どうする家康ネタバレ32話【秀吉と家康の戦!信雄の姿で嫌な予感

[PR]

どうする家康(いえやす)ネタバレ32話の内容です。

どうする家康(いえやす)』は、2023年1月8日から放送されているNHK
大河ドラマ第62作

この作品は徳川家康(とくがわいえやす)の生涯を新たな視点で描いたものと
なっています。


(引用元:https://twitter.com/nhk_ieyasu/header_photo)

主人公・徳川家康(とくがわいえやす)を嵐(あらし)の松本潤(まつもとじゅん)
さんが演じます。

どうする家康31話で、家康(いえやす)と秀吉(ひでよし)が相見え、戦の
準備が整いました。⇒どうする家康ネタバレ31話【織田信雄が秀吉に追われ家康を頼りに

どうする家康(いえやす)32話のあらすじは、家康(いえやす)と秀吉(ひでよし)
が対峙するところからスタートするのでした。

どうする家康(いえやす)ネタバレ32話

***********************

秀吉(ひでよし)が陣を構えた楽田城(がくでんじょう)は、10万もの兵
ごった返していました。

家康(いえやす)は、小牧山城(こまきやまじょう)に砦を作り、合戦の準備を
整えていました。

両軍が睨み合う中、徳川(とくがわ)の軍議で総大将·織田信雄(おだのぶかつ)
は家康(いえやす)に、あんな大軍にどの様にして勝つのか質問します。

そんな信雄(のぶかつ)に、酒井忠次(さかいただつぐ)と石川数正(いしかわ
かずまさ)は、堅固な小牧山城(こまきやまじょう)が落とされることは無く、
戦が長引けば、有利な条件で和議が結べると話します。

そんな2人に本多忠勝(ほんだただかつ)は、和議ではなく、勝利あるのみ
と言いました。

榊原康政(さかきばらやすまさ)と井伊万千代(いいまんちよ)も、本多忠勝
(ほんだただかつ)と同じ意見でした。

家康(いえやす)はあれだけの大軍だから、秀吉(ひでよし)は簡単には動いて
来ないだろうと言います。

すると、本多正信(ほんだまさのぶ)が少し、焚きつけてみますかと提案。

徳川(とくがわ)勢は、城の裏から食料を運び込み、いつまでも籠城し続ける
覚悟でいました。

その頃、秀吉(ひでよし)側でも軍議が開かれていました。

秀吉の弟·羽柴秀長(はしばひでなが)加藤清正(かとうきよまさ)
福島正則(ふくしままさのり)らが軍議に参加。

そこに、池田恒興(いけだつねおき)森長可(もりながよし)が紙を持って
やって来ました。

それは、榊原康政(さかきばらやすまさ)がばらまいた紙で、そこには、
秀吉(ひでよし)が野人の子であるとか信長(のぶなが)の恩を忘れた男など
といった悪口が書かれています。

秀吉(ひでよし)が怒りで、我を忘れて攻めてくることを狙った作戦だと秀吉
(ひでよし)は気づきます。

そして、家康(いえやす)はこの卑しい野人の前に跪くのだと怒りを抑えて
秀吉(ひでよし)は言いました。

翌日。

小牧山城(こまきやまじょう)では新たな堀を作っていました。

指示をしていたのは、榊原康政(さかきばらやすまさ)。

福島正則(ふくしままさのり)はその様子を見て、小牧山城(こまきやまじょう)
を力攻めするよう秀吉(ひでよし)に言います。

しかし、秀吉(ひでよし)は無駄に兵を減らすのは良くないと反対。

そこに、池田(いけだ)と森(もり)が”中入り“の策をもちかけてきました。

池田(いけだ)と森(もり)が小牧山城(こまきやまじょう)に回り込み、岡崎
城(おかざきじょう)を攻めます。

手薄になっている岡崎城(おかざきじょう)を徳川(とくがわ)が助けに入った
ところで、秀吉(ひでよし)の本陣で挟み撃ちにするという作戦でした。

この中入りは、信長(のぶなが)が多用していた作戦。

秀吉(ひでよし)も他に策が無かったため、仕方なく中入り作戦でいくことに
決めました。

秀吉(ひでよし)は、池田(いけだ)·森(もり)勢を中心とした中入りの
総大将を甥の羽柴秀次(はしばひでつぐ)にしました。

そして、3万の兵で、岡崎城(おかざきじょう)を落とすことを命じます。

天正12年(1584年)4月6日、ついに秀吉(ひでよし)軍が動き出しました。

酒井忠次(さかいただつぐ)が、秀吉(ひでよし)軍のおよそ3万の兵が岡崎
(おかざき)に向かっていると報告すると、石川数正(いしかわかずまさ)は
間違いなく、中入りだと断言。

家康(いえやす)も案の定だと秀吉(ひでよし)軍の動きを読んでいたようです。

秀吉(ひでよし)軍の中入りを見破っていたのは、本多正信(ほんだまさのぶ)

正信(まさのぶ)は、今や家康(いえやす)の懐刀となっていました。

ここで、岡崎(おかざき)に攻め込んでくる秀吉(ひでよし)軍を追うと、
三方ヶ原(みかたがはら)の再来になってしまうため、何とか秀吉(ひでよし)
に気づかれず、中入りする者達を倒したい。

そう考えて策を出したのが、榊原康政(さかきばらやすまさ)でした。

元は、三河(みかわ)の国衆(くにしゅう)の1人に過ぎなかった家康(いえやす)
がここまで生き残ってこれたのは、良い家臣に恵まれたから。

家康(いえやす)は、今こそ、我らの手に天下を掴む時だと皆を鼓舞します。

大きく成長した家康(いえやす)を、酒井忠次(さかいただつぐ)や石川数正
(いしかわかずまさ)は頼もしく見ていました。

4月9日未明にいよいよ徳川(とくがわ)軍も出陣。

そして、秀吉(ひでよし)に中入り勢が急襲されたことが報告されると、徳川
(とくがわ)の本陣がやって来て、すでに合戦が開始されていることに、秀吉
(ひでよし)らは驚きます。

秀吉は、ずっと小牧山城(こまきやまじょう)を見張らせていたはずなのに、
どうしてこんなことになったのか考えました。

そして、秀吉(ひでよし)は小牧山城(こまきやまじょう)で家康(いえやす)
らが作っていたのは堀ではないことに気づき、自分が家康(いえやす)に出し
抜かれたことに怒りを顕にします。

榊原康政(さかきばらやすまさ)が小牧山城(こまきやまじょう)で、指揮を
取って作っていたのは、堀ではなく打って出るための抜け道だったのです。

秀吉(ひでよし)の中入り勢は総崩れとなり、池田恒興(いけだつねおき)と
森長可(もりながよし)は討ち死に

秀吉(ひでよし)は、兵を退かなくてはならない状況となりました。

その日の夕方。

小牧山城(こまきやまじょう)では勝どきが上がり、祝杯を上げました。

織田信雄(おだのぶかつ)は、大喜びで家康(いえやす)の手を握っています。

皆が喜び合っている中、石川数正(いしかわかずまさ)だけが厳しい表情をして
楽田城(がくでんじょう)を見ていました。

そして、数正(かずまさ)は総大将である織田信雄(おだのぶかつ)が喜ぶ姿を
見て、嫌な予感がしていました

そんな数正(かずまさ)を見た家康(いえやす)もまた不安になるのでした。

どうする家康26話ネタバレ【武田勝頼の死・最後 甲州征伐

*********************

ここまでが、どうする家康(いえやす)ネタバレ32話についての紹介でした。

家康(いえやす)達は本当に強くなりましたね。

あの秀吉(ひでよし)軍を出し抜くとは…!

一向一揆の時に、裏切りによって三河(みかわ)から追放を命じられた本多
正信(ほんだまさのぶ)でしたが、その正信(まさのぶ)が秀吉(ひでよし)ら
の動きを読んでいたのです。

今や家康(いえやす)にとって無くてはならない存在となった正信(まさのぶ)。

あの時の家康(いえやす)の優しさが後に自分を助けることになりましたね。

松山ケンイチさん演じる本多正信(ほんだまさのぶ)が活躍するのが、今から
とても楽しみです。

中入りの策を読んだことにより勝利した家康(いえやす)軍ですが、まだまだ
秀吉(ひでよし)は敗北していません。

石川数正(いしかわかずまさ)も勝利に浮かれている織田信雄(おだのぶかつ)
が心配な様子。

秀吉(ひでよし)は次はいかなる作戦で、家康(いえやす)達に挑んでくる
のでしょうか。

次回の展開もとても気になりますね。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓