虎に翼ネタバレ13週梅子と再会も光三郎が愛人と裏切り!福来スズ子登場?

[PR]

今回は朝ドラ連続テレビ小説『虎に翼』13週のネタバレあらすじ、感想予習レビュー、1話ごとあらすじを詳しく紹介します。

梅子との再会も悲劇が待ち受けてました、、13週を【はるの死!戦争孤児の道男預かり,よね再会】と題してお送りします。

「虎に翼」は女性初の弁護士・三淵嘉子さんをモデルにしています。⇒モデル三淵嘉子の家系図!家族(夫,息子,再婚相手旦那や子孫)衝撃の生涯

2024年4月1日からドラマ1週1話から開始されます。

虎に翼13週放送日、タイトル

13週タイトル「女房は掃きだめから拾え?」

(6月24日〜6月28日放送)の各話あらすじ

虎に翼ネタバレあらすじ最終回マデ朝ドラプラス意味主題歌吹き出し

虎に翼

虎に翼の第13週ネタバレあらすじ:「女房は掃きだめから拾え?」

梅子と再会!息子/光三郎が愛人と繋がり裏切り

昭和24年(1949年)4月、特例判事補として家事部の審判も担当することになった寅子は、多忙を極めていました。その中で、ある日、家庭裁判所での相談業務中に、寅子は明律大学時代の友人、大庭梅子と再会します。

梅子は、11年前に夫から離婚を突き付けられ、三男の光三郎と家を出たものの、すぐに連れ戻され、病気で弱っていた夫の看病を10年以上続けていたと明かしました。

そして夫の死後、梅子、姑、三人の息子たち、そして夫の愛人・妾めかけ(元山すみれ)との間で財産相続を巡る争いが起こっていたのです。

寅子は、梅子を轟とよねのもとに連れていきます。しかし調停が進む中で、梅子にとってショッキングな事実が判明します。なんと信じていた三男・光三郎が、あろうことか密かに愛人と繋がっていたことが明らかになったのです。最愛の息子の裏切りを知って呆然となった梅子は、全てを諦め、家を出て行く決意を固めたのでした。

愛のコンサートで登場は前の朝ドラヒロイン?

一方、寅子は多岐川の命で、家庭裁判所の広報活動で「愛のコンサート」を企画していました。人気歌手との打ち合わせの中で、寅子は言います。「すべての人を幸せにできる。困った人の手伝いをできる最高の仕事なんです」。

コンサートは大成功に終わり、寅子は充実感を得ます。

 

次週⇓⇓

虎に翼14週のネタバレ

 

⇓⇓虎つばチェック⇓⇓

虎に翼 ロケ地舞台目撃情報まとめ&名古屋市役所/愛知/岩田剛典

虎に翼モデル三淵嘉子の家系図!夫,息子,再婚相手旦那や子孫,家族子供生涯

虎に翼13週の予習レビュー①梅子さんの背景まとめ

梅子さんの再びの登場 梅子さんが再び物語に登場します。今回は、彼女が関与する複雑な裁判劇が描かれます。その詳細は、ドラマを見ても理解が追いつかない人もいるかもしれません。

梅子さんの泥沼劇の背景 梅子さんの家族構成と彼女が直面する問題について詳しく説明します。梅子さんの夫が亡くなり、遺産相続の問題が発生します。この問題は家族間での争いを引き起こし、泥沼のような状況に陥ります。

梅子さんの家族構成、遺言書の内容、そして相続の結末

物語の中心にいるのは、大庭梅子さんという女性です。彼女の家族は、故人となった夫の徹男さん、長男の徹太さん、次男の徹次さん、そして三男の光三郎さんで構成されています。また、長男の嫁には静子さんがおり、三兄弟の祖母にあたる常さんも家族の一員です。

物語が動き始めるきっかけは、徹男さんの妾である元山すみれさんが持ち込んだ遺言書の存在です。この遺言書には、「元山すみれに全財産を遺贈する」という内容が記されていました。

しかし、この遺言書は捏造されたものであることが明らかになりました。そのため、有効な遺言書が存在しないという結論に至りました。その結果、妻である梅子さんが三分の一を相続し、残りの部分は三人の息子たちが等分するという形になるはずでした。

しかし、長男の徹太さんが母親である梅子さんに相続放棄を要求し、酒浸りの次男には金を渡すべきではないと主張しました。さらに、三男は学生であるため、財産を管理する能力がないとも述べました。これにより、徹太さんは遺産を独り占めしようとしました。

この一連の出来事が、梅子さんとその家族が巻き込まれる泥沼劇の始まりとなりました。また次週からどろどろな展開が描かれていくことと予想され、悲劇の結末が待っていることでしょう。

以上が、梅子さんの家族構成、遺言書の内容、そして相続の悲劇でした。

虎に翼13週の予習レビュー②愛のコンサートは朝ドラヒロインのすず子登場?

「愛のコンサート」に福来スズ子登場か

家庭裁判所の知名度を上げるために、「愛のコンサート」が企画され、多岐川さんとトラちゃんが誰を呼ぶかで議論を交わしていました。しかし、出演する歌手が決まらない状況が続きます。その中で、意外な歌手の名前が浮上します。

その歌手の名前は【福来スズ子】です!前作の朝ドラ主人公が登場するとなると前代未聞ですね。でもスズ子さんの歌がまた聞けるとなると楽しみでしょうがいないです♪♪

 

「女房は掃きだめから拾え?」サブタイトルの意味

今週のサブタイトルは「女房は掃きだめから拾え?」です。この言葉は、自分よりも格下の家から妻をもらうべきだという意味を持っています。

これは、自分よりも格上の家から妻をもらうと、親戚付き合いに苦労したり、夫の権威が下がったりする可能性があるからです。

 

虎に翼13週の感想

桜子さんとの予期せぬ再会 梅子さんの人生は波瀾含み、悲劇的な状況が続いています。 明律大学法学部の同級生であった大庭梅子さんと寅子ちゃんが、意外な形で再び顔を合わせます。 その場所が家庭裁判所で、夫が遺した遺言書の確認が行われる場だったとは驚きです!

11年の歳月を経て再会した二人がどのように関わり合っていくのか、第13週の見どころとなりそうです。 同級生の中で唯一、既に結婚と出産の経験があった梅子さん。 大庭家では女性として軽視されていた彼女が、その立場から抜け出すために、一生懸命法律を学んでいました。

しかし、遺言書の内容を確認するためにここに来たということは、まだ離婚していないということを示しています。 ちなみに、戦後に民法が改正されるまでは、夫が亡くなってもその妻には財産の相続権はありませんでした。

そのため、長男が全ての財産を相続し、女性しか子供がいない場合は、「中継相続」という形で、養子や婿を迎えてでも男性に相続させるのが一般的でした。 現在の法律と比較すると、女性にとって不利な法律がどれほどまかり通っていたかを痛感します。

しかし、改正後は通常、配偶者に1/3の相続権が発生するようになりました。 物語の中でも、遺言書が正式なものでなく、梅子さんが放棄しない場合は受け取ることができるはずです。

ただ、財産やお金が関わる相続の場面は、そう簡単には解決しないものです。 今回の大庭家の問題には愛人の存在も大きく関わっていますし、欲望が露わになるシーンも多くなりそうです。 大庭家の人間関係にも注目が集まりますね!

 

一方、心配なのは、この事件に寅子ちゃんが裁判官補として関与していることです。 もし調停委員の仲裁や話し合いで解決しなかった場合は、法律に基づいて判決を下す必要があります。

できればその前に解決してほしいと、梅子さんを思う寅子ちゃんの心の中で揺れ動く複雑な心情が描かれそうです。

 

◆朝ドラガイドブックや小説はこちらから⇓⇓

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧