光る君へ9話ネタバレあらすじ直秀盗賊団の逮捕とまひろの牢獄体験

[PR]

NHK大河ドラマ光る君へ」9ネタバレ あらすじ内容です。

大河ドラマ「光る君へ」の第9話は、東三条殿に入った盗賊の正体が直秀ら散楽一座であることから始まります。

⇒光る君へ のドラマガイド公式本  ⇒ここでドラマ前半の19話までの内容が読めます⇓⇓

光る君へガイド公式本後編)2024/5/28に発売!! 後半の最終回までのあらすじネタバレが読めます!

光る君へ!ネタバレ最終回マデ全話あらすじ結末マデ

光る君へ9話あらすじネタバレ

9話. 盗賊団の逮捕とまひろの牢獄体験

大河ドラマ「光る君へ」の第9話は、東三条殿に入った盗賊の正体が直秀ら散楽一座であることから始まります。道長は驚き、以前に矢を受けた盗賊が直秀だったことに気づきます。しかし、武者たちには、「手荒な真似はしないように」と命じます。

一方、まひろは直秀たちの隠れ家を訪ねていましたが、そこには散楽一座の姿はありませんでした。まひろが来たすぐ後に、放免たちがやってきて散楽一座が盗んだ盗品が隠されていないか探し始めます。事情がよくわかっていないまひろは放免たちを止めようとしますが、まひろは仲間と判断され獄に連行されてしまいます。

その頃、道長は直秀の罪を軽くしてもらうために獄で心づけを渡していました。そこに、まひろが放免に蹴り飛ばされて獄に入れられます。道長は慌ててまひろを助け出し、「自分の知り合いだ」と言って連れ去りました。

9話. 藤原兼家の策と安倍晴明の策

その後、内裏ではよしこの怨霊を誤解するような出来事が続きます。すべては、安倍晴明が裏でやらせていたことです。安倍晴明は花山天皇に、「忯子の霊を成仏させるには、帝が出家するしかない」と告げました。

道長が家に帰ると、藤原兼家が元気に回復していました。兼家は我が子らを前に真相を語ります。倒れたあと、兼家は安倍晴明の祈禱で意識を取り戻していました。しかし、その後もわざと意識がないふりをしていたというのです。

兼家が意識を回復した後に、安倍晴明が藤原よしこのが右大臣についたと内裏で噂を流してもらった。これに騙された花山天皇は、出家を考え始めます。

次の話⇓⇓

光る君へ10話ネタバレあらすじ

トップページ⇓

光る君へ!ネタバレ最終回マデ全話あらすじ結末マデ


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧

にぶんのいち夫婦 最新刊完結結末!全巻小説-和真視点

あなたがしてくれなくても結末最新話不倫恋完結はまだ

凪のお暇ネタバレ最新話刊-結末最終巻マデ

いつわりの愛‐契約婚漫画結末!小説ヨリ最後は理人離婚!

復讐の未亡人最終回マデ

血の轍ネタバレ

ギルティ最終回マデドラマ違い【瑠衣の正体と目的

それでも愛を誓いますか最終回全ネタバレ!真山と結ばれる?元サヤに

ミステリと言う勿れ 結末マデ犯人と真相