べっぴんさん ネタバレ14週78話79話 アメリカメーカーと取引 ゆり活躍

[PR]

べっぴんさん ネタバレ 14週78話79話あらすじの内容です。

年が明け昭和25年のお正月は、坂東家でちょっとした騒動も起きました。何とか終息にしてほしいものの、キアリスは新しい年をむかえ新たな新展開に進んでいきます。

では14週78話79話あらすじです。

べっぴんさん14週78話79話ネタバレでは、株式会社キアリスがさらに成長するために、将来を考えて海外との取引を検討すべきではという案が持ち出されます。

そのことについて、紀夫がアメリカの子供用家具メーカー取引を始めようとするのですがひとつ大きな問題が横たわっていました。
1つ目のべっぴんさん14週78話79話ネタバレでは、紀夫が英語が話せないという点だったのです。

せっかくの交渉を英語が通じなければ何もならないと悩んでいると、君江が案を出します。

2つ目のべっぴんさん14週78話79話ネタバレでは、君江が外国人ベビーナースをしていた明美に通訳をどうかと持ち掛けたのです。

もちろんそれをお願いされた明美は即引き受けますが、またここで問題が!

自身は英語に自信があった明美ですが、まったく通じないことにショックを受けてしまうのです。

なんとかそんな明美を励ませないかと知恵を絞っていると
最後のべっぴんさん14週78話79話ネタバレ!

すみれが思いついたのです。身近にいる姉ゆりが大学時代英語を勉強していたことを思い出したのでした。

もちろんゆりも即引き受け、明美の手助けをすることになるのでした。
そしてキアリスの新しい取引が始まるのでした。

ここまで14週78話79話のネタバレあらすじでした。

べっぴんさんのこの時代の英語通訳にもいろいろなパターンがあったのでしょうか?

明美が昔ベビーナースをしていたころに携わっていた方はイギリス人のようで、今回はアメリカ
との取引だったためひょっとすると、英語の種類が違っていたのかもしれません。

どちらにせよ、ゆりの登場でようやくキアリスに潤い与えられそうですね。


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓