スカーレット145話146話25週【3月23日(月)24日(火)ネタバレあらすじ感想

朝ドラ スカーレット145話146話 25週最終週【3月23日(月)-24日(火)放送のネタバレあらすじ感想内容です。

・放送前は予告・考察あらすじ

・放送後は放送見てからの内容詳細ネタバレあらすじ・感想   になります!


スポンサーリンク

スカーレット145話25週【3月23日ネタバレあらすじ感想

武志(伊藤健太郎)は念願の作品を完成させる。

出来と充実した武志の表情に喜美子(戸田恵梨香)も喜ぶ。

しかし達成感を味わう武志に異変が起きていた。通院して大崎(稲垣吾郎)に薬の副作用で味覚がおかしいと告げる武志。

家では八郎(松下洸平)が武志の作品完成を祝おうと食事を準備中。

だが武志は八郎に突っかかり、やり場のない感情を初めて爆発させる。

実は闘病していた高校生が亡くなる前に書いた手紙を受け取っていた

 

<朝ドラ スカーレット145話25週最終週詳細あらすじ>

 

出来上がった武志の作品を見て嬉しそうな顔をする喜美子。

 

「武志にしかできない作品ができたね!?」

 

その後に病院に行って大崎先生の診察を受けた武志。

 

武志は大崎医師にも作品ができたと嬉しそうに話すのでした。

 

大崎医師はその内に見せてもらいに行くと言いながら問診を始めます。

 

「ふらつきや倦怠感は?」

 

武志はふらちきもなく食欲もあるが身体の異常もあると伝えたのでした。

 

診断が終ると智也の母親からの手紙を受け取って家に戻った武志。

 

川阿原家では八郎が卵焼きを焼いているのを喜美子がからかっているところでした。

 

武志が何をしているのかと尋ねると、八郎が得意だと言う卵焼きを焼いているのが不安で鰻の出前を頼んだ喜美子でした。

 

「また鰻重?」

 

武志がそう言うと八朗が今回は特上だと嬉しそうに言います。

 

そんな会話をしている時に大崎先生から電話がかかってきます。

 

「食欲はあるんだけど、、、料理の味がわからなくなると話してくれたんです。

 

味覚障害ですね、、、

 

お母さんは、お母さんで今まで通りでかまいませんよ、、、」

 

大崎医師は武志の話を喜美子に報告してくれたのでした。

 

それから3人で卵焼きと鰻重を食べ始めます。

 

武志は、八朗の卵焼きを美味しいと言いながら食べます。

 

そして特上の鰻重に箸を進めようとした時に武志は正直に話をしてくれます。

 

「ごめん、、、

 

ほんとうは味がしないんだ、、、よくわからない、、、」

 

そんな事は気にしないで力をつけるために鰻重を食べろと勧める喜美子。

 

そんな会話を聞いて八郎が話題を変えます。

 

「今日は少し休んだら良い、、、

 

根つめすぎて疲れたんだろう、、、」

 

その後に八郎は武志が完成させた作品から水だけでなく太陽も感じたと褒め始めます。

 

「お父ちゃんに出来なかったことをやり遂げたな、、、大したもんだ、、、」

 

しかし、武志は八朗の言葉は病人を慰めるためのものと感じて、悪態をついて部屋にこもってしまったのです。

 

八朗が後を追おうとしますが喜美子がそれを止めます。

 

そして、薬を持って武志の部屋に行った喜美子。

 

「開けるよ、、、

 

薬を飲んでおこうね、、、ここに置いておくから、、、」

 

すると武志が泣き始めます。

 

「智也が、、、」

 

手紙は『川原武志さんへ。おれは』で切れていたのです。

 

「何を書こうとしてしていたんだろう、、、

 

勉強を教える約束をしていたんだ、、、

 

作品が出来たら最初に見せる約束も、、、

 

好きな子がいる話もしていた、、、

 

バイクの後ろに乗せて琵琶湖を回ろうって話も、、、

 

それなのに『おれは』で終わってしまっている、、、

 

お母ちゃん俺は終わりたくない、、、生きていたい、、、」

 

喜美子はそう言って涙を流す武志をただただ強く抱きしめたのでした。

 

<朝ドラ スカーレット145話25週最終週詳細感想>

 

まるで武志の生きる力を注ぎ込んだような作品が出来上がりました。

 

味を感じなくなってしまったのは作品の完成との引き換えだったのでしょうか?

 

そして、智也の最後の手紙は余りにも辛いものでしたね!?

 

武志は智也だけには真奈への想いも伝えていたようです。

 

武志を救うことが出来る可能性は適合するドナーを見つける事だけ。

 

何としても見つかって欲しいものですね!?

スカーレット146話25週【3月24日ネタバレあらすじ感想

武志が白血病を再発させて倒れてから、今まで以上に喜美子と八郎はドナー探しに必死になりました。

 

そんな中で、武志の病状は悪化の一途をたどっていました。

 

主治医の大崎先生は再発であることより今までより格段に命の危険性が高まっている事を伝えられる喜美子と八郎。

 

「もう長くはない、、、」

 

大崎先生からはっきりと伝えられてしまったのでした。

 

しかし、ふたりが必死にドナー探しをしたにも関わらず、武志の血液の型に一致するドナーはなかなか見つかりませんでした。


スポンサーリンク

 

武志も自分の身体のことであり、このままでは命の火が消えてしまうのを薄々感じていたのか、敢えて自分の病状の事を聞こうとはしませんでした。

 

そんな時、武志が家に帰りたいと言い出します。

 

それを聞いた大崎先生と八郎は、武志の希望を叶えてあげようと喜美子の反対を説き伏せたのでした。

 

喜美子は何としてもドナーを探し出すつもりでいたのです。

 

<スカーレット146話25週詳細あらすじ>

 

武志が出来上がった皿を眺めていると微かに音がするのに気付きます。

 

作品に耳を近づけた武志。

 

「はっきり聞こえる、、、

 

釉薬の塗り方の影響なのだろうか?」

 

傍に居た喜美子もそれに頷きます。

 

「焼きあがって完成したと思っていたけど、まだ終わっていなかったんだ、、、

 

いきているんだなぁ、、、」

 

武志が焼き上げた作品から聞えた音は、器が生きていて微かにヒビが入っていく音だったのでした。

 

その頃、八郎は『喫茶サニー』で忠彦と話しています。

 

「いつまで名古屋にひとりで住んでいるつもりなんだ?

 

信楽に帰ってきたら好いのに、、、

 

まぁ、、、昔のことを噂する人が多少はいるかも知れないけど、、、」

 

忠彦に言われた八郎は経緯を話はじめます。

 

「噂なんか気にしません、、、

 

一度は名古屋を引き払おうと考えたんですよ、、、

 

でも今の会社を辞めて戻ってきたら武志が負担に思うような気がして、、、

 

だから、とりあえずは今まで通りで過ごそうと、、、」

 

作品が出している微かな音が気になったいた武志は、昼過ぎにもう一度器に耳を寄せてみます。

 

昼過ぎに、武志がもう一度お皿を見て音を確認すると聞こえなくなっていました。

 

「もう聞えない、、、」

 

しばらくして、横になっている武志のもとに喜美子が心配そうにやってきます。

 

「体調がすぐれないの?

 

ご飯を食べよう、、、

 

朝食もほとんど食べていないだろう?」

 

その時の武志は熱もなく食欲もないわけではありませんでした。

 

でも、食べ物の味を感じる事が出来なかったのです。

 

「お母ちゃんはあんたが生きていく事だけを考えている、、、

 

だから生きていくために食べて欲しい、、、」

 

喜美子から頼み込まれた武志は無理をして昼食を食べる事にしました。

 

喜美子は食べている武志に向かって、どんなものだったら食べられそうかを訊きます。

 

「食べられそうなものを教えて、、、」

 

しかし、武志は何を食べても同じだと言い、用意された昼食を一生懸命に食べると話したのでした。

 

その日の午後、喜美子が陶芸教室を開いているところに信作が訪ねてきます。

 

信作は役場の若者が『みんなの陶芸展』を企画したと話はじめます。

 

それは一般の人も参加するものだと言うのでした。

 

それを聞いて思い出したように武志に話し掛けた喜美子。

 

「前に作品が出来上がったら智也君に見せるって言っていたよね?

 

琵琶湖大橋を渡って智也君の家に行ってきたら?」

 

武志は一緒にいかないのかと訊きます。

 

「私は暇がなくなりそうだよ、、、

 

京都の展示会への作品も準備しなければならないし、、、

 

さっきの『みんなの陶芸展』にも出品しなきゃ、、、

 

今年はもう一回『穴窯』焚きをすることにしたよ、、、

 

誰でも参加できるんだからねぇ、、、許してね、、、」

 

武志は自分も参加しろと言う事なのかを尋ねますが喜美子はそれを否定します。

 

「でも俺も参加しようかなぁ、、、

 

お母ちゃんの作品と俺の作品を並べて展示したい、、、」

 

する喜美子は自分の意思で参加を決めて申し込めと武志を諭したのでした。

 

『みんなの陶芸展』が年明けに開催することを聞いた武志は、それまでにひとつかふたつの作品が出来ると言って、さっそく作陶に取り掛かります。

 

そんなやる気を見せた武志の様子を喜美子は嬉しそうに見ていたのでした。

 

<スカーレット146話25週詳細感想>

 

味覚障害になってしまった武志は食事の楽しみが奪われてしまっています。

 

何を食べても口を動かして飲み込むだけなんて辛いですよね!?

 

そんな武志を何とかして元気づけようとする喜美子の愛情表現は独特ですね!?

 

『みんなの陶芸展』に向かって元気を取り戻して欲しいものです。

 

 

 

≫全話掲載【スカーレット ネタバレ朝ドラあらすじ最終回まで≪

前話に戻る≪  ≫次話へ


【ドラマの原作漫画で結末最後が知りたい!】無料試し読みはこちらから⇓
⇒無料会員でさらに無料で読める漫画が多くなるサイトはこちらから


スポンサーリンク








スポンサーリンク

▼エールネタバレあらすじ⇓⇓

エール【あらすじネタバレ最終回まで全話紹介】キャスト相関図 モデル結末まで

1週【裕一が鉄男と! 2週【村野鉄男夜逃げ! 3週【志津に初恋実らず!   4週【音と恋文通開始も疎遠に

5週6週あらすじ 7週8週【妻以外で熱愛する文通相手が! 9週10週 11週12週【喫茶バンブー夫婦に佐藤久志が関わっていた!? 13週14週【弟子五郎と妹の梅が恋人に

エール志村けんモデル小山田耕三・山田耕筰(こうさく)ネタバレ-愛人不倫問題

ネタバレ15週モデルから【契約解除を持ち出されるも大ヒット曲を

ネタバレ16週モデルから【父の三郎の死!戦争激化で音の活躍の場喪失

エールモデル古賀政男のネタバレ【木枯正人-野田洋次郎の実在モデルの詳細

エール関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子について68歳で死

エール柴咲コウモデル双浦環(ふたうら三浦環ネタバレ志村けん山田耕作との関係

エールキャスト 子役一覧 かわいい子多数 石田星空/清水香帆/新津ちせ

エールモデル古関裕而と妻の夫婦現在?子供は?無職でスピード結婚も息子が

B088BQQD3L
▼再放送中はね駒▼
B086DZRTDD

NHK連続テレビ小説 エール 上

古関裕而 応援歌の神様 激動の昭和を音楽で勇気づけた男 (PHP文庫)

愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語

 

▼朝ドラ・大河を無料で30日間視聴する方法⇓

アマゾンプライムビデオの無料登録はこちらから

おしん

おしん あらすじ ネタバレ最終回まで全話完全版!あらすじ簡単と1話ごと詳細

おしんあらすじ最終話295話296話297話【最終回で浩太と二人の関係は?結婚か

おしんDVD

一話ずつじっくり見たい方 全部で7編に分かれてます↓

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [DVD]

長編なのでギュッとまとめてみたい方

連続テレビ小説 おしん 総集編 [DVD]

▼スカーレット

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!

スカーレット夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

 

▼話題ドラマ・映画

マスカレードホテル明石家さんまは何分?場面はどこにいますか?ネタバレ詳細時間テレビも

▼ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房 キャスト 子役 他一覧 相関図や子役(藍子)の現在や豊川まで紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

******




スポンサーリンク

▲再放送 おしんあらすじ・キャスト

おしん はつこ初子 今後どうなる?結婚?キャスト子役や大人キャスト現在はこちら↓

おしん 田中裕子 降板?黒歴史・確執とは?キャストの裏情報!

おしん 希望の結婚相手ゆりは事故死!キャスト現在は?塩屋俊-寺田路恵の紹介

おしん 仁 結婚相手は道子!今後はどうなる?キャストとあらすじ紹介

おしん偵てい疎開先や結婚相手今後!キャスト現在は

おしん 名シーン名場面あらすじまとめ 【感動保存版】前半から

おしんキャスト雄現在は?赤ちゃんかわいい子役画像と松田洋治さんも

・キャストつねさん 役紹介!丸山その後声優をひどい仕打ち
・キャスト竜三 並樹史朗現在画像とあらすじ73話74話竜三からおしんへ

・おしんモデルはヤオハンスーパー創業者の妻かor川根本町出身の丸山静江?
キャスト加賀屋 一覧とモデルくにおばあさんと加代の死!結末あらすじ
・キャスト圭 大人キャスト大橋吾郎と子役まで詳しく
・キャストかよ 志喜屋文の現在は?当時のCM動画も【少女編
・キャスト佐藤仁美うめ役 画像・動画あり同姓同名!再放送

 

▼朝が来た

あさが来たネタバレあらすじまとめ【あさ、はつの一生、ふゆと新次郎の関係!

▼朝ドラ大河歴代・オーディション情報

朝ドラ歴代視聴率ランキングワースト3とベスト6!2000年以降

ヒロインオーディション 一般人応募方法まとめ【落選-脇役-倍率-内容

歴代大河ドラマ視聴率ワースト10【大河ワースト1位は同率で幕末と平安大河




スポンサーリンク