スカーレット ネタバレ朝ドラあらすじ最終回まで先バレモデルと最終回最終話-神山清子の詳細!

スカーレット ネタバレ スカーレット

2019年下半期に放送される第101作目のNHK朝ドラスカーレット』。

2019年9月30日から2020年3月31日まで放送される予定となっています。ヒロイン・川原喜美子を演じるのは、戸田恵梨香さんです。

この記事では、スカーレットのあらすじネタバレを1週から最終話・最終回まで全話のまとめと、記事後半には、ヒロイン・川原喜美子の実在モデルとなっている神山清子さんの史実前半・後半・最終話/最終回予想考察について徹底紹介しています。


スポンサーリンク

朝ドラ公式ガイドブックが発売されたらすぐ購入し、見逃した方にも楽しんでもらうよう最新情報をお届けしていきます。ネタバレご注意を!

▼スカーレット 全話とモデル一覧

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-喜美子モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!
モデル喜美子 神山清子の波乱万丈生涯
夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

・ 息子モデル賢一武志とキャスト伊藤健太郎!若い死の原因

あらすじネタバレ前半・後半 週間詳細

ネタバレ1週~13週14週あらすじ前半結婚・不倫をモデルより
ネタバレ15週16週~25週26週あらすじ後半モデルより息子の死31才!
▼最新アップ

 最終回150話ネタバレ武志の死!最高視聴率21%か最終話考察

ネタバレ 25週【最愛の息子の死のあと残されたものとは…

ネタバレ 24週【百合子が骨髄移植するも武志の白血病再発!3人親子で初旅行

スカーレット稲垣吾郎ネタバレ重要な役!3月22週から登場?キャスト武志の医者役

ネタバレ23週あらすじ【急変した武志に百合子の骨髄移植を!?

ネタバレ 22週【白血病の武志が2年と余命宣告!骨髄ドナー見つかるか?

ネタバレ 21週百合子の同級生と何が?武志は真奈に恋を

ネタバレ 20週【武志の想いは喜美子と八郎が元の鞘に収まること!?

 

離婚ネタバレ【別居後に離婚!】浮気か八郎と三津の関係ネタバレ解明

ネタバレ 19週~24週までの流れ 別居愛人松永三津で駆け落ちで離婚-八郎不倫!息子の武志が白血病死か】

八郎役松下洸平と浮気-不倫相手?弟子の松永三津とはキャストの黒島結菜を詳しく紹介!

スカーレットネタバレあらすじ週間・1話ごと最終話・最終回まで

2020年2月24日からの21週から25週最終回を前半に、1週から20週までを後半にのせてます↓

スカーレット21週から25週最終回

21週ネタバレ

信作は商店街の福引で、特賞の『有馬温泉ペアチケット』を引き当てると、周囲の歓声と落胆の混じった声に包まれます。

さっそく家に戻った信作は、百合子と一緒に忠信と陽子に、自分が引き当てた『有馬温泉ペアチケット』をプレゼントしました。

思わぬ贈り物に喜ぶ年老いた大野夫妻ですが、店があるからと躊躇していました。すると、百合子が、店のことは何とかするから心配しないで行って来てと、ふたりの背中を押します。

百合子は普段から忠信と陽子を手伝って店に出ていたのでした。そうして、ふたりで有馬温泉に出掛けていった大野夫妻。

百合子は、信作を臨時のマスターに仕立てて、普段通りに店を切り盛りしはじめました。しかし、信作の余りにも不器用な姿をみて、百合子は笑わずにいられませんでした。

そんなところに、『丸熊陶業』の社長の敏春が浮かない顔をして店に入ってきました。椅子に座るなり照子の愚痴を言い出す敏春に、信作は『恒例の夫婦喧嘩』だと呆れかえります。

そこに、後を追うように照子が入ってきて、敏春に少し嫌味っぽく言います。すると、敏春はそれまでの愚痴が嘘のように照子の機嫌を取り始めたのでした。続きは↓

ネタバレ 21週全体【百合子の同級生と何が?武志は真奈に恋を

121話122話123話21週【2月24-25-26日ネタバレあらすじ感想

124話125話126話21週【2月27-28-29日ネタバレあらすじ感想

22週ネタバレ

信作がカワハラ工房にやってきます。信楽の観光課長を任されてる信作が喜美子にお願いがあると泣きついてきました。

「面白そうだね。任せておいて」と

信作からの話を二つ返事で受けて観光客に陶芸を教える先生をすることになりました。

陶芸教室を開催し、生徒さんたちと触れ合うと喜美子の中に新しい感情が芽生えます。

「誰かの人生を豊かにするお手伝いができる」と陶芸の魅力を再認識するんでした。

陶芸教室も好評で定期開催することになりました。

この頃、武志(伊藤健太郎)は次世代展の応募を念頭に作品作りに専念していました。

武志は、「亜鉛結晶」というこれまでに使ったことのないものを利用して、これでいける!と胸が熱くなっていて、これがお母さんやお父ちゃんがいっていた熱くなる瞬間かと胸に刻んでいました。

そこから掛井先生にすすめられてた次世代展の入賞を目指し、作品作りに没頭していくのでした。そして試行錯誤で苦戦しながらもついに、武志が納得がいくものが出来上がりました。

しかし、その一方で武志は体調を崩していました。そのため、病院に行きました。作品作りのために少し無理していただけだと思っていた武志。続く↓↓

ネタバレ22週全体【白血病の武志が2年と余命宣告!骨髄ドナー見つかるか?

127 話 128 話
129 話 130 話
131 話 132 話

23週ネタバレ

命に関わる難病です…大崎医師から武志の精密検査の結果の説明を受け呆然とする喜美子。。

「どうしようか…」どのように説明しようか悩んでいた喜美子ですが、意を決して武志につたえないとと思い、武志が借りてるのアパートに向かいました。そうすると一人の女性、石井真奈(松田るか)がいました。2コ学年が上の中学の先輩で穴窯研究所で一緒に働いているというのです。

喜美子は、真奈が帰ってから武志に白血病のことを伝えます。

武志の病気は検査しわかったことは、武志の病気は、慢性骨髄性白血病だと
武志の表情はだんだんと悲壮感と絶望の顔に変わっていきます。うつむいた武志に、喜美子は精一杯の言葉をかけます。「治療入院に専念し、なんとか治して陶芸をまた頑張ろうと」

武志は自分が病院で検査してから体が思うようにいかないことから医学書を読んで、自分の病気はどんなものか考えこんでいたのです。

武志は、喜美子に「病気なみんなに教えんといてほしいんや。」

そう言って、周囲に白血病であることを知られるのを武志は嫌がりました。そして、武志は入院します。喜美子は大変不安になり、自分一人でしっかりとした態度をとれるかどうか悩みます。

担当医師の大崎先生に相談します。続きは↓

ネタバレ23週確定あらすじ【急変した武志に百合子の骨髄移植を!?

133 話 134 話
135 話 136 話
137 話 138 話





スポンサーリンク

24週ネタバレ

百合子の骨髄液を武志に移植する手術はすぐに行われることになります。

そして、骨髄移植手術が無事に終わりました。ドナーとなった百合子の身体には手術での切開跡が残ってしまいましたが、彼女は武志の命を救うための勲章だと笑顔で話していました。

もちろん喜美子と武志は、百合子は当然のことながら信作にも心から感謝の気持ちを伝えました。

そして、武志の術後の容体も安定していたので、しばらくして退院しても良いとの許可がでたのでした。久し振りに、川原家に戻ってきた武志は、喜美子と昔あったことを思い出しながら話を交わしました。

そんな時に武志は喜美子に言います。「お父ちゃんと、もう一度ここで一緒にご飯が食べたい、、、」続きは↓

ネタバレ 24週【百合子が骨髄移植するも武志の白血病再発!3人親子で初旅行

139 話 140 話
141 話 142 話
143 話 144 話





スポンサーリンク

25週最終週ネタバレ

武志が白血病を再発させて倒れてから、今まで以上に喜美子と八郎はドナー探しに必死になりました。そんな中で、武志の病状は悪化の一途をたどっていました。

主治医の大崎先生は再発であることより今までより格段に命の危険性が高まっている事を伝えられる喜美子と八郎。

「もう長くはない、、、」大崎先生からはっきりと伝えられてしまったのでした。

しかし、ふたりが必死にドナー探しをしたにも関わらず、武志の血液の型に一致するドナーはなかなか見つかりませんでした。

武志も自分の身体のことであり、このままでは命の火が消えてしまうのを薄々感じていたのか、敢えて自分の病状の事を聞こうとはしませんでした。そんな時、武志が家に帰りたいと言い出します。

それを聞いた大崎先生と八郎は、武志の希望を叶えてあげようと喜美子の反対を説き伏せたのでした。喜美子は何としてもドナーを探し出すつもりでいたのです。

死が近づいていることを何となく感じ取っている武志は、川原家に戻ったときに29歳の誕生日を迎えます。続きは↓

ネタバレ 25週【最愛の息子の死のあと残されたものとは…

最終回は何話?いつ

スカーレット 最終回ネタバレあらすじ【武志の死!視聴率最高視聴率か考察

145 話 146 話
147 話 148 話
149 話 150 話 最終話・最終回 2020年3月28日土曜日





スポンサーリンク

スカーレット1週から20週

1週ネタバレ

1 話 2 話 2019年9月30日(月)から全150話
3 話 4 話
5 話 6 話
滋賀・信楽の女性陶芸家・川原喜美子(戸田恵梨香)。土と炎に向き合う女の物語。昭和22年9歳の喜美子(川島夕空)は、父の常治(北村一輝)、母のマツ (富田靖子)、二人の妹と共に大阪からやってきた。何かと世話を焼いてくれる信楽の人々のおかげで、貧しいながらも楽しい生活が始まる。焼物の町・信楽で、喜美子は信楽焼に出合う。だが今の喜美子は学校へ通い、妹たちの面倒を見て、家事を手伝うことで精一杯。ある日、父 が草間宗一郎(佐藤隆太)という青年を連れてくる。草間は満州からの引き揚げ者で、生きる気力を失っていたが、喜美子たちとの交流で少しずつ元気を取り戻す。喜美子はそんな草間から、失礼な態度をいさめられたり、絵の才能をほめられたりしながら、人として大切なことを学んで成長する。

1話2話【9歳の喜美子(川島夕空が滋賀・信楽へ
3話4話ネタバレあらすじ【川島夕空(すいちゃん)陶芸と
5話6話【草間と突然の別れ!招かざる客とは誰?

2週ネタバレ

 ネタバレ 2週詳細【草間が行方不明の妻の元へ!喜美子は大阪へ

7話8話
ネタバレ 9話10話あらすじ感想 草間さんが
ネタバレ 11話12話あらすじ感想照子が連れ去られる?

3週ネタバレ

簡単あらすじ…喜美子(戸田恵梨香)は父・常治(北村一輝)が見つけてきた大阪の就職先に向かう。そこは女性下着のデザイン会社。社長・さだ(羽野晶紀)が率いる華やかな職場に、喜美子はときめくが実際に働くのは別場所だと判明。

さだの暮らす下宿屋に案内され、医学生の圭介(溝端淳平)、新聞記者のちや子(水野美紀)など、個性豊かな住人たちと出会う。喜美子は自分の仕事は住み込み女中だと知る。そして到着早々、事件を起こしてしまい…

詳細週間ネタバレ 3週【荒木荘で大久保のぶ子の厳しい指導

ネタバレ 3週13話14話【荒木荘の女中で働く-大阪で個性豊かな住人達と
ネタバレ3週15話16話あらすじ照子の楽しくない高校生活が感想
ネタバレ 3週17話18話あらすじちや子の職場で意外な出会いが

4週ネタバレ

下着ショーは無事に終了。湯飲みを洗う喜美子の様子を見ていた編集長の平田は喜美子を気に入り、平田が新聞社で雇いたいと言っているとちや子から聞いた喜美子は驚いた。その夜、喜美子の転職について、圭介や雄太郎らと一緒に話し合うことになった。結局、デイリー大阪で数時間だけ試しに働いてみることにした喜美子。新聞社での仕事が終わり荒木荘に戻ると、喜美子は夕飯の支度にとりかかる。大久保にはまだ仕事を認めてもらっていないが、喜美子はある夜、荒木荘に残ることを決心していた。

週間詳細ネタバレ 4週【圭介への恋?三角関係で圭介は違う人が好きに…

ネタバレ 4週19話20話【5倍給料での引き抜き!女中辞める?!
ネタバレ 4週21話22話【空き巣に金取られ給料前借りのお願いを
ネタばれ 4週23話24話【強面男から圭介の恋!見知らぬ女性に協力を

▼4週まとめYouTube動画

5週ネタバレ

圭介が気になる女性は、泉田あき子。喜美子が仲介役となり、あき子の父・庄一郎と対面し、圭介にあき子を会わせてもらうように直談判。

夕方、あき子は荒木荘に姿を現し、圭介と対面。ふたりの会話も弾んで、圭介とあき子は交際を始めることになるが、喜美子の初恋はここで終わってしまった。草間の妻・里子は今、他の男性と食堂を営んでいるが、まだ声を掛けていないという草間。喜美子の勧めもあり、草間は里子の食堂に向かい食事を。里子に離婚届とメモを残し店をでる草間。荒木荘に戻った喜美子に、父・常治から1本の電話がかかってきた。「お母ちゃんが倒れた・・・」

週間詳細ネタバレ 5週【泉田あき子で初恋終了!草間が妻里子に離婚届けを…

ネタバレ 圭介の恋愛と結末!相手役の泉田あき子(佐津川愛美)について
ネタバレ 草間の秘密と今後【妻は誰?会える?離婚へ喜美子とは

ネタバレ 5週25話26話【圭介の妹のようだ!に喜美子胸チクリ
ネタバレ 5週27話28話【圭介荒木荘を出る!草間との再会
ネタバレ 5週29話30話草間は里子が再婚・妊娠で離婚届けを( ;∀;)





スポンサーリンク

6週ネタバレ

父・常治から電話を受けた喜美子は、急いで信楽の実家へと向かう。常治は「大阪には戻らんでええからな」と喜美子に言うが、喜美子は意味がわからない。母・マツが倒れたという話は、大阪に行ってから3年も帰らない喜美子を帰らせるための嘘だったのだ。その頃、反抗的になる直子と常治の仲は険悪となってしまい、川原家は喜美子がいないと回らない状態となっていた。翌朝、百合子が学校に行く前に、マツの薬をもらいに病院へ行くことを知った喜美子。喜美子が代わりに行くというと、百合子は「大人はあかんねん」という。そこに信作が通りかかり、病院にツケが溜まっていることを知る喜美子。詳細と続きは⇒⇒ネタバレ 6週詳細【マツが病気で倒れた?丸熊陶業で働き絵付師を目指す!

ネタバレ 6週31話32話【喜美子の仕送りはどこに消えてる?
ネタバレ 6週33話34話【常治の借金で荒木荘を出る!丸熊陶業で働くことに
ネタバレ 6週35話36話【ちや子と会えずの別れ!信楽へ出戻り仕事を

7週ネタバレ

初老の男は、社長の秀男がスカウトしてきていた絵付師でした。「日本画を描いてた深野心仙と言う立派な先生やぞ!」絵付け係の部屋で得意げに深野を喜美子に紹介する秀男。秀男は自慢げに言い、喜美子を連れて絵付け係に行き、深野に引き合わせました。秀男は、照子から喜美子が絵付師をやってみたいと聞いていてのことでした。「絵付師をやってみたいて、、、」秀男がそう言うと深野は応えます。「ええよぉ~」気さくに引き受けてくれた深野の絵付けの仕事を、手伝わせてくれることになった喜美子。深野は自分の弟子をふたり使って絵付けの仕事をしていました。一番弟子の池ノ内富三郎と二番弟子の磯貝忠彦は、深野のことを「フカ」先生と呼んでいました。⇒⇒ネタバレ 7週詳細【絵付けの弟子に無給で常治反対 婿探しを!フカ先生に

ネタバレ 37話38話 信楽でちや子と再会!深野先生に弟子は厳しいと
ネタバレ 39話40話 絵付けを深野でなくマツが永山陶業を紹介
ネタバレ 41話42話7週【常治の意地っぱりで絵付け師になるのを承諾!どういうこと?

8週ネタバレ

熊谷家の婿養子の敏春の『丸熊陶業』の事業拡大への想いは強いものがありました。とうとう秀男は敏春の熱意におされて商品開発室の設置を許可したのです。敏春は商品開発室で絵付け火鉢に続く主力製品を開発するために新人を3人雇います。彼らは藤永一徹と津山秋安と十代田八郎でした。3人とも信楽の出身者ではなく、それぞれ京都や大阪の大学を卒業した陶芸にもかかわった事がある若者たち。

毎年恒例の7月開催の『火祭り』が近づいてきた頃、楽役場の観光課で仕事をしている信作が催しのポスターを持って『丸熊陶業』の食堂にやって来ていました。信作がそのポスターを食堂の壁に貼るのを喜美子が手伝っていることろに商品開発室の八郎が通りかかります。そして、貼られたばかりのポスターに目をとめた八郎。「火祭りと云うのは、火の神様に感謝する信楽ならではの夏祭りなんですよ!?焼き物作りには火は欠かせないものでしょう!?」そう説明する喜美子に対して八郎が笑顔で言いました。「僕は信楽の素朴な土の感じが好きなんだよ!」喜美子はそんな素直な八郎に何かを感じるのでしたが…続き詳細は⇒ネタバレ 8週【照子は敏春と結婚!喜美子はミッコーに八郎が憤慨

▼スカーレットキャスト相関図【結婚相手は十代田-松下洸平!酒田圭介-溝端の恋は?

ネタバレ 43話44話8週【秀男と敏春の意見対立!喜美子のデザイン採用されず?!
ネタバレ 45話46話8週【敏春の気持ちに照子が…八郎への恋の予感!
ネタバレ 47話48話8週【ミッコーで発覚!八郎の深野への想い

9週ネタバレ

熊谷家は秀男の急逝という出来事に見舞われてしまいました。身内だけの家族葬が終って1週間がすぎます。そして、敏春は『丸熊陶業』の4代目社長に就任することになったのでした。就任したばかりの敏春は『丸熊陶業』の事業構造を改造する事に着手します。かねてより、敏春は丸熊陶業の主力製品の絵付け火鉢の需要が、電気やガスの普及で落ち込むことを危惧していました。敏春の考えは、絵付け火鉢の生産の縮小を意味していました。そんな時、深野はふたりの弟子を話があると飲みに誘ったのでした。呑み始めてしばらくすると深野はふたりの弟子の前で話し始めます。深野は秀男が亡くなったことで信楽での自分の使命に区切りをつける決心していたのでした。「丸熊陶業を退職させてください!」敏春はまるで深野の申し出を予想していたかのように冷静でした。そして、深野の『丸熊陶業』への大きな貢献に感謝しつつ、続きの詳細は→9週詳細【丸熊陶業の秀男が急死!深野辞め喜美子一人に

49話50話9週【秀男の急死/深野の退職
51話52話9週【深野長崎へ!百合子進学で常治反対で喜美子が
53話54話9週【喜美子一人で残り丸熊陶業で初一人デザイン

10週ネタバレ

八郎の話を聞いていた喜美子は自分がやってきたことを振り返ったのでした。「陶芸はやったことないけれど、、、面白そう、、、ずっと見ていたくなります!」

すると、そんなに見られたら恥ずかしいと返した八郎でした。そんな話をしながら、八郎の作陶の様子をみていた喜美子は、バケツに溜まっている土の切れはしが気になります。

切れはしは『割カス』と言って再利用するのだと説明くれる八郎は、それをつかって陶器が出来上がる工程を教えてくれたのでした。

その後、喜美子は前から気になっていたことを八郎に尋ねます。「十代田さん、どうして私のことを名前で呼んでくれないんですか?信作とはお互いに愛称で呼び合っているのに、、、」

八郎は付き合ってもいない女性を名前で呼ぶ事なんかできないと固いことを言い始めたのです。

「だったら付き合いませんか?」冗談とも本気ともとれる喜美子の言葉に驚く八郎は、付き合った先には結婚を考えると云う自分の結婚観を喜美子に伝えたのでした。

そこで、喜美子は話を元に度します。「わたしにも陶芸を教えて!!」男女がひとつの部屋にこもっていたら周囲から何を言われるか分からないと言う八郎。

「付き合っていたら問題ないでしょ!?」その夜、喜美子はマツに陶芸を習うから朝2時間早くでて、夕方2時間くらい遅くなることを伝えます。

「いいよ!気長に習ったら!?もう百合子も手伝ってくれるようになったから、、、そこに東京にいる直子からの電報が届きます。⇒詳しい続きはこちら10週【直子禁断の恋!二股か?八郎と二人きり告白する

12/2より

10週55話56話【八郎に付き合いませんか?
10週57話58話【直子が草間を信楽に呼び寄せた!?
10週59話60話【喜美子の胸の中で芽生えていたものは?】

11週ネタバレ

八郎が喜美子を抱きしめているのを見た常治は、ふたりに駆け寄って八郎を殴りつけたのです。喜美子が必死に八郎と結婚したいと説明しようとしますが、常治は聞く耳を持ちません。

一方、八郎は常治に連れ去られる喜美子を追いかけようとして足を捻挫していました。信作は、八郎をアパートに送ると云う事を喜美子に伝えて欲しいと百合子に頼んだのでした。遅れて帰ってきた百合子から話を聞いた喜美子は直ぐに家を出ます。

八郎のアパートでは信作が怪我の手当をしていましたが、喜美子がくると入れ替わる様に「お見合い大作戦」の会場に向かったのです。アパートでふたりきりになった八郎と喜美子はこれからの事を話し合います。

翌朝、喜美子が常治に八郎に会って欲しいと頼み込みます。しかし、常治は会うことは了承しますが、結婚は絶対に許さないと言うのでした。次の日の夜、八郎は川原家に常治を訪ねます。しかし、常治は一方的に殴りつけたことを謝り、結婚は絶対にゆるさないと八郎に告げたのでした。

その日以降、八郎は毎日のように川原家を訪れますが、常治は居留守をつかったり飲み屋に逃げたりして会ってはくれませんでした。

そんなある日、『丸熊陶業』で仕事が終わった後で、喜美子と八郎と照子が雑談をしていました。その時、突然に照子が陣痛に襲われたのでした。照子の出産に立ち会って遅くなった喜美子は八郎に送ってもらいます。喜美子が八郎を帰そうとした時、常治がそれを止めます。常治は八郎を家に上げて話をしはじめ、『陶芸展』で賞をとる事を条件に結婚を許します。

 

次の日以降、八郎は『陶芸展』に出品する作品作りを始め、喜美子もそれを手伝います。敏春に作品の駄目出しを受けて悩む八郎を見て、喜美子は気分転換に開店準備中の大野喫茶店に誘ったのでした。そこで、八郎はコーヒーカップの作成を大野から依頼されてしまうのでした。

12/9よりネタバレ 詳細11週【常治は断固八郎認めず!結婚への条件とは!

61話62話11週【周囲から祝福される喜美子と八郎!でも常治だけが認めてくれません…】
63話64話11週【八郎と喜美子の結婚に反対していた常治に変化が…】
65話66話11週【頭から反対していた常治が遂に結婚の条件を出した?




スポンサーリンク

12週ネタバレ

昭和35年の正月。

喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)のいる商品開発室へ通っている。
八郎は、陶芸展に出す作品作りと、年末に大野(マギー)から頼まれた珈琲茶碗作りに追われているのだ。
まだ陶芸を八郎に学び始めたばかりだが、珈琲茶碗作りを、どうしても手伝いたい喜美子。
本格的に取り組むのはもちろん初めてのことだ。
しかし喜美子は、集中力を発揮して珈琲茶碗を作り上げ、八郎を驚かせる。
しかし商品としていくつも作るのは、並大抵のことではない。
様子を見に来たマツ(富田靖子)は、喜美子が真摯(しんし)に取り組む姿に感動する。
ようやくできた珈琲茶碗が商品としてお金になったことで、喜美子は喜びを実感する。

陶芸展の発表が近づくと、喜美子と八郎のために常治(北村一輝)は、こっそり家の増築をする。
八郎がめでたく新人賞を受賞し、いよいよ結婚の準備が始まる。

喜美子は八郎の姉のいつ子(しゅはまはるみ)と対面し、弟への思いを聞いて、八郎を大切にしたいと気持ちを新たにする。

みんなで写真を撮ろうとしていると、ひろ恵(紺野まひる)という女性から喜美子に珈琲茶碗の大量注文が飛び込んでくる。喜美子を指名しての、陶芸の仕事の依頼は、初めてのことだったが…。

12/16より詳細ネタバレ 12週13週あらすじ八郎と結婚!子の武志も常治倒れる!愛人不倫はまだ

67話68話69話あらすじ【初めてのキスはいつ

70話71話72話あらすじ【結婚準備

13週ネタバレ

喜美子は八郎が『陶芸展』で賞をとったことで常治から結婚を許されました。常治は、八郎が受賞するのを確信していたかの様に川原家の増築の準備のために木材を買い集めます。

そして、結婚が決まると今度はその木材を使って自分の手で増築しはじめたのでした。そんな常治の想いに喜美子と八郎も川原家で一緒に住むことにします。

その頃になると、ガスや電気などの普及で火鉢の需要が激減していて、喜美子は『丸熊陶業』での絵付けの仕事がほとんどなくなっていました。そんな喜美子は、『陶芸展』での受賞で陶芸家として歩み始めた八郎の手伝いをする時間が増えて行きました。

ある日、ふたりの子供の武志が泥団子を作って遊んでいるのを見て「小文様皿」や「編込皿」を思いつきます。しかも、それが『陶芸展』で受賞したのです。それを機にして八郎の勧めもあって『丸熊陶業』を辞めて家で陶芸を本格的に始めることを決意した喜美子。

しかし、その時に常治が倒れると云う川原家にとっての大事件が起こってしまます。すぐに良くなると思っていた常治の容体はなかなか回復しません。喜美子は、常治を励まそうとマツや百合子にも手伝ってもらって絵柄のついたお皿が焼きあげて常治の枕元においたのでした。その翌日常治は亡くなってしまいます。

年末年始予定 いつまで 12/23より詳細ネタバレ 12週13週あらすじ八郎と結婚!子の武志も常治倒れる!愛人不倫はまだ

73話74話【父親の常治が余命宣告を受けてしまう!】
75話76話【とうとう常治が逝ってしまいました
77話78話【自分の好きなように描け! 12月28日 土曜

14週ネタバレ

常治が死んでまったあと、喜美子は『丸熊陶業』を辞めて、自宅での食器つくりを本格的に開始しました。『丸熊陶業』を辞めて作陶だけで生計を支えるようになった喜美子に対して、八郎は鳴かず飛ばずの状況が続きます。

そんなある日、喜美子は松永美津と云う女性からの手紙を受け取ります。美津は喜美子の作品を見て陶芸の道を進むことにしたと言います。そして、女性陶芸家を目指しているので、喜美子の弟子になりたいと伝えて来たのでした。

喜美子は美津に一度見学にくることを返事をします。すると、喜美子の手紙を受けたった美津はすぐに目の前に姿をあらわしたのです。

初対面でしたが、美津の目を見た喜美子は彼女のやる気を感じ取ったのでした。そして、美津からあらためて弟子にして欲しいと懇願された喜美子は、その場で美津を弟子にすることを決断しました。

喜美子に弟子を取る事を勧めた八朗でしたが、実際にそうなってしまうと、今度はそれを羨ましがるのでした。喜美子への嫉妬が八郎の内面でうごめていたのです。


スポンサーリンク

喜美子はまさか八郎がそんなことを考えていようとは思っても見ませんでした。喜美子を含めて川原家の人たちは、喜美子の才能がそんなに凄いものだとは誰も思ってもいなかったのです。そのことが、ますます八郎を苦しめていったのでした。詳細は下の記事から↓

年末年始予定 いつから1/6よりネタバレ14週【スランプ八郎 喜美子に嫉妬!弟子 松永三津が住み込み

79 話 80 話【喜美子の才能に恐れ抱く八郎!三津が… 2020年1月6日 月曜から
81 話 82 話【信作と百合子が恋人に?他の男に触らすな
83話84話【信作と百合子が結婚前提に

15週ネタバレ

八郎はなかなか創作活動に集中できないでいました。喜美子より良い作品を作ろうして自分の良さを押しつぶしてしまっていたのです。

八郎が悩んでいる様子を見かねた喜美子は肩の力を抜くためのアドバイスをしますが八郎は益々頑なになってしまうのでした。悶々とした日々を過ごしていた八郎は、喜美子からアドバイスを受けて益々頑なになっていきます。

喜美子は八郎が個展の作品作りで悩んでいるものだと思っていました。喜美子は個展が八郎のプレッシャーになっていると思っていたのです。しかし、八郎に悩みの原因は喜美子自身だったのです。どんどんアイデアが沸いてきて良い作品をつくり作り続ける喜美子を妬んでしたのでした。

話を聞いて初めて八郎の悩みが自分のせいであることに気付きた喜美子はどうしたらいいのか分からずに悩みだします。

そんな時に信作が訪ねてきました。信作は、喜美子が順風満帆そうでよかったと言います。

そして、自分は周囲から結婚しろと言われている話はじめたのでした。喜美子から結婚したい相手について尋ねられた八郎は、誰にも内緒だと念を押しながら付き合っている女性がいると打ち明けてくれます。八郎は『お見合い大作戦』で彼女を見つけていたのです。

しばらくしたある日、東京で働いている直子からの連絡で喜美子だけでなく家族全員がびっくりさせられたのです。「わたし子供ができた!」詳細は⇒ネタバレ15週【直子妊娠で相手は大阪の誰?信作に恋人が!

85話86話【三津が八郎の心の隙間に入り込む
87話88話【八郎にとって喜美子は自分の前をいく敵わない存在
89話90話【直子が鮫島と結婚?妊娠まで?!





スポンサーリンク

16週ネタバレ

八郎は銀座で開催される個展の下見で信楽を空けます。八郎が東京に行っている間、喜美子は信楽に残って作陶に打ち込みます。工房で喜美子が三津と話をしているところに夫婦喧嘩をしたと言う照子が訪ねてきました。

そこに、幼馴染の信作もやってきます。いつしか幼い頃の話に夢中になった3人は一晩中話し込んだのでした。

東京に下見に行った八郎は、そこでジョージ富士川と再会して、ふたりで信楽に戻ってきました。

喜美子が八郎から呼び出された『カフェ・サニー』に行くと、そこにジョージ富士川が待っていました。ジョージ富士川は喜美子が陶芸家としてどんな作品を作りたいのかを尋ねます。そしてジョージ富士川と再会したことで、喜美子は信楽の土で作った釉薬を使わない作品をつくる事を心に決めたのでした。

工房でそれを八郎に相談した喜美子。すると八郎は既にいろいろ調べていて、釉薬を使わない穴窯の話をし始めたのです。

ある日、電気窯が故障した事が切欠で穴窯の計画が持ち上がりますが、資金問題で行き詰まってしまいます。すると、話を聞きつけたマツが喜美子のために貯めたお金を差し出します。

スカーレットネタバレ16週【八郎と三津が急接近!駆け落ちへ

16週91話92話【信作の様子がおかしい!もしかして破談?
16週93話94話【大切な電気窯が壊れてしまった!】
16週95話96話【遂に『穴窯』完成!

17週ネタバレ

窯の火の見守りをしていた八郎と三津が寄り添って寝ている姿を見かけて喜美子は衝撃を受けたのでした。しかし、穴窯の事で頭が一杯の喜美子は問い詰める事はしませんでした。

「私、鮫島と結婚することにした!」直子の突然の宣言に驚く家族。マツはそれが嘘ではないのかを念を押しますが、直子は本当だと答えました。

そうして直子は皆に祝福されて結婚しましたが、その頃になって三津が川原家を出て行ってしまったのでした。

三津は八郎を思う気持ちを抑えることができなくなり、このまま川原家に居る事は家庭を壊してしまうと判断して家を出る事を決心していました。

三津が誰にも何も告げずに川原家を去った頃、喜美子は初めての穴窯で作品を焚きましたが、結果は大失敗となってしまいました。

「女性陶芸家としての地位や名声なんて関係ない!わたしはあの緋色を出したいだけ、、、」そんな悩んでいる喜美子の姿を見かねた百合子は大阪にでも行ってみないかと誘います。そして、大阪に行った喜美子はちや子と再会したのでした。

久し振りに会ったふたりは喜美子が取り組んでいる緋色の再現の話題になりました。その話がひと段落すると、今度はちや子が自分の話をしはじめました。その頃のちや子は女性による住民運動を追いかけていたのでした。

大阪から戻ると喜美子は八郎の反対を押し切って2回目の穴窯を焚きます。しかし、やはり失敗してしまうのでした。

喜美子に費用も膨大になるから一旦穴窯はやめようと言う八郎だが…

ネタバレ17週全体詳細:八郎が三津と駆け落ち!今後不倫?弟子と添い寝!

17週97話98話【穴窯失敗で武志の貯金に手をだそうと…

17週99話100話【穴窯没頭で八郎 武志を連れて出ていく

17週101話102話【荒木荘の仲間から生きる力をもらった喜美子!】

18週ネタバレ

喜美子は『穴窯』での古信楽焼を再現する覚悟を決めて借金を重ねます。思いつくままに工夫を重ねて何回も窯焚きをしますが上手くいきませんでした。そして6回目に遂に灰の量が足りない事に気付いたのでした。

そんな時にマツから連絡を受けた草間が信楽にやって来て喜美子を励ましてくれます。そして、6回目の窯焚きで得た灰の量を増やすために2週間焚き続けることを草間に告げたのです。

一方で、百合子と信作がようやく結婚しました。八朗は別居後も信作と時々あっていて、喜美子が2週間も窯を焚き続けようとしていることを聞いて愕然としたのでした。

そうして、7回目の窯焚きが始まり壮絶な2週間が過ぎました。窯を冷やすためにさらに2週間を費やした後で、窯の蓋を開けた喜美子。

そこには綺麗な緋色の焼き物が輝いていたのです。その時、喜美子は40歳になっていました。

武志は高校2年生になっていて自分の進路を決めなければならない時期でした。武志は自分も陶芸の道を進みたいと言います。

一方、八朗は喜美子が夢を叶えたのを期に京都から愛媛に移っていました。

そして別居から2年たって喜美子は八郎に離婚届を送っていました。武志は悩んだ末に八郎がでた京都の美術大学に進む決心をします。

喜美子は武志が八郎と連絡を取り合っていることに気付いていましたが、武志からあらためて明かされた時に大切なものを失ったことを感じたのでした。詳細はこちらから↓↓

ネタバレ18週全体【八郎と別居!喜美子受賞も武志が進路迷い中

18週103話104話105話【別居・借金しても穴窯での挑戦を

18週106話107話108話【武志が陶芸家を目指す





スポンサーリンク

19週ネタバレ

武志は、大学へ通うために信楽を離れる時に、喜美子が成功と引き合えに大切なものを失ったと言ったことを謝ります。

その頃になると、母親のマツの老いが目立つようになり、天国の常治に会う時に着ると縫っていた服ができあがると、静かに旅立ったのでした。

久し振りに、八郎がやってきてマツの墓前に手を合わせます。喜美子は、武志が大学卒業後に『信楽窯業研究所』で修行することを伝えます

月日が流れて、武志が大学を卒業して信楽に戻ってきました。

そして、大学で多くを教えてもらった掛井武蔵丸が『信楽窯業研究所』に来るのだと嬉しそうに喜美子に話します。この時、武志は喜美子の『穴窯』は継がずに、掛井に学ぶのだと喜美子に告げたのでした。

しかも、川原家から出てアパートで一人住まいすると言うのでした。武志の言葉を聞いて、喜美子は自立していく我が子を感じていました。

ある日、『信楽窯業研究所』の掛井に子供ができたと電話が掛かってきて、嬉しくて泣きそうな顔をしていました。しかし、掛井の泣きそうな顔を見てその様子を見て事務員の石井茉奈は心配します。

武志が掛井から事情を聞いて彼女に伝えます。それを聞いて、自分のことのように喜ぶ彼女に武志は好感を持ったのでした。

ネタバレ19週全体【マツの死と離婚確定!武志の恋人に石井茉奈!

19週109話110話111話マツの死!一人喜美子の工房に不審者が…

 

20週ネタバレ

ネタバレ 20週全体【武志の想いは喜美子と八郎が元の鞘に収まること!?

115 話 116 話
117 話 118 話
119 話 120 話

 





スポンサーリンク

『スカーレット』の実在モデル神山清子さんについて(前半)

************************

神山(旧姓:金場)清子さんは、昭和11年(1936年)8月2日に、長崎県佐世保市で
金場家の長女として生まれました。

当時は、日韓併合中のため、日本の炭鉱で多くの朝鮮人が働いており、炭鉱で
働いていた清子さんの父が朝鮮人と仲良くしていたからか、「金場」という
名字が朝鮮人の名前と似ていたからなのか、神山清子さんは学校で「朝鮮人」と
言われていじめられていました。

そんなある日、厳しい労働に耐えられなくなった朝鮮人達が炭鉱を脱走しようと
した時に清子さんの父が朝鮮人の脱走を手助けしようとしたため、父は警察に
追われるようになり、一家を連れて炭鉱町から逃げることになります。

その後、神山清子さん達は行く先々で、朝鮮人達に助けられながら逃走し、
戦争末期となる昭和19年(1944年)9月に佐賀県の日野町にたどり着きました。

そこで終戦を迎え、昭和22年(1947年)2月に滋賀県甲賀郡雲井村字勅使(現在の
滋賀県信楽町)へと一家は移り住みました。

この頃、神山清子さんは小学校3年生になっていました。

神山清子さんは母である金場トミさんの作る服を着ていたのですが、その服が
朝鮮人の着る服であるチマチョゴリに似ていたせいで、雲井村でも「朝鮮人」と
言われ、いじめられてしまいます。

学校から泣いて帰ることもあったようですが、母のトミさんが理由を聞いても、
服が原因でいじめられているとは言わず、清子さんは何も答えなかったようです。

子供の頃から「朝鮮人」と言われ、いじめられていた神山清子さんは、1人で
地面に絵を描いて遊んでいるうちに、絵を描くことが好きになり、将来は絵描き
になりたいと考えるようになっていました。

その次になりたいものは、婦人警官だったので、柔道の個人レッスンを受けた
おかげで丈夫な身体に成長しました。

将来は絵描きになりたいと早いうちから考えていた神山清子さんは、普通高校へ
進学した後、美術大学に入学したいと考えていました。

しかし、封建的な父が「女は裁縫と料理が出来ないとダメで、勉強は必要ない
という考えだったため、神山清子さんは信楽中学を卒業すると、和裁・洋裁学校
に進学させられてしまいます。

神山清子さんは親の元から独立したいと考えていたものの、ひとまず父の言う
ことを聞いて、和裁・洋裁学校に入りました。

朝5時に起きて花を持って病院に行き、そこで花を売って学費を稼ぎながら
和裁・洋裁学校に通っていました。

一方で、神山清子さんは京都に行って本格的な絵の勉強をしたいと思って
いましたが、家庭の経済事情から京都に行くことは出来ないため、自分で絵を
描きながら、信楽で絵の師匠を探していました。

信楽では信楽焼の絵付け師の仕事があったため、神山清子さんは、信楽で1番
腕の良い絵付け師を探し、弟子にしてほしいと頼みます。

最初は師匠から「女の弟子は取らない」と断られた清子さんでしたが、諦めずに
朝6時に起床し、師匠の家に毎日訪れ、掃除をしていると、10日後に師匠から
絵を描く様に言われ、弟子入りを認めてもらうことが出来ました。

神山清子さんは、初めは雑用ばかりをやらされていましたが、やがて下書きから
上絵まで任されるようになりました。

しかしながら、師匠は怒るとすぐに物を投げつけてくるため、嫌になって、
神山清子さんは1年で弟子を辞めました。

昭和29年(1954年)

神山清子さんは18歳の時に知り合いから、「近江化学陶器が絵付けの職人を
探している」と教えられて面接に行くと、陶器製造会社である「近江化学陶器
に採用されることになりました。





スポンサーリンク

神山清子さんは昼休みにも絵の勉強をして、仕事後に帰宅し、家事を終えると、
夜中の0時まで延々とスケッチをしていたようです。

近江化学陶器に入社してから1年が過ぎた頃、神山清子さんはデザイン部の
主任的な立場になっていて、近江化学陶器の別の部門から異動してきた神山易久
さんと出会いました。

易久さんは清子さんの絵を褒めたので、清子さんも易久さんに好意を持つように
なり、清子さんが21歳の時に、神山易久さんと結婚することになりました。

2人の間には、長女の神山久美子さんと長男の神山賢一さんが生まれましたが、
神山清子さんは裕福ではなかったので、子育てをしながら1日も休まずに仕事を
続けました。

神山清子さんが近江化学陶器に入社してから10年が過ぎた頃、家電の発達に
より、電気式の暖房器具が普及し始めると、会社の主力商品だった火鉢が
売れなくなり、近江化学陶器は経営が傾き始めました。

そこで神山清子さんはあっさりと会社を辞めて独立し、信楽焼の伝統的な狸や
灯籠の型押しの下請けを始めましたが、型押しは難しい上、大したお金にも
ならなかったので、何か他に仕事はないかと考え始めるようになります。

そんな中、台所で考え事をしていた神山清子さんは、信楽焼に食器が無いことに
気付き、信楽の土で食器を焼けないかという女性ならではの発想が生まれました。

その後、信楽の土で皿を作って知り合いの釜で焼かせてもらうと、味のある皿が
焼けました。

皿は毎日、料理を盛り付けるのに使うため、神山清子さんは研究を重ね、次々に
新しい皿を焼いている中、子供達が泥遊びをしているのをヒントに「編み込み」
という手法を思いつき、「編み込み皿」を焼きました。

知り合いから公募展に出品するよう薦められた神山清子さんは、言われたように
公募展に出品すると、日本クラフト展や朝日陶芸展に入選しました。

そして、神山清子さんは信楽の女流陶芸家として一気に注目を集め、幼い頃からの
夢だった絵の道ではなく、陶芸家として華々しいスタートを切ったのです。

神山清子さんは、その頃はまだ自分の釜を持っていなかったので、お酒やお金を
持って行き、知り合いの電気釜で焼かせてもらっていました。

しかし、作品がコンクールで入選した時に審査員が釜を見たいと言ったため、
慌てて15キロの電気釜を30万円で買うことにしました。

展覧会に出品した作品を1つ5万円で売って、電気釜の購入費用に充てようと
しましたが、全く売れず3万円に値下げして10万円を用意し、残りは月賦で
払うことにして、ようやく電気釜を手に入れることが出来ました。

こうして、本格的に信楽焼を始めた神山清子さんは、やがて電気釜ではなく、
古代穴釜で信楽焼を作りたいと思うようになり、夫の易久さんと一緒に庭に
煉瓦を重ねて土を被せた半地上型の穴釜を作り「寸越釜」と名付けました。

神山清子さんのことを応援してくれる人もいましたが、当時は「女性が釜に
入ったら汚れる」と言われていた時代でもあったため、批判も多くありました。

一方で、神山清子さんは子育てに悪戦苦闘しながらも、夫の易久さんと一緒に
陶芸に励もうとしましたが、清子さんが陶芸に励めば励むほど、易久さんとの
関係は崩れていきました

清子さんが一歩引いて易久さんを立てれば、関係は良くなったのかもしれませんが、
陶芸という創造的な仕事であるため、清子さんが一歩引いて易久さんを立てる
ということは出来なかったのです。

やがて、夫の易久さんは不倫をし始めます。

住んでいたのは小さな田舎町だったため、誰も夫の不倫を知らない人が
いないという状況の中、神山清子さんは、涙を流しながら土をこねたりして、
苦しみ抜いていました。

そんなある日。

夫の易久さんは家を出ていってしまいます。

清子さんは易久さんのことで思い悩んでいましたが、長男の神山賢一さんが
清子さんに、易久さんのことは忘れて良い仕事をしてほしいと言ったことから、
背中を押されて、易久さんと離婚することにしました。

神山清子さん38歳の時のことでした。

*********************

ここまでが、朝ドラ『スカーレット』の実在モデルである神山清子さんの史実
前半についての紹介でした。

朝ドラ『スカーレット』のあらすじは以下のように紹介されています。

戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。

名前は川原喜美子。

暮らしは貧しく頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。

15歳になった喜美子は大阪で就職し、新たな出会いによってさらに成長する。

信楽に戻ったのちは、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸界に飛び込む。

陶芸家・川原喜美子を目指して奮闘する毎日が始まる。

(引用元:http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=18362)

戸田恵梨香さん演じるスカーレットのヒロイン・川原喜美子は、実在モデルで
ある神山清子さんの史実をどこまで再現するかは分かりませんが、信楽焼の
陶芸家になることは間違いないですね。

喜美子がどうして信楽焼の陶芸家の道に進むことになるのか、一旦は大阪で
就職するようですが、また信楽に戻ってくることになるみたいなので、大阪では
喜美子にどんな展開が待っているのか。

これから新しい情報が入って来るのが、待ち遠しいですね。





スポンサーリンク

次に、朝ドラ『スカーレット』でヒロイン・川原喜美子の実在モデルと
なっている神山清子さんの史実後半についての紹介と史実より最終話・最終回を予想考察していきたいと思います。戸田恵梨香さんは50代まで演じるとNHKで公式発表があったので50代で最終回を迎えます。さてどんな内容になるか?予想考察をご覧ください↓

『スカーレット』の実在モデル神山清子さんについて(後半)

************************

神山清子さんは、陶芸の師匠がいませんでしたが、離婚後は様々な陶芸家が
尋ねてきて、助言をくれるようになりました。

そして、神山清子さんは夫の易久さんと離婚後まもなく、古い寸越窯跡で陶器の
破片を見つけます。

その破片は、釉薬などを使っていない古代の自然釉で、何とも表現できない
美しい色をしていて、清子さんはその自然釉に魅了され、自然釉の研究に没頭
し始めました

離婚後でお金が無かった神山清子さんは、弟子から借金をしたり、子供達の
お年玉を使い込み、食事はパンの耳を食べたり、キャベツを農家の人から
もらいながら、全てを自然釉に注いでいました。

ところが、失敗の連続で全く綺麗な色は出ませんでした。

そこで神山清子さんは、次に色が出なければ、しばらく休業して出稼ぎに行こう
と思い、最後は全財産をはたいて薪を買い、通常は3日間のところを、自棄に
なって16日間も寸越窯を炊き続けました

すると、それが功を奏し、釉薬などを使わずに色を出す自然釉が成功しました。

土の中の石が溶け出して、焼き物にかかった灰と反応し、宝石の様な色に変化
したのです。

こうして、神山清子さんは、自然釉による古代の信楽焼を再現することが出来、
その作品を「信楽自然釉」と名付けました。

さらに、古代の信楽焼を再現したことなどがNHKなどの番組で取り上げられ、
神山清子さんの名は全国へと広まっていきました。

一方、神山清子さんの長男である神山賢一さんは、幼い頃から信楽焼を手伝って
いたこともあり、自然と信楽焼の道を目指し、信楽工業高校の窯業科を卒業。

その後は、滋賀県立信楽窯業試験場で、ロクロや釉薬について学び、3年の修行
を経て、母の神山清子さんの元に戻り、天目茶碗の制作に励みながら、陶芸家
としての道を歩み始めました。

しかし、平成2年(1990年)2月16日。

神山賢一さんは29歳の誕生日を迎えましたが、その4日後である2月20日に
作品を作っている最中に倒れ、病院に運ばれました。

検査の結果、神山賢一さんは慢性骨髄性白血病と診断されました。

これは、神山清子さんが54歳の時のことでした。

それから2日後に賢一さんは、大津市の赤十字病院に転院し、そこで清子さんは
改めて、医師から白血病は血液の癌であることを教えられました。

そして、赤血球の形(HLA)が合ったドナーから骨髄を移植するしか、治療法は
なく、ドナーが見つからなければ、神山賢一さんの余命は2年半だという宣告を
医師から受けました。

清子さんは医師からの話にひどく動揺しましたが、賢一さん自身は自分が白血病
であることに気づいていました。

兄弟でHLAが適合する確率は約25%と言われていますが、長男・神山賢一さんと
長女・神山久美子さんのHLAは適合しませんでした。

この頃はまだ、公的な骨髄バンクは存在しておらず、民間の「東海骨髄バンク」が
存在するだけで、ドナーの数も少なく、移植には時間が掛かりました。

そのため、賢一さんの知人の方達が平成2年(1990年)7月に「神山賢一君を救う会
を設立し、ドナー探しと募金活動を始めました。

さらに、市民団体などの協力により、「神山賢一君支援団体連絡協議会」が発足。

そんな中、名前を公表したことで、自分達も救ってほしいという声が挙がり、
全国の白血病患者からHLAのデータが送られて来ました。

そのため、神山賢一さんは他の白血病患者も救うことに決め、活動の範囲を
広げていくことにしました。

神山清子さん・賢一さん親子は、親子展を開いて、骨髄バンクの必要性を訴え、
ドナー提供を呼び掛けると、4ヶ月で約3,000人のドナー希望者が集まりました。

しかしながら、非血縁者だとHLAが適合する確率は、数万分の1とも言われていて、
神山賢一さんと適合するドナーは見つからず、しかも血液検査の費用は1件1万円
と高額だったため、「神山賢一君を救う会」は莫大な借金を抱えてしまいます。

神山清子さんは、全国各地の白血病患者に借金返済を協力してほしかった様ですが、
借金は自分達が抱えることに決め、「神山賢一君を救う会」は莫大な借金を抱え
解散へと追い込まれてしまうのでした。

一方で、骨髄バンクの設立を期待する声は大きくなっていて、神山賢一さんは、
全国各地の白血病患者を「救う会」の拠点となる「骨髄バンクと患者を結ぶ会」を
設立しました。

そして、その会長に就任し、骨髄バンク設立運動を本格的に開始。

神山賢一さんは、骨髄バンクの設立運動を続けながらも、陶芸にも励んでいて、
「滋賀県立陶芸の森」で開催された「世界陶芸祭」に天目茶碗を出展しました。

世界の陶芸を間近で見られることを神山賢一さんは楽しみにしていましたが、
信楽高原鉄道が脱線事故を起こし騒ぎになったため、翌日、世界陶芸祭は途中で
中止になってしまい、見ることが出来ませんでした。

その後、神山賢一さんの白血病は、急性白血病へと転化してしまったため、
赤十字病院に再入院することになり、民間の「東海骨髄バンク」でもHLA適合者が
見つからなかったため、叔母の静子さんの骨髄を移植することになりました。

その頃、神山清子さんは牛尼瑞子さんという弟子をとり、その協力を得て、
陶芸を続けながらも病院に通い、さらに骨髄バンクの必要性を訴える活動を
続けていました。

神山賢一さんと神山清子さんの妹で賢一さんの叔母・静子さんとは、HLAが
完全に一致まではしませんでしたが、完全に一致していなくても、骨髄移植を
すれば、白血病が治るケースがありました。

そのため、神山清子さんは妹の静子さんに頼むと、静子さんは承諾してくれた
ので、神山賢一さんは名古屋の赤十字病院に転院し、静子さんからの骨髄移植
受け、容態は回復へと向かいました。

さらに平成3年(1991年)12月には、骨髄バンク運動が実を結び、念願だった
「骨髄移植推進財団(骨髄バンク)」が設立されました。

しかし、翌年の平成4年(1993年)2月。

神山賢一さんの白血病が再発

そこで神山清子さんは献体登録をすると言い、賢一さんにも献体登録を勧め、
2人で登録することにしました。

神山清子さんが献体登録をすると言ったのは、医学に貢献したいという気持ちも
あった様ですが、献体登録すれば、賢一さんが亡くなっても死後2年間は、
そのままの状態で安置されるため、病院へ行けば、いつでも賢一さんに会えると
いう理由が大きかったようです。

神山清子さんは、賢一さんが入院前に作っていた大壺を自然釉で焼くことを
提案すると、賢一さんもそれに賛成し清子さんに大壺を託しました。

そして、神山清子さんはその大壺を自然釉で焼き、賢一さんのところへ持って
行きますが、賢一さんはその頃にはもう大壺を持つことが出来ない状態にまで
衰弱していました。

 

最終話・最終回予想考察ネタバレ 息子の死と共に

そんな中、神山賢一さんは国宝級の天目茶碗が徳川美術館に展示されているから
見てみたいと言うので、神山清子さんは賢一さんを徳川美術館へ連れて
行きましたが、何とその日は休館日だったため、2人は入ることが出来ず、
代わりに名古屋城を見に行った様です。

その後も着実に神山賢一さんは衰弱していきました。

そんなある日、神山賢一さんは清子さんに子守唄を歌ってほしいと言ったので、
清子さんが賢一さんを抱きながら子守唄を歌うと、その日の夜に賢一さんは
息を引き取りました

平成4年(1993年)4月21日のことでした。

神山賢一さんの享年は31歳で、神山清子さんは56歳の時でした。

神山賢一さんは生前、母の清子さんと一緒に献体登録をしていたため、死後は
献体に出されることになりました。

また、賢一さんは生前に清子さんに、骨髄バンクの活動は自分が死んだら、
続けなくて良いので、自分の仕事をしてと言っていた様ですが、神山清子さん
の元には、賢一さんが亡くなっても白血病患者から電話があったり、関係者が
訪ねて来たりしていました。

そのため、神山清子さんは平成6年(1994年)に、「滋賀骨髄献血の和を広げる会
が発足して以来、陶芸の制作活動をしながら、現在も会長を務め続け、骨髄
バンク普及のために活動しています。

*********************

ここまでが、朝ドラ『スカーレット』の実在モデルである神山清子さんの史実
後半についての紹介でした。





スポンサーリンク

朝ドラ『スカーレット』で、戸田恵梨香さん演じる川原喜美子の実在モデル・
神山清子さんは、陶芸家でありながら息子の賢一さんが白血病になってしまった
ことで、骨髄バンクの活動もしている人なんですね。

スカーレットのあらすじには、陶芸家を目指すことしか書かれていませんが、
物語の後半では神山清子さんの様に骨髄バンクへの活動にも力を入れていくの
でしょうか。

スカーレットは2019年下半期の朝ドラということで、物語の詳細については、
まだあまり明かされていませんが、どんな展開になっていくのか、公表される
のが楽しみですね。

ただ、史実の様に物語が展開していくなら、最終回には戸田恵梨香さん演じる川原喜美子の
子供が亡くなってしまうシーンが描かれるので、その辺りは涙なしには見れない
と思われます。

2019年下半期から始まる朝ドラ『スカーレット』。

いったいどんな話となるのか、これからも新しい情報から目が離せませんね。


【ドラマの原作漫画で結末最後が知りたい!】無料試し読みはこちらから⇓
⇒無料会員でさらに無料で読める漫画が多くなるサイトはこちらから


スポンサーリンク








スポンサーリンク

▼エールネタバレあらすじ⇓⇓

エール【あらすじネタバレ最終回まで全話紹介】キャスト相関図 モデル結末まで

1週【裕一が鉄男と! 2週【村野鉄男夜逃げ! 3週【志津に初恋実らず!   4週【音と恋文通開始も疎遠に

5週6週あらすじ 7週8週【妻以外で熱愛する文通相手が! 9週10週 11週12週【喫茶バンブー夫婦に佐藤久志が関わっていた!? 13週14週【弟子五郎と妹の梅が恋人に

エール志村けんモデル小山田耕三・山田耕筰(こうさく)ネタバレ-愛人不倫問題

ネタバレ15週モデルから【契約解除を持ち出されるも大ヒット曲を

ネタバレ16週モデルから【父の三郎の死!戦争激化で音の活躍の場喪失

エールモデル古賀政男のネタバレ【木枯正人-野田洋次郎の実在モデルの詳細

エール関内音(二階堂ふみ)のモデル古関金子について68歳で死

エール柴咲コウモデル双浦環(ふたうら三浦環ネタバレ志村けん山田耕作との関係

エールキャスト 子役一覧 かわいい子多数 石田星空/清水香帆/新津ちせ

エールモデル古関裕而と妻の夫婦現在?子供は?無職でスピード結婚も息子が

B088BQQD3L
▼再放送中はね駒▼
B086DZRTDD

NHK連続テレビ小説 エール 上

古関裕而 応援歌の神様 激動の昭和を音楽で勇気づけた男 (PHP文庫)

愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語

 

▼朝ドラ・大河を無料で30日間視聴する方法⇓

アマゾンプライムビデオの無料登録はこちらから

おしん

おしん あらすじ ネタバレ最終回まで全話完全版!あらすじ簡単と1話ごと詳細

おしんあらすじ最終話295話296話297話【最終回で浩太と二人の関係は?結婚か

おしんDVD

一話ずつじっくり見たい方 全部で7編に分かれてます↓

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [DVD]

長編なのでギュッとまとめてみたい方

連続テレビ小説 おしん 総集編 [DVD]

▼スカーレット

・スカーレットネタバレ全話完全版-最終話まであらすじ-モデル神山清子の不倫・離婚まで詳細!

スカーレット夫のモデル現在は神山易久の浮気相手とその後!

 

▼話題ドラマ・映画

マスカレードホテル明石家さんまは何分?場面はどこにいますか?ネタバレ詳細時間テレビも

▼ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房 キャスト 子役 他一覧 相関図や子役(藍子)の現在や豊川まで紹介!

ゲゲゲの女房 あらすじ ネタバレ朝ドラ後半14週〜26週再放送全週簡単に

******




スポンサーリンク

▲再放送 おしんあらすじ・キャスト

おしん はつこ初子 今後どうなる?結婚?キャスト子役や大人キャスト現在はこちら↓

おしん 田中裕子 降板?黒歴史・確執とは?キャストの裏情報!

おしん 希望の結婚相手ゆりは事故死!キャスト現在は?塩屋俊-寺田路恵の紹介

おしん 仁 結婚相手は道子!今後はどうなる?キャストとあらすじ紹介

おしん偵てい疎開先や結婚相手今後!キャスト現在は

おしん 名シーン名場面あらすじまとめ 【感動保存版】前半から

おしんキャスト雄現在は?赤ちゃんかわいい子役画像と松田洋治さんも

・キャストつねさん 役紹介!丸山その後声優をひどい仕打ち
・キャスト竜三 並樹史朗現在画像とあらすじ73話74話竜三からおしんへ

・おしんモデルはヤオハンスーパー創業者の妻かor川根本町出身の丸山静江?
キャスト加賀屋 一覧とモデルくにおばあさんと加代の死!結末あらすじ
・キャスト圭 大人キャスト大橋吾郎と子役まで詳しく
・キャストかよ 志喜屋文の現在は?当時のCM動画も【少女編
・キャスト佐藤仁美うめ役 画像・動画あり同姓同名!再放送

 

▼朝が来た

あさが来たネタバレあらすじまとめ【あさ、はつの一生、ふゆと新次郎の関係!

▼朝ドラ大河歴代・オーディション情報

朝ドラ歴代視聴率ランキングワースト3とベスト6!2000年以降

ヒロインオーディション 一般人応募方法まとめ【落選-脇役-倍率-内容

歴代大河ドラマ視聴率ワースト10【大河ワースト1位は同率で幕末と平安大河




スポンサーリンク