虎に翼11週54話ネタバレ6/13汐見の妻香子は香淑!差別受ける立場に

[PR]

今回は『虎に翼』の54話(第11週)6月13日 木曜のあらすじネタバレ、放送後の詳細あらすじネタバレについて紹介します。

11週タイトル「女子と小人は養い難し?」タイトル意味:女性と徳のない人間とは、近づけると図に乗るし、遠ざければ怨むので、扱いにくいものである。という「女子と小人は扱いにくい。優しくすればつけあがるし、相手にしないと恨みをもつ。」と解釈されることも多く、女性を蔑視する言葉として有名な言葉です。

(54話)

酔って寝てしまった汐見(平埜生成)を多岐川(滝藤賢一)と自宅に送り届けた寅子(伊藤沙莉)。

出迎えた汐見の妻・香子は寅子のよく知る人物だった。

多岐川から追い出される形で帰宅した寅子は納得がいかないが、はる(石田ゆり子)からは「生きていればいろいろある」と諭される。

翌日、汐見から事情を説明された寅子は、多岐川に何か自分にできることはないかと問うが、ないと断言されてしまう。

引用dimora.jp

 

虎に翼11週54話のネタバレあらすじと放送前朝ドラ予告レビュー

11週54話

虎に翼 第11週 第54話のあらすじと予告レビュー

第11週の第54話では、寅子が家庭裁判所設立準備室での新たな挑戦に直面します。花岡の突然の死にショックを受けながらも、寅子は法律の世界で使命を全うしようと決意します。

家庭裁判所設立準備室では、多岐川幸四郎室長とともに、行政の「少年審判所」と司法の「家事審判所」の合併プロジェクトに取り組むことになります。与えられた期間はわずか2ヶ月で、この難題を乗り越えるために寅子は奔走します。

予告では、寅子が合併プロジェクトに挑む様子や、新たな上司である多岐川室長の変わった人物像が描かれています。

また、寅子はかつての同級生である崔香淑と再会しますが、香淑は何かを抱えている様子で、その背景には、母国でも日本でも差別を受ける立場になっているようです。

これから寅子がどのように関わっていくかが注目です。

 

 

◆放送後に詳細あらすじネタバレ・感想を追記してお届けします⇓⇓

 

◆朝ドラガイドブック・シナリオ集はこちらから⇓⇓

番組台本のレイアウトそのままに、本番のドラマでカットされたシーンやセリフもすべて楽しめるシナリオ集!

 

 


スポンサード

▼朝ドラあらすじネタバレトップページ⇓⇓

▼朝ドラ大河歴代ランキング

▼人気ドラマ

シリーズもの人気ドラマ一覧

▼ドラマ原作漫画ネタバレ最終回まで⇓

原作漫画ドラマ一覧

にぶんのいち夫婦 最新刊完結結末!全巻小説-和真視点

あなたがしてくれなくても結末最新話不倫恋完結はまだ

凪のお暇ネタバレ最新話刊-結末最終巻マデ

いつわりの愛‐契約婚漫画結末!小説ヨリ最後は理人離婚!

復讐の未亡人最終回マデ

血の轍ネタバレ

ギルティ最終回マデドラマ違い【瑠衣の正体と目的

それでも愛を誓いますか最終回全ネタバレ!真山と結ばれる?元サヤに

ミステリと言う勿れ 結末マデ犯人と真相