光る君へネタバレ31話道長の勧めで源氏物語執筆!好意を押さえられず大河

[PR]

NHK大河ドラマ光る君へ31話ネタバレ 確定あらすじ内容です。

光る君へ31話あらすじでは、

災害が続く都で、またも大地震が襲います。まひろ(吉高由里子)は夫となった宣孝(佐々木蔵之介)の財で家を修繕し、生計を立てています。道長(柄本佑)は安倍晴明(ユースケ・サンタマリア)から、この天変地異を治めるためには道長の娘・彰子(見上愛)を入内させるしかないと進言されます。

光る君へ公式本後編)!!ここで後半の最終回まであらすじ内容はこちらから⇓⇓

最終回までの後編あらすじネタバレが読めます!こちらからどうぞ(^^♪

トップページ⇓⇓

⇒光る君へ!ネタバレ最終回マデ全話あらすじ結末マデ

光る君へ31話のネタバレあらすじ

狩衣に身を包んだ道長は、「カササギ語り」を読ませてほしいとまひろに頼みました。彼は「枕草子」が面白ければ、それを写して中宮様(藤原彰子)に届けたいと言いました。

まひろは「カササギ語り」は燃えてしまったことを伝え、もう一度思い出して書いてほしいと道長に頼みました。道長は中宮様のために新しい物語を書いてほしいと願いました。中宮様は帝のお渡りもお召しもなく、寂しく暮らしているため、物語で慰めたいのです。

まひろは役に立ちたいと思いつつも、新しい物語を書くことは簡単ではないと正直に伝えました。しかし、道長はまひろに才能があると信じており、自分の願いを聞いてほしいと熱心に頼みました。

その後、為時と賢子が戻ってきました。賢子は道長をじっと見つめ、まひろが声をかけると楽しげな表情が消えていきました。すれ違いの中で、道長は娘の彰子に語りかけました。彰子はいつものように言葉を少なくしましたが、父と母の気持ちがかみ合っていないことを察していました。

さらに、藤原頼通が元服の際に正五位の下の位を得たことを知った源明子は、自分の息子たちにも頼通に負けない地位を与えてほしいと道長にねだりました。

まひろは、これからも物語を書き続け、道長との交流を深めていくことを決意しました。

 

31話ネタバレ:道長と彰子のすれ違い

藤壺に座る道長は、娘の彰子に話しかけます。彰子はいつものように無口でしたが、両親の気持ちがずれていることを感じていました。土御門の屋敷に戻っても、道長と倫子はすれ違っているのです。

道長の嫡男である藤原頼通は、元服の際に正五位の下の位を得ました。この知らせを聞いた源明子は、自分の息子たちにも頼通に負けない地位を与えてほしいと道長に頼みました。

倫子と明子の関係

倫子の家には世話になったまひろ。土御門殿には財もあり、それがまひろを後押ししてくれたことを倫子は知っています。一方、明子は争いごとを避けたいと思っており、息子たちにも同じ気持ちを持ってほしいと伝えています。倫子と明子のすれ違いが続いています。

 

31話ネタバレ.道長の真意

まひろは道長に文を書いて、彰子のための物語を書くための良質な紙を手配してほしいと頼みました。道長は、まひろがいつか歌や物語を書くことを話していた越前の紙をまひろの屋敷まで届けました。まひろは高価で貴重な紙を受け取り、面白い物語を書くことを約束しました。

枕草子を超える試み

数日後、まひろは書き上げた物語を道長に渡しました。道長は楽しみながら読み進め、まひろの才能を称賛します。しかし、物語には一条天皇の機嫌を損なう可能性がある内容が含まれていました。

人の心と月

まひろは人々の心について考えます。藤原公任の言葉を思い出し、人は許すこともできず、諦めることもできる存在であると感じています。道長は自分の一家の闇についても明かし、月を見上げながら人々が同じ思いで月を見るのではないかとつぶやきます。

 

 

夜空に浮かぶ月は、その美しさで人々の心を捉えます。かつてまひろは、打毬を終えた後、藤原公任が彼女を平凡で魅力に欠けると評したのを耳にしました。今では、彼の邸宅で働く彼女の日々は、かつての言葉とは異なる現実を歩んでいます。

人間の心は、許しという行為に苦悩しながらも、それを実践することができる複雑な存在です。人の本質についての問いは、永遠の謎を秘めています。

夕暮れが訪れると、道長はまひろとの会話の中で、自らの家族の暗い側面を打ち明けました。

「我が家は、社会の底辺に位置している」と彼は語り、その事実に驚愕することでしょう。

人々は、心の中に暗闇を抱えて生きています。道長自身も、その暗闇の中を彷徨いながら、生きてきたのです。

満月の夜、まひろは夜空を見上げ、独り言を漏らします。

「人はどうして月を見るのだろう?」と。

「今、この瞬間にも、誰かが同じ月を見ていると信じながら、私は月を眺めてきた。きっと、多くの人が同じような思いを抱きながら、月を見上げているのだろう」と。

まひろへの溢れんばかりの感情を抑えつつ、道長はその場を後にしました。彼女の心には、言葉にならない多くの感情が渦巻いているのでした。

まひろは、昼も夜も区別なく、物語の執筆に熱中しました。完成した作品は、道長によって受け取られることになります。

 

もしこれが受け入れられなければ、私の仕事はここで終わりです。

だが、この物語は、一条天皇を不快にさせる可能性がある内容を含んでいました。

一条天皇は、特に関心を示さずに提出された物語を読み始めました。

物語は、女性が読むものと思われていました。

読み進めると、一条天皇と定子を連想させるキャラクターが描かれていることがわかります。

更衣に関しては、理性を失い、更衣が亡くなった後も朝廷の政務を怠るようになり、それは非常に問題であるとされています。

異国の朝廷の例を引き合いに出し、人々が密かに話し合い、嘆き悲しむ様子が描かれていました。

 

次の話⇓⇓

光る君へ次の話

 

◆道長とまひろの恋はやはり実らないのか??⇓⇓二人の子は授かるのでしょうか??

 

光る君へ公式本後編)!!ここで後半の最終回まであらすじ内容はこちらから⇓⇓

 

光る君へ!ネタバレ最終回マデ全話あらすじ結末マデ


スポンサード