鎖の時。

さらなる真実と突破口を求め、武良井はとある人物の元を訪れるのでした。

⇒無料で 院内警察 アスクレピオスの蛇 最新巻をイーブックで今すぐ読む!

****************

 

 

\【武良井が院内警察になった理由である元婚約者·美咲の死の真相や阿栖暮総合病院に隠された闇とは…!?】を知りたい方はぜひ読んでみて下さい⇓⇓/

 

***期間限定で70%オフ、paypayキャッシュバック5%など最新話最新刊もお得に読めます***

『院内警察』漫画原作を電子書籍漫画サイトで無料や安くお得に読める方法

◆おすすめサイト◆

・ebookjapan(ヤフー)

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】
イーブックジャパン:期間限定無料!!⇒ 院内警察 アスクレピオスの蛇 無料で 今すぐ読む!

***限定で7巻分70%オフ!paypayキャッシュバック5%!金・土日にお得に読めるキャンペーン中***全巻お得に読めます!!

⇒ 院内警察 アスクレピオスの蛇 漫画

 

・コミックスjp 無料登録30日間で2巻無料⇒【コミックjp】 で無料2巻はこちら
⇑無料漫画1000冊以上(^^♪

 

他人気ドラマ⇓

夫を社会的に抹殺する5つの方法Season2ネタバレ最終回漫画結末!手紙主の正体は

夫婦の秘密ネタバレ最終回!原作結末はキャスト犯人正体は誰?植村 翠か

消せない「私」復讐の連鎖ネタバレ最終回結末!原作ヨリ復讐完結も死逮捕?

 

院内警察 キャスト登場人物・相関図

  • 武良井 治役 桐谷健太…阿栖暮総合病院の院内交番に勤務する院内刑事。飄々とした性格と大胆な行動で医師達から煙たがられていますが、プロファイリング能力に長け、様々なトラブルを解決していきます。
  • 榊原俊介役 瀬戸康史…阿栖暮総合病院第一外科の副部長。天才的な外科技術を持つため科を問わず望んだ手術が受けられるように便宜を図ってもらえています。武良井と相性が悪く、度々衝突する人物です。

阿栖暮総合病院 院内交番メンバー

  • 川本響子役 長濱ねる…院内交番の事務員。変わり者の武良井に振り回されてしまいます。
  • 横堀仁一役 市村正親…元警視庁捜査一課で院内交番室長。全国初の院内刑事となった人物です。暴走する武良井を時折なだめてくれる存在であり武良井の過去を知っています。

阿栖暮総合病院 医師·看護師

  • 尼子伊織役 さとうほなみ…腫瘍内科医で美貌の女医。武良井と榊原とただならぬ関係に!?
  • 田尻賢太郎役 神尾佑…内科医。生活保護の患者を集め薬を処方していて、反社との繋がりも噂される人物です。
  • 上条萌子役 玄理…第二外科の女医。榊原に手術する機会を奪われ敵視していましたが、次第に榊原に惹かれていくように…。
  • 伊藤 智役 西村元貴…小児科医。研修医時代の手術の失敗によりトラウマを抱えていましたが、武良井のおかげで自信を取り戻すことが出来ました。外科医の両親がいます。
  • 白石葵役 馬場ふみか…麻酔科医。
  • 白石日向役 工藤美桜…看護師。ストーカー被害を武良井に解決してもらいます。姉は麻酔科医の白石葵。

その他の人物

  • 美咲役 入山法子…武良井の恋人だった女性。阿栖暮総合病院に入院中に亡くなってしまいます。
  • 清宮松雄役 でんでん…阿栖暮総合病院に入院中の患者。

イーブックジャパン:期間限定無料!!⇒ 院内警察 アスクレピオスの蛇 無料で 今すぐ読む!

***限定で7巻分70%オフ!paypayキャッシュバック5%!金・土日にお得に読めるキャンペーン中***全巻お得に読めます!!

⇒ 院内警察 アスクレピオスの蛇 漫画

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

最新ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧